• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Love RoadSterのブログ一覧

2017年02月22日 イイね!

伊勢志摩・東紀州の海岸線ドライブ

伊勢志摩・東紀州の海岸線ドライブ









先週末は伊勢志摩・東紀州の海岸線をふらっとドライブへ出ていました。
旅のはじまりはパールロードの焼き牡蠣を頂きます。ってか、今回の旅の目的でけっこう大きなウエイト占めてたかも(笑)やっぱり伊勢志摩の牡蠣は美味いねん!



千鳥ヶ浜の美しい海の色彩を眺めながら、午後のひとときを過ごします・・・やっぱりこのあたりの海も美しい



狭路を抜けた先にある菅崎園地。安乗崎を望む素晴らしいロケーションでお気にいり



夕暮れは定番ですが、登茂山公園にて。



空と海が美しく染まり、素晴らしい夕暮れでした。




翌日、賢島のホテルを出発し、向かうは英虞湾の眺望素晴らしい横山展望台。


ここは何度訪れても思わず、感嘆の声をあげてしまうほど素晴らしい風景です。



御座白浜海岸。ここの砂浜も本当に美しいね。春の海の色を是非とも見てみたい。




伊勢志摩を離れる前に、昨日訪れた登茂山公園へ再び訪れた。このあたりの島なみ風景もやっぱり好きだなぁ。





大好きな南海展望台へやってきた。ここの海岸風景もとても素晴らしい




夕暮れは鵜倉園地にて過ごしました。






関西から距離も近く、お手軽に美しい海岸線ドライブを堪能できる伊勢志摩・東紀州エリア。あらためてその魅力を再認識した2日間でありました。







2014年02月16日 イイね!

伊勢志摩~熊野灘を巡る旅




大雪に見舞われた先週土曜日。
月曜日にお休み取れ4連休となったので、久しぶりに伊豆か四国でも行こうかと思っていたのですがあえなく撃沈^^;
お手軽に旅の風情を味わうことが出来るのはどこだ!?ってことで3日間の行程で伊勢志摩~東紀州の海岸線をのんびり旅していました。


2月9日(日)
名阪国道の道路状況を入念にチェックしいざ出発。
1年振りに伊勢志摩はパールロードへやってきました。いやぁ~海がすごく綺麗だ。多忙な日々を送っていてかなりストレス溜まっていたので癒される瞬間・・・



ついつい”狭路癖”が出てしまい、逆光になると解っているのに菅崎へ。
安乗埼と的矢湾を望むこのシチュエーションが素晴らしいのだ。


 

伊勢志摩を訪れたらココは絶対に外せないでしょう。横山展望台から望む英虞湾。



当日は空気もとても澄んでいて、もちろん天候にも恵まれ凄く理想的な条件でこの風景に出会うことができました。
何度訪れてもここの風景すっごく好き。いやぁ、素晴らしい!



夕暮れはともやま展望台にて迎えることに。
もうちょっと島なみの間に夕日沈んでくれたら言うことなしだね^^




 

2月10日(月)
仕事が気になって朝一番、進捗確認の一報を入れる。
あ~あ、旅中は全てを忘れたいのだが、これまでのキャリアの中で一番大きな仕事任されているもので気になって仕方ないんだな・・・




当日は気圧の谷の影響ですっきりしない空。
南海展望台がここまで天候に恵まれないのみ珍しい。いや、それでも凄くレベル高い風景だよここ。




今回、必ず開拓しようと思っていた三重県道(険道)46号南島大宮大台線を藤坂峠めざして駆け登る。落石ゴロゴロで何度撤去作業したことか^^;
あちゃ~路肩に雪残ってる。峠まで辿り着ける?と撤退も頭によぎった頃、ようやく目的の藤坂峠に到着。熊野灘の素晴らしい展望が出迎えてくれた。



これは素晴らしい・・・急深な熊野灘のリアス式海岸を一望できるのだ。



九州の陣が峰にも勝るとも劣らないリアス式海岸の絶景を望めるのだが、陣が峰は視界180度以上開けているのに対して、こちらは視界90度位しか開けてないのね。



しかし危ないところでした。峠を越えると完全な銀世界・・・
険道に雪って最悪の組み合わせやん^^;



この後、ニラハマ展望台とかに立ち寄りますがすっきりしない空にどうもテンション下がり気味。
ここで前から気になっていた、紀伊長島、城ノ浜の先にある展望地を訪れてみることにする。この展望地、ツーリングマップルにはマーク入っていないけれど、マックスマップルには入っているところ。



急な階段を登った先にあった展望地。尾鷲へと続く熊野灘のリアス式海岸を望むスポット。これは気に入ったよ!明日は天候回復するから是非再訪してみよう。




2月11日(火)
R311をのんびりと北上。
目に飛び込んでくる印象的な美しい砂浜。ここは新鹿(あたした)海岸と呼ばれるところ。



もの凄く透明度の高い海に癒されます。。



少し北上して、ここは太郎坂広場と呼ばれるところ。
正面に望んでいる岬が、柱状節理の大絶壁がある楯ヶ崎だ。今回は他にまだ巡りたいところがあるからパスかな。



前から気になっていた三木崎へと訪れる。
けっこう散策してみたんだけれど、これといった風景に出会うことはできずあえなく撃沈^^;入り組んだ賀田湾を望むこの展望が一番印象に残ってるかも。



三重県道(険道)778号中井浦九鬼線をゆっくりトレースしていると、急に視界広がり熊野灘のダイナミックな海岸線が!





三重県道778号はうっそうとした一車線狭路ですが、ときおり視界広がり絶景を望むことができます。
険道ドライブを楽しみながら好展望を望めるっていいよねぇ^^





 
さて、夕暮れは昨日訪れた紀伊長島の展望地へ訪れることとしよう。名前が無いから紀伊長島展望台とでもしようか(笑)



強烈な逆光ですが、それでも尾鷲まで続くダイナミックな海岸線は素晴らしいの一言!これはいい展望地を発見することができたなぁ^^


 


山々が高くていい感じの夕暮れにはなりませんでしたが、それでも凄く印象に残っている夕暮れの風景かも。





久しぶりに伊勢志摩~東紀州のリアス式海岸線を旅しましたが、いつ訪れてもここは楽しい!
リアス式海岸は豊後水道が一番いいかな~と思っていたのですが、やっぱり紀伊半島のリアス式海岸も奥が深くて巡っていてめちゃ楽しいです。もうなんせ自然が深くて・・・
多忙な日々を送っていたので、いいストレス発散になった3日間でした!












2013年01月14日 イイね!

伊勢志摩 東紀州を巡る旅 Day2 Day3




昨年の2月10日(金)から2月13日(日)に伊勢志摩・東紀州を旅したレポートの続きをこのタイミングで公開します。
まだ積み残しが沢山残っていてタイヘン(笑)


Day2

朝5時30分。
暗闇のなか、賢島を出発。向かうは日の出ポイントとしても名高い大王崎灯台だ。


水平線は雲が多く、日の出の時間は少し遅れそう。三脚をセットして、のんびりとその時を待ちます。



6時57分、太陽が雲から姿を現しました。たぶん、20分程遅い日の出だったかな。
やっぱり灯台と朝陽、夕陽の組み合わせは定番だがいいね^^。



日の出を見届けた後、美しい砂浜が印象的な御座白浜海岸へ。



ここの海の色の美しさは素晴らしい。伊豆や平戸はもっと凄いんだけどなー



そして英虞湾のしまなみを望む、登茂山展望台へ。



ここが残念なのはただ一つ。
すぐ下が木々に覆われていて見晴らしがあんまりよくないところ。この写真も60mmマイクロレンズで引き寄せてるしね。それを除けば素晴らしい景観です^^。



少し場所を移動して桐垣展望台へ。
こちらは見晴らしは登茂山展望台ほどよくないものの、遮るものが少ないのがいい所。夕陽のオススメポイントでもあります。



ボクの大好きな南九十九島ほど色気ある、しまなみ風景ではないものの近所にこれほど素晴らしい風景があれば文句無いね^^♪




そしてやってきました、南海展望台。
この風景を目の当たりにして、東紀州の海岸線はもっともっと開拓せなあかんな~って強く思ってん。素晴らしい景観!




最後に鵜倉園地へ。
リアス式海岸の複雑で、美しい海岸風景を4つの展望台から望むことができます。
正直このリアス式海岸風景を見慣れてしまい、豊後水道~日豊海岸のリアス式海岸風景が若干、物足りなかったのも事実^^;このあたりも時間をかけてゆっくりとまた巡りたいなぁ。







Day3

熊野市のホテルを出発。鬼ヶ城からスタート。
奇岩がお好きな方はここから動くことが出来ないかも(笑)



さて、朝食はコンビニで仕入れて鬼ヶ城から少し先にある七里御浜にて頂こう。もぅ気持ちいいのなんの・・・



七里御浜沿いには、獅子岩と呼ばれる岩山が存在する。まさに東洋のスフィンクス!
因みに鬼ヶ城と獅子岩は国の名勝・天然記念物に指定されております。



さて、本日のミッションは楯ヶ崎を訪れること。
美しい砂浜や・・・



入り江を望みながらのんびりと楯ヶ崎へ向かいます。



楯ヶ崎へは道路沿いの駐車場から片道30分ほどのトレッキングが必要となります。
途中、このような非常に透明度の高い美しい海が出迎えてくれます。



探勝道を歩いている際に見つけた”枯葉のような”チョウ?ガ?
この寒い時期に居るのが凄いね^^;



そして目的の楯ヶ崎とのご対面・・・



この圧倒的な存在感、って言うか塊を目の当たりにすると、ちょっとやそっとの柱状節理では驚かなくなるのが罪深い。
日向岬の馬ヶ背ですら”こんなものか”って思えてしまうねんもんなぁ。東紀州を訪れたならば楯ヶ崎は必見!です。



この旅の締めくくりは高塚山展望台。
熊野灘の島々を望むことが出来る。なかなか素晴らしい展望です^^



さて、ボクがこの旅を通して痛感したのは、東紀州の海岸線をもっと開拓せねば!でした。
なんというか、このあたり”秘境”という言葉もまんざらではなくって、人もクルマも少ない、道路状況よくないと、お決まりの3拍子が揃っていますが逆を言えばそれほど旅して面白い地。
特に鵜倉園地を始めとした、東紀州の素晴らしいリアス式海岸は非常にレベル高い。景観の素晴らしさに驚かされたものです。
関西在住の方にはお手軽で楽しい伊勢志摩・東紀州巡り♪この寒い間は東紀州を再訪・開拓しましょうか^^?













2012年12月03日 イイね!

11月連休は伊勢志摩・東紀州へ




11月の3連休は久しぶりに伊勢志摩・東紀州を旅してきました。
せっかくの3連休やから、富士山も冠雪したことやし伊豆へ再訪しようとずっと楽しみにしていたのですが、3連休初日の23日(金)は悪天候のため急遽、伊豆への旅を止めてお手軽な伊勢志摩~東紀州を旅の舞台にしました。


Day1
旅の始まりは24日(土)から。
名阪・伊勢自動車道と乗り継ぎ伊勢志摩スカイライン・朝熊山展望台にて。ここから望むしまなみ風景もまたいい。

当日は空気も澄んでいて冠雪した御嶽山、そしてはるか200km以上離れた富士山をほんのかすかに望むことが出来たのね。
写真中央少し左手に、冠雪した御嶽山が写ってるねんけど解るかなぁ^^?

パールロードに入り最初の展望台にて。やっぱりこのあたりの海も本当に美しい。正面に菅島を望むロケーションだ。

快走路のパールロードをぶっ飛ばしたいのが本音だが、連休で人出が多くそうはいかない。ならば人の少ない所へ訪れよう。
鳥羽十景の千鳥が浜へ。なんとなく、日和佐・大浜海岸に雰囲気が似ているね。

そして前から気になっていた菅崎へ訪れてみた。
強烈な逆光が辛いが、的矢湾を一望する素晴らしいロケーションだ。

このように安乗崎・大王崎をバックに愛車を撮影できるのもイイね。

ツーリングマップルに急坂・狭路と書かれていた通り、菅崎へ至る道はなかなかハードだ。
しかし残念なことに最近、こういう道が楽しいと思えてきたんだな。だってほら、ボクのロドスタも楽しそうでしょ^^?この先どんな風景が広がってんねやろ!?って好奇心がボクを突き動かすねん。

パールロードへ戻り、面白展望台にて菅崎と安乗崎を一望する。ボクはあの岬に居たことになる。

さて、パールロードを走り終えたらボクの大好きな横山展望台へ。

やっぱりここの風景は凄いわ。南九十九島ほどの色気ある多島美風景ではないものの、ここも負けず劣らず素晴らしいものがある。
思わず息を呑む風景。伊勢志摩が日本に誇る美しい風景と言えるだろう。


夕刻の時間に合わせて桐垣展望台へやってきました。

まぁ予想はしてましたが人多い!なんかムカついたので(捻くれてるなぁ^^;)登茂山展望台へ。こちらの方が高い位置にあるからええんよ。

紀伊半島の山々に沈む夕陽。
しかし夕陽の沈む位置は残念でした^^;まぁ、桐垣展望台の方がしまなみと相まっていい夕暮れだったろうね。でもボクは誰も居ない静かな場所で独り夕暮れを迎えたかったのさ・・・



Day2
朝一発目は眠気覚ましに大好きな横山展望台へ!おはよーございます^^。


そして御座岬のさきっぽにある美しい砂浜 御座白浜海岸へ。
正直、ここの砂浜は本当に美しい。伊豆のムードある砂浜には見劣りしちゃうけど、素晴らしい砂浜だ。

ま、なんとか愛車とともに撮影も出来るしね^^;

御座白浜海岸からの帰り道に、運動もかねて金比羅山を軽くトレッキング。
山頂から英虞湾を望む。この方向から望む英虞湾もイイね!

こちらは反対方向の東紀州へと続く海岸線だ。あぁ、南海展望台へ早く訪れたいぞ!

その前に再び桐垣展望台へ訪れる。このしまなみ風景もまたいいものだ。。

R260を走ると磯笛崎展望台と呼ばれるところがある。
何度もしつこいが、海の色が最高!いいね~♪

そしてボクの大好きな南海展望台へ。
うん、ここの風景はほんとレベル高い。素晴らしいよほんとに。

旧三重県道22号伊勢南島線・旧能見坂トンネル付近にあった好展望マークが気になり訪れたのだが視界は開けず・・・横に登山道があったのでそこを登れということかな?さすがにそんな時間はない・・・

悔しいので引き返す際、少しだけ展望が開けていた場所でムリヤリ熊野灘を写真に収めました^^;

そしてお決まりの鵜倉園地へ。



ここはみんカラのお友達の間でも馴染みの場所になってますね^^。夕暮れをかさらぎ展望台にて迎え帰宅となりました。


今年の2月に訪れて以来、久しぶりの伊勢志摩・東紀州を舞台とした旅。やっぱりこのあたり旅してほんと楽しいよ。エリアも広範でまだまだ探索の余地あるし。
2月に訪れた際はこの先、尾鷲~鬼ヶ城・楯ヶ崎を訪れているので、こちらのレポートも仕上げねば^^;って2月のレポートがまだ終わっていない現実・・・どないなっとんねんって突っ込まれそう(笑)

2012年02月16日 イイね!

伊勢志摩 東紀州を巡る旅 Day1



2月10日(金)から2月13日(日)まで、伊勢志摩~東紀州を旅していました。
よくよく考えてみると三重県の海岸線はパールロードや伊勢志摩の一部を訪れたのみで、尾鷲から東紀州一帯は全くの未踏の地。灯台下暗しとはよく言えたもので、三重県も広い広い。2泊3日の行程でじっくり、三重県の海岸線を旅しました。


名阪国道の道路状況に積雪凍結等、特段の懸念が無かったので、近畿道、西名阪を乗り継ぎ名阪国道へ。
ボクはこの名阪国道が大嫌い。とにかく走りにくいことこの上ない。詳しく書く気にはならないが・・・とにかくストレスの溜まる国道です。逃げるように早々にここを走りきり、伊勢自動車道へ。


快晴の伊勢自動車道を南下する。なんとも言えない旅立ちの喜びを味わいながらのドライブ。それにしても天候の良い日。そう言えば伊勢志摩は去年訪れていないので、2年振りに訪れることになる。ちょっとした懐かしみを感じる。
目的地の伊勢志摩まで200kmも無い行程。大半の行程を高速で走っているので体力的には非常にラク。長距離を伴わない旅はラクなものだ。なんかお手軽でイイね。



伊勢西ICを降り、伊勢志摩スカイラインへ入る。ここ朝熊山頂展望台からの風景は見晴らしもよく、見事なもの。



四日市方面を望む。山が冠雪しています。



伊勢湾に浮かぶ島々、遥か先に見える愛知県、知多半島、渥美半島伊良湖岬を一望する。早朝、空気の澄んだ天候の良い日には渥美半島方面から富士山も望めるとか。一度ここ伊勢志摩から富士山を望んでみたいものである。三重県は日の出ポイントの宝庫です。



伊勢志摩スカイラインを鳥羽方面へ下る。伊勢湾、島々を遠望しながらのドライブが気持ちいい。。




スカイラインを走りきり、パールロードへ入り鳥羽展望台へ。
快晴と相まって、海の色が本当に綺麗。。



国崎、安乗崎、大王崎と続く岬を一望する。よし、これから安乗崎(あのりさき)へ訪れてみよう。灯台のカタチはあまり好きではないのだが・・・



パールロードは随所に休憩、展望スポットが存在します。
ボクは鳥羽CC付近からの風景が好きで、いつもここに吸い寄せられるように立ち寄ってマス^^。これから訪れる的矢湾、安乗崎方面を望んでいます。



何度か迷走しながらも安乗崎灯台へ到着。
この安乗崎灯台を最も印象付けているのは、四角形というカタチであろうか。でもボクは好きになれないな~このカタチ、日本の灯台50選に選出されている灯台であるのだが・・・ビルかよ~っていつも思ってしまうのだ^^;ま、解っていて訪れてんけど・・・



ただ、この灯台は一般開放されていて、灯台を登っての眺望は素晴らしいものがある。これを見るためにココを訪れる価値があると言っても過言では無い。
先ほど走ってきたパールロード、的矢湾方面を望んでいます。



灯台のふもとには、初代の安乗崎灯台の模型が飾られています。このカタチのまま復元してほしかったものだ。
初代の安乗崎灯台は現存する日本最古の木造灯台として、東京の”船の科学館”に保存されています。歴史的背景は大きい灯台と言える。



さて、安乗崎灯台を後にし、前々からとても気になっていた、英虞湾を望む横山展望台へ・・・
わぉ、、素晴らしいじゃないかこの風景。思わず歓喜の声をあげる・・
こんなに素晴らしい風景が身近にあったんや。。。なぜ今まで知らんかったんやろ?



九州を旅してはっきり解ったことが一つあって、それはボク自身が”多島美風景がたまらなく好き”ということ。
これから随時ブログアップしていきますが(なかなか間に合わなくてスミマセン^^;)熊本県は天草松島、長崎県は九十九島の景観には本当に感動したものです。そう、この感動の風景がとても恋しくなったからこそ、伊勢志摩を訪れたと言ってもいいほど。


リアス式海岸で有名な英虞湾。大小50の島々が浮かぶと言う。
真相は定かではないが、英虞湾は”松島”と言われるのを嫌う傾向にあると言う。
確かに九十九島や天草の”多島美”風景とは少し趣きが異なるかもしれない。どちらかと言うとここ英虞湾は、湾に浮かぶ島々による”多島美”というよりも、リアス式海岸の複雑な、入り組んだ海岸線や入り江が強調されていると思う。



まぁ難しいことをゴチャコチャ言わずこの風景、好きか嫌いかで言われれば問答無用で”好き”。大のお気に入りとなった九十九島を少しばかり、連想させてくれる風景が身近な三重県、英虞湾にあっただけでも感謝しないといけないね。


夕暮れを迎え、徐々に空の色彩が変わる。。素晴らしい風景だ・・・




ここに居続けても良かったが、沈む夕日を正面に見たかったので英虞湾を西方向に望む展望台、ともやま公園へ移動。
も、途中の渋滞で想定外のタイムロスをくらい多分太陽は沈んだ後(苦笑
なんとも中途半端な夕暮れの風景となりました^^;ヘタに移動しなけりゃよかったなぁ~



ここ、ともやま公園から望む英虞湾も素晴らしいから、明日もう一度訪れてみよう。ここの風景も大好きなんだ。。そう呟きながら宿泊先の賢島へ向かった。。


翌日は大王崎灯台で迎える日の出からスタートします(次回に続きます)

プロフィール

「裾野まで降りてきた紅葉🍁おそらく今シーズンラストでしょう(^^)」
何シテル?   11/23 16:07
念願叶い、ロードスターのオーナーになることができました。大切なボクの初マイカーです。 愛車との旅をこよなく愛しています。 景観の良い道を、流れる景色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/11 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

2019年 桜ドライブ始動! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/08 18:30:51
本当の世界一になるために… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/19 18:52:42
サーキットとはまた違う楽しみ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 20:13:56

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
素晴らしいクルマです。 あまりにも運転が楽しくて、どこまでも出かけたくなる。そんな可愛 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.