• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

じょい@のブログ一覧

2013年01月30日 イイね!

これはかなり貴重ですよ~!

え~youtubeを見ていて思わず「これは凄い!」と思った動画をば。

1983年に山形県ローカルで放送をされた、『西部警察』の山形ロケ編のローカルCMをば!

早速ご覧ください。


う~ん、思わず「凄い!」と思いましたよ。ナレーションで「あの『西部警察』が上山に来る!」となれば、そりゃ地方ロケが盛り上がりますよ~!

石原裕次郎氏のメッセージ付きとなるとそりゃ盛り上がりますわ~。

まぁ、『西部警察』の地方ロケ編でも山形ロケ編は「傑作」と言われますからねぇ~。当時の山形県には知事をも子分にする”服部天皇”という実力者がいましたからね。裕次郎氏が服部天皇に頭を下げたら、「山形市内でヘリを飛ばす」や「酒田市内で大爆破」が実現化しましたしねぇ~。

上山編では今は亡き上山競馬場での派手なロケも出来ましたしね~。

こんな感じで。
Posted at 2013/01/30 20:33:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | じょい@の特選動画集 | 音楽/映画/テレビ
2013年01月28日 イイね!

ホンダの姿勢に関してどうしても疑問符が付くような!?

ホンダの姿勢に関してどうしても疑問符が付くような!?え~時事ネタです。今回は読んで思わず「その姿勢ってどうなの?」と思った記事をば。

NEWSポストセブン 2013.01.26 07:00分より引用。
『子供に人気のあのカードゲームにホンダ車だけ登場しない理由』
 昨年夏、画期的なゲームが登場した。カードを使って、クルマがロボットに変形するマシンを操るそのゲームでは、運転の巧みさを競うドライブモードと、そのクルマが変形してロボットになり戦うバトルモードで対戦する。そのモードの違いに合わせて、ゲームセンターにある大きなゲームの筺体が変形するのだ。

「ギャグ」「ちょいエロ」「真剣バトル」をコンセプトに開発されたこの「超速変形ジャイロゼッター」(スクエア・エニックス)というゲームは、ゲームセンターだけでなく、アニメ、漫画、おもちゃと多方面に展開している。今年の1月11日から行われたマクドナルドのハッピーセットキャンペーンでは、女の子に人気のアニメ、プリキュアシリーズとともに、ジャイロゼッターの限定カードが選べるようになっていた。

 ジャイロゼッターは、現実に日本の公道を走っている自動車が数多く登場することでも人気を集めている。

「ウチのクルマと一緒だ」と子どもが喜ぶような親しみやすさからか、人気の幅は当初に想定していた子どもたちにとどまらず、年末のゲーム公式大会では、女性のプレイヤーが勝ち抜く姿も見られたという。

 昨年夏に放映が始まったテレビアニメでも、数多くの現存するクルマのブランドに登場人物たちが乗っている。主人公のカケルは架空のジャイロゼッターライバードに乗っているが、ヒロインのりんねは変形するとナース姿になるトヨタのプリウスに、天才ドライバーのシュンスケは、青い騎士へと変形する日産のGT-Rを操っている。

 前出のトヨタ、日産のほかにマツダのロードスターや三菱自動車のパジェロ、スバルのインプレッサ、光岡自動車のオロチなど、自動車メーカー計6社のさまざまな本物のクルマがこのゲームには登場する。春に発売されるニンテンドー3DS版ではRPGが楽しめ、軽自動車で知られるダイハツとスズキのクルマの登場が噂されている。さらに、海外メーカーとも交渉中だという。

 業種の垣根をこえて何社もの自動車会社が子ども向けゲームに協力している様子からは、人口減少時代に突入した日本での、将来の販売を見込んで、子どもたちにクルマに親しんでもらおうとの狙いがみえてくる。

 ところが、鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎという2つの国際サーキットをもち、世界に誇るエンジンを作り続けているホンダの名前が出てこない。

 ゲームの提供開始当初から、ホンダ車の登場を待ち望む声も聞こえるが、なぜ、ジャイロゼッターへ参加しないのだろうか。

 ホンダ広報にジャイロゼッターへ協力参加しない理由を尋ねると「イメージに合わないので、お断りしました」との回答が返ってきた。多くの子どもが楽しんでいるものに水を差したくないとの配慮からか、詳しい理由は控えさせてほしいとのことだった。

 自動車業界関係者によると「無理もない判断ですよ」という。

「クルマがロボットに変形して、さらにバトルするというのは、ホンダにとってはつらいでしょう。二足歩行するロボットといえば、ホンダにはASIMOがあります。人間の生活空間で、平和に共存する未来を目指して何十年もロボットを開発してきたのです。それなのに“戦う”のは大きな抵抗がある。しかも、クルマが変形した姿だとなおさらです」

 一理あり、か。
.
-------------------------------------------------------------------------------
引用終わり。

このホンダの姿勢には思わず「何でその流れについてこないの?」と。今最近「若者の車離れ」が問題となっていますが、バブル期にそういう「将来のお客さんを育てて来なかった反省」から、トヨタ、日産、マツダ、スバル、三菱、そして意外と光岡自動車まで参加をしているというコラボ企画は個人的には「上手いところを付いてきたなぁ」と感心しましたね。

しかし、今のホンダの姿勢には思わず「疑問」しか。ホンダの創業者・本田宗一郎氏は、自社の車種が模型化がされたら、その模型を見て「素晴しい!」と模型メーカーを絶賛をしたという話があるほど「他社とのコラボ」を40年以上前からやっていた企業なんですけどね。

その「攻めの姿勢」が変な所に行っているのは・・・。『超速変形ジャイロゼッター』を見ていた小学一年生が、成長をして15年後に免許を取得をして、車を買うという時点で下手すると「ホンダは除外される恐れ」になる可能性が高いのが。例えば「昔、うちでekワゴンに乗っていたし、ジャイロジェッターに登場をしてきたから三菱にしよう!」という事だってありえるのですが。

ディーラーでも「将来のお客さん」として子供にカタログを渡すのもそういう理由から来ているんですけどね。長く商売をするにはそういう観点が無いとね。その観点が無くて衰退をしたのが、プロ野球だったりする訳なんですがね。

こんな感じで。
Posted at 2013/01/28 20:37:08 | コメント(5) | トラックバック(0) | じょい@の時事ネタ | ニュース
2013年01月26日 イイね!

さて、これから。

さて、これから。え~さて、これから豚足をつまみに、HDDに録画をした『相棒』と『タモリ倶楽部』をみながら晩酌をしますわ。このひと時がリラックスが出来るですよ~。

こんな感じで。
Posted at 2013/01/26 20:03:45 | コメント(5) | トラックバック(0) | じょい@の普通の日々 | 日記
2013年01月24日 イイね!

ちょっと古い記事ですが、実は俄然魅力的なグレードですわ。

ちょっと古い記事ですが、実は俄然魅力的なグレードですわ。この記事は、日産、「エクストレイル」に「20GT S」と「25Xtt」を追加し発売について書いています。

え~つい先日carviewのニュースを見て思わず「これは魅力的だわ」と思ったニュースをば。ちょっと古い記事ですが。

『日産、「エクストレイル」に「20GT S」と「25Xtt」を追加し発売』@2013年1月13日(日)
日産は、「エクストレイル」にクリーンディーゼルの新グレード「20GT S」と2.5リッターガソリンエンジン搭載グレード「25Xtt」を追加し、1月11日より発売した。

今回、クリーンディーゼルに追加する新グレード「20GT S」は、「20GT」では標準装備となっていたシートヒーター、リラックスヘッドレストといった上級装備が省略され、タイヤサイズが17インチへダウンした廉価モデルとなる。

また、2.5リッターのガソリンエンジンを搭載した新グレード「25Xtt」は、キセノンヘッドランプとハイパールーフレールを標準装備する。

価格は「20GT S」(6MT)が273万7350円、(6AT)が278万9850円。「25Xtt」が262万1850円。

引用終わり。

特にこのディーゼル仕様に関しては「相当魅力的なグレードで惹かれました」ね。相当装備も簡略化がされていますが、あのディーゼル仕様がここまで安いとは!装備内容を見ても不満がありませんしね。

そこにナビ+バックモニターを装着&スタッドレス購入をするだけでも相当満足が出来そうですしね。

最初はFF仕様を買ってステーションワゴンみたいな使い方を考えていましたが、俄然ディーゼルが魅力的に感じます。

特に東日本大震災という経験をしていると余計にディーゼルの汎用性の高さも魅力的ですけどね。

実際に買うのはかなりまだ先ですが、考慮はしたいですねぇ~。

こんな感じで。
Posted at 2013/01/24 19:59:27 | コメント(6) | トラックバック(0) | じょい@と車の日々 | クルマ
2013年01月22日 イイね!

消費税増税を煽っておいて、自分たちは免税なんて甘すぎる!

え~時事ネタです。今回は思わず「お前らなんて殲滅されてしまえ!」と思うネタをば。

J-CAST ニュース 2013/1/21 19:29分より引用。
『消費税きっかけに財務基盤弱い新聞社が経営破たんする可能性 朝日新聞の木村伊量社長「年頭あいさつ」で言及』

朝日新聞の木村伊量社長が行った年頭あいさつをきっかけに、紙媒体の「右肩下がり」ぶりに対する危機感が改めて広がっている。

木村社長は、消費税をきっかけに財務基盤が弱い新聞社が経営破たんする可能性に触れたうえ、「デジタル・ネイティブ」と呼ばれる世代について「彼らがある突然、紙の新聞を読み始めることは期待できるでしょうか」と述べ、この世代が年齢を重ねたとしても紙媒体の復権は難しいとの考えを披露した。

「食うか食われるかの戦いです。体力がない新聞社がギブアップして」
木村社長のあいさつは2013年1月4日に行われ、この全文が業界紙「新聞情報」1月9日号に掲載された。あいさつでは、消費増税をきっかけに経営環境がさらに厳しくなることを指摘する中で、

「食うか食われるかの戦いです。体力がない新聞社がギブアップして、新聞業界の地図が塗り変わるようなことも頭に入れておく必要があります」
と、財務基盤が弱い新聞社が経営破たんする可能性にも言及。紙媒体の衰退についても多くの時間を使って言及した。例えば電子ペーパーやオンデマンド出版の普及が進んだ場合については、

「現在のオフセット印刷工場などの生産設備や、トラックによる新聞輸送、そして販売店ASAの全国ネットワークが甚大な影響を受けること間違いなしです」
と厳しい見通しを示した。さらに、

「『デジタル・ネイティブ』と呼ばれるいまの若者たちが社会の中核を担うことになっていくと、彼らに紙の新聞はどこまで読まれるのでしょうか。彼らがある突然、紙の新聞を読み始めることは期待できるでしょうか」
と、反語表現を用いながら、若者が新たに紙媒体の読者になることについては絶望的な見方を示した。

雑誌は生まれて一度も買ったことがない!
実際、11年下半期には771万3284部あった朝日新聞の紙媒体の部数は、12年上半期には767万4406部に減少。ここ数年、微減傾向が続いている。

雑誌も状況は似たようなもので、日本ABC協会の「雑誌発行社レポート」によると、12年上半期の週刊誌と月刊誌を合わせた販売部数は、前年同期比で6.62%も減少している。

木村社長のあいさつの内容がネット上で紹介されると、ツイッター上では、雑誌編集者などから、

「20代後半の女性の友人は『雑誌は生まれて一度も買ったことがない』と言う。『立ち読みで済ますの?』と聞くと『立ち読み? そんなことしないよ。だって別に何か知りたいことが載ってるわけじゃないもん。そんな面倒なことはしない』と」
「美容院にきてるー!!待ってる時間って……ヒマだよなぁ??雑誌とか読まないし…」
といった「雑誌離れ」のエピソードが次々に披露された。ananやBRUTUSといった雑誌の名前すら知らない例もあったという。ライブドアニュースの編集部が一連のやり取りをピックアップして作成した「まとめ」は200回以上ツイートされており、ある程度の反響を呼んでいる。

「紙媒体に書くことだけにこだわる記者は数年後には仕事がない」
なお、木村社長のあいさつによると、朝日新聞が期待をかけているのが11年5月にスタートした「朝日新聞デジタル」。すでに有料会員数が8万を超え、13年春には10万人が達成できる見通しだという。木村社長は、記者に対しても、

「(紙媒体を中心とする編集部門は)デジタルを含む多彩な情報の発信部門へと大きく変わりました。記者活動のデジタル化もそのひとつです」
「新聞の締め切りは朝刊、夕刊の2回ではなく、24時間です。厳しい言い方になりますが、紙媒体に書くことだけにこだわる記者は数年後には仕事がない、くらいに思っていただかなければなりません」
と、紙媒体中心の意識を変えるように強く求めている。
引用終わり。

これを見て思わず「消費税増税を謳っていたのに、自分たちが免税なんて甘すぎる!」としか思えませんが。不況の元凶を作った自分たちだけが、ぬくぬくとしているのはとんでもないとねぇ。特に民主党政権を誕生させて、国民生活が疲弊をしましたしねぇ~。

こいつらが言っていた「直近の民意」が、昨年の総選挙で現れていたのですがねぇ~。

もう、消費税増税を甘んじて受けるべきですわ。

こんな感じで。
関連情報URL : http://www.j-cast.com/
Posted at 2013/01/22 20:05:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | じょい@の時事ネタ | ニュース

プロフィール

「何故車好き=コンパクトSUVを嫌うのか? http://cvw.jp/b/666024/42055325/
何シテル?   10/12 20:31
じょい@です。よろしくお願いします。 車ネタは少ないブログですが車ネタも書くかも。 みんカラのパチソンネタはうちのメインコンテンツ化かも!?

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

日産車や三菱車にグッドイヤーのタイヤを履かせても爆破&炎上をする訳でもないし。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/21 11:55:58
家はトヨタホームで、車が日産車という人っているのでしょうか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/14 14:46:43
トヨタ教習車とはそのままの名前ですなぁw 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/03 23:02:31

お友達

変わり者ですが、是非よろしければよろしくお願いしますm(_ _ )m
気に入らなければ切っていただいて、別にかまいません。神経質にグダグダ言う人はお断りです!
場合によっては「事業仕分け」もあります。
なお、極左テロリストを支援している方もお断りをします。
99 人のお友達がいます
きゃのん@2008きゃのん@2008 * ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
クマおやじクマおやじ * チョーレルチョーレル *
h.shibatah.shibata * ribonのpaparibonのpapa *

ファン

45 人のファンがいます

愛車一覧

日産 クリッパートラック 日産 クリッパートラック
2011年3月発生の東日本大震災で、サンバーが津波でながされて廃車となりましたが、なじみ ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
私にとっては、四代目の車となります。東日本大震災の心の穴がようやく埋まりました。これから ...
日産 プリメーラワゴン 日産 プリメーラワゴン
これが私の三代目の愛車です。シートがいいので長距離が疲れなくてすばらしかったですよ。純正 ...
トヨタ カローラツーリングワゴン トヨタ カローラツーリングワゴン
私の二代目の愛車1996年式のカローラワゴンです。仕事の都合でトヨタ車に乗ることになった ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.