• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロボ部長のブログ一覧

2016年09月25日 イイね!

懐かしきカペラCG(即ちテルスターTX5)と

懐かしきカペラCG(即ちテルスターTX5)と自宅の近所を走っていて、遠目にいまどきのクルマと明らかにシルエットの違った一台が見えました。背が低くシュッとした趣きで、すぐにちょっと懐かしい「ある車種」のことを想い浮かべたのですが、いやいやまさか、そんなレアカーがいまも現存しているなんて?半信半疑で近づいてみると・・その「ある車種」、つまり写真のカペラCGでした。すごいなあ、当時だって決して多く走っているクルマではなかったのに、今でもこうして元気そうにしているとは!

カペラCGはいうまでもなく、二代目フォード・テルスターTX5のベース車です。私は免許を取ってすぐに乗ったのがこの一世代前のカペラベースの初代テルスターTX5でしたから、二代目の記憶も鮮明です。GTフランコルシャンというボディが2トーンに塗り分けられたTX5などとてもスタイリッシュでしたね。

本当に久しぶりに見たカペラCGは、最近のクルマを見慣れた目にはとても新鮮に映りました。ボディは5ナンバー枠にもかかわらず前後の絞り込みが滑らかで、全高も低めなので伸びやかな印象です。低く抑えられたボンネットフードにスリークに納まったヘッドランプとグリルは、きょうびの表現過剰な顔つきとはまったく違った楚々とした表情を醸しています。改めて驚いたのは、当時のアウディもかくやのフラッシュサーフェイスぶり。サイドウインドウとピラー面の段差なんてほとんどないツライチで、よく安定した生産にこぎつけたものです。
ともかく、全体に控えめで奥ゆかしい、知的な存在感が静かに伝わって来るようなクルマです。それがために4WSなどの先進装備を持ちながらユーザーへのアピール度には欠けたのでしょう。しかしCG(City Gear)のネーミング通り、都市の道具として使いこなすのに適したディメンションの一台だったと思いますね。

個人的に、このカペラCGに台数限定で設定されたキャンバストップ車のことも忘れられません。なぜ5ドアHBにキャンバストップを?フェスティバのそれが好評だったから??当時もすごく不思議に感じられましたが、実車は今にいたるまで一台も見たことがない、トップクラスの私的迷車なのです。
Posted at 2016/09/25 13:42:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | Telstar | クルマ
2016年09月19日 イイね!

やぁ、ブルーオーバルご同輩!

やぁ、ブルーオーバルご同輩!世田谷の環八を歩いていて、クーガとマスタングが隣り合う車線を同方向へ進むのを目撃。信号待ちでクーガが止まった横の右折レーンへとマスタングが進みます。そのとき、一瞬なのですが、確かにマスタングがクーガの右隣でいったん止まるようにスピードを急に落としたのを見ました。それこそ、まるで右側からクーガのドライバーさんに挨拶でもするかのように。ちょうどこの写真を撮った瞬間ですね。
それは単に、マスタングの右折レーンでのブレーキングのタイミングが少し早かっただけ?いやいや、そうではないと思いたいです。きっとマスタングのドライバーさんは、クーガがいるのに気づいていて同じフォード乗りとして会釈したに違いない。「やぁご同輩、お互いこれからもフォードを愉しんでいきましょうよー」

現行クーガとマスタングが並ぶのは、さながらアメリカでのエスケープとマスタングに相当するので、アメリカならこうしたシーンも日常的でしょう。今ならば、ヨーロッパやアジアでもクーガとマスタングが一緒に走るシーンを見ることができますが、ここ日本でもこういう場面がこれからも繰り広げられるといいです。

Posted at 2016/09/19 18:13:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | Kuga | クルマ
2016年09月18日 イイね!

家に届いたFord純正パーツと、浜野店への謝意

家に届いたFord純正パーツと、浜野店への謝意もともとはこの週末に浜野店でフィエスタのパーツ交換をしてもらう予定でした。しかし急用が入ったため訪問をキャンセル、該当パーツを自宅へ送ってもらいました。Bピラー表面の化粧パネルです。
7月にフィエスタをひととおり点検してもらった際、Bピラーベースからの「浮き」が指摘され、外装品ということもあり交換を勧められました。現状でもよく見ると端のほうが少し浮き気味なだけで、すぐに剥がれるような兆候はないものの、直営サービスが受けられるうちに対処しておこうと発注し作業を依頼しましたが、今回の訪問キャンセルで浜野店での作業はもうできなくなったため、新しく江戸川店を引き継ぐファイブスター東部さんに持ち込んで取り付けてもらおうかと考えています。

ピラー化粧板の交換くらいなら自分で対処できるかもしれないのですが、実際には取り付け作業を理由に浜野店を最後に訪ねておきたかったのが本心でした。浜野店はもともと今月初旬でサービス業務を終了予定でいたのが、依頼が立て込んだため今週くらいまで急きょ対応期間を延長したらしく、その意味ではこの週末であれば本当の意味で「最後の訪問」となり、これまでお世話になった方々にあらためて挨拶のひとつもできるかな・・と思っていました。結局私も近々で訪ねる時間は取れず、それが叶わなくなったのがとても残念です。

これまで30年近くにわたってフォードに親しんできましたが、最初はいわゆる日本フォード車が2台、それからしばらく自分のクルマを持たない期間を経て、2005年に久々に所有したKaが浜野店での購入でした。その後他店舗購入車が2台続き、再度の浜野店購入車がいまのフィエスタです。なので実際に浜野店でお世話になってきたのはここ10年強とさほど長いわけでありません。しかし、メンテナンスなどのほかにも、時にはオフ会のスポットとしておじゃましたりと、私にとっては地元千葉の「ブルーオーバル交流の場」でした。
Ka以来ずっと担当してくださったスタッフの方は日本フォードでのお仕事経歴が長く、毎回訪問のたびに、知られざるフォード・イン・ジャパン話を聞けるのが楽しかったです。また浜野店は、私が知る限り、国内のフォードディーラーとして最大級の敷地面積で、それだけに中古車在庫も豊富で、いつも多彩なフォード車を目にできるのも嬉しいものでした。

スタッフの方から聞いた、浜野店が関わった超・フォードトリビアな話題にもいずれ触れてみたいと考えています。浜野店の方がこのブログに目を通してくださっているかわかりませんが、もう直接うかがえなくなったいま、ここでお礼を申したいと思います。長い間本当にありがとうございました。




Posted at 2016/09/18 12:01:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
2016年09月15日 イイね!

ちょっと古いムックに潜んでいた「サブライム」

ちょっと古いムックに潜んでいた「サブライム」たまたま立ち寄った東陽町の書店で、2012年刊のNEKOムックを見つけました。古書店でない一般書店に4年も前のムックの在庫が棚差しされたままなのは珍しく、おそらく返品もれでずっと置かれていたのでしょう。内容は「100万以下で買える中古輸入車」いかにもNEKO、Tipoっぽいテーマです。ページをめくると、冒頭のランキング2位にフォーカスが堂々のランクイン!「50万以下の充実グルマ」だそうで、だいたい欧州フォードが上位につけるのってこの手のランキングが多いんですよね〜(^^;

しかしここで私のツボにはまったのは、掲載されている写真が二代目フォーカスで、しかもSTやRSではなく(そりゃそうです、さすがにそれらが2012年当時100万以下で買えるわけなかったですから)ただの1.6であったこと。しかもボディカラーはお気に入りのサブライム!とくれば、その後のページがどうであろうと買わないわけにはいかず、晴れてこのムックは4年ぶりに人の手に渡りましたとさ。

この二代目フォーカス1.6・サブライムのボディカラーは、私が「日本で買えたもっとも好ましい欧州フォード」とひそかに感じている1台です。2006年に開かれたFJLのサーキットエクスペリエンスでは、大人気のSTそっちのけで迷わずこのモデルの広報車を試乗車に選んだくらい気に入っています。大きめのボディに相対的に小さい1.6ℓエンジン、必要十分な実質装備という、どこかかつての仏車を思わせる合理的な成り立ちが魅力です。いま乗っているフィエスタを選ぶときには最後まで選択肢として残ったものの、結局タマはまったく見つからずじまいで、いまだに一般路上で実車を見たことさえありません。

きっといまでも、ふだんみんカラも見ることのないような方に、毎日大事に乗り続けられている1.6のサブライムが生息しているはず。いつか日本のどこかで偶然出会えるだろう・・と思っています。
Posted at 2016/09/15 19:14:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | Focus | クルマ
2016年09月09日 イイね!

神戸・昨年は赤、今年は白

神戸・昨年は赤、今年は白このブログの自己紹介にも書いているように、賑やかな表通りよりはそれより一歩裏の通りや横道の方が好きで、今日の神戸でもいつも通る裏道を歩いていました。昨年、キャンディレッドの3rdフォーカスに出会った北野の崖沿いの通りです。今日は残念ながらそのフォーカスは留守のようでしたが、さらにもう一歩横へ逸れた違う道を歩いていたら、不意にこのフォーカスに遭遇しました。なかなか味のあるガレージに潜む姿が輝いて見える。こういうときこそ、フォードの神様が手招きしているんだなーと想う瞬間です。

こじつけですが、私にとって日本でのフォード自身が、まさに華やいだ「表通り」にこそいなくても、確たる存在感と味わいのある、ひとつ裏手に根ざして魅力を放つ存在なのです。
Posted at 2016/09/09 23:45:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | Focus | クルマ

プロフィール

「ベリーサとフィエスタ http://cvw.jp/b/665682/42197693/
何シテル?   11/18 16:00
自然体で気兼ねも気負いもなく付き合えて、けれど愉しいクルマ。Fordを30年以上にわたって乗り継いでいます。 2016年をもってFordは日本から事業撤退しま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.