• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

threetroyのブログ一覧

2015年01月19日 イイね!

オープン2シーターで行く5000キロ 旅のノウハウ集 クルマで寝る編 追加グッズ1

オープン2シーターで行く5000キロ  旅のノウハウ集  クルマで寝る編  追加グッズ1以前、「オープン2シーターで行く5000キロ 旅のノウハウ集 クルマで寝る編(車中泊ではなく、遠くに走り続けるための仮眠の方法です)」というブログを書きました。上のブログを読んでいただければ現状のボクの仮眠の取り方が書いてありますが、なかなかどうしてボクは非常に繊細なのでこれでもなかなか寝れないんですね。なので旅に出なくてもオープン2シーターでも使えそうな安眠グッズはいつもサーチしています(^_^;)

今回購入したのがこのオーストリッチピローです。


一見パーティーのかぶり物のように見える「OSTRICH PILLOW ®」は、より快適なお昼寝の為にデザインされた枕で、装着すると光を遮断し、包み込むような優しい暖かさと安心感が周囲の喧騒から離れた自分だけのスペース作り出し、快適なお昼寝を演出してくれます。とのことですが、いくらなんでもクルマの中でこれが寝てたらかなりあやしぃので...

こっちにしました。オーストリッチピローライトです。

よりコンパクトに移動中の仮眠に最適なモデルだということです。
今日オフィスに持って行って椅子に座りながら使ってみましたがなかなか良く寝れます。細かなビーズが頭を優しく包み込んでくれて快適すぎてお昼休みが終わってもしつこく寝続けて部下に起こしてもらいました(^_^;)

さて実際のオープン2シーターでの使い心地はどうなんでしょうか?これはいっちょ旅に出てみるしか無いですね〜
このオーストリッチピローはアマゾンなどで購入できます。
関連情報URL : http://www.threetroy.com/
2014年08月23日 イイね!

アメダス(AMeDAS)で晴れ間を探して旅しよう

アメダス(AMeDAS)で晴れ間を探して旅しよう晴れ間を探して走る旅。天気予報って当たるとは限らない。今の気象情報をリアルタイムに把握することで晴れているところを探して駆けて行こう。

今日はアメダス(AMeDAS)を使った晴れ間の探し方です。
アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で「地域気象観測システム」のことを言います。 雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的におこない、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。
雨雲レーダーなどは最近のゲリラ豪雨で注目されていますが、今日はアメダス日照時間を紹介したいと思います。まずは下の図をご覧ください。2014年8月23日の13時の日照時間です。

あなたは今網走にいるとします。上の図では網走の日照時間は0.2つまり1時間中の20%の時間日差しがあったと言うことです。では晴れ間に出逢うにはあなたはどっちに向かうのがいいのでしょうか?この図だけ見ても網走から北見や美幌の内陸部で向かうと晴れていることが分かります。一方美幌峠に向かって屈斜路湖を見下ろす風景を見たくても日照時間は0.0つまり全く曇っているということになります。
では実際に1時間後のアメダス日照時間を見てみましょう下の図がそうです。

内陸部はさらに晴れてきています。屈斜路湖付近も0.6まで日照時間が上がってきています。実際にこの後屈斜路湖付近は日照時間が1.0つまり完全に晴れてくるんです。この変化を気象レーダー、アメダス風向きなどを参照しながら天気を読むんですよ。
16時にはこのようになります。網走はふたたび日照が無くなります。

同時にウェザーニュースのウェザー・リポートチャンネルなどへの投稿もチェックします。これはその場所にいる人が実際に写真を撮って天気をレポートするのでスゴく当てになりますが、マイナーな地点ほど情報はありません。実際下の図では屈斜路湖や弟子屈付近のレポートは無い状況です(^-^;
下図をクリックでウェザー・リポートchページヘ。

また有名な観光地ならライブカメラが設置されていることも多いのでチェックするといいでしょう。
春から夏にかけては黄砂やPM2.5情報も同時にチェックする必要がありますね。

すべての情報が集まる気象庁のサイトはこちら
アメダス http://www.jma.go.jp/jp/amedas/
レーダーナウキャスト http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
黄砂情報 http://www.jma.go.jp/jp/kosa/


PM2.5情報ならこちらがオススメ
PM2.5情報まとめ http://pm25.jp/

こういった情報をスマートフォンなら便利に閲覧できるアプリもあります。
iPhoneなら「気象天気図」と言うアプリがオススメ
https://itunes.apple.com/jp/app/qi-xiang-tian-qi-tu/id393725709?mt=8
Androidならアメダスウィジェットがオススメ
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.tak.AmedasWidget&hl=ja

Yahoo!天気もアメダス情報が見れますね
https://itunes.apple.com/jp/app/yahoo!-tian-qi-yuno-dongkiya/id521974902?mt=8
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.tak.AmedasWidget&hl=ja


ぜひ活用して晴れ間を探して旅しましょう(^-^)ゝ

この記事は、雨雲レーダー画像を持ち歩ける有り難さ。について書いています。
2013年04月04日 イイね!

オープン2シーターで行く5000キロ 旅のノウハウ集 走り続ける編

オープン2シーターで行く5000キロ 旅のノウハウ集  走り続ける編
さぁ、1000キロ先を目指して旅立とう。距離だけ考えるとアタマがクラクラしてくる人もいるかもしれませんが、大丈夫です。ボクは年に何度も走ってます。ボクにできることは誰にでも出来ます。
よく体力が持たないなんて言いますが、クルマで1000キロ走るのに体力なんて要らないです。走るのはクルマだしね(^_^;)
普通の生活を送っている人が、十分な睡眠と平常時の健康を保っていれば簡単に克服できる距離なんです。米国なんかではクルマでの1000キロ移動なんてフツーですし、恐れることなんてありません。

金曜日の夜、仕事が終わって出発。土曜日の夕方1300キロ先の生月島サンセットウェイで夕陽を見ようという野望をもって出発!

生月島サンセットウェイのゆうぐれ
しかしそのためには1300キロ走り続けないといけません。一番ツライのは眠気デスよね。ボクは疲れからくる眠気には逆らわないことをオススメします。前回のブログに書いたとおり、眠くなったらSAに飛び込んで一気に寝た方がイイですね。ただ快眠しすぎて朝まで寝てしまうと目的地にたどり着かない場合もあります。(買った寝袋があまりに気持ちよくて快眠しすぎて10時まで寝ちゃう豪の者もいますが…)(^_^;)

今日は変化の少ない高速道路を走っていることからくる眠気 をいかに抑えるかについてボクの方法を書きます。

一番ポピュラーなのがドリンク系ですよね。
眠眠打破、レッドブル、リポビタンとか、コーヒーガブ飲みする人もいますね。これは興奮剤であるカフェインを摂取してムリヤリ身体を動かす方法ですが、ボクはカフェインってあんまり効かなくて、眠眠打破飲んでも次のSAで既に眠くなってしまうことが多いです。カフェインの摂取はなるべくしない方が体にイイですし、なんせ致死量は5〜10gとも言われています。モンスターエナジー2本がぶ飲みして死んだ人もいますね(^_^;)

ボクが飲むのはリポビタンDスーパー。タウリン2000mgの栄養ドリンクです。タウリンは肝臓に作用して疲労を取り除く効果があり回復効果が期待できます。レッドブルも海外版はタウリンが入っているのですが、日本版には入っていません。タウリンを入れると栄養ドリンク売り場でしか売れなくなるのでそれを嫌ったと言いますね。

とにかくリポビタンシリーズでもこのスーパーはコンビニでもSAでも売っていますし、ドライブ時の疲労回復にボクの場合は一番効果があります。リポビタンシリーズでもラベルに8とか11と書いてあるローヤルゼリー入りのものはダメなんです。飲んだらすぐ眠くなってしまいます。何でかなぁσ(^_^;)
ただし、リポビタンDスーパーもカフェインは他と同じだけ50mg入ってますから何本も飲んじゃダメですよ。

他には、ガムを噛むのはある程度効果がありますね。噛むという行為が脳を働かせるようです。別にカフェイン入りじゃなくてもいいと思います。

ボクが一番眠気対策で効果があると思っているのが、ハミガキです。SAでトイレに行ったら歯を磨くようにしています。スッキリ爽やかかなり効果がありますよ。お試しください。

その他、グッズでいいなと思うのは…
コンビニでも売っている顔拭きシート。これで顔を拭くとかなり爽快感あります。SAまでなんとか眠気を覚まして持たすために使ったりします(^_^;)

オープンカーですから、冬の場合ムリヤリオープンで走るという手もあるのですが、目が覚めるのはある程度までで、そのうち眠くなってきますので(雪山遭難みたいなもんです)根本的には対策にはなりません(^_^;)

あとは、眠くならない走り方の極意ですね。
眠くなってくると視点がある程度固定してしまい、眠くなります。これを防ぐために意識して視点が固定しないように心がけます。高速道路のカンバンなどに注目して場所や歴史などを連想したりしますし、意識して他の車がいなくても車線変更をしたりします。
150km/hとかでぶっ飛ばすことで恐怖と緊張感から眠くならないようにする人もいますが、絶対やめてください。結局そういう走り方では長距離持たないですし、その疲労からこの長距離ドライブの趣味にもすぐに飽きてしまうでしょう。

まとめとしては、ハミガキが眠気覚ましとリフレッシュに効果あります。ドリンクはリポビタンDスーパーがボクのオススメです。
同じ車線を走り続けるのではなく、たまに追い越し車線を走ったりすると、視野を広くとって視線も固定しません。

ご参考に (^-^)ゝ なるかな?(^-^;

追記
忘れてました。ボクがいつも高速道路走りながら食べ続けているもの... これです(^^)

「明治アーモンドチョコレート」
とにかくこれを食べまくっていると不思議に眠くなりません。お腹には決していいはずは無いのですが...
長距離一気走りのドライブに欠かせないこのチョコレート。艶があり溶けにくく、カリッとしたアーモンドの食感がたまりません。
コレが無いとボクのドライブは始まらないって感じです(^-^)ゝ
関連情報URL : http://www.threetroy.com/
2013年04月03日 イイね!

オープン2シーターで行く5000キロ 旅のノウハウ集 クルマで寝る編(車中泊ではなく、遠くに走り続けるための仮眠の方法です)

オープン2シーターで行く5000キロ  旅のノウハウ集  クルマで寝る編(車中泊ではなく、遠くに走り続けるための仮眠の方法です)このブログは、オープンカーで1000キロを越える長距離ドライブをしてみようとしている、ある意味変な人に向けて書いています。フツーの人は読まないで下さい。

さて、5000キロを越える距離を走る旅って言うと、行きだけで1000キロ、それは東京からだと下関を経て九州へ、大阪からだと本土最南端佐多岬とか北の果て竜飛崎とかを目指すような感じだろう。
例えばボクが九州へ旅する場合は週末の金曜日仕事が終わって、深夜0時くらいに東京をスタート。翌日の夕方には長崎か佐賀県の玄界灘を望む海岸線で夕陽を愉しむと言うのが皮算用。よって、1200キロくらいを15~16時間くらいで安全に駆け抜ける必要があるのです。いつも旅で考えるのは、東京から佐世保まで約1200キロ、ETCの深夜割引だと半額なので12000円くらいかな?土曜の夕方に展海峰で西海に沈む夕陽を見ようという算段です。

当然、仕事を終えて寝ないで出発しているのですから途中眠くなります。なので何度もSAやPAで寝ることになります。ただボクが乗っているのは2シーターのオープンカーです。シートのリクライニング量には限りがありますし、快適に寝ることはほぼ不可能です。ただ世の中例外の人もいて、ぎんがめさんのようなロドスタでも6時間ぐっすり寝れる豪の者や、(ご)さんのようにロドスタ無改造(シートを外したりせず)で布団を敷いて寝てしまう人もいますが、ボクのように繊細な人間にはとても真似ができません(^-^;
そこで様々なグッズを用意して寝やすいように努力しています。(それでも最長4時間がやっとデス)

とにかく最低限必要なグッズは以下の4点です。(写真をクリックすると購入サイトに飛びます)

1. 帽子 野球帽タイプのものがいいです。シートを倒して寝るときに顔の上にこの帽子を載せます。いい感じで顔も隠れますし、遮光効果も抜群です。メッシュタイプのものはダメですが...

2. 耳栓 耳栓は非常に重要です。世界中の耳栓を試した結果、エンジンかけっぱなしの大型トラックの真横にクルマを停めても寝れる耳栓を紹介します(^^ゞ
3M イヤープラグ フランジタイプです。ソフトなフォームタイプとは違って少し硬いので痛いと感じる人もいるかもしれませんがとにかく強力な遮音効果を期待するならこれでしょう(^-^)ゝ 試して見ることをオススメします。人によっては痛くて使えない人もいそうですね。


3. ネックピローもしくはまくら  です(^^ゞ
スポーツタイプのシートはリクライニングしてもあまりいい感じで首が固定出来ません。クッションに使うというよりは首をホールドするために使います。首を固定せずに寝てしまうと首がおかしく寝違えてしまうこともあります。
またネックピローは空気を入れて使うものが多いですが、あまりボクはオススメしません。眠くなってから膨らましていると結局寝られなくなることが多いんです。眠い中必死で口から空気を入れるですから眠気が吹っ飛ぶのは当たり前ですよね(^-^;
ボクはラテックス製のこの製品か薄手のユニクロで買ったブランケットを丸めてマクラとして使っています。

4.あったかなブランケット
これは薄手と厚手を用意しておくといいでしょう。ボクの使っているものはかなり暖かく大きめで、冬でもオープンカーに乗る格好なら十分これで防寒OKになります。夏に暑くてエアコンを掛けないと寝れないような場合も薄手のブランケットがあれば風邪を引いたりすることもありません。

ただ、ビートに乗っていた頃はトランクにはほぼ何も入らないので、ブランケットは積んでいませんでした。冬はダウンの入ったズボンを履いて寝ていましたね(-_-;)

さて、こういうグッズで、遮光・防寒・遮音が完璧になっても繊細なthreetroyさんは寝れるとは限らないのです。
ボクが上手く寝るためにやっていることを説明しますと...
・ 安眠グッズは走り始める前にいつでも使える状態でサイドシートに広げておく
・ 眠くてたまらない我慢できない状態でSAに入って、クルマを停めたらスグにグッズを被って寝る。これが大事です。
とにかくトイレとかに行っていると寝れなくなるので、トイレだけで済まして走り始めてふたたび眠くなった時に一気に寝ます。

ボクはシートをなるべく前にスライドさせリクライニング出来る量を稼ぎます、あぐらをかくように膝をまげたらそれが就寝スタイル。これはずっと変わりません。
サイドシートで寝れば少しは足を伸ばせるのですが、何かあった時のためにスグにクルマを動かせるように運転席で寝るようにしています。

ボクはSAで寝ている時怖い目にあったことがあります。京都の実家から東京に帰る時、疲れて御在所SAで寝ていました。突然窓をドンドン叩くオッサン。窓開けた時ドアロックもはずれちゃって(もともとロックしてなかったのかも)、いきなり乗り込んできました。
「東京まで乗せてくれ!」とガラの悪そうな作業服のオッサン。
「知らない人は乗せない!出て行け!」「乗せろ!」の押し問答。
言っても聞かないのと勝手に車内でタバコ吸いだそうとしたので、激怒して無理矢理クルマから引きずり出しました(-_-;)
なんとか事なきを得ましたが...ほんとうに武器でも持っとかないと危険かもと思った事件でした。それ以来SAのような大きいパーキングでは寝ないようにしています。クルマに乗らなくてもバスやヒッチハイクで来れるようなSAは、こういう奴多そうなので要注意です。

あとロックは車外に出る時以外は必ずロックすることにしました。

今日はほとんど何の役にも立たない話だったかな?(^-^;
次はどのように眠くならないように走るのかについて書こうかと思います(^-^)ゝ
関連情報URL : http://www.threetroy.com/

プロフィール

「Z4M Roadster 25万キロ そろそろ限界かも... http://cvw.jp/b/666828/44921675/
何シテル?   03/12 17:22
threetroy(スリートロイ)です。 インテルラゴスブルーのBMW Z4M Roadster で旅をしています。オープンドライブで気持ちのよい風景を探して...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

フォト一句スライドショー 
カテゴリ:Web
2015/03/01 14:41:05
 
On the Street Where You Live - Blog 
カテゴリ:Blog
2010/04/17 08:58:46
 
On the Street Where You Live 
カテゴリ:Web
2010/01/06 23:52:14
 

愛車一覧

BMW Z4 M ロードスター BMW Z4 M ロードスター
2007年からこのクルマで日本中を旅をしています。最高のエンジン、まずまずのハンドリング ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
S2000を失って次期ツーリング専用車として購入。九州の旅6,000Kmを走りましたが、 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
日本中を旅してほぼ10万キロ、2007年1月まで乗っていました。4気筒最高のエンジンを楽 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
このクルマに乗っていた頃は、日本中の酷道/険道を走り回っていました。エンジンが気持ちよく ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2000年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.