• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

つっちー@はいいろ号のブログ一覧

2017年02月03日 イイね!

日光東照宮といろは坂とESC

日光東照宮といろは坂とESCグンマー出張中のつっちーです、お庭ー外、服わーズボンにIN。

先日、休みを利用して栃木が誇る 世界の日光! に行ってきました。
出張先は群馬県だけど、ホテルが栃木なもんで。


日光東照宮は徳川家康を神格化して祀る神社で、
今の豪華絢爛な社殿に改築したのが3代将軍の徳川家光らしい。

家光、どんだけ金使ってんねん!!(爆)



手前が唐門(国宝)、奥が拝殿と本殿(国宝、改修中)、その他もろもろ国宝のオンパレード(笑




きらびやか過ぎて何だか中国の観光地みたい(笑

三猿とかいろいろ修復されていて、小奇麗な感じは何だかありがたみが無い気がするけど、
(ちなみに、文化財の修復は技術の継承のためには絶対必要)
拝殿と本殿内部は、入れる事にちょっと感動を覚えちゃうくらい凄い(撮影不可)



眠り猫(国宝)


ねっこ!!



ちなみに、眠り猫のストラップは奥社(斜面の階段を上った一番上)でしか売ってなかったので、
国宝ストラップシリーズを集めている人はお見逃しなく。

(買いそびれたぁぁぁっ!!!)



で、日光と言えば 『いろは坂』!

てな訳で聖地巡礼もしてきました(笑



上った先に有るレストハウス。




冬期休業?



いろは坂の下りを遠くから見ると・・・


なんだこりゃ(笑



実際の道。


凍結したら空も飛べそう(笑
(それがホントの空に描くライン?)



1つ目の橋?




残念なピンボケ。。。
(2台並走とかムリじゃね?)



ハチロクとMR2が並んだまま進入した橋の入口。




コーナリングしながらの進入とか、、 怖過ぎてムリっす(笑



それにしても、
今回のレンタカ ヴィッツは変な動きをするな、と思ったらESC(横滑り防止機能)が付いてた。

ESCは初体験。

リアが流れるとフロントの外輪にブレーキがかかって(ブレーキ de カウンタ?)強烈に姿勢を戻そうとする。
結構キツくかかるんで低速だと止まっちゃいそうに(笑

人間じゃあ絶対不可能な四輪個別ブレーキ制御なんで
 ナルホド、これなら安全安心だ と思った。

自分は要らないけど(笑



あ、 アンダーステア時にどうなるかまだ試してなかった。

ちょっくら攻めて来まーす(笑
Posted at 2017/02/03 20:51:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 珍道中 | 日記
2016年08月14日 イイね!

とある社畜の九州出張記 その1

お久しぶりです。

現在、盆休み返上で福岡に出張中のつっちーです。

猛暑の中(現場は空調完備)、過酷な労働(来週から)を強いられてる私は、
たまの休日に心の癒しを求めるべく、阿蘇山の方まで足をのばしました。(どうしても行ってみたかった)


そんな休日のひとコマを淡々とカメラに収めてきました。(需要が有るかは不明だが)


途中のとある道の駅にて。


大分は梅が特産なんだが、生産量を増やそうにも卸す先が無い。

そこで、大分出身の『進撃の巨人』の作者(実家も梅農家)が少しでも地元の役に立てればと、ひと肌脱いだのがこのコラボ梅酒。

キワモノ企画と思いきや、意外とイイ話(笑

梅酒そのものも地元焼酎で漬けた梅酒で、そこらで売ってる安物とは全くの別物!マジでウマい!!




通行禁止を迂回しながら見えてきました、阿蘇の外輪山!(どっかの某ヴィーナスラインみたい)






絶景かな(右)





絶景かな(中央)





絶景かな(左)



スケール、ハンパ無し!! (コンデジの限界を感じまくり!)






外輪山の上は正に高原のワインディングロード! 最高!!






そんな途中の展望台で売ってる焼きとうもろこし(生でも美味いスイートコーンで250円)。

みんな食ってる(笑






じゃぁ、おれも(笑


ほんとにウマい!







いつか行ってみたいと思ってたラピュタの道は全面通行止め!


知ってはいたけど、近寄れも出来なくてマジで悲しい!!! (TДT)





シカタナイので、近くのラピュタっぽい道へ・・・


コレはコレで素晴らしい絶景ポイント!






ふもとに下りて食べて応援、郷土料理の高菜めしとだご汁定食。


こっちの高菜はちょっと酸味が有って変わった感じ。
でも、その酸味が食欲をそそる(笑

だご汁はせんべいくらいのだんご(すいとん熊本Ver.)がいっぱい入ってて結構なボリューム。

濃厚な味噌煮込みはウマい! まさに、地元めし!






道の駅でモノホンのくまもんハケーン!






どーしよーかと迷ったけど、やっぱり見ておかないと、阿蘇神社。



日本三大楼門(重要文化財)の1つが・・・・・



在りし日の姿を見れば分かるけど、三大楼門の中でも抜群の存在感だった阿蘇神社の楼門・・・

つまり、日本一と言ってもイイ代物が失われてしまったのだ・・・

失われる日本の伝統・・・・

見てみたかったのに・・・・・ (TДT)




拝殿もこのありさま・・・・



もう何て言ったらいいのか・・・・ _| ̄|○






そんな阿蘇神社にも、かつて奉納された夢と希望にあふれた絵馬が有った。



ちょっとググってみたらこのコ(P.N.はマツとアユを入れ替えてる)、某少女漫画誌の賞をとって
そのマンガが今年8月の雑誌に掲載されるとの事!

なんと、本当にマンガ家デビューを果たしたのだ!

なんと素晴らしい事か!!

彼女の努力に阿蘇神社の神様がちょっとだけチカラを貸してくれたんですね。

あまりにイイ結果に、なんかちょっと勝手に救われた気持ちになりました。

これも何かの縁と陰ながら応援したいと思います。





そんな日の阿蘇の谷間に沈む夕日。



また来るぜ、阿蘇!

多分、今年の冬くらいの案件で・・・
Posted at 2016/08/14 20:49:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 珍道中 | 日記
2016年05月31日 イイね!

セイチジュンレイ

セイチジュンレイグンマーは伊勢崎に出張中のつっちーです、ジャンボ!

伊勢崎駅前の第一印象は、


何もねぇ・・・・・・(汗)




さて、先週日曜日は休みだったため、某マンガの聖地巡礼をしてきました。

連載開始から早11年、連載終了後も2年もの月日を経過しているとは言え
読破したのがつい最近なので自分の中ではヒジョーにホットな話題なのであります(笑

そんな聖地の今と昔?を比較して見ました。



まずは山上の湖畔をば。




木が切り株だけになってしまっているが想像以上の保存状態!(取って付けた様なベンチが何ともw)





次は物語の始まりのスタートライン!



木々が生い茂り建物が消え失せているが、対戦相手を待つNSXに昔と変わらぬ熱き思いが!!(ウソ





そして、啓介のFDをブチ抜いて伝説が始まった複合コーナー。




まんまです! (デモ、ココデフリカエシテモマニアワンヨナ......





ここで負けじと、必殺!溝落し!! (センモンカノシドウノモト アンゼンヲカクニンシテサツエイシテオリマス

by レンタカ ヴィッツ





続いて、慎吾のEG6をかわしたストレートからの突っ込み!




(ガードレールヲコエタラタニゾコラシイガ?)





最後は、涼介FCとの奇跡のダウンヒルバトルが決着したコーナー!!




(クサボーボー)






おまけで伊香保温泉




(モトモト フルイオンセンガイハホトンドカワラズw)





そんな観光地で食べ歩く。



温泉饅頭×2、玉こんにゃく、焼き饅頭とか言う饅頭の皮だけを五平餅風に焼いたやつ(ケッコウナボリューム



と、グンマーを駆け抜けた日々の思い出(チョサクケンテキニアウト???
Posted at 2016/05/31 21:37:53 | コメント(3) | トラックバック(0) | 珍道中 | クルマ
2015年10月05日 イイね!

働く?ヒコーキ シリーズ ~その2~

働く?ヒコーキ シリーズ ~その2~タイトル画は博物館内のレストア工場。
大きなクレーンが無いけど、どうやって解体・復元してるんでしょ?


左は近代の飛空挺。
右は・・・・・・

ナウシカの飛空挺?
それともラピュタのロボット兵??(笑


こちらは日本の戦闘機達。


手前から、イ号潜水艦に搭載して米国本土爆撃を狙った水上機「晴嵐」
翼をもがれた複座戦闘機「屠龍」(複座部分が翼に隠れて見えないw)
特攻機「桜花」(ジェットエンジン仕様。実践投入前に終戦)
夜間戦闘機「月光」


そして、2000馬力の「紫電改」!
(ゼロ戦が1000馬力)


そうして、日本の航空機の歴史は途絶えてしまった・・・


反対側の奥を見ると、
博物館なのに最新のF-35が有るっ!!!(;゜Д゜)


と思ったら試作機のX-35B(垂直離着陸機)でした(笑

で、横に無造作に置かれているのが・・・

垂直離着陸用エンジン!



手前が胴体中央のリフトファン、奥がケツ側のエンジンみたい。

こんなの見せてもイイの?

まぁ、見るだけで真似できるようなシロモノに価値なんかないですけど(笑


そして、「F-14 トムキャット」さんの背中(笑


上で卓球くらい余裕で出来るんじゃないかと思えるくらいの広い背中(いや、出来る!w)


で、トムキャットさんは正面から見た時のイカリ肩ぐあいがカッコイイんだよなぁ~


っと、真正面に向かってカメラを構えたあたりで


バッテリー切れ!

しかも、予備バッテリーは車に置いてきたカバンの中!(;゜Д゜)

オーマイガッ!!(爆


とゆーワケで
ヒコーキ シリーズ終了のお知らせでした(笑


博物館を一回りして思った事は・・・
来る前に内容を調べてから来るべき!
ナゼなら、展示物の前には一応説明書きがあるんだけど、
英語じゃ全然分からない!(爆
分からないまま見て回るだけじゃぁ ホントに勿体無い。。。

それに、何を見るかを先に決めておかないと効率良く回る事ができないし、見逃しも有るかも。
特に今回は滞在時間が1時間しかなかったので、それが顕著に現れた。。。


そして最後に、

カメラの予備バッテリーを忘れない事!(爆
Posted at 2015/10/05 23:52:25 | コメント(5) | トラックバック(0) | 珍道中 | 日記
2015年10月04日 イイね!

働く?ヒコーキ シリーズ ~その1~

働く?ヒコーキ シリーズ ~その1~アメリカンシリーズで展開中のつっちーです、こんばにあ。


昨日?はワシントンDCのスミソニアン航空宇宙博物館に立ち寄ったのでその画像をば。





館内入ってすぐの所に どーーん!とたたずむのは
『SR-71 ブラックバード』

(なんか似たような型番のタイヤを履いた気がするなー w)

実用ジェット機としては最高速度を記録した巡航速度マッハ3.2の飛行機っす。
機体のほとんどがチタンで出来ており、そりゃ凄そう!(&裏山鹿 w)

と思ったら、外装パネルは大量のネジで止めてあって、意外と安っぽい感じ(笑
まぁ、50年も前の飛行機ですから、それを考えるとやっぱり凄い(笑

もし黒く塗装してなかったらチタンがイイ色に焼けてたんだろうなぁ~
今からでも塗装を剥がしてよ(笑


次は、ブラックバード画像の後ろにチョロっと見えてたけど、
スペースシャトル 『ディスカバリー』!

(この位置からディスカバリーを背景に記念撮影するべし)



近づいて、どーーん!


すごい!とにかくスゴイ!!
こんなモノを展示館内に展示するアメリカ人、頭おかしい(笑

いや、展示するだけの価値が有る偉業が有るって裏山鹿っ!!\(◎o◎)/


近くで見ると耐熱タイルがススけてて汚いw んだけど、
それも大気圏突入時の凄まじい摩擦熱による影響だと思えばやっぱりスゴイ(笑


次は、超音速旅客機『コンコルド』!



デカ過ぎてフレームに入らんわっ!!(爆

夢の超音速旅客を実現しながら、商業的に失敗したとゆー残念な機体。
250機以上が採算ラインにもかかわらず、わずか16機しか製造されなかったそうな。。。


思いっきり引いて撮ると入る(笑


手前にチョロっと写ってるのは大型ジェット旅客機「ボーイング707」の試作機っすね(1954年初飛行)
って話は後で知った事だから画像は撮ってない(爆

行くからには展示内容を少し調べてから行った方が楽しめますね。

イイ教訓になりました。


~その2に続く~



たぶん(笑
Posted at 2015/10/04 04:10:46 | コメント(6) | トラックバック(0) | 珍道中 | 日記

プロフィール

「着陸がさらに遅れて乗り継ぎが10分ちょい(お姉さんとダッシュ)だったのに、預けた荷物もちゃんと来た!すげーよ羽田!!(良い子はマネしないでね♪)」
何シテル?   06/18 20:42
はいいろスイフトスポーツ号でジムカーナやサーキット走行なんかを嗜んでます。 速くなくてもいいんです、楽しければ!? のスタンスで。 ちなみに戦績は、 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

スイフト好き、サーキット好き、ジムカーナ好き、釣り好きなどなど、
ご意見いただければ幸いです。
36 人のお友達がいます
井ノ崎井ノ崎 * たつ@HA36S(ZC31S)たつ@HA36S(ZC31S) *
『ATSU』『ATSU』 YASUBEEYASUBEE
HG89HG89 かんた、かんた、

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
はいいろ号@ZC31S(Ⅰ型)です。 レギュレーション(?)の関係で給排気系・エンジンは ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
あおいろ号@DC5です。 新車で購入。5年くらい乗りました。 パワー感はサイコー でした。
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
中古で購入。 VTECの気持ち良さを始めて体感。 購入後も全く手を加えていなかったが・・・
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.