• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロボ部長のブログ一覧

2018年02月27日 イイね!

こげるフォーカスRS?

こげるフォーカスRS?仕事でマレーシアのクアラルンプールへ来ています。マレーシアではフォードは国内シェアトップを争うほどのメジャーネームではなさそうですが、しかし街中を移動しているとそれなりに見られるので、その都度アドレナリンが分泌されています(^^)クアラルンプールで出会えたブルーオーバルたちのことはまた帰国後にでもアップしようと思いますが、取り急ぎ、今晩つい先ほど、夕食を取りに街中を歩いていたときに出会った強烈な一台?を。

まるでアキバの一角みたいな、トイ関連の店舗が雑然と建ち並ぶエリアで見つけた、なんとフォーカスRSのペダルカーです!適当なラッピング越しのRSのバッヂもしっかりとリアル!で、後ろ側にはちゃんと立派なスポイラーも立ち上がっています!!日本円で20,000円弱相当の逸品、これは本気で船便で送ろうか・・なんて思わず考えてしまいましたよ〜

Posted at 2018/02/27 23:28:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | Focus | クルマ
2018年02月24日 イイね!

ディーラー数とクルマの相関関係

ディーラー数とクルマの相関関係フィエスタの定期半年点検(セーフティチェック)で市原の高畠さんへ。特に不調や懸念点は認められず、エンジンオイルを交換してもらい、帰路はエンジンの吹け上がりがことのほかご機嫌でした♪

点検作業を行ってもらっている小一時間の間、高畠さんの周辺をぶらぶら。小春日和に誘われて市原の街をさまよううち、民家のガレージに収まるフォーカスに遭遇しました。
ふと、以前からずっと思い続けていることなのですが、ディーラーが位置する近場には明らかにそのメーカーの車が多い気がします。ちなみにフォード撤退後のアフターサービス業務を受託した高畠さんは、旧フォードTokyo浜野店からさほど離れていない場所に立地しており、このフォーカスも本当にご近所さんと言えます。

以前に住んでいた所は、かつてのフォードTokyo江戸川店から至近距離で、周辺にはフォードの車が明らかに多かった。サービス拠点がいつでもすぐそばにあるという安心感も、車を選ぶ際の大きな判断要因になるのではないでしょうか。そうだとすれば、ディーラーの拠点数が多いほどそのメーカーの車が多く売れるということになり、フォードはそういった意味では厳しい条件下にあったとみなせそうです。
80年代末のオートラマ全盛期には、ほとんど都内の各区にショップがあるくらい拠点数が多かったので、ユーザーも気軽にフォード車を買うことができたはずです。
そういえば、かつて江戸川店の近隣で生息していたフォードの各車は、果たして今でも元気にしているのだろうか?久しく目にしていないフォードたちのことがちょっと気になります。

さて帰宅すると、アウル2006さんに共同購入を申し込んでいたFoMoちゃんが到着していました!さっそく我が家のグレから尋問中(笑
このFoMoちゃん、かつてフォードジャパンLtd.の公式FBにひんぱんに登場して、ユーザーコミュニケーションの先頭に立っていたことを思い出しますね。アウルさん、どうもお世話様でした!

Posted at 2018/02/24 21:57:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | Focus | クルマ
2018年02月23日 イイね!

驚安フォーカス!(ドンキ風に)

驚安フォーカス!(ドンキ風に)カーセンサー.netで最近ヒットするようになった目黒の初代フォーカス(1.6Euro+)は、その販売価格が驚きの本体4.8万円!いままで多くのフォード中古車の情報を見てきた中でも、ここまでの値付けはそうそうなかったように思います。かつて、見るからにボロそうだった二代目フェスティバが5万円というのが記憶にありましたが、それをさらに上回る激安記録の更新ですね。

いったいどんな個体なのだろうか?、ちょうど近くまで行く用があったので見てきました。とはいえ、こちらは店内に入ればまず間違いなく写真撮影もブログアップも許可が下りない某大手チェーン店、敷地外からの狙い撮りに挑みました。しかし残念ながら駐車されていた位置の事情もあって、こんな情けない写真しか撮れませんでした・・そのうえ小雨交じりの悪天候・・・で、かろうじてフロントウインドのプライスボードの「4」の数字が判読できるでしょうか?これ「40」ではないんですよ、「4」なんですよ!お客さん、4.8万でっせ〜!!

実際に見る前は、値段も値段だけに相当外観なども劣化した個体を想像していました。ところが予想に反して、やや遠目に見た限りではコロラドレッドの塗装面もそれほどヤケたりヒケたりもしておらず、表面処理が傷みがちなセンターピラー部でさえもツヤツヤしています。ネットに掲載されている写真はおそらく撮影したカメラのカラーバランスが崩れているようで、おそろしく褪色してみえますが、実車はそんなことはなさそうでした。走行距離は91,000kmと伸び気味で、車検も残りわずかでも、なにせこの値段ですからすべて笑って許せる!?
(今回、実車は間近で見ておらず、販売店の説明なども一切聞いていません)


☆2/24追記
ブログアップ当日中にはネット掲載が終了、どうやら買い手がついたようです。
Posted at 2018/02/23 00:15:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | Focus | クルマ
2018年02月18日 イイね!

オリンピック

オリンピック・・・がいま盛り上がっています。私自身は昔から大して関心もなく、今回も羽生さんが偉業を成し遂げたことくらいはわかっても、だからどうなの?という感じです。おそらく来る2020東京オリ・パラもさほど興味も沸くことはなく、他人事のように通り過ぎて行くことでしょう(笑
それよりは、近場でよく行くスーパーとして馴染みがふかいオリンピックです(^^;)。今朝は駐車場にマスタードオリーブのフォーカスがいたので、すかさず横付けしてきました。天気のいい朝の時間帯に見るマスタードオリーブは本当にクリアで色味の冴えたナイスカラーです。それに対して、昨日の中途半端な降雨の影響もあり、我がフィエスタのばっちいことといったら・・(>_<)

私はブログで使った写真の加工する前のオリジナルデータを保管していて、今日出会ったフォーカスのナンバーを確認したら、これまで何度かアップしてきた近所のマスタードオリーブとは異なるナンバーであることがわかりました。つまり、新たなご近所ナンバーのマスタードオリーブにいま出会えたわけですね。
先日のブログで身近なフォード車が減り続けていることを書きました。特に、近所でがんばっていたラジアントレッドのKaがついにMBのSUVにチェンジされていたことにはちょっとしたショックを覚えていましたが、こうしてまた新しいフォード仲間とめぐりあえるのは、本当に嬉しい。オリンピックで日本が勝つよりも嬉しい!!
Posted at 2018/02/18 13:09:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | Focus | クルマ
2018年02月11日 イイね!

私のマスタング3・・「日常の中の非日常感」が素敵

私のマスタング3・・「日常の中の非日常感」が素敵今日、地元の街の新興住宅地をフィエスタで走っているときに遭遇しました。この写真ではちょっとわかりにくいけれど、現行S550のコンバーチブルですね。ということは並行車であるわけで、オーナーさんは熱心なマスタングのフリークと思われます。
「私のマスタング」はこれで3回目、いずれも身近な場所のお宅のガレージに収まったマスタングが題材です。こういう表現をするとなんだかすごく失礼に聞こえるかもしれませんが、決して見下すようなつもりではないのであえて書かせてもらうと、どのマスタングもそんなにものすごい構えの邸宅にいるわけではありませんでした。むしろ、ごく一般的な風情のお宅とセットであると言っていいかもしれない。そのことが、かえってマスタングというクルマらしく感じられ、見るたび本当に好感を覚えるのです。市井の風景と時間の中に、愉しみや刺激やちょっとした非日常的な感覚をもたらしてくれる素敵なクルマ。それがマスタングなのではないかと。
Posted at 2018/02/11 23:06:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | Mustang | クルマ

プロフィール

「ファストバックでないマスタング http://cvw.jp/b/665682/42511399/
何シテル?   02/14 22:22
自然体で気兼ねも気負いもなく付き合えて、けれど愉しいクルマ。Fordを30年以上にわたって乗り継いでいます。 2016年をもってFordは日本から事業撤退しま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

愛車一覧

フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.