• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Love RoadSterのブログ一覧

2015年06月07日 イイね!

夏の北海道を巡る4,250kmの旅 津別峠の夜明け そしてオロロンライン・最北の地へ (2014年夏の旅)




8月27日(水)
早朝3時過ぎ、弟子屈は川湯温泉を出発する。
ボクがどうしても見たかったもの、それは屈斜路湖の夜明けの風景。知床連山から昇る朝陽はきっと素晴らしいものに違いない・・・



津別峠到着は朝の4時過ぎ。到着して早々、思わず感嘆の声が出る。はるかオホーツク海に知床連山が浮かび上がり、水平線を赤く染めている・・・




屈斜路湖の湖面には、ほんの少しの雲海が出ていた。なんとも幻想的だ




朝の津別峠と言えば雲海が定番。しかし朝陽に照らされる湖面を撮影したかったボクには願ってもないシチュエーションだ



4時51分、ついに朝陽が顔を出す。。



日本最大のカルデラ湖がゆっくりと、目覚めの時を迎える




なんと素晴らしい・・・おもわず溜息が出る。。感動して泣きそうになってんでほんまに^^;













朝陽が眩しい・・・
この風景に出会うことができて本当に幸せだった。祈願達成、かな?本当にボクは、屈斜路湖に魅せられ続けているなぁ(笑)









屈斜路湖を離れる前に美幌峠にも当然立ち寄る。朝は強烈な逆光になる。
今回は津別峠にて夜明けを迎えたが、美幌峠からもええかもね^^





オホーツク海に出た。大好きな釧網本線北浜駅へ立ち寄る。





ここは鉄道ファンの間では聖地のようなもの。ここを訪れた人の名詞で駅舎が埋め尽くされているのだ。
そういえばここに住み着いていたネコがいないことに気付いた。彼は何処へいったのだろうね?




オホーツク海をゆく列車を撮影する。輝くオホーツク海をゆく釧網本線。機会あれば釧網本線の電車旅もしてみたいものだ。



能取岬はドピーカンの快晴。
否定はしないが”適度”という言葉がここは難しいみたい。ここを訪れるときまって快晴か、ドン曇り・・・相性悪いんかな^^;





能取岬をゆく北海道道76号網走公園線、通称”美岬ライン”。このように美しい海岸線を快走できます。大好きなドライブルート!




R238オホーツク国道をいっきに北上し宗谷岬を目指したいところだが、なんせ400km近くものキョリがある。タイヘンな移動距離である。。
延々と走るのは辛いので途中、登呂の丘に立ち寄る。このあたりゆっくり散策してみたら面白そうだ。






興部町に入る。可愛らしいカンバンとアオカンの現実^^;稚内までまだ200km以上あります。時折みえる輝くオホーツク海が素晴らしい。






日の出岬キャンプ場よりオホーツク海を一望する。海が実に綺麗だ。なんか、北海道の海岸線って感じです。





北見神威岬までやってきた。宗谷岬まであともう少しといったところ。







岩肌に張り付くように建つ灯台が凄いでしょ^^?



猿払村道エサヌカ線を走ってみる。道の消失点が見えない・・・







R238オホーツク国道の気持ちいい区間。天候に恵まれたら最高です^^


https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/album/000/000/019/128/326219/326219.jpg?ct=79d6aef75d9f


道東は弟子屈からその距離400km以上。ついにやってきました日本本土最北端の地、宗谷丘陵へ。一昨年振りの訪問です。白い貝殻の道を走ります。





宗谷岬灯台とボクのロードスター。ついに最北端の地へやってきました。
ラ・ペルーズ海峡の向こうに異国の地、サハリンがくっきりと見えていました・・・






夕暮れはもちろん、オロロンラインで迎えます。うわぁ利尻富士が綺麗に見えてます!





オロロンライン、夕来で夕暮れを迎えます。心に沁みるこの情景。





ここで迎える夕暮れはいつも感動的です・・・




日没後のマジックアワータイムもそのシルエットが美しい点も特筆したい。





さて、祈願の屈斜路湖の夜明け、そして一昨年振りの本土最北端の地に大満足の1日となりました。
明日は再び道北を巡り、食を愉しみ、最終宿泊地の旭川へ向かいます。(次回へ続きます!)






Posted at 2015/06/07 14:50:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2014 北海道旅行記 | 日記
2015年04月22日 イイね!

夏の北海道を巡る4,250kmの旅 道東のカルデラ湖を巡る(2014年夏の旅)




8月27日(水)
弟子屈は川湯温泉を出発。
ボクの中で川湯温泉は道東を旅する拠点。大好きな屈斜路湖は近いし、釧路・霧多布・根室・網走方面へのアクセスも容易だから。何より泉質が良くて、旅の疲れを癒すにはもってこいやねん^^



まずは大好きな屈斜路湖を一望しようということで津別峠を駆け上がってました。そうそう、屈斜路湖を見下ろすこの風景が大好き!今年も巡り会えましたね。



空に雲が流れていてイイ感じ♪



当然、美幌峠にも訪れる。
空に浮かぶ雲が見事としか言いようがない!過去最高の美幌峠に出会えたぜ!



北海道、いや日本全国の数ある風景の中でもトップクラスに大好きな風景です。




道の駅・ぐるっとパノラマ美幌峠で早めの昼食を頂く。今回はホタテラーメンをチョイス。美味い!!



さて、美幌峠を満喫したら摩周湖へ訪れましょう。
これが摩周ブルーとも称される摩周湖の湖面の色だ。ここまで深く蒼い摩周湖は初めてお目にかかるかも・・・^^?



鏡面のように空が映りこむ摩周湖が好きやけど、この表情の摩周湖もいいね。



硫黄山の向こうに湖面が見えている。
ほんまにここから屈斜路湖も見えんやね。4年目にして初のことやで。



摩周湖を後にし向かうは藻琴山。北海道道102号網走川湯線を駆け登ります。ここから望む屈斜路湖もまた違った表情見せるので面白い。



ハイランド小清水725から屈斜路湖を見下ろす。
津別・美幌峠のように屈斜路湖の姿、形を美しく望むことは出来ないのだが、この高度感がたまらへんねん^^



藻琴山は風景もさることながら、北海道道102号網走川湯線も走って楽しいステキな道です。




昨年見つけた知床連山の一角、斜里岳を美しく望むことができる清里町は宇宙展望台へ・・・斜里岳の裾野に広がるパッチワークがいい感じ^^




オホーツク海に伸びるかのような一直線の道が素晴らしい・・・



神の子池にも立ち寄る。Canon EOS M のCMロケ地の一つがここだ。
摩周湖の水が湧き出ているとも言われる神の子池。水の蒼さが印象的です。




地平線に染まる夕暮れの空をなんとなく見てみたくなって、開陽台へ久しぶりに訪れてみました。




度肝ぬかされるようなスケールで展開する風景は北海道ではごくありふれているが、開陽台のこういった風景はなかなかお目にかかれないもの。


夕暮れの空と相まって、印象に残る風景と出会うことができました。。次は霧多布で夕暮れ迎えてみたいナ・・・(どっちで夕暮れ迎えようか迷ってん)





さて、明日からは旅の舞台は道北・本土最北端の地へ移ります。(次回へ続きます!)







Posted at 2015/04/22 23:57:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2014 北海道旅行記 | 日記
2015年04月05日 イイね!

夏の北海道を巡る4,250kmの旅 釧路湿原から襟裳岬へ到達する1日(2014年夏の旅)




随分とご無沙汰となっております昨年夏の北海道の旅レポですが、ここで再開してゆきたいと思いマス^^;
今年、北海道を旅されるご予定があられる方には参考になる?かもしれません^^



8月26日(火)
弟子屈は川湯温泉の宿を出発しR391を釧路湿原に向けて南下。



雰囲気よくて好きなシラルトロ湖畔で一休み。




釧路湿原を一望する細岡展望台へやってきました。



このスケール感、改めて言うまでもないがすんごいよ。




R38のネズミ捕りにヒヤっと(直前までとんでもないスピードで走ってたから^^;)しつつ、北海道道1038号直別共栄線へスイッチします・・・






この道、いつも昆布刈石で夕暮れ迎えて真っ黒のなか走っててんけどこんなとこやってんね。海と岩肌がすごいインパクト^^気に入った!!



そして本日は快晴なりの昆布刈石へ・・・ここのダートがほんまにエエねん^^。
そういえば黄金の滝とかいっつもスルーしてんなぁ・・・^^;





R336ナウマン国道の終着点にて・・・
これから訪れるはるか襟裳岬へとどこまでも果てしなく続く海岸線を望むのがいい。北海道を旅しているんだと強く実感する瞬間だ。。やっぱ北の大地のツアラーっていいよね。




ナウマン国道から北海道道1051号湧洞線に入り、湧洞沼を一望する展望地へ。
しかし海に近い沼との相性は相変わらず悪く、凶暴な蚊に襲撃され早々に退散しました^^;



広尾町の大丸山森林公園へやってきた。
果てしないスケール感で弓なりに描く海岸線の美しさに思わず歓喜の声をあげる!





広尾町にちなんで山の斜面に町の名が描かれている、解りますか^^?これ発見したとき思わず笑ってん^^




さぁ、R336黄金道路を南下し襟裳岬へ到達するとしましょう!







望洋台からシェルターだらけの黄金道路を望んでいます。







北海道道34号襟裳公園線にて。
空には見事なシーラスが!そうそう、この道もボクの中で強烈に印象に残ってるわ^^





そして一昨年ぶりの襟裳岬到達!海霧もない見事、天候に恵まれた襟裳岬です。







夕暮れに染まる空と襟裳岬・・・
道東の海岸線は襟裳岬から本土最東端の納沙布岬まで走破したことになる・・・ちょっとシーサイドドライブにハマりすぎだな^^;






さて、明日はオホーツク海を北上し旅の舞台はいっきに道北へ移ります(次回へ続きます!)






Posted at 2015/04/05 22:18:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2014 北海道旅行記 | 日記
2014年11月09日 イイね!

夏の北海道を巡る4,250kmの旅 道東の海岸線を巡る1日




8月25日(月)
早朝、釧路を出発する。
釧路・根室地方は1日天候に恵まれそう。多発する霧の心配もなさそう。北海道を旅する大きな楽しみの一つ、道東の海岸線をおもいっきり堪能しちゃいましょう!


北海道道142号、通称”北太平洋シーサイドライン”を走り、尻羽岬を目指します。抜けるような青空が気持ちいい!


尻羽岬へ向かうダート区間。岬に到達するここの風景が凄く好きで、毎年立ち止まってるような^^



終点から岬まで遊歩道を軽くトレッキング。青い海と空、一面に広がる草原の海岸線がまるで、異国の地を連想させます。

岬のさきっぽへ・・・
晴れた尻羽岬は実は初めて。何度も通って、最高の天候にようやく巡り合うことができたね^^




あらら、看板が落ちてる^^;この看板好きだったのになぁ(笑)


最高の尻羽岬を堪能することができました!


太平洋シーサイドラインへ戻り、霧多布湿原を一望する琵琶瀬展望台へ・・・蛇行する川と広大な湿原を一望できます。



霧多布岬へ訪れる前にアゼチ岬へ・・・
内陸から雲がどんどん流れてきます。


そして霧多布岬に到達。



後ほどこのスコールにやられてしまいます^^;灯台の下で雨宿りしました・・・


嵐が去った後、改めて岬の先端へ向かいます。




海鳥の鳴声が響き渡る岬のさきっぽに一人立ち、何を想うかな・・・
この哀愁溢れる風景が見たくて毎年、ここに訪れているんです。。

さて、霧多布岬を後にし、1年越しのお待ちかね道東シーサイドドライブの真骨頂を楽しむこととしましょう。


北海道道142号”北太平洋シーサイドライン”
まるで夢のような、シーサイドドライブを心ゆくまで愉しむことができます。今年もこの感動を味わうことが出来ました^^




そして落石岬へ・・・ここの風景もまたたまらなく好き^^
晴れの落石岬に再び出会うことができ大満足です。





今日の旅の終わりは本土最東端の納沙布岬として、花咲岬に立ち寄ります。
ここも海鳥達の楽園ですね。




夕暮れ、最果ての納沙布岬目指しひた走ります。
この何も無い果ての地へいざなう道、きっと印象に残っている方も多いはず。。



納沙布岬、本土最東端の地。
何かがあるわけではないけれど、到達したくなる、そんな所。今日一日の素晴らしい旅を思い返していたのでした。

日も暮れすっかり暗くなった帰り道、道東の旅の拠点である弟子屈は川湯温泉へ向けて走り続けたのでした。

さて、明日もまたシーサイドドライブに飽き足らず、襟裳岬まで到達してしまう1日となるのです(次回へ続きます!)

Posted at 2014/11/09 22:03:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014 北海道旅行記 | 日記
2014年10月13日 イイね!

夏の北海道を巡る4,250kmの旅 旅の舞台は道東へ・・・




8月24日(日)
ニセコを出発し向かうは洞爺湖。
今年はより高度の高い、ウインザーホテル駐車場から垣間見る洞爺湖を選択しました。しかしちょっと視界遮られていて残念^^;





羊蹄山は雲にすっかり隠れています。う~ん、今年は山容美しい羊蹄山を見ることが出来ないかも・・・?






洞爺湖をぐるっと周回しサイロ展望台。天気予報通り雲が優勢の空となってきました・・・





壮瞥公園ではこんな天候に^^;
倶知安・京極町も明らかに期待できなさそうな天候なので羊蹄山は諦めましょう。千歳から道東自動車道へ入る前に支笏湖へ





湖岸沿いをゆく道はなかなか良さげ。天候いい日に是非とも走ってみたい!






千歳から道東自動車道でいっきに帯広方面へ向かいます。
毎度ながら大規模な牧場地帯を貫く日本離れしたスケール感に圧倒されます。




さて、今年も十勝平野を一望する新嵐山スカイパークへ訪れようかと思っていましたが、どうにも晴れ間は期待できない。
名寄方面がこのあたり唯一、アメダスで期待できる内容だったのでナイタイ高原牧場へ訪れることにしましょう!




う~んこの道、まさに北海道って感じ^^
こんなとこ走るのが当たり前の感覚になってくるから北海道って凄いのよ(笑)



ナイタイ高原からの眺め。
なるほど、これは確かにヨーロッパ的で日本離れした光景だわ。凄い凄い!





是非とも再訪したいと思える、素晴らしい風景でした!




ナイタイ高原を後にし、夕暮れの昆布刈石をひた目指します。
昆布刈石へ向かうナウマン国道最後のところ。目まぐるしく変化する天候に翻弄されました・・・



襟裳岬方面はこんな空。
これ真面目に竜巻でも発生せーへんのやろかと心配するほど不気味な空でした。




夕暮れの昆布刈石へ向かうダート道をゆく。
釧路方面の空は明るく、夕暮れに染まる空が印象的。。







目まぐるしく変化する天候に翻弄された1日となりました。
しかし明日からは、ずっと好天に恵まれて北の大地を旅することが叶うのです(次回へ続きます)







Posted at 2014/10/13 21:18:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014 北海道旅行記 | 日記

プロフィール

「裾野まで降りてきた紅葉🍁おそらく今シーズンラストでしょう(^^)」
何シテル?   11/23 16:07
念願叶い、ロードスターのオーナーになることができました。大切なボクの初マイカーです。 愛車との旅をこよなく愛しています。 景観の良い道を、流れる景色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

2019年 桜ドライブ始動! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/08 18:30:51
本当の世界一になるために… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/19 18:52:42
サーキットとはまた違う楽しみ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 20:13:56

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
素晴らしいクルマです。 あまりにも運転が楽しくて、どこまでも出かけたくなる。そんな可愛 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.