• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

threetroyのブログ一覧

2014年12月30日 イイね!

Adrenalin – The BMW Touring Car Story ドイツから到着

Adrenalin – The BMW Touring Car Story ドイツから到着
以前紹介した「Adrenalin – The BMW Touring Car Story」ですが、先程やっとドイツから到着しました。送料(EUR33)のほうがBlu-ray Discより高かったのに送ってくんの遅いっつーの(^_^;)
やることいろいろあんのに、こんなの見てたら何も出来ないな〜
このシーン見るだけでアドレナリン出っぱなしになりそう。
詳しくはこのBlogへ!最高峰のF1マンガ「赤いペガサス」とモンスターターボマシン

1976年のディジョン6時間でポールポジションを獲得したBMWアートカー カラーリングの3.5CSL ドライバーはF1ドライバーのロニーピーターソン。背後に迫る F1ドライバージャッキーイクス駆るPorshe935。(このあと3.5CSLはドライブシャフトのトラブルでリタイヤ。優勝はPorshe935です。この時の3.5CSLのポールタイムは1.05.23で1984年のF1でアランプロスト(マクラーレンMP4/2)が記録したレコードタイム1.05.257よりも速いタイムだった(^_^;)
Posted at 2014/12/30 11:05:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビデオ | 日記
2014年12月28日 イイね!

星降る夜の暗がりで

星降る夜の暗がりで
冬の夜、冷たい空気、南へ向かって走る
波止場の暗がりでクルマを止めると
そこは波音だけが聞こえる、星降る海だった


冬の夜、気温は3度
ダウンジャケットを着込んで
幌を開け、南へ向かって走る

つめたい空気、夜道を走っては
気まぐれにクルマを止めて
夜空を見上げる
散りばめる星屑と波の音

16秒ごとに2閃光する光は神子元島灯台
伊豆七島と行き交う船の灯り
星空の暗がりから
海を見ていた冬の夜


静岡県賀茂郡南伊豆町大瀬にて
写真をクリックすると拡大します

BGM : indigo jam unit - Blue

関連情報URL : http://www.threetroy.com/
Posted at 2014/12/28 16:49:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | フォト一句 | 旅行/地域
2014年12月22日 イイね!

Z4MRoadster S54エンジン エンジンブローのまとめ (E46 M3やZ3Mにお乗りの方もご注意ください)

Z4MRoadster S54エンジン エンジンブローのまとめ (E46 M3やZ3Mにお乗りの方もご注意ください)Z4MRoadster S54エンジン エンジンブロー のまとめです。
S54B32エンジンを積む、E46M3,Z3Mにお乗りの方もぜひご参考に。ボクのようなことになると最低でも300万円の出費になります。皆さんのS54B32はこんな壊れ方しないようにぜひ対策して下さい。
1-8までのURLリンクをクリックすると詳細のブログが開きます。(写真をクリックしても該当のブログが開きます)

1. Z4Mトラブルで夏休み3時間で終了...
東北道国見SA付近走行中、突然のエンジンブローで走行不能に...
積載車で東京のディーラーまで運んでみると、インテーク側のカムシャフトが回転していない状況でした...


2. Z4Mトラブル続報 不具合箇所判明し、エンジンオーバーホールへ(T_T)
ヤナセBMWでS54エンジンのカバーを開けてみると、タイミングチェーンは切れていませんでした。そうするとVANOSユニットなのだろうか?そしてエンジン内部への影響は?ビデオスコープで確認するとバルブが曲がっていました。万事休すです。オーバーホール修理が必要な状況でした。

3. Z4M S54エンジン修理 出来るかな(-_-;)
やっぱりエンジンオーバーホールとなると費用の問題は大きいですね。最初は100万くらいで出来ないかと検討していた時のブログです。

4. 東北道277Kmポスト(国見SA手前)-宮城県白石IC-東京都大田区まで370Kmの積載車費用は...
今回、宮城県から東京まで積載車で帰ってきましたが、掛けていた保険の内容が良く無料でした。ボクの保険内容なら青森県からだってなんとかなりそうですね。

5. Z4M S54エンジンのオーバーホール修理はあきらめて...
このブログはぜひ全てのS54B32エンジン搭載のクルマに乗っている方に読んでおいて欲しいです。ボクのような不幸が起こらないように...(T_T)
海外では相当数起こっているようです。日本ではボクのように10万キロ以上走行の方は多くないので今まで問題になってないようなのですが...
VANOSとカムシャフトを接続するボルトがせん断されてしまうのです。ほとんど設計ミスですね。今ではこのボルトは強化されたものに変更されています。詳しくはブログをご覧ください。

   
6. Z4M S54エンジン故障原因のM6X16フィリスターヘッドスクリューについて(たった一個231円のボルトだけど...)
結局、S54エンジンが壊れた事象は...
タイミングチェーンによって駆動される“インテークVANOSギアユニット”を、カムシャフトに接続する為の6本のボルトが破損し、インテークカムシャフトが回らなくなった。エンジン内部には、VANOS部の飛散した破損部品の破片や、鉄粉なども多く確認。VANOS部の破損による二次的な影響として、インテークカムシャフトが回転出来ない事で、インテークバルブがピストンに衝突し、インテークバルブの曲がりや、それに伴う部位が損傷。
というものでした。このブログで詳細確認ください(^-^)ゝ
ネジというとすぐ短絡的に緩みだと考える人が多いですが、これはせん断荷重によるものです。

Fix your lose VANOS bolts! LOTS O' PICS!
http://www.m3forum.net/m3forum/showthread.php?t=321494


7. Z4M S54の修理代金払って、すっからかんになってきました(+_+)
結局、オーバーホール修理は費用が掛かりすぎるため断念。ショートエンジンを購入することに... とは言っても1シリーズが新車で買えちゃうくらいの修理代金になりました。


8. Z4M S54B32ショートエンジン ドイツからようやく到着
ショートエンジンを発注して22日、当初はバックオーダー多数で半年待ちも覚悟しましたが、かなりの短期間でドイツから到着しました。


9. Z4M復活したけど...
なんとかエンジン換装で復活したZ4Mですが、慣らしドライブで伊豆へ行ったところ伊豆高原でチェックエンジン警告灯が点灯。再び入院となりました(T_T)
完全復活はいつになるのか?

10. 続報、Z4M S54エンジンブローからの復活の道
チェック・エンジン警告灯の原因を探るためテスターに掛けてみると、”混合気が薄過ぎる”との故障メモリーがありました。スロットルバタフライを取り外したところ1番シリンダー・エアインテークポート部のOリング取付不良を発見し、修理を行いました。


11.
Nightfly 1000Km 13時間の旅 (Z4M S54慣らしドライブ)
取り付け不具合のあったOリングを取り付けしなおして、吸気系のバランスを取り、数日のテストを経てZ4Mを受け取ってきました。完全復活に向けて慣らしを始めました。1,000Km一気に走りましたがノートラブル。ようやく完全復活です(^-^)ゝ
2014年12月21日 イイね!

冬のマリンドライブ

冬のマリンドライブ
冬の日、凪いだ海
暖かくない、眩しいだけの太陽
誰もいなかった海岸


冬の晴れた日は、マリンドライブ
海は凪いでいて穏やかだった
どこまでも南へ走って
砂浜を目指した
日差しはあるけど、寒い日
暖かくない、眩しいだけ
やる気のない太陽
波の無い、誰もいない海に来た


静岡県下田市吉佐美 多々戸浜にて
写真をクリックすると拡大します

BGM : toconoma - nebula

関連情報URL : http://www.threetroy.com/
Posted at 2014/12/21 22:52:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | フォト一句 | 旅行/地域
2014年12月21日 イイね!

西伊豆スカイラインから富士を眺めて

西伊豆スカイラインから富士を眺めて
吹きつける冷たかった西風
遠い昔達磨火山だった場所から、太古の風景を思い描き
この風景を愉しんでいた


伊豆半島の北西部、ひときわ高い山が達磨山である。
ここは百~五十万年前、天城山とともに伊豆を代表する火山であり、達磨山の現在の山頂は982mだが、元々は1,300mを越える雄大な火山だった。
現在では戸田の港へ向かって大きく侵食が進み、かつての山容は残っていない。この富士山を望むコーナーがいちばん侵食が進んでいる所で、戸田の海に向かって大きくえぐられている。
西伊豆スカイラインの先、県道411号の棚場山トンネル付近も五十万年前は棚場火山という火山であり、仁科峠付近には猫越(ねっこ)火山と、西伊豆の稜線はこの三つの火山によって作られたものなのだ。
かつての火口がどこにあったのかは今となってはわからないけど、いにしえの火山に思いを馳せて、後輩火山の富士山(当時富士山は存在しない)をずっと眺めているのも悪くない...
冷たい風が吹いていたこの日は、はるかかなたの南アルプスまで一望できた。


静岡県伊豆市修善寺町 西伊豆スカイラインにて
写真をクリックすると拡大します

BGM : Indigo Jam Unit - Nostalgia

Posted at 2014/12/21 17:24:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | フォト一句 | 旅行/地域

プロフィール

「毎年GWの九州からの帰りは日本海沿いから、九頭竜ダム、安房峠道路。何でこんな修行してるんだかなぁ(^_^;)」
何シテル?   05/05 00:57
threetroy(スリートロイ)です。 インテルラゴスブルーのBMW Z4M Roadster で旅をしています。オープンドライブで気持ちのよい風景を探して...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/12 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

松江市内、国道9号線を東へ... 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 14:06:40
フォト一句スライドショー 
カテゴリ:Web
2015/03/01 14:41:05
 
On the Street Where You Live - Blog 
カテゴリ:Blog
2010/04/17 08:58:46
 

愛車一覧

BMW Z4 M ロードスター BMW Z4 M ロードスター
2007年からこのクルマで日本中を旅をしています。最高のエンジン、まずまずのハンドリング ...
BMW Z4 ロードスター BMW Z4 ロードスター
S2000を失って次期ツーリング専用車として購入。九州の旅6,000Kmを走りましたが、 ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
日本中を旅してほぼ10万キロ、2007年1月まで乗っていました。4気筒最高のエンジンを楽 ...
ホンダ ビート ホンダ ビート
このクルマに乗っていた頃は、日本中の酷道/険道を走り回っていました。エンジンが気持ちよく ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.