• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ヴィッツキットのブログ一覧

2012年04月01日 イイね!

NCP91 オクヤマ カービング タワーバー装着す!

NCP91 オクヤマ カービング タワーバー装着す!NCP91を県戦用にコンバートしてますが、
オーリンズに引き続き、
タワーバーを装着しましたよ。

ヴィッチャレンジのNCP131、NCP91はタワーバー装着禁止なんです。なぜに?

付けたのは無加工で取り付けられるオクヤマ、カービング、タワーバー。

これは比較的に簡単に取り付けられるうえ、
スチール製でバーが真ん丸◎というところが良いのです。
オーバルタイプより真ん丸◎の方が剛性が良いので、インターなラリーカーを見ると真ん丸◎が多いです。昔ワークスレイルで師匠に教わった。




使う工具
17mmボックス
14mmボックス
ラチェット
長めのエクステンション
14mm虫メガネ
7mm六角レンチ
10mmボックス

1.
ワイパー外します。
17mmボックス

2.
カバー外します。
エアインテーク外します。

3.
バルクヘッド上部の鉄板の10mmボルトを四カ所外します。

4.
後はボルトオーン。
アッパー取り付け部左右とバーはバラバラに取り付けて、アッパー、両サイドを取り付けてから、バーを取り付けて、締め込みましょう。

5.後は逆の作業で完パケ。

17000円ぐらい。オススメ。

はてさて、箱根にドライブに行ってきます。

Posted at 2012/04/01 19:56:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | ラリーノウハウ NCP91 | クルマ
2012年03月20日 イイね!

NCP91 オーリンズ装着の日

NCP91 オーリンズ装着の日今日は徹夜明けでダルいので倉庫部屋の整理整頓!

タイヤバックス 団地店が完成~。
ラリータイヤからSタイヤ、SPタイヤまで取り扱っておりますよ。

おかげさまでオーリンズ3セット、バネも沢山集まりましたよ!
品揃え豊富です。

が!さすがに邪魔なので、
急遽NCP91用のオーリンズはさっさと装着してしまうことにしました。


仕様は、
栃木の自動車屋サンのエンジニアが膨大なデータから割り出したというターマックラリー仕様。
オーリンズ:
フロント8k 車高11cm
リア5.5k 車高12cm
エフワンを作ってたところのエンジニアさんが組んだということで期待大ですw。


組み付け方法は前に紹介したのでそちらも合わせて見てください。

【コツ追加】
フロントアッパーを外す時は、
17mm深メガネと6mm六角レンチでボルトを外すのですが、隙間が狭いのでメガネとレンチが入りづらい。
そこで下写真の10mmボルトを一本緩めると隙間が少しだけ広がってスンナリ入ります。
深メガネはアストロで安く売ってますよ。



完成

やっぱピカピカは良いねぇ。
このヴィッツは群馬県戦で使うので、
ラリータイヤでどうなるか楽しみです。
Posted at 2012/03/20 20:44:30 | コメント(3) | トラックバック(0) | ラリーノウハウ NCP91 | クルマ
2011年05月24日 イイね!

NCP91 ヴィッツチャレンジ タイヤテスト おまけ~ 海外ラリータイヤ

NCP91 ヴィッツチャレンジ タイヤテスト おまけ~ 海外ラリータイヤ冗談半分でラリータイヤもアジアンでなんて言っていたら、
ラリーマニアの殿堂、デーモンツイークスに売ってますね~。

しかし、以外に高いっす。

タイヤサイズも聞きなれないサイズだったりして…。

むむむむむ。
日本で買うべ。
Posted at 2011/05/24 00:38:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ラリーノウハウ NCP91 | スポーツ
2011年05月23日 イイね!

NCP91 ヴィッツチャレンジ タイヤテスト 85R vs 87R

NCP91 ヴィッツチャレンジ タイヤテスト 85R vs 87Rヴィッツチャレンジ、クラス1と2では今年から、87Rが選べるようになりました。

ヴィッツRS(NCP91)のサイズは185/60R15です。
このサイズの開発は横浜タイヤは行っていないので、
まさにダンロップ様様です。すばらしい。



そこでさっそく期待の87Rと85Rの比較をしていますよ。



まずはスペック。(わしゃスペックオタクじゃでな。)

DUNROP 85R 185/60R15 9.2kg 外径605mm 幅190mm

DUNROP 87R 185/60R15 9.6kg 外径609mm 幅183mm
 
87R、400gほど重くなって、幅が7mmも減っています。
外径も少し増えています。
はてさて、これがどう影響するのか…。

ターマックテスト。
直感的に言って85Rの方が有利だと思いますが、
ドライバーにはあえて上記を伝えずにテストしました。

山の状態は両方、6.5部山程度。
ただし、85Rは購入から半年経過しています。

結果
勾配が多少きつい林道的サーキットでしたが、
85Rの方がスキール音が鳴り出すのが早いです。
85Rの方が半年経過しているせいもあると思いますが、
それにしてもかなり早い段階でスキール音が鳴ります。
(ちなみに今回の条件ではA035はあんまし鳴りませんでした。)

今回のコースでは勾配があるので、87Rの限界まで車速が上がらなかった可能性もあります。
(=87Rのコンパウンドの方が限界が少し高いかも。)

かといって、コントロール(タイヤのヨレの良し悪しなど)は85Rの方がかなり良いと思いました。
(あくまで極度のターマック好きのわたくしの印象です。)

タイム
85Rがキロ1秒速いという結果となりました。
むーこれはまずいですね。
ドライバーが一年間使ってきた85Rの方がタイムが出るのは分かるのですが、
Gのかけ方などもまぁまぁ同じようにやっていましたし、差が出すぎですね。

ぶっちゃけ、87R、(極度のターマック好きの)わたくしの印象では縦グリップがかなり残念な印象です。


結論
ターマックは85Rが有利かもしれません。


結論 グラベル
ダートでは何人かの選手が使用して87Rの方が食うという情報もあります。
しかしタイムはあまり変わらなかったという情報も…。

PDではベタ褒めですな!!

これはもう慣れの問題かもしれません。
きっと2ヵ月後にはヴィッチャレのみんなも使いこなして、
どちらがいいかハッキリしていることでしょう。


総論
新しいタイヤに対応するのは難しいけれど意義があるし、おもしろい。
F1な気分!?


問題
高山ラウンドはターマック主体…どうしたものか…。


超問題
減りがすこぶる早い!
かつてヴィッツチャレンジャーは85RのDT3でかなりのショックを経験したわけですが、
今回もその時と同じくらいのインパクトがあります。
ギブミーマネー!!!
ダートトライアル用のコンパウンドでラリーをすると言うのは…。
でも景気が悪いし、タイヤが売れなきゃラリータイヤ自体が消滅してしまうし…。


提案
最近スポーツ系タイヤで話題のクムホや、フェデラルにラリータイヤ作ってもらうとか…。
一本5000円…なんていったら最高ね。
(以前ハンコックタイヤにラインナップがありましたが今はない。)



===付録:別のタイヤの情報===

ADVAN A-035 185/65R14 10.1kg 外径600mm

ADVAN A-036 185/60R15 9.7kg 外径601mm

ADVAN NEOVA AD07 195/50R15 7.0kg 外径576mm


追記
この文章はVer.3であるということを明記しておきます。

Posted at 2011/05/23 00:54:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | ラリーノウハウ NCP91 | クルマ
2010年05月07日 イイね!

NCP91 新型! MIDLAND ミッションオイル AK-6  NCP13

NCP91 新型! MIDLAND ミッションオイル AK-6  NCP13今回はミッションオイルの報告です。

MIDLAND AK-6 80w-90 GL-4

ヴィッツチャレンジ第1戦に使用したオイルです。








前述のとおり、新型添加剤のシンクロスムーサー配合で、
3速5速のシンクロが痛みやすいと言われる、
現行ヴィッツのNCP91と旧型RSのNCP13のミッションに対応します。

ラリーはペースノートがあるとはいえ、唐突な場面の連続なので、
これは非常に助かります。安心してぶちこめます。

シフトフィーリングは「え?」と思うくらい軽いです。
逆に軽すぎて何速に入っているか分からなくなってしまうという選手もいるそうで、
対応バージョンも検討中だそうです。


しかし、高性能な添加剤もうれしいのですが、
オイルにとって一番重要なのはベースオイルの品質なのだそうです。
実際、オイルメーカーが一番苦労するのがベースオイルの品質で、
供給源によっては生産ロッドによって品質=性質が変わってしまうこともあるそうです。

僕も
「こないだは良かったのにな?」とか「今回はもうだめになっちゃったな?」
とか思ったことがあります。

有名ブランドでもそのようなことがあるそうですが、現実を考えれば、
有名で大量生産になればなるほど上記の現象が当てはまるし、
品質の安定化なんて不可能だよなあと、
納得してしまいました。

ミッドランドオイルは国内石油元なので、安心だそうです。


世の中には人体に危険な添加剤を配合してしまっていたり、
粘度をごまかしていたりしてしまっている商品もあるそうです。
(ちょっと過激な言い方ですね?解釈が違っていると言ったほうがいいのかな?)
いくら性能が良くても人体に悪いってのは困ったものです。

そして、どんなものにも相性はあるはずです。
MIDLAND開発者は「純正オイルを使うのが基本」と商売っ気のないことを言ってしまうような方ですが、
このシリーズには写真のとおり、「使える」「使えない」を車種まで含めて明記しています。
つまり専用設計ということです。
これは、製造業に携わる僕にとっては「ジーン」ときます。



はてさて、オイル交換をしてみると、・・・・・ん?
赤い?オメ・・・んがふふ。


僕は長年オメガオイルを使用してきまして、
長年「おめーがオメガ?」と疑問を投げかけられてきましたが、
本当に良いオイルでした。安心して使えていました。
なぜ安心かと言うと、再現性が高かったことです。
ラリー屋の性質として夜な夜な「あっちの山をウロウロ」「こっちの山をウロウロ」してミッションをこき使ってしまうのですが、次の日にはまたミッションが元に戻っているのでまたウロウロとロングランしていました。値段が高くても長く使えるので、セコイ僕は毎回、元をとっていました!
(半年間、無交換で競技をしてしまったのは若気の至りですので心の中にしまっておきます。)
そしてAK-6も同じような感覚です。
AK-6の製造元はオメガオイルも扱っているので納得です。
内緒ですが、値段もオメガよりだいぶ安いです。
ですのでビギナー選手にもお勧めです。いや、ビギナー選手にこそお勧めです。


とまあ、長々と書きましたが、
僕はまだまだオイルの勉強を始めたばかりなので、
しばらくしたらもっと具体的なことが報告できるようにがんばります。



追記
先日、NCP13には75w-90バージョンを投入しました。
3速のシンクロが「やべ」というような感じでしたが、「え!?」って感じです。
「冷めている状態で全開が多いいラリーに対応してほしい」
「LSDがバキッときてほしい」という抽象的な願いにも答えてくれています。
↑1.5万キロ使ってしまった、クスコtype-MZなのでRSよりマッタリしていたのですがマジで効きます。
オメガ>普通のオイルでフラッシング>MIDLAND
と言う手順で交換しましたがイニシャル計測をするとイニシャル上がってる‥。
これで元気にハイランドアタックにアタックできます!

おっと、これじゃあなんだかお昼のTVのインフォマーシャルみたいなので程々にしておきます。
以下、定番のレギュレーション(注意書き)を入れておきます。


※これは個人の感想であり、効果には個人差があります。


Posted at 2010/05/07 01:44:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | ラリーノウハウ NCP91 | 日記

プロフィール

「TRD rally challenge
クイズラリー
みねのはらドライビン!
参加中!

何シテル?   05/18 10:02
お古で頂いたギャランVR-4(ラリーカー)から車生活をスタートましたがサーフィンしに海に通うのに使っていただけでした(今思えばもったいない)。ギャランが下取りに...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

修理シリーズ第3弾 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/05 22:46:38
ガレージメンバー募集。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/12/05 00:29:12
幻のSSです 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/05/23 22:30:03

お友達

ヴィッツの競技をしているので、かなりコアでレアなことも知っていると思っています。
ヴィッツラリー車のノウハウはカテゴリーの「ラリーNCP13」「ラリーNCP91」をご覧ください。
ヴィッツ好きな方、ラリー好きな方、お友達になってください。
22 人のお友達がいます
PumaPuma *みんカラ公認 masa-colt 23amasa-colt 23a
かっきいG3かっきいG3 kujikuji
D.FukudaD.Fukuda はじまりはスターレット。はじまりはスターレット。

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
現行ヴィッツを買ってヴィッチャレの1500ccクラスに挑もうと思いつつ、しかし仕事やらな ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
本当に良いラリーカーでした。父親と組んでいたドライバーの車でしたが、自由に乗って良いとの ...
三菱 ランサー 三菱 ランサー
さんざん乗りまわさせていただいたギャランが下取りに出されてしまいまして、そのころ値段が安 ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
こないだまで乗っていた、苦楽を友にしたまさに愛車。 ヴィッツチャレンジにとことんのめりこ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.