• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロボ部長のブログ一覧

2018年08月02日 イイね!

キャンバストップに埃は積もり・・

キャンバストップに埃は積もり・・千葉県内のとある場所で二代目フェスティバを見ました。二桁ナンバーにボディ全体を覆う埃の層・・この趣ではおそらくお不動さんなのでしょう。ちょっと珍しいなと感じたのはキャンバストップです。今でも稀に見る二代目フェスティバはほぼ例外なくキャンバストップでない、ノーマルルーフで、おそらくキャンバストップ車は耐候性などの面で不利なのではないかと想像します。

二代目フェスティバが「世紀の大失態モデルチェンジ」(さらに売れるためのモデルチェンジが、まったくその逆に作用すること/ロボ部長造語)の産物であったことは論を待たず。いま見れば、このクルマのスタイルはいかにも90年代初頭のフォードらしいものです。造形の隅々にSN95マスタングや初代モンデオなどに相通じる、ソフトシェイプが見受けられる。おそらくSN95マスタングとこのフェスティバがガレージに並んでいたら、何の違和感もない、熱心なフォードフリークのガレージとして印象付けられたでしょう。しかしそれが、日本では受け入れられなかった。

初代フェスティバはフォードの国際戦略のもとで、マツダに開発の主導権が与えられ、結果として当時のマツダの持ち味だった実直さが花開いた、日本人に好まれるテイストのコンパクトカーでした。二代目はやはりフォードの戦略でフォード本体がスタイリングを担ったことで、小型車に対する米日の価値観や嗜好の違いがモロに出てしまった。初代フェスティバが築いた数々の美点がことごとく失われる中、「これだけは譲れない」ポイントだったのがキャンバストップで、二代目にかろうじてキャンバストップが設定されたことは、フェスティバがフェスティバである所以が唯一残された、と言ってもいいでしょう。
Posted at 2018/08/02 23:47:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | Festiva | クルマ
2017年08月27日 イイね!

ベーシックであればこその良さ

ベーシックであればこその良さ夕方に出かけた近所のスーパーの駐車場で初代フェスティバと出会えました。この車はやっぱりいい、名車です。何がいいって、適度なサイズと健康的なパッケージ、コンパクトカーとしての領分を踏み外さない存在感は何ものにも代えがたい!自分のことをもっと上のクラスに見せようとしたり、必要以上に豪華さや高性能をアピールすることのない、分をわきまえた感覚は、誕生から30年以上を経た今なお色褪せない初代フェスティバならではの美点です。

私の手元に、このフェスティバをデザインの観点から、作り手(マツダのデザイナー)自ら解説した数少ない記事が掲載された雑誌(「Design News」1986年/No.183)があります。久しぶりにページをめくってみると、とても興味ぶかい記述がいくつかありました。Ford専売車として、Fordのアイデンティティであるエアロダイナミクス・デザインが追求されたが、フェスティバの空間効率性と、外形の特徴であるブリスター・フェンダーとは、Fordアイデンティティのデザイン指向ではみられない思い切りのよさで、Fordマーク付きの車種としてはユニークであると、デザイナー自らが強調しています。
さらに、デザイナーはこのフェスティバを、当時のルノー5やMINI、2CVなどを引き合いにしながら、町の景観に溶け込む新しいベーシック車のひとつとして認められたい、と述べています。「ベーシック車の造形はあくまでもベーシック車としての佇まいを持っていなければならない」、このデザイナーの発言に初代フェスティバの真意がうかがえます(二代目はベーシック車としての立ち位置を踏み外して、少なくとも日本での支持を失いました)。

今でもこのクルマを愛用し続けているオーナーさんがどのように思っていらっしゃるのかわかりませんし、機能的なことをいえば長足の進歩を遂げた今日のクルマと同列に比べられるはずもないのですが、ベーシックカーのあるべき姿をめざすことでもたらされた商品性はタイムレスであると、肌身で感じていらっしゃるのではないでしょうか。

Posted at 2017/08/27 22:03:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | Festiva | クルマ
2017年01月19日 イイね!

後ろ向き(to 80年代)の話題で失礼します

後ろ向き(to 80年代)の話題で失礼します恵比寿から六本木への移動中、今ではもうめったなことでは見なくなった以下のクルマたちと出会いました。
・初代FFジェミニ ZZ ハンドリングbyロータス
・初代プリメーラ 1.8

どちらも放置車でなく現役感バリバリであったことにかなり感動したので、フォードではないですが写真を貼り付けておきます(^_^
ジェミニは当時特によく売れていた4ドアセダンでなく3ドアハッチバックであること、プリメーラは今もごく稀に見かける、スポイラーを装備した2.0でない、よりシンプルな1.8だったことにも感激!




実は私、今でも80年代中盤〜90年代初頭にかけてのクルマのかたちが好みです。もちろん新しい、いまの時代のクルマのかたちを拒否するつもりはありません。自動車の造形も時代時代の要請で変化が不可避だからです。安全性・経済性・環境保全性・情報化対応・グローバル化対応などなど・・現代は自動車が背負うべきことの多さと重大さがかつての比ではなく、それに適した造形が導かれて当然です。
それでも、おさまりのよいサイズ、広いガラス面、スリムで角度が寝すぎていないピラー、素直な形状の灯火類などが象徴するあの頃のかたちは、時を超えて、ある種の心地よさや自然な感覚を伝えてくれる気がします。特に、各メーカーが空力性能の向上に本格的に取り組みはじめた80年代初頭以降、より滑らかで無理のない造形となり、そのことが感覚へのなじみやすさとなっているのではないかとも考えています。

そんな時代を象徴するフォードといえば、異論も承知で、私にとってはやはりこのトップ写真の初代フェスティバ!純フォードというよりほとんどマツダの文脈で語るべき一台であっても、この後ろ姿だけでもまんまThe 80’sです。

デザイナーはいつの時代でも、その時にやれることを精一杯やろうとしています。「できるなら、ここまでやりたい」そう意気込んでも、技術的な限界や経営的な判断など、さまざまな制約や条件があって、今回はとりあえずここまで・・カーデザインの歴史とはそうした積み重ねにほかなりません。80年代のデザインも言ってみればその歩みの一幕なのですが、技術の進歩と社会の要請と時代の空気とが実にうまくマッチングした稀有な時期だからこそ生まれえた、健康な印象が変わらない魅力なのです。
Posted at 2017/01/19 15:02:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | Festiva | クルマ
2016年08月28日 イイね!

Like the ASPIRE?

Like the ASPIRE?とあるショッピングセンターの駐車場に、今ではすっかり珍しくなった二代目のフェスティバがいました。それも、かなり使い倒された感のある、いかにも実用第一といった趣で。その様子を見て、ちょうどこのフェスティバがかつて北米市場でアスパイアとしてフォードのボトムレンジを担っていた頃は、きっとこんな感じで走っていたタマが多かったんだろうな・・と想像しました。とはいえアメリカには一度も行ったことがなく、実際にそんな光景を見たこともありませんが、アスパイアのようなクルマは免許を取得したばかりの若者や、クルマに特別な思い入れやこだわりを持たず、とにかく安上がりに使いたいというユーザーに選ばれる度合いが高いから、多少凹んでいようが色が褪せていようが動けばオッケー!的に扱われてナンボのものだったのでしょう。

この二代目フェスティバは、それ自体をちょっとクーペチックなパーソナルハッチバックとしてみれば、そんなに悪いものでもなかったと思うのですが、いかんせん初代フェスティバの後継車として存在するにはあまりにも分が悪すぎました。こういう小さいクルマになるほど、日本のユーザーはそこに無駄な部分・密度の薄い部分があると瞬時に見抜いてしまうんですよね。
Posted at 2016/08/28 17:58:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | Festiva | クルマ
2015年09月13日 イイね!

フィエスタからフェスティバを捕捉(笑

フィエスタからフェスティバを捕捉(笑地元を走行中、珍しい初代フェスティバを見かけたためしばらく追走して、隣りの車線から追い越せたのでフィエスタのリアウインドウ越しに捕捉です。写真にリアウインドウの熱線がパターンになって写りこんで目障りですがご容赦を(笑)。さて、もはや市中でもめったに目にすることがない初代フェスティバですが、こちらはDOHCエンジン搭載のGT-Xです。当時はショートストロークのツインカムということで、ちょっとしたボーイズレーサー的なバージョンとして人気を博したモデルでした。今日の個体はナンバーが2桁なのでひょっとするとワンオーナー車かもしれません。とはいえホイールはノンオリジナルっぽく、ボディも後からオールペンを施したと思われるくらいの色艶でした。それでも80年代当時のフェスティバの趣きがよく保たれていて嬉しくなりました。
このクルマはとてもヘルシーかつ洒落た存在感で、日本ではちょっと他にはないキャラクターでした(当時のFFジェミニはわりと近いキャラだったかも?)。それはフォードのバッジが成せる技だったのかといえば、決してそうではなかった気がします。さりとて、当時はその質実なものづくりの姿勢がバブル初期の浮ついた世の中で正当に理解されず、“○○マジメ”と半ばやゆされていたマツダだけでは、この絶妙に肩の力が抜けた感じは決して出せなかったはず。基本的な開発設計はマツダゆえ堅実で、しかし販売チャネルがやや特異でいい意味での「遊び」が許されたことが、素直で明るい印象のフェスティバというクルマへと結実したのでしょう。
Posted at 2015/09/13 21:51:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | Festiva | クルマ

プロフィール

「遠くからでもわかる、フォードらしさって http://cvw.jp/b/665682/42171691/
何シテル?   11/11 15:52
自然体で気兼ねも気負いもなく付き合えて、けれど愉しいクルマ。Fordを30年以上にわたって乗り継いでいます。 2016年をもってFordは日本から事業撤退しま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.