• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GOGO1Bのブログ一覧

2012年04月16日 イイね!

リアバネの考察 今はこんな感じ 知恵を拝借

リアバネの考察 今はこんな感じ 知恵を拝借ダッシュで書きました
悩み中のリアバネはこんな感じです。


昨日からの続きになるのですが、現状のターマック仕様バネの実測はこれです。

リアの車高はこのままです。
ストロークを確保したい。(現状だと6センチ程の縮みストロークしかありません。)
バンプラバーをなんとかするか?


図の解説(数字はだいたいの計測値)
図は現状のターマック仕様のリアバネの様子をアバウトに計測したもの。
・バネの上にはスペーサーがあり、現仕様では1㎝車高を上げ方向に調整しています。
・1Gではバネ上部3㎝が線間密着します。
・1Gの状態からの縮みストロークはあと6㎝
・リアの車高はフロントロアアームの状態に合わせるので、スペーサー隙間なしで13㎝

6センチの縮みストロークではギャップを吸収しきれない模様
・車高を変えずにストローク確保は出来るか?
・その時のバネの硬さは?

線間密着なのか、ショックの底付きかは確認してません。
今は線間密着と決めつけています。


他力本願!コメントお待ちしておりますw
Posted at 2012/04/16 18:10:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2012年04月15日 イイね!

リアバネ考察が、勢い余ってターマック仕様変更へ

リアバネ考察が、勢い余ってターマック仕様変更へ春の陽気に誘われて、午後のちょっとお留守番な時間を活用してのリアばね採寸をしていました。

ターマック用のリアショックアブソーバーを着けて、ターマックバネの1Gの長さ、最大伸びストローク
気の向くままに採寸をひと通り終えたわけです。


今の手持ちのクスコのコンパクトナンチャラのリアの純正バネはストリートでの使用はかなり具合が悪いです。
道路のウネリや道路補修の跡を通過すると、時にはバネが線間密着してリアから惨い音と衝撃がしたり、跳ねたりします。

リアの足回りの構造上、ボディーが上方に持ち上がるとリアのボディーが横にズレるわけで、体感そうとう気持ち悪いし、正直怖い。
線間密着しないように固いバネにしらたいいのかと単純に思いました。


そんな事を考えながら、勢い余ってショックアブソーバー交換始めちゃいました。
リアもやったらフロントも。

今年は車高を変更しました。
(良くわからないのですが)ロールセンターを意識して、フロントロアアームを水平にセットしましたw
昨年のターマック仕様に比して10ミリの車高アップになりました。


仕様変更も終わり、家の周りを試走したのですが、ハンドリングに違和感あり。良く考えたらトウ調整を忘れてました。
調整はトータルトーでインに2ミリとしました。

調整後は、違和感なく安心仕様となりました。


ブレーキですが、効きます。操作もしやすくなりました。
同じ感覚で踏むと余計に減速しますw
効いている所がわかりやすく、ブレーキは操作しやすくなりました。


さて、バネどうしようか迷ってます。
ショックアブソーバー交換とかは予算的に絶対ない選択ですw
バネで無理やり妥協したいんです。

まずはストロークを確保出来るバネかなぁと思ってます。
ノーマルカットも密かに良いとか。
凄いひと、また教えてください。
Posted at 2012/04/15 19:07:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2012年04月14日 イイね!

ブーンに15のブレーキディスクをインストール完了

ブーンに15のブレーキディスクをインストール完了ヴィッツの15インチディスクとキャリパーがそのまま付くわけではありませんが、取り付け完了です。
写真は取り付け前に部品を並べて比べてみた物です。


本日、空き時間を利用しての作業です。
14インチのディスクを取り外して、15インチのブレーキアッシーに交換しました。
整備手帳に他の写真は掲載してます。

これでスタットレス、ラリースノー、グラベルタイヤが履けない仕様になりました。
北海道では5月のGWでも希に雪が降ることがあります。
雪が降ったら運行停止です。

さて、このBOONの普段履き15インチタイヤ
なんと、ダンロップのLM703
吸音スポンジで有名になったあのタイヤです。(昨日のブログで披露したネタでした。)


ブレーキにもどって、
14インチと15インチの差、見た目は強烈です。
ターマックの強烈な下りでもがんがん踏んで行けそうな感じです。

フロントタイヤを履かせて観察すると、ホイルとキャリパーの隙間がほとんど無い
かっこいい大径ディスクにほれぼれします。
まだブレーキパッドは普通のです。ターマック用の強烈なやつを準備しないといけません。

それに比べてリアは・・・
ドラムとホイールの間に巨大空間が出現
正直言って、かっこ悪い。ドラムに放熱版でも付けてやろうかと思う位の隙間があります。


エア抜きを義賊の支援をもらいながら行いました。
近いうちにパッドの当たり付けをしてきます。
強烈に効くといいなぁ
Posted at 2012/04/14 20:28:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2012年04月13日 イイね!

ターマックキャリパー対応の15インチホイールゲット

ターマックキャリパー対応の15インチホイールゲットターマックラリーの為に現在の14インチディスクから15インチのブレーキディスクとキャリパーをインストールする予定のブーン

ターマックラリー用のラリータイヤとホイールはある。しかし、普段ばきの15インチがなかった。

o.a.p有難う。
ヴィッツの15インチホイールを用意できました。しかもダンロップのLM703付きです。吸音スポンジの付いたラグジュアリータイヤ
溝がないのは秘密だ

これで週末を利用してオーバーホールした15インチを使えます。
みてろよ、エゾのターマックを楽しんじゃうぞ
サーキットも行ってやるぜ

男は息抜きしなきゃね
Posted at 2012/04/13 22:17:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年04月08日 イイね!

1月末から調子の悪かったクラッチ

1月末から調子の悪かったクラッチタイトルだけ読むと何のことだかサッパリですね。

ブーンは1月末からクラッチのキレが悪くなる症状が出ておりました。
このたび、クラッチ関係を全部総取っ替えしてなおしました。
という結論なのです。



暇な人は以下も合わせると詳しくわかります。

以下の症状がで始めました。
・交差点で右折待ちで停止すると、エンジンが停まっている。
・横断歩道をまたいで車道に出るために徐行~停止をしていると、クラッチ切ってもエンジンが停まりそうでさらにシフトが抜けない。
・ニュートラルで停止していて、発進するために1速に入れようとするとシフトが入らない。

整理をすると
・停止しようとする直前に起こることが多い。
・クラッチを切っても1速2速のギアが抜けない。
・クリープのように前に進む。
・最初は症状が出ないが、後から出る。
・振動や異音、異臭といったシグナルは無し。
・季節としては冬、外気温もマイナスの冬日
・走り出してそうとう時間が立ってから現れる。
・ニュートラルから1速に入りにくいことがある。

ネットで原因を調べると
・クラッチの反り返りが最有力でした。
・トランスミッション内部の可能性は低い。

上記を話して知人に頼ると
・レリーズベアリングが不良の時に似た症状がでる。
・レリーズフォークが壊れていることもある。
・ベアリングと決めて開けた時にディスクだったら悲しいとかアドバイスももらいました。
・ミッションならオイルでごまかすこともできることがある。

結局、クラッチディスク、カバー、レリーズベアリング、レリーズフォーク等を用意することになりました。
財布も相当痛いのですが、あけて空振りならまだしも見逃しは痛すぎるとの判断です。時間の制約もありました。


部品の入荷待ちが続きました。
古いノーマルクラッチ一式に交換も考えて段取りもしたのですが、実は処分してましたw
そして最後にきたのがレリーズベアリングです。2カ月待ちました。
クラッチ、カバー、ベアリングはD-SPORTSの強化品です。


RTCのラリードライバーにして、昨年の軽自動車クラスチャンピオンのタックのガレージにお邪魔してきました。
作業はタックの支援があって、無事終了しました。
メニューはクラッチと同周辺部品を交換、リアデフをオープンデフにしてビスカスを緩いものにしました。

同時にミッションオイル、トランスファーオイル、リアデフオイルを交換しました。
ミッションオイルはモチュールのFF-LSD、トランスファーとリアデフオイルはスピードマスターのスーパーギアを使用しました。

約10M/Hの作業でした。
Posted at 2012/04/08 17:55:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #ジムニー トランスミッションの脱着手順 https://minkara.carview.co.jp/userid/665191/car/2781238/5338148/note.aspx
何シテル?   05/30 23:10
西洋タンポポやニセアカシアの繁殖力は凄い。 ワイドオープンスロットルはブーンの整備記録とJKラングラー日記という感じで運用中
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/13 23:16:26
4輪独立懸架を採用した軽自動車達。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/03 00:07:33
BOONの仮サス探訪 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/02/02 13:58:58

愛車一覧

ダイハツ ブーン 70式BOON (ダイハツ ブーン)
BOONオーナーの整備の参考にこれを残しています。ブーンを降りたので、削除も考えたのです ...
ジープ ラングラー ジープ ラングラー
極寒キャンプにも行ける。それがラングラーです。 凍結する川の薄氷を砕きながら、未除雪の廃 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
メンテナンスを記録

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.