• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Love RoadSterのブログ一覧

2012年01月29日 イイね!

2012年 新年 九州を巡る旅~佐多岬 本土最南端の地へ~

1月3日(火)九州上陸2日目の朝を本土最南端の地、佐多岬にて迎える。
当日宿泊したホテル佐多岬は全室オーシャンビュー。6時には起床して部屋を暖めて今か今かと待ち構えていたのだが・・・水平線上に分厚い雲があり、残念ながら水平線から昇る朝日は見ることができませんでした。残念・・



早々にチェックアウトし、ホテル佐多岬を後にする。
この宿泊ホテルは本土最南端の地にあるホテル。大隅半島~佐多岬を巡るのであれば、利便性は高いと言えるだろう。またここを拠点として大隅半島を旅するに違いない。。いつかまたきっと。



早速本土最南端の地、佐多岬を目指して出発するも、天候は下り坂。天気予報では残念ながら曇り時々雨の予報・・・日本海側が荒れ模様の天候になるのは仕方ないにしても、太平洋側の、しかも最南端の地でこの天候は全くの予想外。昨日の好天候はどこへやら。
佐多岬へのアプローチは、この佐多岬ロードパークを走る先にある。



植生の違いに驚きつつも、終点の駐車場へ到着。ここから少しばかり歩いた先に、目的の佐多岬がある。
南国の地を思わせる雰囲気のある道を進む。



時雨模様の天候の中もくもくと歩き、展望台を登る。ここが本土最南端の地、佐多岬。



残念ながら佐多岬灯台のすぐ近くまで訪れることはできないのだが、凄いところに灯台があるものだ。
望遠レンズで灯台を寄せる。
無骨なコンクリートの建物や、階段、防波堤が確認できる。まるで映画さながら、要塞のよう。
大型の台風が直撃したら、このあたり一帯はどうなるんだろう??灯台が波を被ったりしないのだろうか。




悪天候であるものの、水平線上に島影が確認できる。硫黄島かな?



今回の旅において、本土四端は全て訪れたことになるが、ダイナミックな景観であればこの地がおそらく一番だと思う。だからこそ澄み渡った青空の下、訪れたかったものだ。



駐車場へ戻る途中、道中に見つけていた御崎神社にて、初詣を行う。今年の初詣は本土最南端の地。。考えればすごいもの・・・



今年一年の無事と平安、旅の安全を祈願する。今年もまた、素晴らしい旅をいっぱいしたいものだ。



駐車場に戻り、次の目的地に悩む。天候が一向に回復してくれないなか、どこへ訪れよう・・・

散々悩んだ末、すぐ近くの港から出航している海中遊覧船、”さたでい号”に乗船するも、見事に期待を裏切られました^^;
海が荒れ気味だから、魚の姿はほとんどなかったのネ。。最後、港へ戻る途中にデッキにあがり、海上から佐多岬灯台を望むことができたのが唯一の救い。



天候が回復しない中、とりあえず垂水方面を目指して北上することとする。
途中、鹿児島県道68号鹿屋吾平佐多線から鹿児島県道564号浜尻馬込線へ入り、浜尻という砂浜に訪れてみよう。
鹿児島県道68号鹿屋吾平佐多線での一コマ。ほんの一瞬だが、心地いいシーサイドを走る。半島の東岸を訪れ急に、天候が回復してきた気がする。今までの悪天候はなんだったんだろう?



そして目的の浜尻海岸に到達。
この広大な砂丘、素晴らしい・・・久しぶりに青空を見た。。




凄く綺麗で雰囲気のある海岸だ。あまりに気持ちよかったから、ここでしばらく、波の音と景観美に酔いしれた。。
こんなにいい所なのに、周りは釣り人が一人だけ。果ての地にある海岸だ、ムリもないな・・



時刻は2時過ぎ。ここから垂水目指して国道269号 佐多街道を北上する。
途中、大浜海岸に立ち寄り、錦江湾越しに開聞岳(薩摩富士)、指宿を一望する。



今回は桜島の火山灰対策として、垂水よりは北上しなかった。
threetroyさんの”火山灰直撃ブログ”があまりにインパクト大きくて。。桜島の近くを走る際にかなり気を使わされたものだ。実際、佐多街道を走っていたらこのクルマ、火山灰の直撃を受けたのではないだろうか??と思わせるような、火山灰で真っ白になったクルマを度々見かけたので・・・^^;季節風の関係で、冬の時期は大隅半島に火山灰の降灰が多い模様。


愛車を守る意味でも垂水からフェリーに乗船し、対岸の鹿児島市、鴨池へ渡ることとする。火山灰の直撃だけはなんとしてでも避けなければ。
FTは既に地元の方々のクルマで沢山。ここから鹿児島湾をぐるっと周り、鹿児島市まで自走するよりも、フェリーを利用した方が圧倒的に便利なのだろう。地元の方々にとっては貴重な交通手段となっているようだ。便数が非常に多いのも頷ける。



フェリーに乗り込み、早速デッキへ上がる。桜島の勇姿を見届けよう。




フェリー航行中も、桜島はモクモク火山灰が上がっています^^;
この火山灰の直撃を受けたらダメージは大きいだろう・・・活動盛んな活火山である桜島のすぐ近くに鹿児島市があるのだから凄いものだ。。




およそ30分で対岸の鹿児島市、鴨池港へ到着。陸路を走ることを考えれば実に便利なフェリーだ。






途中、市内で晩御飯を食べ、宿泊地である指宿の民宿へ。明日も天候には恵まれない予報。果たして・・・(次回へ続きます)
Posted at 2012/01/29 23:50:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | 九州旅行記 | 日記
2012年01月25日 イイね!

第7回 大阪モーターショー コンパニオン編



えっと、モーターショーの楽しみはクルマ以外にもう一つ、あるよね^^。


マツダブースのコンパニオン。





正直、マツダブースのお二方が一番、綺麗だったと思います!可愛い。。
心ときめくのはクルマだけや無かったんや^^。さすがですな~マツダさん!


ホンダブースにて。



そういや会場でホンダのクルマ、一台も見てないや(笑)でもコンパニオンはしっかりチェックしているのだ^^。


日産ブースにて。



アウディブースにて。




素敵な笑顔に癒された一日でもありました^^。


Posted at 2012/01/25 23:57:57 | コメント(5) | トラックバック(0) | 大阪モーターショー | 日記
2012年01月25日 イイね!

第7回 大阪モーターショー




今さらながら、先週末に訪れた2012年度 大阪モーターショーのレポートなどを^^;
平日はなかなか忙しくてブログアップする時間が無いもので(汗)


レポートと言いながら、ボクの興味あるクルマしかじっくり見ていない&写真撮ってないんだけどネ(笑)どんだけ~


さて、我らがマツダからは、次期アテンザと噂されるコンセプトカー ”雄 ”





ちょっと日本車離れしたこのデザイン、凄すぎマス。周りの方々も皆、この美しいデザインを賞賛されていました^^。
どんな形で次期アテンザが発表されるのか、非常に期待したいところです。やっぱりやってくれますねぇマツダさんは。


トヨタブースからはハチロク。
実車を見てみると想像以上にカッコいい。





真横から見た感じは、スリムにしたフェアレディZみたいな。

続いてスバルBRZ。
青い方は凄い人気だったので、すっかり不人気の白を激写(笑)リアスポがあるのね。


メルセデスブースからは、新型SLK350。
こちらも実車は初めて見ましたが、SLSを彷彿とさせるフロントデザイン、凄くイイです。正直、めちゃカッコいい。



人が少なくなったタイミングを見計らい、運転席に座り込みじっくり吟味。
写真から予想する以上に開放感があって、オープンカーとしての魅力はかなり高いと思います。一度試乗してみたいな~。ただ、マニュアルを選べないのが残念なところ・・・趣味性の高いクルマなのにね。


ゴージャスでスタイリッシュなインテリア。このあたりのセンスの良さはメルセデスならでは。ただシートがなぜかしっくりこなかったのはなぜだろうか。もう少し、じっくり試したかったところ。


こちらはSLSロードスター
コメントは、、出来ません^^;ただただ圧倒されるばかりで・・・

アルファロメオはジュリエッタ。
個人的にミトの可愛いデザインにベタ惚れなので、無条件にジュリエッタも惚れ込んでしまう(笑)


この顔!たまらない!!
今にも喋り出しそうな愛嬌あるフェイス、たまらんなぁ~^^

ミニブースからは、ミニクーパーSクーペ。
こちらも運転席に座ることができたので乗り込んでみましたが、、頭上の閉塞感が半端ない(汗)オープンカーの開放感を味わうとちょっとなぁ・・・というより、屋根のあるクルマには戻れません!

ハチロク目当てで大阪モーターショーへ訪れてみましたが、2年に一度の祭典ということもありよかったですね^^
何やかんや言うても楽しいねんなぁ~やっぱり。色んなクルマを見て心底楽しめるあたり、ボク自身ほんとクルマ好きだなぁ~と改めて感じたのでした。
ボクの中でのベストカーはロードスターで揺ぎ無いけどね^^

Posted at 2012/01/25 23:40:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | 大阪モーターショー | 日記
2012年01月21日 イイね!

2012年 新年 九州を巡る旅~都井岬 パノラマパーク西原台へ~

1月2日(月)九州上陸初日の日。
定刻通り9時過ぎ、鹿児島県、志布志に到着。さて、これからいよいよ九州を舞台とした旅が始まる。


志布志に舞い降り、早速本土最南端の地である鹿児島県、佐多岬を訪れたいところではあるが、まずは宮崎県最南端の岬である都井岬(といみさき)を訪れてみる。
何でも”御崎馬”の名で呼ばれる日本在来種の野生馬が生息するという。動物好きとしてここは訪れてみたい。


国道220号、国道448号(日南フェニックスロード)を東へ進み、宮崎県道36号都井岬線へ。
道なりに登ると、こんな光景がお出迎え。



背後に見える湾が志布志湾。都井岬と大隅半島によってぐるりと志布志湾が囲まれている地形がよく解る。志布志湾に浮かぶ石油備蓄基地も一望。素晴らしい風景だ。。


都井岬線をさらに進むと早速、野生馬の姿が。丘の上に沢山の野生馬が確認できたが、まずは岬の突端である都井岬灯台まで訪れてみよう。こちらから望む日南海岸はどんなものだろう。



都井岬線を走り続けた先にあるのが都井岬灯台。灯台のふもとにソテツが生え、南国情緒引き立てる。灯台へのアプローチは、階段を登った先にある。



ボクはこの灯台を目の当たりにして真っ先に、佐田岬灯台に似ていると思ったのだがどうなんでしょう??灯台の姿、カタチは佐田岬灯台とは異なるが、灯台へのアプローチに階段があるのは佐田岬灯台と共通するところ。そもそも階段があること自体、珍しいのではないだろうか??先輩方にお聞きしたいところだ。


ここ、都井岬灯台は一般開放されており、自由に見学可能。早速、灯台へ登ってみた。
こちらは灯台から望む日南海岸方面。
それにしてもなんと青い、綺麗で豪快な海岸線が続くのだろう。。この日南海岸を行く国道448号、通称”日南フェニックスロード”は次、是非とも走りたいロードだ。



こちらは志布志湾、大隅半島方面。
こちら側の景観も素晴らしいの一言。志布志湾に浮かぶ石油基地までくっきり遠望できるのは、中々無いらしい(本当か!?)



ここ、都井岬を訪れた証拠に、日南海岸をバックに記念撮影。
佐賀関から日南海岸に続く九州の海岸線もいつかは旅をしたいものだ。その際は、三崎からフェリーで九州入りしたいなぁと密かに計画中である。夢は膨らむばかり・・



さて、日南海岸の景観美を堪能した後は、お目当ての野生馬と触合うべく都井岬線を引き返す。
途中、ニホンザルがお出迎え。
奥琵琶湖、マキノ町で出会ったニホンザルはどれも警戒心高くて近寄ることすら出来なかったのだが、、こちらのニホンザルは人馴れしているようだ。




親子のニホンザル。
子をしっかりと抱く母猿。親の愛情を感じる瞬間。。子猿がなんとなく、カメラ目線な気がする^^。



器用に2本足で立つなぁ。まるで猿の惑星じゃないか(笑)




そして改めて、野生馬とのご対面。



馬って、優しい顔をしていますね^^






海をバックに佇む野生馬。この構図は憧れていました。



すっかり熟睡中のようです(笑)
起こさないように、そーっと、そーっと^^



野生馬を撮る為に小高い丘を登ったが、高度を上げることで見晴らしはさらに向上。ここから望む志布志湾も素晴らしいの一言に尽きる。
しばし丘の上で、この絶景と野生馬との触れあいを楽しんだ・・・




都井岬、想像以上に素晴らしい場所であった。天候にも恵まれ、初日、いや新年早々ツイてるなぁ。


さて、時刻も12時過ぎ。いよいよ佐多岬へ向けて出発する。開聞岳(薩摩富士)もどんなシルエットだろうか・・想像しただけでこれからのドライブに期待膨らむ。。


国道269号線、通称”佐多街道”を南下。
佐多岬、対岸の指宿、開聞岳を遠望しながらの素晴らしいシーサイドドライブを堪能する。。風もさほど冷たくなく、心地いい潮風を受けながら快適なオープンドライブを楽しむ。





根占町までやってきた。
確かこのあたりに、パノラマパーク西原台という展望台があったはずだ。
threetroyさんのドライブレポートで紹介されていたこの地。何でも佐多岬と開聞岳を一望する、素晴らしい眺望が望めるとのこと。ここは是非とも訪れたかった地だ。


しかし、ナビにもマックスマップルにも載っていないこの地。国道沿いにようやく、パノラマパーク西原台を案内する看板を発見した。調子に乗って快走していたら絶対、見逃していただろう・・
林の中の、狭い道を登る。ナビは頼りにならず、看板だけが頼りの目的地、心細い・・・



看板を見落とさずに進み無事、パノラマパーク西原台へ到着。そこでの光景は、、、



なんと素晴らしいんだろう。思わず歓喜の声をあげてしまった。
左手に、本土最南端の地である佐多岬が伸びる。
錦江湾越しに望む美しいシルエットの開聞岳(薩摩富士)。想像していた以上に素晴らしい風景だ。。


指宿(いぶすき)方面を望む。
少し霞んではいるものの、いやはや素晴らしすぎる風景。言葉が無い・・・



桜島方面を望むと、火山灰がモクモク上がっていました^^;
ウワサ通り、桜島は大変お元気なようで・・・火山灰対策は避けて通れなさそうだ。



さて、時刻は午後4時を回ったところ。夕暮れまであと1時間少々
この後の行動に迷った。ここに居続けようか?ヘタに動いて夕暮れのタイミングを逃したくないし、なによりこの地での夕暮れを見てみたい!ここで夕暮れを迎えることとした。
適宜クルマに戻り体を温めつつ、夕暮れの時を待つ。冷たい風がビュービュー吹き荒れめっちゃ寒かってん><


これが、当日のパノラマパーク西原台の夕暮れだ。思わず天を仰いだ・・





霞む桜島方面も赤く染まり、なんとも幻想的な空に変わる。



残念ながら水平線に雲があり、錦江湾に沈む夕陽を見届けることは叶わなかったが、この素晴らしすぎる風景を目の当たりにし、不満の言葉は一つも無いな。
この素晴らしい風景に出会うことができたのもthreetroyさんのレポートのおかげ。。有り難うございます^^ここは鹿児島ドライブでは外したくない場所のひとつです。



さて、辺りが真っ暗になったので、当日の宿泊地であるホテル佐多岬へ向かうこととする。
国道に出るまでの間は、真っ暗なほっそい道を下らねばならない。さすがに緊張した・・



途中コンビニで食料を調達し、無事ホテル到着。
ホテルに着くや早々お風呂に入り、体の芯まで冷え切ったカラダを温めました。初日から感動的な風景の数々に巡りあう事ができ、充足感でいっぱいだ。

さて、明日はいよいよ、本土最南端の地へ到達します。(次回へ続きます)
Posted at 2012/01/21 03:22:17 | コメント(9) | トラックバック(0) | 九州旅行記 | 日記
2012年01月15日 イイね!

2012年 新年 九州を巡る旅~さんふらわあ乗船 志布志着~




1月1日(日)元旦。
年末の繁忙期をなんとか乗り越え九州への旅立ちの日を迎える。


毎年恒例のお正月特番(戦うお正月)をちょっとだけ見て、荷物を再度確認し、愛車に乗り込む。
鹿児島県、志布志行きのフェリー(さんふらわあ)は地元、大阪南港かもめフェリーターミナルから夕刻の17時出港。
阪神高速を乗ればFTまで実質40分程で到着。このフェリーに乗り込み、夜寝て朝起きたら志布志・・・なんてお気軽なんだろう。実質、ハンドルを握っているのはほんの1時間弱。それで志布志に着いてしまうのである。


阪神高速を降りFTへ向かう途中、コンビニで夜食を仕入れ、フェリー出港1時間前にFTへ到着。
早く到着しすぎてもな~んにもすることないからね。のんびりペースで旅立ちの喜びをかみしめる。。


去年の夏に北海道を訪れるためフェリーでの船旅は経験しているので、乗船手続きも慣れたもの。パパッとすませ、乗船の時間を待つ。



乗船を待つ愛車。今回乗船するフェリーは”さんふらわあ きりしま”。
毎度ながら、WAXでピカピカに磨き上げた愛しの愛車。今回の旅ではどれほど汚れるだろうか。鹿児島では特に桜島の火山灰が気になるところだ。一応、対応策も考えてある。



ほどなくして乗船の時間。さて、いよいよ船旅が始まるぞ、と思うと無性にワクワクするな。。
サイドブレーキのチェックを入念に行い、船内へ移動する。



お、そうだった今日はお正月。
初詣を九州の何処かでできればいいな。




今回予約していた部屋はファーストシングル。
新日本海フェリーでの反省を生かし、完全個室を選択。
テレビもあるし、窓もある。新日本海フェリーとは違い洗面所がなかったものの、近くにトイレがあるから問題無し。何より、鍵が掛かるから完全プライベートが確約されているのが安心。余計な気を使う必要も無いしさ。



荷物を部屋に置き、早速デッキへ上がる。
大阪南港をデッキから望む。
正面の高いビルがWTC。南港と言えば、このWTCを連想される方も多いのではないだろうか。右手に大阪モーターショーの会場にもなる、インテックス大阪が見えている。
WTCの左手に見えるビルがATC、コスモFT。コスモFTに停泊中のフェリーさんふらわあがお解かり頂けるだろうか?こちらのフェリーは大分県、別府行きのフェリー。同じさんふらわあでも、志布志行きのフェリーは南港かもめフェリーターミナル、別府行きはコスモFTからの出港で、場所が違うから注意が必要だ。



関電、南港発電所の煙突を見上げる。
後ろに夕暮れの空が広がり、いい光景だ。。
ここ南港は仕事で何度も訪れているが、今日この日ほど、南港の風景が素晴らしいと思えた日は無いな。ATCから九州、別府行きのフェリーさんふらわあを羨ましく眺めていた日々が思い出される。何度乗せていってくれ!!と願ったことか。。
今日はその憧れをようやく叶えることができた日。歓びが増幅する。。



感慨に耽っていると、フェリーはついに出港の時間。
デッキでFTへ向けて手を振る乗客。皆どのような思いで旅立ちを迎えているのだろうか・・・?心に残る、いい瞬間だ。。



外洋へ向けて進むフェリー。
南港がどんどん遠く離れてく・・さらば大阪。しばしボクは九州へ旅立ちます。。
あれ?今日というこの日を心の底から待ち望んでいたのに、いざ南港がどんどん離れるとふと、寂しくなったはなぜだろう??全く、矛盾だらけだなボクは^^;



しかし船旅ってほんとイイものです。
旅への期待を膨らませ、初めて訪れる地に想いを巡らせる。気が向いたら(寒いけど)デッキへ出て、潮風を受ける。また船室に戻って地図と睨めっこ。この瞬間が船旅だなぁって。何もしない贅沢ってこのことだね。3度目だから、すぐに寝付けるかなって思っていたものの、中々寝付けなかったのは予想外。期待に胸が膨らみすぎ興奮していたからだろうか^^;



翌朝、南港を出港して16時間後、定刻通り朝の8時55分、志布志港着。天候も良さそうだ。
さて、これからいよいよ九州を舞台とした旅が始まります。自身2度目の九州上陸。果たしてこれから、どんな風景と巡り会えるんだろう・・・(次回へ続きます)

Posted at 2012/01/15 13:26:10 | コメント(7) | トラックバック(0) | 九州旅行記 | 日記

プロフィール

「見事な夕暮れ🙌明日から仕事頑張ろう💪」
何シテル?   01/10 19:17
念願叶い、ロードスターのオーナーになることができました。大切なボクの初マイカーです。 愛車との旅をこよなく愛しています。 景観の良い道を、流れる景色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/1 >>

1234567
8 91011121314
151617181920 21
222324 25262728
293031    

リンク・クリップ

2019年 桜ドライブ始動! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/08 18:30:51
本当の世界一になるために… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/19 18:52:42
サーキットとはまた違う楽しみ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 20:13:56

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
素晴らしいクルマです。 あまりにも運転が楽しくて、どこまでも出かけたくなる。そんな可愛 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.