• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Love RoadSterのブログ一覧

2012年07月29日 イイね!

夏の奥琵琶湖ドライブ



先日土曜日の話、久しぶりに奥琵琶湖へドライブに出かけました。
GWに九州を旅して以来、これまでの間ほとんど近所ドライブに終わっていたので何ヶ月ぶりかの日帰りロングドライブとなりました。


霞で眺望がよろしくなかったのが残念だけど、天候に恵まれた週末ってほんといつ振りくらいだろう?
しかし暑すぎて、日中のオープンは正直辛い・・・^^;


暑い日は無性に”とろろそば”を食べたくなる。
奥琵琶湖周辺のお蕎麦も美味しいですね。



湖北の自然豊かな湖畔沿いを走る奥琵琶湖パークウェイのこの区間が一番のお気に入り。
写真ではなかなか爽快感が伝わってこないけど、木漏れ日のトンネルを、ヒグラシやカエルの大合唱に耳を傾けながらゆっくりと駆けるのは本当に気持ちいい。
相応に色んな道を走ってきたけれど、未だこの道以上に安らぎや癒しを感じられる道を知らない。驚くほど景観のいい道ではないけれど、ゆったりとしたオープンドライブを愉しむボクにとって至高の道です。こんな素晴らしい道が身近なところにあって本当に良かった。


話変わって、北海道をテーマとしたブログを最近あちらこちらで見かけるのでボクも便乗して・・・

今年も無事、北の大地への再訪が叶いました。
現在、旅のプランニングを練っている最中です。霧の無い道東の海岸線・北太平洋シーサイドラインに巡り会えたらいいなぁ。難しいかな?
今年はどんな感動が待っているだろうか。想像するだけでも期待膨らみます。昨年、初めて北海道を旅した感動が蘇る・・・
再訪が叶う日まであともう少し。暑い日が続くけれど頑張ろう。

Posted at 2012/07/29 16:14:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | 琵琶湖ドライブ | 日記
2012年07月15日 イイね!

2012年GW 山口~九州を巡る3,100kmの旅 日向灘~高千穂・阿蘇を巡る



5月4日(金)
旅の7日目を宮崎県・日向市にて迎える。当日は朝から快晴で天候に恵まれた旅となりそう。


ホテルを後にし、目と鼻の先にある日向岬へ。
こちらが日本最大級の柱状節理である馬ヶ背。しかし熊野灘の楯ヶ崎と比べてしまうとどうしてもインパクトに欠けてしまう感は否めないね。やっぱり楯ヶ崎は偉大すぎやね。




感動というよりも、露出難しいなぁ、明暗差激しすぎとか、そんな余計なことばかり考えてました。
「九州の東尋坊」とも呼ばれる馬ヶ背だが、本家の「東尋坊」を未だ訪れてないのね。灯台下暗し。



さらにその先にある展望地にて日向灘を望む。
このあたり、宮崎ブルーとも称される海の美しさも素晴らしい。黒潮らしい、太平洋の海の色とはまた違うところが気に入りました。



細島灯台への案内看板があったので迷わず訪れてみた。なんだか凄く違和感ある灯台・・



すなわちとっても頭デッカチなんだな。ボクが惹かれる灯台とは程遠いね、残念ながら。ユニークと言えばユニークやけどね。



灯台周辺の展望広場からは、高台から日向灘を望むことができます。いやほんと、しつこいようだけど海の色が素晴らしい!晴れてよかったよ~ほんまに。




細島灯台を後にし、クルスの海へ訪れた。




「クルス」とはポルトガル語で「十字」の意。
なんでもココを訪れると願いが叶うという不思議な言い伝えがあるとか。そんな背景があるから一人旅には場違いムード満天やねん^^;肩身せっまいのなんの。


足早にクルスの海を離れ、日向岬グリーンパークへ。
ここもまた日向灘の見晴らしよく、いいところですね。



このように一面芝に覆われた綺麗な公園はなんとも心地いい。
美しい日向灘も望むことができるし、ロケーション最高です。こんな気持ちいい場所が家の近くにあれば結構な頻度で通うと思うなぁ。



日向岬グリーンパークを後にし、少し先にある伊勢ヶ浜へ。
なかなか雰囲気のいい海岸であるも、これだけ賑わっているとゆっくりできないのが残念なところ。大きなカメラ持ち歩いているだけで怪しまれそうやし^^;



伊勢ヶ浜を早々に後にし、日向岬より少し北側に位置する桃源郷岬へ訪れることとする。
その道中、ふと空を見上げると綺麗に雲が流れていたので思わず停車。



あまり長く停車できそうになかったので構図とかあまり考えず、さっと撮影した一枚だがボクの中で凄くお気に入りの写真になってます。



国道10号線から宮崎県道224号遠見半島線を走り、桃源郷岬へ。道の分岐点で迷うも、遠見山山頂展望台へ向かう。
こちらが山頂展望台からの風景。延岡方面を望む。



こちらは日向灘。
左下に見える島は、国の天然記念物に指定されているカンムリウミスズメの世界最大の生息地である枇榔(ビロウ)島だ。



毎度の定番だが、お腹が空いたのでサンドウィッチタイム。
素晴らしい風景を眺めながらの食事は格別!




宮崎県道224号遠見半島線を桃源郷岬へ向かう際に現れる分岐点。
3つある分岐点の真ん中の道が遠見山山頂展望台へ向かう道。左に曲がると案内標識通り、県道224号線を走るルート。
左に曲がらず、まっすぐ走るとアジサイの名所として知られる桃源郷岬へ辿り着きます。ただ、桃源郷岬への道はここから先ずっとダートを走らされ、凸凹激しく路面状況もすこぶる悪いので、車高の低いクルマは進まない方が無難。
単純に風景だけならば山頂展望台が当然、360度見晴らしもイイのでこちらがオススメ。
アジサイの時期には桃源郷岬、それなりに賑わうだろうけれど、あのダートを走り続けられるクルマって限られるんじゃないかな・・・



さて、桃源郷岬を後にし、高千穂へ向かう。
国道10号線から国道218号”神話街道”へ。この神話街道も風景変化が楽しい快走路。日向・延岡から阿蘇へ向かうドライブルートとしても美味しいね。



一般的に高千穂と言えば高千穂峡が有名だろうが、そちらは去年訪れたので今年は国見ヶ丘へ訪れてみた。
国見ヶ丘から望む高千穂盆地。新緑が瑞々しくて素晴らしい。



なんだかこの風景を眺めていると心安らぎます。日本の原風景の美しさのようなものを感じたのね。


こちらは阿蘇方面を望む。
遠くに見える山々が阿蘇五岳。ここから望む阿蘇五岳が、お釈迦様が横になった姿に似ていることから阿蘇の涅槃像と呼ばれる。右から順に根子岳は顔、高岳は胸、中岳は臍、杵島岳と烏帽子岳が膝(ひざ)に例えられる。ムリヤリだなぁ。



正面に見える山々は祖母連山。



国見ヶ丘は秋の雲海の名所として有名。いつか雲海に浮かぶ阿蘇五岳を見てみたいものだ。



国見ヶ丘を後にし、国道325号線から阿蘇パノラマラインに入る。
パノラマラインを久しぶりに堪能しようと調子に乗ってすっ飛ばしていたのだが、草千里ヶ浜周辺で大渋滞にハマる^^;さすがは大観光地の阿蘇。マイナーな農道とか、開拓がてらそんなトコを走っていればよかったと後悔するも後の祭り。完全に行き場を失ってしまう。



草千里ヶ浜駐車場に余裕があったため、たまらずそこへ入る。ヘタに動いても多分渋滞渋滞でストレス溜まるだろうし、暗くなるまでゆっくり草千里ヶ浜を散策することとした。

お決まりの烏帽子岳と草千里ヶ浜の図。JRのポスターにも使われたりしていますね。
上空を流れる雲が印象に残ってマス。


心なしか、寂しそうな馬の表情に見えたのだが・・・
ボクの今のココロを写しているのか。。



あてもなく、孤独感を感じながら草千里ヶ浜を歩く。
日が傾き始め、ほんのりとピンク色に染まる中岳火口。



夕刻を迎え、放牧された馬達が元気よくこちらへ向かってきました。勢いよくこちらへ走ってきたので内心、襲われるんじゃないかと思いましたが^^;



烏帽子岳をバックに、草を食む風景は絵になります。
暗くなるまで草千里ヶ浜で阿蘇の再訪を懐かしんでいました。



さて、時刻も19時になろうかというところ。
さすがにこの時刻になると混雑も緩和されたので、最後の宿泊地となる阿蘇郡小国町にある杖立温泉へと向かいました。


途中、パノラマラインにある展望所にて熊本市の夜景を少しだけ撮影。日が沈むとこのあたり寒いこと寒いこと^^;サッと撮影しパッと宿泊地へ向かいました。



明日はやまなみハイウェイ・長者原、阿蘇を堪能、速吸瀬戸で夕暮れを迎え、長旅を終えることとなります。(最終回へ続きます)






Posted at 2012/07/15 23:13:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | 九州旅行記 | 日記
2012年07月01日 イイね!

2012年GW 山口~九州を巡る3,100kmの旅 大隅半島~日南海岸を巡る




5月3日(木)
旅の6日目をねじめ温泉・ネッピー館にて迎える。


当日の天気予報は久しぶりに晴れマークが出た。早速、ボクがずっと心待ちにしていた”あの場所”に向かう。


鹿児島県道68号鹿屋吾平佐多線から県道74号内之浦佐多線に入る。



県道74号線は道こそ荒れ気味であるも、1.5~2車線のワインディングが続く。想像していたよりイージーな道で一安心。目的の場所まで、心待ちにしていた地までどんどんキョリが縮まる。期待膨らむ瞬間。



そして目的の場所に到着。ちょっとね、ここの風景が凄すぎて思わず絶句・・・




本土最南端・佐多岬 最果ての地を望む草原。ここは大隅半島の果てにある陸上自衛隊・佐多射撃場。
もう本当にね、なんて素晴らしい風景なんだろう。ある意味衝撃的。



流れ続ける雲。青い空。青い海。芝の草原。そしてボクのロードスター。
この地にはボク以外誰もいない。。自走で愛車と供にこの地を訪れた歓びに浸る。



芝の草原が心地いい。思わず寝っころがってしまった^^。
ボクがこの地を訪れることができたのも、threetroyさんの素晴らしいドライブレポートがあったからこそ。感動の風景を有り難うございます!



朝から想像を遥かに超える素晴らしい風景に巡り会うことができ、気分は最高!
さて、次に向かうは新年も訪れたパノラマパーク西原台を再訪する。ここも素晴らしい眺望が望める地。今日は一日、天候にも恵まれ素晴らしい旅となりそうだ。とても気分よく旅を続ける。


県道74号線から国道269号佐多街道へ向かう途中、正面にど~んと美しい山容の開門岳がお目見え。



昨日は雲に隠れて一度もその勇姿を望むことが出来なかったので、喜びもひとしお。薩摩富士とも呼ばれる美しい山容の開門岳。ようやく今日になってその勇姿を望むことが出来たね。


国道269号線を北上中の一コマ。
対岸の開門岳、薩摩半島が気になって仕方ないのでたまらず停車。比較的クリアな眺望で、対岸の薩摩半島や指宿がクッキリ見えるのがイイね。



そしてパノラマパーク西原台へ再びやってきた。
佐多岬、開門岳、錦江湾を美しく望む素晴らしい風景である。




この地から望む開門岳も素晴らしく美しい。午前中に訪れると、逆光にならないのね。





こちらは桜島方面を望む。
眼下に大浜海岸、対岸に昨日訪れた知林ヶ島を望む。しかしこの写真を最も印象付けているのは桜島から運ばれた火山灰。程なくしてこの地まで火山灰が運ばれたのか、口の中がジャリっと・・・^^;



さて、時刻は12時を過ぎたところ。
そろそろ日南海岸目指して出発することとする。既に出発から6時間も経過しているのだからボクの旅がいかにスローペースかよく解るね^^;感動の風景に巡り会うといつもこうなっちゃう。



国道269号から国道448号線を北上する。
このあたりの写真が一枚も無いのだが、国道448号線がとんでもない快走路だったのを鮮明に覚えている・・・また走りたい九州の道、筆頭候補となりました。(今度は宮崎県側から南下してみたいね)
国道448号線をテンション最高潮ですっ飛ばしていると途中、岸良海岸展望所という案内看板を発見したので迷わず滑り込む。


ここがウミガメの産卵地としても知られる岸良海岸だ。白い砂浜と青い海が印象的なとても美しい海岸。
時間の都合上、海岸まで降りることはなかったのだが(少し後悔^^;)次に訪れる際は是非とも波打ち際まで訪れたいものだ。



再び国道448号線を北上し、いっきに都井岬まで訪れた。
GW期間中、都井岬周辺は混雑は予想できたが美しい都井岬灯台がある以上、ここを飛ばす訳にはいかなかったのね。



灯台から日南海岸を望む。
これからここを訪れると思うと、気分高まるね。



都井岬といえば野生馬である御崎馬が有名だ。
しかし都井岬の人出を多くしているのは少なからず、彼らの影響が大きいかも^^;



足早に都井岬を去り、お目当ての国道448号”日南フェニックスロード”を北上する。
この日南フェニックスロードも素晴らしい道だ。
眼下に美しい海や島々を望みながらのドライブを堪能できる。



猪崎鼻公園という所に立ち寄ってみた。
展望所から南方向を望む。正面に見えるのは大島だ。



こちらは東側。七ツ八重とよばれる奇岩を望むことができる。



猪崎鼻公園を後にし、日南フェニックスロードを北上。モアイ像でお馴染、サンメッセ日南へ寄ろうとするも既に営業時間終了とのこと。17時に営業終了って早すぎないか?


仕方なく北上し、当日の夕暮れは堀切峠で迎えることとした。
下の海岸地形がすごいことになっているね。これが鬼の洗濯岩と呼ばれるモノか・・・



夕暮れを迎え、ほんのりとピンク色に染まる空。
とても旅情かきたてられる風景だが、この周辺は道の駅フェニックスがあり人出も多く、どうも落ち着かないのが泣き所。一人寂しくこの風景を望むことができたらなぁ・・・



暗くなるまで堀切峠にて、夕暮れに染まる空と海をボーっと眺めていました。今日一日の旅の余韻に浸りながら・・・



当日の宿泊地は宮崎県・日向市。
明日は日向灘から高千穂~阿蘇を巡る旅となります。(次回へ続きます)




Posted at 2012/07/01 00:15:45 | コメント(7) | トラックバック(0) | 九州旅行記 | 日記

プロフィール

「裾野まで降りてきた紅葉🍁おそらく今シーズンラストでしょう(^^)」
何シテル?   11/23 16:07
念願叶い、ロードスターのオーナーになることができました。大切なボクの初マイカーです。 愛車との旅をこよなく愛しています。 景観の良い道を、流れる景色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

2019年 桜ドライブ始動! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/08 18:30:51
本当の世界一になるために… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/19 18:52:42
サーキットとはまた違う楽しみ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 20:13:56

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
素晴らしいクルマです。 あまりにも運転が楽しくて、どこまでも出かけたくなる。そんな可愛 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.