• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロボ部長のブログ一覧

2013年12月30日 イイね!

Go Furtherな次の新しい一年へ

Go Furtherな次の新しい一年へ今年もあと残りわずか、2013年はフォードが日本でダイナミックに動いた一年でした。春にフォーカスが復活、多くの人に受け入れられるフォードが日本に戻ってきたことを嬉しく感じました。その後の売れ行きがあまり芳しくなさそうなのは残念ですが、フォードが世界を照準に開発したプロダクトだけに、じっくりと腰を据えて根付かせていってほしいです。
秋にはクーガが新しくなりました。One Fordの方針に基づきエスケープと共通化されたモデルにも関わらず、日本ではクーガのネーミングが踏襲されたのが意外でした。それに伴い、長年にわたり日本でフォードの屋台骨であったエスケープが静かに去っていったことも、記憶にとどめておきたい2013年の一幕です。
そして間もなく登場のフィエスタです。扱いやすいサイズ、エコロジー性能を真正面からアピールできる商品性は、日本向けのフォードとして真打ちといえそうです。久しぶりのテレビCM放映も予定されるなど、FJLによるプロモーションもいつになく気合が入っているようです。フォーカスでの経験も活かした適切な販売戦略が取られることを望んでやみません。

来る2014年には小型SUVのエコスポーツの導入が噂されます。先だって世界発表された新型マスタングの2014年内の国内導入はむずかしいでしょうが、いずれにしてもOne Fordのもと日本でのフォード・ラインアップもより充実度を増すことになるでしょう。少し気が早いものの、来年末に配られるFJLのカレンダーで、各ページごとに異なるブルーオーバル各車が登場しているのを今から楽しみにしています。


多くのブルーオーバルとの出会いがあった2013年、写真は個人的にもっとも印象に強く「これ欲しい!」と感じた、GHIグリーンのマスタング・パフォーマンスパッケージです。
今年もこのブログをお読みくださった皆様、どうもありがとうございました。どうぞよい年をお迎えください。


Posted at 2013/12/30 01:06:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | Ford | クルマ
2013年12月14日 イイね!

フィエスタにポジティブ・カラーを

フィエスタにポジティブ・カラーをフィエスタの国内導入がFjlからアナウンスされて一ヶ月以上が経ちました。いまだ詳細な情報は明らかになっていません。装備や価格が気になるところですが、それとともにどんなボディカラーが設定されるのかも気になります。いまのところ、テーマカラーのブルーをはじめ、マゼンダ、写真のホワイトの現車を見ましたが、プレカタログに写真が出ているブラックも設定されるのでしょう。
フォード各車の日本でのカラーラインナップは決して豊富ではありません。6色を揃えた(限定車を含めれば7色)フォーカスはがんばった方ですが、それ以外の車種はどちらかといえば無彩色がメインで、華やかさに欠ける印象なのが残念です。
フィエスタはせっかく多くのユーザーを取り込める商品なのだから、ここはがんばって彩りのある品揃えをめざしてほしいところです。写真のホワイトも陶器のようなコロッとした感じでかわいらしいですが、以前に初代クーガで限定色として設定されたマースレッドのような明るいレッドや、イエロー系などもきっと似合います。クロームメッキが多用された大き目のフロントグリルは、どんな色がボディに塗られてもクルマを重く見せない効果があるので、「どうせ数が出ないから・・」とあまり臆病にならず、ポジティブなカラーが提供されることを期待します。

クルマのボディカラーについては「売れないから設定しない」ではなく、「設定しないから売れない」が絶対的なロジックだと思います。
Posted at 2013/12/14 21:33:20 | コメント(5) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
2013年12月05日 イイね!

One Ford, One Mustang !

One Ford, One Mustang !予定通り、本日オール・ニューとなるマスタングの2015年モデルが世界同時発表になりました。日本でもプレス向けにニュースレターの体裁で参考情報が配信されたほか、すでにFJLのホームページでも2015マスタングの特集ページが組まれています。スマフォ向けサイトからも2015マスタングのページにアクセスができます。まもなく発売を開始する予定のフィエスタでさえまだ詳細がアップされていないこの段階で、futureモデルとしていち早くマスタングが紹介されていることには驚かされました。この抜け目のない情報発信のスタイルもまた、One Fordを象徴しているといえるのでしょう。

公式写真で見る限り、新型マスタングはキネティックのラインと歴代のマスタングの典型的なディテールとがうまく融合されている印象です。スペシャリティでありながら、そこかしこに現行のフォード各車を思い起こさせる部分が散見されるのも巧みだと思います。
この最新型のグローバル・ポニーカーに日本で会えるのも、案外早いのかもしれませんね。なんといっても来年は”午年”ですし。
Posted at 2013/12/05 23:42:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | Mustang | クルマ
2013年12月04日 イイね!

お昼どきにフィエスタと遭遇

お昼どきにフィエスタと遭遇職場がFJL本部からそう遠くないので、運動不足気味に感じられる日などは昼食がてら神谷町まで足を伸ばしたりします。今日もたまたまフィエスタが駐車場から出て行くところに出くわしました。エアロ装備に加え、大人4名乗車だったせいか、車高が下がっていてどっしりした塊感があります。基本的にはコンパクトなはずなのに、こうして見るとまるでちょっとしたミニバンみたいにも映ります。思い返せば初代フォーカスもそうでしたっけ。
Posted at 2013/12/04 19:16:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
2013年12月02日 イイね!

間もなく姿を現す2015マスタング

間もなく姿を現す2015マスタング来る12月5日、新しいマスタングがローンチとなります。年明けのデトロイトショーに先立ち、世界四か国六都市でのお披露目となる2015マスタング。半世紀にわたりアメリカ市場に根ざしてきた伝統あるブランドが初めてワールドワイドな一台となる注目の日です。メカニズムでも右ハンドルの設定・インディペンデントのリアサスや小排気量のEcoBoost搭載などが噂され、これまでのマスタングからはいろいろな点で変革を遂げていることでしょう。One Fordを謳うフォードが今度のマスタングに授けたもの、それはアメリカに生まれたOnly Oneの存在が、愛すべきキャラクターとして世界中に届けられるということではないでしょうか。
(この写真は現行のフェイスリフト前のマスタングです。2015モデルではありません^^;)
Posted at 2013/12/02 23:14:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | Mustang | クルマ

プロフィール

「遠くからでもわかる、フォードらしさって http://cvw.jp/b/665682/42171691/
何シテル?   11/11 15:52
自然体で気兼ねも気負いもなく付き合えて、けれど愉しいクルマ。Fordを30年以上にわたって乗り継いでいます。 2016年をもってFordは日本から事業撤退しま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.