• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

marumaru23のブログ一覧

2011年01月30日 イイね!

新型スイフト試乗

試乗車:スイフトXS・2WD(CVT)

●チルトステアリング(テレスコ機能付き)+運転席シートリフターにより最適なドラポジを確保。
 下級グレードでも装備されている所に拍手。
●ステアリング形状・握り具合は普通。
 (個人的にはヴィッツ(新型)の方が好き)
●フットレストが無かった?ので後付けでも欲しいところ。
●前面視界は良好。後方視界もそれなりに良好だが、フィットと比べると落ちます。
●足回りが本当に素晴らしい。すげ~収まりがいいぞ。
 (今回試乗したXSは、185/55/16が装着されていましたが、街乗りレベルでタイヤ特性を楽しむと
  いうところでは、その下のサイズ175/65/15でも十分に楽しめそうな感じがします。)
●懸念していたCVTだが、思っていたより違和感無し。
  しかし、ゼロ発進から20キロぐらいまでのツキ(反応遅れ)が悪い。
  (街乗りオンリーだけの人にとっては痛いところ?)
●パドルシフトがありましたが、XSを購入する予定がないので使用しませんでした(笑)
●室内(内装)は、堅実的で嫌味がありませんので好感度大。
 (ここは好みの問題だが、ヴィッツの方が質感がある。)

総合評価として・・・、
真面目な車作りをするスズキに拍手を送りたい。
車を道具(移動手段)としてではなく、走る喜びを感じさせるところに・・・。
Posted at 2011/01/30 13:04:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2011年01月29日 イイね!

新型ヴィッツ

今日は仕事を早めに切り上げ、Netzで新型ヴィッツを拝見してきました。
展示されていたのは1300ccのUモデル。(多分今回の主力機となるモデルかな?)

試乗していませんので走りについては未知数ですが、見て触ってみた感想を率直に申し上げます。
(※あくまでも個人的な感想ですのでご了承ください。)

●外装
・キュートから攻撃的な外見(ボディ)に変わりましたが、何処となくトヨタの空気が残っています。
 (攻撃的な中にトヨタの堅実性が伺える?)
・ワイパーが1本式になっていたので少し驚き。

●内装
・トヨタらしい質感で自分は好きです。
・後方の視界は良好。前方の視界も良好ですが、相変わらず前面バンパーの感覚が掴み難い。
 (最近のトヨタ車はこのパタンが多い気が・・・。)この辺りは慣れが必要ですね。
・小物入れが少なくなっていますが、この位が丁度良いのかな?
・サイドガラスの配置が良さそうですので、駐車がしやすいかもしれません。
・初期型ヴィッツと比べるとリアの居住性がダンチ。(全長3,885は伊達じゃない!?)
・リヤシート収納は力要らず、デッキボードを使用してフラットを確保。
 使い勝手は良さそうですが、フィットのそれと比べるとまだまだ・・・。
・ステアリング上下チルトのみ(RSは前後テレスコ有り)だが、意外とドラポジが取り易かった。
・ステアリング形状が良く、本革だった事もあり、好感度大。

●その他
・整備性が良さそうですので、プラグ・バルブ交換等が気楽に出来るのが○
・直感的な判断ですが、この新型ヴィッツも壊れにくく頑丈そうな予感がします。(CVTは未知数)
・堅実的な車だけに、足回りを弄ってあげれば、面白い車になるかも?

以上、簡単ですが新型ヴィッツのインプ(感想)を終わりにします。
今現在のコンパクトカー市場はまさに戦国時代・・・。
Posted at 2011/01/29 21:24:39 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2011年01月23日 イイね!

ウォッシャー液補充

ウォッシャー液補充ヴィッツのウォッシャー液が無くなりそうでしたので補充しました。
今回もガラコ製を補充しましたが、何でも原液を3倍に薄めても効果が変わらないという事ですので、意外と経済的かもしれませんね。




ウォッシャー液(ハイパーレブVol.108参照)
ワイパーだけでは拭き取れない油膜などに効果的なのがウィンドウォッシャー液。
気をつけてほしいのは、本来は雨などでワイパーを作動している際の補助的なものだということ。
時々、乾いたウィンドーにウォッシャー液を吹きかけてワイパーを動かしているケースも見かけられるが、そうした使い方はワイパーを傷め、また窓ガラスに傷をつけてしまう。
また油膜取りという本来の目的のためにはウォッシャー液は専用品を使うのがベストだ。

う~ん・・・。
上記の内容通りなのですが、汚れている窓だとついつい使用してしまうのは自分だけでしょうか?(笑)
Posted at 2011/01/23 17:53:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2011年01月19日 イイね!

アルテッツァ

アルテッツァ実はレガシィを購入する時に迷っていた車がありました。
その車は、トヨタのアルテッツァ(AS200)とチェイサー(JZX100)。
そこで今回、トヨタ・アルテッツァをネタにブログアップしてみます。

その当時、AE86の襲来とも言われていた車だった事もあり、デビュー当時はかなりの台数が売れていた状況。
その中で、一番人気があったグレードはRS200。
直列4気筒&FR駆動&6MTの210馬力仕様のスポーツタイプ。
大抵の方は、このモデルRSを購入していたと思いますが、自分はあまりRSに興味がなく、その陰で隠れていたAS200というモデルに心を奪われてしまいました。
AS200とは、RSと同じFR駆動なのですが、直列4気筒ではなく直列6気筒。
一般的に、6気筒は4気筒より高価な物と判断する事が多いのですが、この車だけに限っては6気筒の方がお値段が安い。
馬力は160と少なめですが、6気筒が新車価格200万で買えると思えば、凄く魅力的・・・。
プラス(+)RSと違い、レギュラー仕様でお財布にも優しい。

もし、レガシィではなくアルテッツァを購入していたら・・・、
マフラーは柿本かRS-R
ホイールは昔流行っていた井桁型(サイズダウンの205/55/16)
サスはTOM'Sをチョイス・・・。etc

皆さんは車を購入する時、迷わず今の愛車に行きつけましたか?
Posted at 2011/01/19 22:06:39 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2011年01月17日 イイね!

マイ・ビジョン

今現在、色々な車種のカタログを見ている自分。
その中で一番最初に目が行くところは「価格表」。
そして次に着目するところは、ページ最後にある「主要緒元表」。

今のご時世、ネットなどで簡単に情報が調べられるので、非常に有り難い限りなのですが、残念な事にその全てが自分に当てはまるのかといえば、そうでも無い状況。

そこで役に立ってくれるものとして、「主要緒元表」。

例えば、ホイールベース長に着目すれば、その車が安定型か操作型の判断に役立つし、減速比(数値)に着目すれば、低速重視か高速重視かの判断がしやすい。

正直言うと全ての項目を理解して見ている自分ではありませんが、「あやふやな情報に流されない判断材料の1つになるのでは?」と思う自分がいます。
Posted at 2011/01/17 19:32:49 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「今日お仕事でさいたま新都心ラ○ドアク○スタワーに立ち寄り、ビル窓から隣ビルを眺めていたら、オフィスラブ的な現場?を発見。
私の見間違いかもしれませんが…、真実ならTPOをわきまえてね☆
※写真は上記内容と一切関係ございません。」
何シテル?   11/19 18:07
marumaru23 と申します 宜しく御願いいたします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/1 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
■車種情報 型式:GF-BH5/メーカー:スバル/車種名:レガシィ ツーリングワコ ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
■車種情報 型式:DBA-GE6/メーカー:ホンダ/車種名:フィット/仕様・グレート ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
走行距離約16万キロ。 平成23年5月22日付でドナドナ。
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
■車種情報 型式:ABA-31209/メーカー:フィアット/車種名:500/仕様・グレ ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.