• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年05月05日

3,188Km 2012年GW北東北の旅2日目 黄砂とダートで砂まみれ(^-^;

3,188Km 2012年GW北東北の旅2日目  黄砂とダートで砂まみれ(^-^; 2日目(4月29日)
気象庁の黄砂予測によると今日は黄砂が北東北にやってくる日だった...
http://www.jma.go.jp/jp/kosafcst/index.html
朝起きると、青森の朝はなんとなく黄色っぽかった(^-^; やった。やってしまった。
変なブログを書いたから、ボクに黄砂が憑いて来たんだ...
暗い気持ちで、むつはまなすラインを北へ向かう。当然ペースは上がらないし、横浜町の菜の花畑も全く咲いていなかった(T_T)
むつ市でいつものガソリンスタンドで給油して、泥だらけのZ4Mをセルフ洗車した後、釜臥山に出発!いいペースで県道4号を登って行くと...

はい、侵入禁止でした(^-^; なんと今年は工事もあって通行できるのは7月以降らしいです。釜臥山恐るべし...
ここで1時間以上時間が潰れる予定だったのに、しようがないので海峡ラインに向かいますか。途中海上自衛隊の大湊航空隊に立ち寄ります。

クルマをとめて不審に思われたのか、守衛の隊員が出てきたので急いでZ4Mを発進させます。余計に不審に思われたかも(^-^;

途中淡々と走って脇野沢へ。黄砂の空もあって気分が乗らず暇なので、脇野沢のフェリーターミナルである人物を待ち伏せします...

そうです、探していたのはこの不審なシルバーのNAロードスターです。
いや、逆に不審なのはオッサンを待ち伏せしていたボクですが(^-^; 連日のぎんがめ号との遭遇です。ぎんがめさんは早朝むつを出発して反時計回りで海峡ラインを駆け抜けてきたようです。さすがロドスタ界の鉄人、元気ですな。出航間際までまってここでお別れします。

このあと、ぎんがめさんからの危険情報通り海峡ラインのワインディングでは落石多数で軍手を出して落石除去作業に勤しんで、仏ヶ浦にやって来ました。重いカメラバックを持って下へ降りましたが、iPhoneでしか写真は撮らず、滞在も5分でした。何しに行ったんや?(^-^;

人も多かったし、天気は冴えないし、全く過去最低の仏ヶ浦でした...
もう一度2車線のワインディングへ戻って走りを楽しんでから大間へ向かう。大間岬は行ってもしょうがないので、街で鮨でも食べることにした。行ったのは浜寿司です。去年食ったまぐろづくし5,000円はかなりイマイチだったので、特上3,600円?4,600だっけ?にしました。昼はおまかせは無いらしい。

まぁ、ハッキリ言ってここの寿しはフツーである。決して不味いわけでは無いけど、すごく美味しいわけでもない。トロだって昨日の青森の店のほうが数段美味いのである。マグロは大間以外で食ったほうが絶対美味しいと思う。安けりゃいいんだが決して大間でもまともなマグロは安くは無いのだ。ただ岬付近のお店でわけのわからんマグロを食べるよりは絶対こっちがいいのは間違いない。

お腹も満足して、東へ向かう...
下風呂温泉で共同浴場へ入って、ミニストップでソフトクリーム食べて、むつ科学技術館に立ち寄った。なんかやる気なしモードになって来ている。
黄砂は落ちては来ない。所謂バックグラウンド黄砂と言うやつだ。地上付近の視程はあまり悪くならないが、空は曇り空のようになってしまうヤツですね。
下北半島の好きな道の一つ県道266号を東へ走って、県道6号で尻屋崎へ。

岬付近に寒立馬は全くいなかった。天気もさえないので、海岸線のダートへ降りて行って、岬を一周して撤退。滞在時間は30分も無かった(^-^;

この日の宿は八戸にとっていた。このまま八戸に行くのも不完全燃焼だと言うことで、尻屋崎から見上げた桑畑山には最近風車がどんどん増えているではないか。これを確認するため山を上ることにした。しかし入り口付近は舗装路でもすぐにダートとなるこの道。止めときゃいいのにダートでドリフトかましながら走破しました。クルマは砂だらけ。黄砂じゃなく...(^-^;

ここは観光スポットになる可能性はあるのだが、なんせ風車以外の電柱がとても多すぎて景観的にダメダメである。道を舗装し、電柱を撤去して展望所を作れば新しい下北半島の観光スポットになれると思うよ。それ以前に今はこの道路立ち入り禁止なんだけどね(^-^; 立入禁止の理由もショボイ。風車が撒き散らす水滴が危ないとか書いてあった。これが危ないなら全国のウィンドファームは全面立入禁止ではないか┐( ̄ヘ ̄)┌
この後、下北半島東岸を激走して八戸に向かうつもりだったが、あまりにZ4Mがひどい状態だったので、再びむつ市のガソリンスタンドで洗車して国道338号で八戸へ向かった。
途中、淋代海岸に立ち寄って、ミス・ビードル号がどうなっているのか確かめるつもりだったのだが、既に真っ暗で諦めた。

八戸へは20時頃到着。
美味いお店を探すこともせず、疲れきってこの日は終了でした。
関連情報URL : http://www.threetroy.com/
ブログ一覧 | ドライブ | 旅行/地域
Posted at 2012/05/05 00:31:51

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

Making of 信号を作ろうA ...
Ocean5さん

3億くらいは覚悟しないとダメかな!
ふじっこパパさん

MINI原人のMINI出没記 20 ...
MINI原人さん

「即位礼正殿の儀」を祝し、心よりお ...
シュアラスターさん

隠居老人 高松に出動♪
ぢ~ぢさん

九州往路(群馬行き)第13章
キセキさん

この記事へのコメント

2012/05/05 07:48:50
御近所を走って行ったのですね。
今年は雪が多い&寒かったので各方面、春の始動が遅いです。
釜臥山は、夜景が良かったりします。

>マグロは大間以外で食ったほうが絶対美味しいと思う。

自分もそう思います。
ココで捕れても関東直行で地元消費ではないので、ブランド品ですが縁遠いですね。
まぐろ祭りも行った事があるんですが、解体ショー以外は「地元なのに・・・」という内容でした。

ミス・ビードルは確か・・・職場のサーファーな先輩が未だ壊れたままで手付かずって言ってましたね。
コメントへの返答
2012/05/05 21:16:55
釜臥山はGWに開通と聞いていたのですが、雪が多いのと、道の工事もあるようで今年は7月開通のようです(^-^;

この浜寿しの店主ちょっといろんなところで有名になっちゃったので勘違いしている感じもします。ネタは置いといても、仕事がイマイチのような気がします。
多分もう行かないだろうなぁ(+_+)

ミス・ビードル号はほったらかしなんですか。はぁ。
ぜひまたあの海岸に復旧してもらいたいですね(^_^)
2012/05/05 10:35:02
>道を舗装し、電柱を撤去して展望所を作れば新しい下北半島の観光スポットになれると思うよ

貧しい村..ですから、考えたことも無いのでしょう...(>_<)
観光面で考えたら、尻屋崎方面から見える場所に、風車を設置すれば、最強の景色なんですけどね
こんな感じに↓  (笑)

http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/mybbs/000/002/518/329/2518329/p1.jpg

ゲートだって、もう少し遅くまで開けてくれないと、村内の宿泊施設(ゼロかな?)だって、育たない


まあ~、そんな「観光地化していない」から、道路が空いているのだろうし、走って楽しいのだけれど(^^ゞ
コメントへの返答
2012/05/05 21:20:37
電柱さえ撤去すればそれなりに絵になる風景のところもありましたし、ぜひ舗装して電柱撤去をして欲しいですね。

風車の位置は風の吹く方向で決まるので難しいかもしれませんが、尻屋崎にあれば観光的にはいいでしょうね。

ボクは決して風車好きでは無いんですが、なんか風車巡りをしたような旅に今回はなってしまいました(^-^;
2012/05/05 15:03:36
黄砂予報で大丈夫だったはずの東北に連れてきた張本人でしたか^^;

大湊航空隊のヘリ、臆病な私はもっと遠いところにしか停めることができず終い。
隊員の動きが怪しいもんね(こっちが怪しいか)^^

竜飛からむつ湾フェリーに乗れなかったので下北半島、遠すぎます・・・
目標だった尻屋崎は今後の課題かな(>_<)
コメントへの返答
2012/05/05 21:23:37
ゴメンゴメン~<(_ _)>
皆さんには多大なご迷惑をお掛けしました~
あんなブログを書かなきゃ良かったよ~

航空隊行きましたか。まぁ隊員が出てきても大丈夫。面白くなるだけですから(^-^;

むつ湾フェリーは結構人気で取れませんから3日目には抑えておかないと厳しいですよ。ぎんがめさんは前日とれたそうですが(^-^;
尻屋崎に行けなかったのは残念ですね。また次回今年中に行きましょう(^-^)ゝ
2012/05/05 23:39:09
むつ市の近くに海上自衛隊の大湊航空隊なる所があったのですね。
昨年通過した時は夜だったので気が付きませんでした。って、観光地ではないので職質?
(×_×)

仏ヶ浦まで行かれて滞在5分とは随分贅沢な・・・、ご苦労さまでした。
満足いく写真を撮るには空振りも必要なんですね。
予想以上に長かった階段に、私はゼーゼーいいながら登りぽ降りしておりました。
でも下北半島最高!^^
コメントへの返答
2012/05/05 23:45:12
写真撮るのが目的で旅しているわけじゃ無いですが、以前見た風景よりもっといい風景を見たいとは思いますね。

今回の仏ヶ浦はあまりの人の多さにげんなりして退散したんですね。

確かに登りはこたえますね。ぎんがめさんなら楽勝なんでしょうが。あれでへばってて山登れるわけ無いですね(^-^;
2012/05/06 00:24:25
なるほど、こんな日程で回られてたんですね。
黄砂の具合とiPhoneの色合いがなんかよい感じですね。(もしかして後処理してますか?)
浜寿司の店主に「他の店のほうが美味しかった」って正直に感想言うと面白いことになりますよ。(って、たぶんもう行かないですよね)
ミニストップのソフトとは気が合いますね! でも、それ以外(風車巡りとか科学技術訪問)が違っていて興味深かったです。
コメントへの返答
2012/05/06 00:44:03
iPhoneの写真は後処理してますよ。なのでノイズが載っているのです。素のままだとiPhoneのカメラはホントに性能いいですよ。
まぁ店主に面と向かって美味しくないと言うような子どもなことはしませんが、一回だけ食べてマズイと言うようなこともしません。この店は3回目ですが、心から美味しいと思ったことはないです。マグロもレベルが低いと(大間崎よりはマシですが)思うもの。
でも、これでもう少しお値段が安かったら評価は変わりますけどね。
この店持ち上げてる味のわからん客が良くないんだと思いますよ。勘違いしちゃってるんだと思います。
ネタとしては今は季節が良くないです。それは差し引いても店主の技術が伴っているかって話ですね。
2012/05/06 05:01:08
3000kmの旅…首都圏からでも結構走りましたよね(^-^; さすがと言いますか(笑)!

しかし黄砂+曇天でイマイチだったみたいですね・゚・(゚`Д´゚)・゚・ 後、想定外の通行止めは凹みますね〜orz
コメントへの返答
2012/05/06 11:57:29
3,000Kmはフツーでしょ。逆に3,000Km走らないようなドライブは耐久とか名乗れませんよ~(+_+)

天気は4月28日と5月1日はまぁまぁ良かったですけど、黄砂は予想外でした(T_T)
まぁ、ボクが北へ黄砂を連れてったことになってますが(^-^;
2012/05/06 13:42:24
黄砂被害者の一人です(笑)
同日朝のの金沢あたりはそれほど酷くなかったのですが、threetroyさんに近づくにつれて黄砂が濃くなっていきました。例の黄砂ブログ、壮大な前振りだなあ〜と思ったものです。
桑畑山は非常に興味ありです。ダートを駆け上がってみたいもんです。それに下北半島東海岸は是非とも激走してみたいと思っております。
コメントへの返答
2012/05/06 17:21:04
<(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)>
大変申し訳なく思っております。
(でも、もしかするとぎんがめさんのせいかもしれないんですよ...(^-^;

桑畑山は泥だらけになる覚悟で登って行かないとですね。ヒドいことになりますよ。

下北半島東岸は孤独に快走できますよ。ゼヒ次回楽しんで下さい(^-^)ゝ

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「毎年GWの九州からの帰りは日本海沿いから、九頭竜ダム、安房峠道路。何でこんな修行してるんだかなぁ(^_^;)」
何シテル?   05/05 00:57
threetroy(スリートロイ)です。 インテルラゴスブルーのBMW Z4M Roadster で旅をしています。オープンドライブで気持ちのよい風景を探して...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

松江市内、国道9号線を東へ... 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 14:06:40
フォト一句スライドショー 
カテゴリ:Web
2015/03/01 14:41:05
 
On the Street Where You Live - Blog 
カテゴリ:Blog
2010/04/17 08:58:46
 

愛車一覧

BMW Z4 M ロードスター BMW Z4 M ロードスター
2007年からこのクルマで日本中を旅をしています。最高のエンジン、まずまずのハンドリング ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
S2000を失って次期ツーリング専用車として購入。九州の旅6,000Kmを走りましたが、 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
日本中を旅してほぼ10万キロ、2007年1月まで乗っていました。4気筒最高のエンジンを楽 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
このクルマに乗っていた頃は、日本中の酷道/険道を走り回っていました。エンジンが気持ちよく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.