• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

y60kuroのブログ一覧

2010年10月31日 イイね!

うなぎ大作戦

両親の実家が九州佐賀ですので本籍は佐賀となっております。
血統は一様九州男児と言うことであります。

中学時代は佐賀で過ごしたのですが、
近くに筑後川が流れていて夏の夜釣りを良くしました。
もちろんお目当ては「うなぎ」「イール」であります。

投げ釣りも良くしましたが、仕掛けをしておいて翌朝に見に行くのも好きでした。
投げ釣りのときは昼から作戦が始まります。

まず餌の確保でありますが、その日によってうなぎが好む餌が異なるのです。
いつも用意したのが ミミズ・ザリガニ・ゴカイ、仕掛け張りには どぜう も使いましたね。

それぞれもちろん自家調達します。
○ミミズ
 隣町が家具の町「大川市」で自転車で佐賀から橋を渡ってちょいと福岡までのサイクリング。
 此処には製材所がたくさん有っておが屑などが積んであるところがあり、ここがミミズの絶好の
 捕獲場所です。あまり大きすぎると(小指の太さ)気持ち悪いので精々鉛筆程度に自粛(笑。
 
○ザリガニ
 近所の保育所横のクリークにたくさん居ます。家から煮干を掴み取ってタコ糸と竹の枝を持って急行
 ザリガニの餌の煮干を自分で食べながらのザリガニ釣りです。時折園児らに「兄ちゃん なんしよっ  と?」と注目を浴びるのがちょっと恥ずかしい気も。。。

○ゴカイ
 筑後川は干満の差が大きいので汽水に近いような感じがあります。潮が引いて潟が出現しますが、 この潟のなかにゴカイが居ます。干潮の時間とにらめっこしながらの捕獲ですが、時間切れでこれは 釣具屋にお世話になる事も多々ありました。

さあこれで餌がそろったぞ!

仕掛けは単純な投げ釣りの仕掛けですが、釣り糸は4号ぐらいだったかな?針はうなぎ針といって独特の形状をしたやや大きめの針です。竿を3本程もって作戦決行に備えます。日が暮れて薄暗くなってくる頃からうなぎ大作戦の開始です。昼間に捕獲した餌たちを持ち自転車で出かけます。投げ釣りのさお先につける鈴の音をチリチリと響かせポイントを目指してひたすら向かいます。うなぎは夜行性なので夜釣りがメインとなりますが、細長い身体を隠せるような石垣護岸等があるところに良くいるのでそのような場所を探します。

いい感じ!と思うところに自転車をとめて釣りざをを取り出してまずは3種類の餌をそれぞれつけて投げ込みひたすら待ちます。その日によってうなぎか好む餌が違うようで良く食いつく餌に後で統一しますが、このどれが食いつくか待つ瞬間はなんともいえませんね。

チリチリチリ!と鈴がなり竿先が引き込まれます。すかさず竿を取り巻き上げますが、うなぎって物凄い引きなのです。コレは大物か?と思い期待して巻いていると20センチぐらいの細長い子うなぎと言うことも多々あります。コレが40センチ級になると引きは凄いのですが、水面近くになってくるともしかしてこれ蛇?と言うふうに感じる事もあります。取り込んだら素早く針を外す事が大切で細長いうなぎがくねくねして糸に絡みつくと非常に厄介です。場合によっては糸を切ったほうがいい事もあります。

一晩に3~4匹釣ったらやめにしていおきます。というのもあんまり沢山もって帰っても料理して食べるのが大変なので。。。バケツに入れて泥はきさせるときはしっかり蓋をしておかないと大変なことになり、母親に起こされます。あの細長い身体を硬直させ棒のようにしてバケツから彼らは脱走を試み洗濯機の下やいろんなところに脱走します。やつらは非常に生命力が強くなかなか死にませんので突如洗濯機の下からネロネロと出てきてご挨拶をするので注意が必要なのです。

もちろん捕まえたら食べなければいけません。まな板にうなぎを載せ首根っこに錐で一撃、背開き・腹開きはその時の気分によって(笑。これってどっちが関東でしたっけ。。。その後炭火で白焼を作ってからタレを塗り塗り焼きます。自分で作るタレは今ひとつ美味しくないのでスーパーのたれを取っておいて塗ったりもしてました。。

天然のうなぎは住んでいる所もあるのでしょうが、正直微妙。。。と言いますのも泥臭く、あまり大きくなると皮が厚く身が筋肉質でふっわwwとかとっろwwなんて感じではなく逞しい食感なのであります。でもね自分で捕まえたのはやっぱり食べないと!


コレが縄文系人間の私の掟なのであります。





 
Posted at 2010/10/31 12:11:48 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2010年10月31日 イイね!

伊那谷のソースカツ丼

伊那谷のソースカツ丼










ランクル仲間と良く長野でキャンプをします。

最近は忙しくてなかなか行けないけど今年のGWは行って来ました。

北陸から行くと安房トンネルを越えて野麦峠方面を目指して

国道19号に抜けそこから権兵衛トンネルを抜けると伊那に出ます。

このトンネルが出来てから随分と楽になりましたが、

ATのY60ではこのルートはストレスが溜りますね(苦笑。

こっちの方面に行くと必ず行くのが伊那インター近くの食堂です。

今で食べる量が減りちょっときつくなりましたが、

このボリュームは魅力です。

仲間と行くと、カツどんにローメン(太麺の焼そばのようなもの)を頼み

ひたすら食べます。


あ~また食べたくなってきたゾ!

しかし11月は毎週末仕事で動けなーい(涙。




Posted at 2010/10/31 09:28:30 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2010年10月30日 イイね!

老棟梁

老棟梁










色んな方のお話しを聞くのが好きですが、特に熟練の職人さんのお話しは特にぐっと来ます。

長年の経験からのお言であると思いますが経験に裏打ちされた言葉には重みがあります。

80歳になろうとしている棟梁がいらっしゃいますがこの方のお話しは好きですね。

今で言えば中学を卒業したぐらいから大工の道に入り20代で独立しそれから50年以上

現役で大工を営んでいらっしゃるのです。物事の考え方、道具の事、木の事、時世の事

などなどお話を聞いていて飽きません。

技術も見事でそれこそ今の感覚で言えば原始的な方法ですが、それを駆使してそれこそ

紙一枚入らない工作は当然で、時間で生じてくる木の癖や狂いも考慮して組み合わせや

構造体を作っていきます。

横で見ていて鉋・のみ・鋸の使い方、寸法の出し方有る意味芸術的ともいえます。

人間の能力って凄いなぁ。。。と思ってしまいます。

時世の話をしている時にこんな会話がありました。

「最近オレオレ詐欺などややこしい輩が新聞を賑わしてますね」

「なぁ あんちゃん 俺に言わせるとこういうことや

 曲がった釘同士だから引っかかるということや。

 片方が真っ直ぐだったら、もう片方が曲がっていてももうとうひっからんものや。

 どこか性根が曲がっとったり、欲たましい心があるからひっかかるのや。

 そんなものや」


なるほど確かに一理あるかもしれないと膝を打ったものであります。





Posted at 2010/10/30 17:01:56 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2010年10月30日 イイね!

ご本尊仮安置

ご本尊仮安置










昨晩、長男を迎えに行った時に助手席の足元のウインチを蹴っ飛ばすので

全く罰当たりな!(爆。

これは早くあるべきところに安置せねばと急いで戻ります。

こういうときに限って邪魔が入るのであります。。。。

ブンブン丸登場!

ちょっと解説:自宅そばの県道はロンリー、デュエット暴走族が夜な夜な走るのですが、

ブンブン昆虫の羽音のようにうるさいのでブンブン丸と呼んでおります。

信号待ちをしていると目の前をハイティーンの兄ちゃんが蛇行しながら通過。。。

その車列の後続車は敬遠してかわざわざ信号にかっかります。

前方のシグナルが青になりy60発進であります。

TDの咆哮よろしくブンブン丸に猛進撃(40kmまで)

LSDが効きタイヤまでも鳴らして。。。

流石に後ろから丸目ニ灯・離れ目がもの凄い勢いで近づいてくるので

流石に気配を感じたのかブンブン丸も速度を上げながら蛇行しております。

横で長男が「はぁ~ん アレがブンブン丸か」と感心しきり。

こっちは早くこいつを寝かせてご本尊を安置せねばという気持ちで一杯です。

お~いせめて制限速度ぐらいで走れよ!

後ろを気にしながら蛇行している様子ですが、

気にするぐらいなら はやく走れ!

抜くぞお前!

ダメですね。。。闘争スイッチに入ってしまうと。

こん感じで長男は社会見学。

私は闘争モード。。。

交番の前の交差点で闇に逃げていきました。

こうしてはいられない!急がねば!

自宅に遅れを取り戻すべく急行します。

長男の就寝前の一連の儀式を済ますと布団に放り込み

わたしはご本尊のところへ。

配線を簡単に外しあるべきところに鎮座まします。

これでも30kgあるのですね。。。

締め付け、配線は取り敢えずボンネット内に突っ込んで終了。

フロントが1インチほど下がった。。。

y61のコイルに戻さないとダメそうです。。。
















Posted at 2010/10/30 08:43:52 | コメント(6) | トラックバック(0) | Y60 | 日記
2010年10月29日 イイね!

回転モップ

回転モップ









職場でアイリスオーヤマの回転モップを導入して楽しくお掃除をしております。
使ったことある方も多いと思いますが、これいいです!

左のオレンジ色のがホームセンターに売っている一般用のサイズですが、
最初にこっちを買って使ったところ誠に具合がいいのです。
そこでメーカーホームページで業務用があることを知り導入したのが
左側の青いものであります。

奥の部分が洗浄エリアでデベソにモップのセンターを入れて
ペダルを踏むと洗濯機よろしくモップを洗い出すのです。
既存のモップだと上下に揺するので水が溢れたり、力が要りめんどくさな。。。

ところがですねこの回転モップは喫水線まで水量を守ると溢れることもなく
お手軽に洗浄でき、そっと手前の脱水そうにドッグインさせ同じように踏むと
脱水しお掃除に復帰できるのであります。

ペダルの部分にシリコンスプレーで給油すると更に滑らかさがアップし
ぎゅいんぎゅいんと脱水槽が回転します。

またこのモップの繊維がマイクロファイバークロスで細かいホコリのようなものを良く
取り除くのですが、洗浄すると簡単に汚れが落ちるのでこれまた高感度アップです。

例えば調剤室は何かと粉っぽく、漢方薬なぞ調剤しようものならくしゃみが出そうになるぐらい
ですが、回転モップで床を拭くと空気が綺麗になった気さえするぐらいです。
今まで既存のモップでも拭いていましたが、体感でその差を感じます。

知人がこれで洗車の水を拭き取るのにいいとも言ってました。
うすらデカイ車になると特に夏場はウォータースポットとの戦いになりますが、
この回転モップは繊維が柔らかく吸水性も良いのでサッと撫ぜるだけでOk!とか?

私はやってませんがなるほどと思わせる使い心地ですので一度試してみようと思います。
勿論CRRやレクサスなどの高級車の方はご自身の切腹覚悟の上でお試し下さいませ。

よしこれで冬場の長靴でのどろ攻撃や、融雪剤付きの靴にも戦える強力な武器を手に入れました。

よっしゃ!ど~んときやがれ!


気になった方は↓

http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=H536508


Posted at 2010/10/29 18:25:29 | コメント(2) | 日記

プロフィール

「皆様ご愛読有難う御座いました!」
何シテル?   07/02 23:03
(^-^)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/10 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

本拠地ブログ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/10/20 18:29:08
 
【北海道十勝】大草原の小さな宿「こもれび」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/06/14 14:43:42
 

愛車一覧

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.