• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年08月03日

Y60足回りリフレッシュの質問 【追記有り】

静岡のy60AD乗りの友人から足回りリフレッシュの質問がきました。彼らしくツボを付いた質問状を送ってきまして、回答しながらもなかなか頭が痒くなるような問題ばかりで僕がy60を乗り始めてバカブログで唸ってきたことがそのまま質問項目としてありました。せっかく一所懸命にかいたので皆様のご参考にさればと思って私の私見をご紹介したいと思います。y60かて車歴20年のなろうとしている老兵であります。いかに屈強と言えども経年劣化や使用過程での消耗は必ずあります。ただ破綻をきたしていないということで初期性能を発揮する個体はほぼ皆無でしょう^^;

①コイルスプリングは四本とも交換すべきか?



極端な車高の傾きがなければ交換の必要性は少ないと思いますが、私のブログにも時々登場する熊本県のみどりタイヤの発売のバーサスアシストこれを装着したさいにコイルのヘタリは存在すると感じました。これは車高の変化というレベルの話でなくバネが振動する際にネジりはじめの微妙な領域でのレートの唐突な変化が劣化によって起こるような気がします。なんといえば良いのでしょうか?タメがすくなるというか表現に窮しますがそん感じがします。このへんてこなモノを装着するとシャキットした感じが出ます。恐らく材料工学の原子レベルでの話になると思うのでディーラーのメカニックには一蹴されること間違えなしです。 ですから人は理解できない、その人に知識がないとオカルトという範疇で思考を止めるでしょう。

②ショックアブソーバーは全交換します。純正四本にするか、社外品にするか?



これまた私のブログテーマのような面白い課題であります。ストック様態を目指すならば間違えなく純正がいいでしょう。トータルバラんス最高であります。社外品でもランチョの9000XL(現行品)になると以前のものよりもずいぶんと良くなったと聞きます。価格はネット価格で4本5万円弱ですね。乗り味の好みが固めのスポーティーな感じがいいのか、バスのような船的揺れがいいのかによって選択が変わります。
私の想像ですが。。。

プロコンプES9000→モンローアドベンチャー→ランチョRS9000Xl この順で装着時の乗り味がしっかり感→船的となる傾向を感じます。ただランチョは調節できるので弱めの設定で可能な乗り味と言うことです。モンローに関しては社外品にしては珍しく車種専用設定となっているのは興味深いところであります。


③ブレーキ、フロントロータに起因する、ブレーキ時のギクシャク(低速時一回転ごとにブレーキ力に波打ちが発生する)感があるが、ローター四枚の研磨で済ますか、前二枚を新品に交換するか、前後四枚とも新品に交換するか?

【追記】日産の見立てでは「磨耗限界厚まで相当残っているし、焼きが入って安定しているので、研磨でも長期的に十分だと思われる」の意見をもらっています。

これに関してはローター研磨でいいと思います。私も今年の車検でフロンンとローターを研磨してパッドを社外品に交換しました。ブレーキフィーリングは随分と向上しましたよ。ちなみに1枚出張費込みで¥5000でした。○○さんの使用状況ではパッドは純正品で十分と思います。ローターを研磨した際はパッドも新調したほうが当たり面の変化のことを考えるとセットして考えたほうがいいでしょう。

⑤各リンク類のブッシュは、純正の部品を使う予定だが、海外の青いウレタンブッシュも気になる。






これに関しても純正品のゴムブッシュをオススメします。特にフロントの3リンクはブッシュのゴムの剛性も足回りのロール剛性のひとつとして考えられております。ウレタンなどにすると確かにロール剛性は上がるかと思いますが、乗り心地等は固くなる、ストロークの自由度が少なくなると思います。例えば私のようにコイルを交換してアライメントが狂っていて補正する必要があるなど特殊なケースでは材質、軸位置の変更もひとつですが、個人的には主要なブッシュは純正のゴムがいいと思います。

⑥長い付き合いのある日産に依頼するか、四駆のプロショップに依頼するか、一般の民間自動車整備工場に預けるか。それとも自分道具を買ってきてチャレンジ精神で行なうか。

これに関してはブッシュ類の交換やローター研磨などの整備は日産の方がいいと思います。建前では整備士でないと触ってはいけません。ショックアブソーバー程度ならショップ若しくはDIYでもいいと思いますが、廃棄物の処理の問題が出てきます。車の整備はこの部品の調達、廃棄物の処理のルートの確保が出来ていないとなかななか面倒であります。






足回りの本質的リフレッシュは過去本拠地ブログ、現在の油を売っているブログを含めくどくどと書いておりますがまずは足回りの役目を理解することがスタートですね。サファリの構成部品は
①コイルスプリング
②リーディングロッド類(フロント) アッパー、ロアーロッド(リア)
③パーナルロッド
④ブッシュ類
⑤ショックアブソーバー
⑥スタビライザー


で構成されております。これらで変形や著しい損傷がないと初期性能の変化がほとんどないのは②、③のロッド類のみであります。その他は全て使用過程で劣化が起こり初期性能が維持できなくなります。特にそれらが目立つのが⑤、④でありますがm①、⑥もバネで出来ているので使用過程で劣化は起こります。一般に足回りのリフレッシュというと⑤を交換が関の山でありますが、本来の初期性能を発揮させるには④の交換は必須であります。乗用車特にスピード競技に用いられるものはこの点シビアですが四駆とて動きが大きい分これらの弾性の劣化は本来の動きを発揮させません。ただ作業が大掛かりになるので皆亀裂が入ったり決定的な理由が見つからないと交換しないのが実情のようです。①、⑥に関しては正直車体を支えるのはこの部品で②、③のリンクではないのであります。リンクは車軸がずれるのを防ぐのみであり、この自由度を適度に保ちながら節度くするのが④のブッシュるいです。①のコイルは仕様変更をしない限り交換しませんが、私も実際にはノーマークでしたがバーサスアシストを付けて変化を感じこの事実に気がついたのです。⑤以外で車体を支え④で最終的な味付けをするというのがコイルリジット車構造であります。またコイルリジット車は動きがズムーズなゆえ⑤の味付けの影響が大きいというのも見逃せない点であります。


ブログ一覧 | Y60 | 日記
Posted at 2011/08/03 07:55:34

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

フェアレディZ
SUKEさん

夏休み中 広島のレンタルピット(洗 ...
シュアラスターさん

こんにちは。
タワー43さん

フォレスターSTI Sportは買 ...
WILDさん

2年間放置したエアコンフィルターを ...
@Yasu !さん

かおに⓪。
.ξさん

この記事へのコメント

2011年8月3日 8:49
おはようございます。
何時もながら深い知識と実行に裏付けられた結論に感心してしまいます。
空気ばね車から弦巻ばね車になったらいろいろアドバイスお願いします。
コメントへの返答
2011年8月3日 9:22
れんじろうさん
おはようございます^^
必要に迫られてもがいております(笑
CRRもAアームの付け根のブッシュなどが
良く問題に出ますね。動きが良い分ブッシュの影響が大きいと思います。風船も、コイルも形状が違うだけで基本”支える”という天では同じです。それが固定レートか、可変調節可能レートかの違いですね^^
2011年8月3日 9:08
皆さん、悩んでおられますね!

普通に乗られる方の究極のセッティングが新車のノーマル時、だと思います。

全ての足回り関係のパーツやブッシュを一度にリフレッシュする余裕があるかってとこが問題ですけど(^-^;

不満なところは調整式ショックで、となる訳ですが、調整式ってショックのメーカーとしては売りたいがなの装備で本当のところ良い所は無いそうです。

クルマの使う目的が決まれば、『ショックの減衰率って車重とバネレートで決まります!』だそうです。

エ○ペ○○の方が仰ってました。 ごもっともな話です(^-^;
コメントへの返答
2011年8月3日 9:34
みくパパさん
おはようございます^^
特にy60の場合はトータルバランスでは純正状態が最高でしょうね。その煮つめも高次元でまとまっている気がします。

特にブッシュは盲点のようで、3リンクではその重要性も高いですね。厳密にはパーナルロッドもストロークする際にブッシュとロッド本体にねじりの力が加わるのでこのブッシュを含めた捻り剛性が味付けに大きな働きをしていると思います。

ショックの容量は浜松の御大も同じことを行ってました。要求減衰力というらしく特に車重によって決まるそうです。確かに車重という重りを載せたバネが振動により単振動を起こすわけでその単振動の度合いはバネのレートと車重で決まります。これをどのように抑えるかが減衰力であり、また足回りのロール剛性と合わせてトータルバランスでセッティングするのが減衰力ですからね^^
2011年8月3日 9:51
おはようございます!
リーフ車は、ブッシュを新品に変えると何か変わるものでしょうか?
なんか硬い黄色い?緑のカチカチのブッシュが入っているようですが、
朽ち果ててるようではないのですが、ゴムの柔らかい奴に変えたら
どうなるのかな~と思いまして。
コメントへの返答
2011年8月3日 9:59
マンゴーキャメルさん
おはようございます^^
初期吸収が若干柔らかくなり、ねじれやすくなります。ただ車高が上がっていて振らつきが出るのでウレタンを入れているのでしょう。
交換すると多少はしなやかさが出るけど、ふらつきも増えます。僕はこの点を理解してシャックル側はゴムにしてピポッド側はウレタンにしてました。
2011年8月3日 10:51
脚周りに限らず、車のリフレッシュはドコまでやるかが一番の悩みどこですね。
またそれが楽しみと言うか、、(笑)。

ワタシなら、
純正コイルなら純正ショック。
車高に色気を付けるならソーサーの類はNG。その時のショックは上げた分硬めるとゆーかんじでチョイス(笑)。調整式はなるべく使わない。
ブッシュ類はノーマル以外使わない。
ロッド類は変形やクラックが無ければそのまま使用。
ブレーキはローター研磨より交換。パッドは好みによるけどプロジェクトμお薦め。

最後だけちょっとくろちゃんさんと違うトコですが、今、ローター安いですから(笑)。
研磨は自分で出来ませんが、ローター交換なら簡単という理由もあります。
パッドはノーマルよりも初期制動のタッチが良いプロμお勧めですが、これは好みの問題です。

コメントへの返答
2011年8月3日 11:05
先輩
こんにちは^^
端的な明快な回答ありがとうございます。

基本的に私も同じ感じですね。
ローターに関してはここに記載していない部分もありまして、
ディーラーのメカニックが厚みは摩耗限界までまだ余裕があり、材質的にも落ち着いている状態なのでローター研磨でも大丈夫ではないだろうか?という助言があったという点であります。
それに基づいた回答でした^^

ADの友人は215/80R16のタイヤですからノーマルパッドでも十分と思ったのであります。

よくサスを交換という言葉が有りますが、
サス→サスペンション→緩衝装置になるのでこれはリンクを含んでの事になってオオゴトであります。足回りのリフレッシュとなるとトータルで考えなくてはいけませんし、どこまでやるかですね。

あ~疲れた!
さいきん真面目に書いてないので(爆

2011年8月3日 22:53
やはりコイルリジッドの美点を生かすも殺すもブッシュ次第ですね。やれコイルだのショックだのと言いますが、ブッシュも案外見落としがちですが大事な要素ですね。
僕もブッシュは純正が一番だと思います。硬いのはスグにヘタりますし、フレームやアーム関係へのストレスや、コストパフォーマンスと考えていくと、やはり行き着くところは純正かなと(笑)
コメントへの返答
2011年8月4日 9:57
あーやんさん
こんにちは^^
新型車解説書を読むとブッシュの最適化という言葉が出てきます。これはブッシュは単なる継ぎ目の役目でなく足回りの構成機能部品として重要な役割をしているということですね。交換が面倒ですが、これも消耗品でリフレッシュ対象の部品です。僕もアトリアのブッシュを交換すると足回りのブッシュはすべて完了です^^



おすすめアイテム

プロフィール

「皆様ご愛読有難う御座いました!」
何シテル?   07/02 23:03
(^-^)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

本拠地ブログ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/10/20 18:29:08
 
【北海道十勝】大草原の小さな宿「こもれび」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/06/14 14:43:42
 

愛車一覧

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Yahoo Japan Corporation All Rights Reserved.