• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

YAS0536の愛車 [三菱 ギャランフォルティス]

ナビ交換

カテゴリ : オーディオビジュアル > カーナビ > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★
作業時間6時間以内
作業日 : 2014年10月05日
1
新車購入時に取り付けてもらったクラリオンのNX309。とても使い易いのですが最近、車両の進行方向を時折見失ってしまうという現象が出るようになりました。

センサ学習データクリアや全初期化をしても状況は変わりません。症状からして、恐らくジャイロの信号を伝達する回路上で、経年劣化によるハンダ割れでも発生しているのだろうと見ています。

修理か買い換えか迷いましたが、購入後5年が経過している上に、この機種は地図データの更新に結構な費用がかかることもあり、結局買い換えることにしました。

新しいナビを選ぶにあたっては、カメラ, ETCをNX309でナビに合わせて揃えていたのでそれらを再利用したいというのと、交換作業を簡単に済ませるためにGPSアンテナやビーコンもそのまま使うことを考えました。

それで、同じクラリオンのNX713にしました。同社製品ではNX714が最新ですが、NX713と機能面で差がないのと、ディスプレイ下部のハードキーがNX713の方が大きくて押し易そうということ、そしてNX713の方が安いということが選定理由です。
2
ディーラーで、取り付け作業込みで見積もってもらったところ、かなりの額になってしまいました。そこでフロントパネルの取り外しなど自分で簡単にできるならやってみようかと試してみたところが、意外に簡単にできたので、ナビ本体を通販で購入し、友人に手伝ってもらいつつ交換作業開始です。

パネルの取り外しについては、有難いことにALPINEのHPに解説書がありますので、それを参考にさせてもらいます。それと、みんカラで作業内容をアップされている方々の記事も見せて頂きました。
http://www.alpine-fit.jp/alpine/pdf/638_0708_l.pdf

周りを傷つけないようタオルで養生して、旧ナビを外します。
3
ガーニッシュやフロントパネルを留めているクリップですが、外してみたら一部欠落していました。

たぶんディーラーなどで補修部品として取り寄せ可能だと思いますが、簡単に入手できる代替部品があります。

エーモンの1660という部品で、トヨタ車用のものです。全長が少しばかり長いのですが、ベースに挟む部分の寸法は同じですので、問題なく使うことができます。

写真の白い部品が元々付いていたもので、黄色いのがエーモンの製品です。
http://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=1660
4
NX713は純正ステアリングリモコンに対応しています。折角なのでこの機能を使うことにしました。ステアリングリモコンはオークションで入手。

ステアリングの裏側にあるタッピングネジを抜くと、リモコンの代わりに付いていたパネルを外すことができます。

配線はこの部分まで来ています。赤い5Pコネクタをステアリングリモコンに接続してからステアリングにはめ込み、元通りにタッピングネジを締めて取り付けます。
5
純正ステアリングリモコンが付きました。

リモコンの入力は、ナビ本体には二本の信号線で繋がっています。車両の整備解説書にある回路図を見ると、各スイッチと抵抗でラダー回路が組まれており、スイッチ毎に押したときのナビ入力アナログ電圧が変わるようになっています。

ナビの設定画面で、音量大/小やトラック送り/戻しといった各機能をどのスイッチに割り当てるか決められるようになっています。設定のときに押したスイッチに対応するアナログ入力電圧を記憶し、操作入力として認識する仕組み。

因みにステアリングリモコンの配線については、上記のALPINEの解説書2ページ目にある車両側配線コネクタの情報が実車と若干異なっていますので、注意が必要です。

まずナビ側の茶-黒の線 (SW-GND) を車両側20Pコネクタの19番ピンの黒い線 (ALPINE解説書ではこのピンはアキとなっています) に接続します。

次にナビ側の茶-黄の線 (SW2) を車両側20Pコネクタの9番ピンの青い線に接続します。

ナビ側の茶-白の線 (SW1) はフォルティスでは使いませんので、ナビの取付説明書に従いGND (上記茶-黒の線) に接続します。

クラリオンの説明書には三菱車の純正ステアリングリモコンへの対応の記載はありませんが、これでちゃんと使えるようになります。
6
ハンズフリーマイクはここに取り付け。まあこれは殆んど使うことはないと思いますが。

テレビのアンテナは四組付属していましたが、どうせナビでテレビは見ないのと、取り付けがめんどくさいので二組だけ助手席側に貼り付けて、Aピラーの内側に配線を通しました。

ダイバシティは、複数のアンテナから受信状態のよいものを選んで使う方式ですので、安定して受信できる場所であればアンテナが二つでも全く問題なくテレビは映ります。
7
完成した状態。NX309のアクセサリ扱いだったETCユニット, バックカメラ, サイドカメラ, ビーコンは全て、問題なく動作しています。

ところでこのナビのセールスポイントであるスマートフォンとの連携機能 (Smart Access) ですが、これは残念ながら殆んど使い物にならんなというのが正直な感想です。

どのナビでもその傾向があるようですが、まずBluetoothの接続がかなり不安定。それからSmart Accessでは、スマートフォンのアプリケーションに対するフロントエンドの機能をこのナビが行なうだけで、音声入力検索などの実際の処理はスマートフォン本体及びGoogleのサーバで行なわれます。そのため、レスポンスが大変遅いです。

またSmart Accessのアプリケーションがかなり鬱陶しいソフトウェアで、スマートフォンにインストールするとずっと常駐しっぱなし。車に乗らないときには要らないアプリケーションですが、タスクキラーで止めても困ったことに瞬時に蘇ってきます。しつこくBluetoothをONにするか聞いてくるし、おまけに電池食いで...さすがにこれはいかんだろという代物でした。

結局のところ、スマートフォンで普通に検索して目的地を手入力という、今まで通りの使い方が最もストレスなく素早く使えるのでした。

ナビそのものはとても使い易いので特に問題はなく、オマケ程度の機能だと思っています。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

エアクリ純正戻し

難易度:

タイロッドエンドブーツ交換(^o^)

難易度: ★★★

サイドミラー赤色化

難易度:

トランクスポイラー塗装及び取付

難易度: ★★

ハイリフトペダルカバー取り付け

難易度:

シフトケーブルブッシュ取り付け

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

あまり巷で見かけない、でも使ってみるととてもいい、そういう車に惹かれます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
 先日、7年目の車検を通しました。相変わらず快調に動いています。
三菱 コルトプラス 三菱 コルトプラス
23年半乗ったカローラIIから、ついに乗り換え。 この車は以前から気になっていたのです ...
トヨタ カローラII トヨタ カローラII
昭和63年 (1988年) 10月に初年度登録、友人宅で現存するこの車ですが、友人がまた ...
ホンダ N-ONE ホンダ N-ONE
家内の車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.