• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Love RoadSterのブログ一覧

2021年01月09日 イイね!

新年ご挨拶&年末年始のドライブ

新年ご挨拶&年末年始のドライブ








遅らせながら、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
新年一発目のブログは、年末年始のドライブの模様をご紹介^^毎年恒例となっておりました瀬戸内・九州ドライブは昨今の事情を鑑み敢え無く断念致しました。暫くはご近所発見ドライブに徹しようと考えております!


年末はお手軽和歌山の紀北ドライブ。前々から気になっていた橋本市と紀の川市を結ぶ紀ノ川左岸広域農道、愛称「紀の川フルーツライン」に訪れてみました。なかなかの好展望&快走路でした!




周辺の展望台、高野山町石道展望台にも訪れてみました。九度山町から蛇行する紀ノ川、紀見峠、遥か金剛山まで見渡す素晴らしい眺望です。戦国武将の真田幸村ゆかりの地、九度山。ちょっと歴史の復習をしたくなりましたね。素晴らしいロケーションですが展望台近くに駐車場は無いのでご注意を。






年末ドライブの〆は大好きな加太へ。紀淡海峡を眺めていたら目の前に広がる淡路島に前々から訪れてみたいなぁと思っていたので・・・




新年一発目のドライブはすごく久しぶりに淡路島へほんとにきちゃいましたw
反時計回りに淡路島を一周します。淡路サンセットラインを南下し、多賀の浜にて。遥か播磨灘の先には小豆島が見えてました。





快適なシーサイドドライブを堪能し、一気に南あわじ市までやってきた。やっぱり久しぶりの淡路島ドライブは超楽しい!これまで大ジャンプ連発でいかに灯台下暗しな状況になっていたのかがよく解りますw



鳴門海峡を望む地として鳴門岬以外の展望地を探していて今回、南あわじ展望台なる所に訪れてみた。ロケーションは素晴らしいが、もう少し見晴らしがよければ完璧だ!







吹上浜にも訪れてみた。もっとすっきり晴れたら印象がまた変わりそうだ。




本日のメインディッシュ、南淡路水仙ライン。紀伊水道・鳴門海峡を望みながらのシーサイドドライブは毎度ながら素晴らしい。。。






一日の終わりは紀淡海峡を望む生石岬にて。





と、このような感じで年始のドライブは始動しました。
今後の情勢がどのようになるか解りませんが、今後も暫くはご近所ドライブに徹する日々が続きそうです。


Posted at 2021/01/09 18:23:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 淡路島ドライブ | 日記
2013年02月24日 イイね!

淡路島・徳島県の海岸線を巡るショートトリップ Day1




先週の話になりますが、久しぶりに淡路島と心の故郷、徳島県を巡る1泊2日のショートトリップへ出かけていました。
早速初日からアップしてゆきたいと思います^^。


2月16日(土)
通いなれた神戸淡路鳴門自動車道・淡路ICを降り、明石海峡を望む江埼灯台から旅はスタート。


なんとも見慣れないぶっさいくなカタチをしていますが、歴史的文化財的価値が高いAランクの保存灯台であり、格式高い大型灯台です。
灯台からはこのように明石海峡を一望することができます。夜景が綺麗だろうな・・・

淡路島西岸をゆく兵庫県道31号福良江井岩屋線、愛称淡路サンセットラインをのんびり南下する。。
瀬戸内らしい、優しい海の色に癒されるシーサイドドライブを堪能できます。

シーサイドドライブを堪能していたら、いっきに島の南端まで訪れてしまった^^;こんなに淡路島って小さかったんかと驚いたほど。
淡路島の南端には、紀伊水道と鳴門海峡を望む非常に美しい、吹上の浜と呼ばれる砂浜がある。是非とも訪れたい。

さて、これから当日のお楽しみ、紀伊水道をすぐ近くに望む絶景シーサイドロード、南淡路水仙ラインを堪能したいのだが、紀伊水道を一望する柏原山か、淡路島最高峰と称される諭鶴羽山(ゆづるはさん)を訪れようか迷っていた。
時間は十分にあるが両方訪れる時間はさすがに無い。。天草最高峰の倉岳から望む八代海が素晴らしかったという理由だけで、諭鶴羽山を訪れる決意をした^^。


南淡路水仙ラインから兵庫県道535号灘市線に入り、目的の諭鶴羽山を目指す。これがまたもの凄く狭くて酷い道。落石は落ち放題で路肩に雪も残り、シカも飛び出してくるわでほんまどのタイミングで撤退しようかとヒヤヒヤしながら、山頂の駐車場に到着。
ここから山頂までおよそ20分程のトレッキングが必要で、こんな絶景がボクを迎えてくれました^^。


紀伊水道と、和歌山を望む素晴らしいロケーション。加太から友ヶ島に続く紀淡海峡も一望できるのだ。


こちらは南あわじと小豆島、香川県と播州赤穂、岡山方面を一望しています。


もちろん四国・阿波の国と関西の玄関口、鳴門海峡を一望することもできます。


ここ、諭鶴羽山山頂は別名八州展望台と呼ばれている。八つの国である淡(淡路島)、紀(和歌山)、和(大阪南部)、河(河内・大阪)、摂(神戸)、阿(徳島)、讃(香川)、備(岡山)を一望することが出来るからだ。
なんとも印象深い、美しいネーミングの諭鶴羽山(ゆづるはさん)。山頂からの展望は素晴らしいのだが、道がとてつもなく狭く、距離も相応にある。とても万人にオススメできる展望地では無い。

さて、狭路、ならぬ凶路を走破したら、絶景快走路を楽しも~やん♪
前述した兵庫県道76号洲本灘賀集線、愛称南淡路水仙ラインは紀伊水道を望む素晴らしいシーサイドロード!海が近くってめっちゃテンションあがんねん!久しぶりにここをドライブしたけど、いやぁ素晴らしいね!

さて、南淡路水仙ラインを堪能したら、紀伊水道の眺望が見事な生石鼻(おいしのはな)へ。
阿波の国、徳島と紀伊の国、和歌山が隣り合い、はるかに広がる紀伊水道。咲き始めた梅の花を添えて、色彩豊かな写真になりました^^。

紀伊水道の海の色も本当に綺麗で癒される。こんな素晴らしいところが近所にあって良かった~と思える瞬間だね。

こちらは和歌山県・加太と隣り合う友ヶ島を望む展望地だ。友ヶ島周辺の海峡を、紀伊水道の中でも紀淡海峡、または由良瀬戸と呼ばれている。
対岸の関西国際空港や泉佐野市・りんくうタウンまでくっきりの展望。ここも夜景がいいだろうね。灯台の灯りに導かれていつか訪れてみようか。

夕暮れに染まる紀伊水道。
四国と九州が隣り合う豊後水道の景観も素晴らしいが、ここ紀伊水道も負けず劣らず素晴らしいものがあると思います。

すっかり日が沈み、暗くなった南淡路水仙ラインを走る。今日一日のドライブを振り返りながら・・・

さて、当日の宿泊地は徳島市内だ。
学生時代によく通った徳島ラーメンのうまい店、ふく利で晩御飯を頂くのだ。久しぶりにこのラーメン、食べたかってんなぁ~^^♪めちゃくちゃ旨かったっす^^

天候に恵まれ素晴らしい形で初日を終えました。
明日は徳島南部のリアス式海岸をゆっくりと巡る旅となります。(次回をお楽しみに!)


Posted at 2013/02/24 13:44:43 | コメント(8) | トラックバック(0) | 淡路島ドライブ | 日記

プロフィール

「裾野まで降りてきた紅葉🍁おそらく今シーズンラストでしょう(^^)」
何シテル?   11/23 16:07
念願叶い、ロードスターのオーナーになることができました。大切なボクの初マイカーです。 愛車との旅をこよなく愛しています。 景観の良い道を、流れる景色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

2019年 桜ドライブ始動! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/08 18:30:51
本当の世界一になるために… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/19 18:52:42
サーキットとはまた違う楽しみ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 20:13:56

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
素晴らしいクルマです。 あまりにも運転が楽しくて、どこまでも出かけたくなる。そんな可愛 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.