• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年10月20日

駆けめぐる、駆けぬける旅の考察 Part1

駆けめぐる、駆けぬける旅の考察 Part1 走ることで至福の時を感じることのできる道。ステアリングの操作が楽しい、そして広がる風景に感動して走る。それがドライビングヘブン。そんな日本最高のドライビングロードを探し続けてボクは旅を続けている。
クリックで拡大します♪
とは言いながら、写真を撮りながら極めてゆっくりドライブの旅を満喫しているようにここ近年装ってきたのですが、Z4MのS54がエンジンブローしたことで化けの皮が剥がれてしまった(^-^;
そうなんです。ボクは友人と走るときなどは逆に自制心が効くので(大人ね)比較的おとなしく走っているのですが、一人で走っている時はついシフトダウンしてアクセルを踏んでしまいがちなんです。5,000rpm、6,000rpm...一気に8,000rpmのレブリミットまで吹け上がるってのを常に楽しんでいるのですから、その走行距離と相まって、エンジンブローは避けられない出来事だったのかもしれませんね。

素晴らしいドライビングロードを気持よく駆け抜けるためのボクの考え方は下記のURLに書いています。
http://www.threetroy.com/d-road/Part2.html
このGWに(ご)さんと九州を駆けめぐって、ちょっと書ききれてないことがあることに気が付きました。
ここでも「ストップウォッチはいりません。自分のリズム、最適なスピードで」とは書いているのですが、それはどういうものなのか書いてみたい。

「自分のリズム、最適なスピードで」なんて結局何も言ってないに近い。極めて抽象的じゃないか。
じゃぁ、自分のリズムってなんだ?最適なスピードってなんだ?なんなんだろう?
クリックでGoogleマップが開くよ♪
鹿児島薩摩半島の野間岬から枕崎まで38.4KmをGWに(ご)さんと駆け抜けました。エリーゼS3とZ4MRoadster、オープンカーってだけが共通点でその他は全く違うこの二台がタンデムで走るってのはもともと全く性格の違うクルマなのだから、前を走るクルマに後ろのクルマは合わせることになる。この時先行していたのはエリーゼS3、その軽さ足廻りの良さを活かしてタイトなコーナーにズバッと入っていける。逆にZ4Mは2速-3速をせわしなく行き来しながらパワーを活かしてストップ・アンド・ゴー的な走りにならざる得ない。
本質的に気持ちいいのはどちらか?やっぱり主導権を握ってる先行車なんだよね。逆にZ4Mが先行するとエリーゼはさほど気持ちよくは無いだろうね。
いろんな道で気持ち良さって、クルマによって気持ち良さは違ってくる。或る日の霧島からの下りでは(ご)さんのエリーゼは先行のボクのペースだと少しきつく気持ち悪かったようだ。

上の例はちょっと踏んでいる例なんだけど、いつもそんなペースで旅が出来るわけはない。
自分のペースってのはクルマによっても違うし、人によっても違う、その人のその日の体調によっても違う。自分のペースってのも、気合を入れて走るレベルとかなり余裕を持って気持よく走るのでは全く違う。
なんとなく感覚的には「アクセルのオンオフだけでブレーキは極力使わないで走ること」が最高に気持ちいい気がしてる。これだけでは言葉足らずで、パワーバンドを使ってグイッと前に出る感覚は絶対欲しいので2速、3速を使って走る感じになるね。Z4Mだと伊豆スカを3速ホールドでアクセルのオンオフだけで走るような感じかな?
やっぱり、抽象的だなぁ。
人より速く走るってのではない、気持よく走るってのを表現するのは難しいな。

時間切れなので、つづく

BGM : サカナクション - ユリイカ

関連情報URL : http://www.threetroy.com/
ブログ一覧 | コラム | 旅行/地域
Posted at 2014/10/20 22:24:01

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

足回りのリフレッシュ計画🤗
sinyさん

マニアックなブログからの裏ブログ
エイジングさん

みんカラステッカー&艶MAX(お試 ...
ウッドミッツさん

ボンネットエンブレム交換
marveric740さん

気になる車・・・(^^)575
よっさん63さん

カブにセキュリティー取り付け!
セキュリティーのプロテクタさん

この記事へのコメント

2014/06/07 23:10:01
僕はブレーキでリズム付けて行くタイプなんで、流す走りでも比較的しっかりブレーキ踏まないと気持ち良くアプローチできないのです。
コーナーの入り口で遅くコーナーの中でのアクセル踏むタイミングを早くってのが僕にとっての気持ち良い走りかなあ・・・・

リズムを他の人に合わせるのが苦手なんで一人で走るのが好きなんですが、たま~に他の人の後ろ走って気持ち良いことがあります。
なんか引き込まれるようなリズムで走ってくれる。
確かに 難しいですね >気持よく走るってのを表現するの
コメントへの返答
2014/06/07 23:28:32
こんばんは(^-^)ゝ
流す走りでブレーキをしっかり踏むってのはもう流すって領域じゃない話だと思いますよ。しっかり踏むってことはそれじゃ曲がれないって恐怖を感じるってことだしね(^-^;
ボクが考える流すって時のブレーキはちょこんと荷重移動のために使うレベルかなぁ。その辺は続きに書こうと思ってました

リズムは同じクルマに乗ってても人によってかなり違いますよね。この辺が合う人と行くツーリングは楽しいですよね。

感覚は人によって違うから、表現することは実はムリなのかも(^-^;
2014/06/07 23:37:03
こんばんはー

3速とかでアクセルのオンオフだけでブレーキは極力使わないで走る、私もコレです。
 (って言ってもATですけど(^^ゞ
Z4Mもだと思いますけど、レガシィもやはり重いクルマなので、一定以上のスピードで中高速コーナーを流すのが気持ちいいんでしょうね。
コメントへの返答
2014/06/07 23:44:10
こんばんは(^-^)ゝ

レガシィの人に重いって言われた~(^-^;
確かに重量変わらんけど。

M3やZ4Mって本当は100Km/h以上で真価を発揮するので上の薩摩半島の道なんかは向いてないのは確かですね(-_-;)
2014/06/08 01:23:01
読んでいて、自分はどうかな…?と色々な考えが巡り、興味深い内容の記事でした^ ^
続きも楽しみにしています。
コメントへの返答
2014/06/08 01:44:52
YUMI27さん、こんばんは
つづくとしたけど、書くの難しいなぁ(^-^;
2014/06/08 09:34:19
このテーマばっかりは、交通法規の手前もあって表現に困るヤツですね。車や乗り手の性格で大きく違うものですし。

僕は、直線道路は法定速度や前走車に合わせて、コーナーの連続する所では、3500~6000rpmくらいを使って、ブレーキを駆使しないで走れる辺りが気持ちイイと感じます。
速度領域の低い車ですので、ちょっとそこまで~なドライブでも無理せず楽しめるのが良いトコロですが、同車種乗りの燃費を見てビックリするのが常です(笑)

とは言っても、運転に自信がある訳で無いので、人に合わせたり合わさせたりするのは苦手で、独り気ままに走ってますが(笑)
コメントへの返答
2014/06/08 12:13:23
そうなんですよね。
なかなかストレートに書きにくいテーマです。ある意味反社会的でもありますし、感覚的なところをどう伝えるのか?は非常に難しいところです。

ボクはどんな田舎でも民家が見えたらアクセルは緩めます。これは大原則ですね。そう言った感覚は(ご)さんとは合ってるので、タンデムで走っても非常にスムーズです(^-^)ゝ

燃費を意識すると走りそのものが変わってしまいますね。ボクは燃費走行は決して気持ちが良いものでは無いと思います。結果は気持ちいいんだけどね(^-^;
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「毎年GWの九州からの帰りは日本海沿いから、九頭竜ダム、安房峠道路。何でこんな修行してるんだかなぁ(^_^;)」
何シテル?   05/05 00:57
threetroy(スリートロイ)です。 インテルラゴスブルーのBMW Z4M Roadster で旅をしています。オープンドライブで気持ちのよい風景を探して...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

松江市内、国道9号線を東へ... 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 14:06:40
フォト一句スライドショー 
カテゴリ:Web
2015/03/01 14:41:05
 
On the Street Where You Live - Blog 
カテゴリ:Blog
2010/04/17 08:58:46
 

愛車一覧

BMW Z4 M ロードスター BMW Z4 M ロードスター
2007年からこのクルマで日本中を旅をしています。最高のエンジン、まずまずのハンドリング ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
S2000を失って次期ツーリング専用車として購入。九州の旅6,000Kmを走りましたが、 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
日本中を旅してほぼ10万キロ、2007年1月まで乗っていました。4気筒最高のエンジンを楽 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
このクルマに乗っていた頃は、日本中の酷道/険道を走り回っていました。エンジンが気持ちよく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.