• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Love RoadSterのブログ一覧

2012年10月29日 イイね!

夏の北海道一周4900kmの旅 霧の無い道東の海岸線に巡り会えた日




8月23日(木)
中標津のペンションを出発する。どうにもすっきりしない空。まずは程近い開陽台へ向うこととする。


開陽台へ向かうと走ることになる北19号線、またミルクロードとも呼ばれているこの道。
アップダウンのあるうねる直線ロード。北海道を代表する道としてガイド本などに紹介されているの道の風景だ。確かに記念撮影にはいいかも。しかし北海道には”ミルクロード”と呼ばれる道が多すぎて困る。

そして開陽台へ。
もうこの時既にボクの感覚はマヒし始めていて、地平線が当たり前のように見える広大な北の大地を走り続けていると、この風景をみても特別感動することがなかったのね^^;美瑛や富良野はまた違うかもしれないが・・・




開陽台を後にし、昨年は訪れなかった野付半島・トドワラへ向かうこととする。
日本最長の砂嘴地形である野付半島をゆく北海道道950号野付風蓮公園線。海に囲まれた道を進む。

トドワラへ向かう途中にナラワラと呼ばれる所がある。
こちらもトドワラ同様、立ち枯れた木々を見ることができる。

なんとも言えない雰囲気。。
塩害により枯れた木々が虚しさを漂わせているね。


トドワラへ向かう前に野付半島の先端、道道950号の終点まで走る。
そして野付半島の果て、竜神崎に立つ野付埼灯台へ。

原生花園の中に立つロケーションが魅力的な野付埼灯台。
花がほとんど咲いていなかったのが残念なところ。エゾカンゾウやハマナスが咲き誇る時期に一度は訪れてみたいものだ。


そして目的のトドワラへ。
向かう途中に出迎えてくれたエゾジカの親子。北海道では色んな動物達に遭遇します^^


看板を入れたこの手の写真はボクはほとんど撮らないけれど、例外的にボクはこの写真を熱心に撮ってしまった。
だってこの看板、めっちゃええ雰囲気してると思いません??なんかセンスみたいなもん感じてもうてんな(笑)

立ち枯れたトドマツが残るトドワラ。



荒涼とした世界が広がっていた。
当日は青空も見え、そこそこ天候に恵まれたものの、例えば夕刻にここを訪れたらきっと寂しさでいっぱいになってしまうだろうなぁ・・・


当日のお昼。ネイチャーセンターでいくら丼を頂きました。北海道のイクラは美味い!

さて、野付半島を後にし、次なる目的地に悩んだ。
道東の海岸線をもう一度訪れようか。昨日までずっと海霧に悩まされてきた道東の海岸線だが、訪れたいところは山ほどある。う~む。。
悩んでいても仕方ないので、霧が晴れていることを祈り道東の海岸線へ向けて南下することとする。


途中、新酪農村展望台へ立ち寄る。
広大な牧場地が広がる展望を一望することができる。



ツーリングマップルに”穴場のスポット”と紹介されていた通り、ここを訪れている旅人はボク独りだけだった。クルマすら滅多に通らない孤独な時間。しばしこの風景を独り占め・・・

新酪農村展望台を後にし、R243パイロット国道を南下。北海道道1127号初田牛厚床線を走り、北太平洋シーサイドラインの別名を持つ北海道道142号根室浜中釧路線へ。

驚くことに霧は皆無で素晴らしい天候だ。これはもしかして霧の無い道東の海岸線にようやく巡り会えたのかも?期待高まり、ついアクセルを踏む足に力が入る。ボクがずっと憧れていた根室半島の付け根にある落石岬(おちいしみさき)へ向かおう。



最後のダート区間を走り、終点に愛車を停める。落石岬へはこの先徒歩で向かうこととなる。
アカエゾマツの林の中を抜け、一本の木道をひた進む。そしてその時は突然訪れ・・・

突如視界が広がる先に待っていたのはこの光景。思わず歓喜の声が出た。ボクがずっと出会いたいと思っていた落石岬灯台の風景・・・
本当に素晴らしい風景だ。広がる美しい緑の草原、太平洋、そして草原の中に立つ赤白ツートンカラーの四角い落石岬灯台。ずっと憧れていた風景に出会えた歓び。こんなに美しいロケーションの中に立つ灯台は初めて目の当たりにしたよ。

灯台を紹介する看板には上下にピンクの花が描かれていた。
これはおそらく、このあたりサカイツツジの自生地であることを示すものだろう。なんともシャレた看板だなぁ。


角島灯台、出雲日御碕燈台、関崎灯台等、灯台の姿、造形が美しい灯台には巡り会ってきたが、”灯台の建つロケーションの美しい地”というのは中々無いかもしれない。そういった意味でここ、落石岬灯台は心に深く残る風景と言える。


落石岬へ向かう最後のダート区間からは、落石漁港を一望することができる。
なんとなく、寂しい雰囲気の漂う港町。。昨年、霧多布岬の思い出が蘇る瞬間・・・


夕暮れの北太平洋シーサイドラインを夕陽を受けてひた走る。
霧の無い夕暮れの北太平洋シーサイドライン・・・どことなく寂しさ、哀愁を感じながらのオープンドライブ。。


北太平洋シーサイドラインから北海道道1039号霧多布岬線へ入る。そしてアゼチの岬へ・・・

夕暮れを迎えたアゼチの岬。
ビワセ湾に小島・ゴメ島・嶮暮帰島が浮かぶ。


もうすっかり暗くなってしまったが、灯台の灯りに吸い寄せられて霧多布岬の先端へボクは向かっていた。
霧多布岬の果てにある四角い灯台。でも霧多布岬灯台ではなく、湯沸岬灯台(とうふつみさきとうだい)と呼ばれている。ここを訪れるまでてっきり、霧多布岬灯台と思っていたボク^^;


さて、予想に反し、いい意味で裏切られた霧の無い道東の海岸線を堪能することが出来ました。
当日の宿泊地は屈斜路湖に程近い弟子屈町・川湯温泉。ここの泉質が好きで、道東の旅の楽しみでもありました。
明日も道東の旅は続きます。次回をお楽しみに!



 

Posted at 2012/10/29 22:38:41 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2012 北海道一周の旅 | 日記
2012年10月21日 イイね!

夏の北海道一周4900kmの旅 快晴の道東を駆け回った1日




8月22日(水)
早朝に釧路市内のホテルを出発する。昨日に引き続き、霧が酷い。。
天気予報では一日、快晴の予報だからここはすっぱり道東の海岸線を見切り内陸へ向けて走ることとする。

R240まりも国道を阿寒湖・美幌方面へ向けて北上する。
北上するにつれて徐々に霧が晴れ始める。なんだかホッとする瞬間。。

素晴らしい天候になりました。釧路ではちょっと想像もつかない好天候!今日1日、素晴らしい旅になるんちゃう!?心弾むね!



まりも国道からR241阿寒横断道路を西へ。オンネトーへ向かう。
湖面の色、色彩変化が素晴らしい。
遠いところはキラキラとエメラルドに光ってます。う~ん、すごいなぁ。



阿寒富士と雌阿寒岳が正面にそびえる風景も印象的だ。
昨年は雨模様の天候だったオンネトー。ようやくエメラルドに光るオンネトーに出会うことができ、喜びもひとしおだ。観光バスがひっきりなしに往来するのは萎えますが・・・

さて、オンネトーを後にし阿寒横断道路を東へ走り、双湖台へ。
ペンケトーとパンケトーを望む。確かに北海道のカタチに見えなくもない・・・



そして双岳台へ。
雄阿寒岳と雌阿寒岳の2つの夫婦山を望む。



弟子屈町まで訪れると、いよいよ美幌峠へ早く訪れたいという気持ちが強くなってしまう。
本能に従いR243美幌国道を美幌峠へ向けて駆け上がる。天候は文句なしの快晴!早速、今年も美しい屈斜路湖に出会うことができそうだ。


こちらが当日の美幌峠から望む屈斜路湖。
この風景の美しさは北海道内随一と言っても過言ではない、とボク個人的に思っている。遠く斜里岳まで一望できる大パノラマな風景、今年もこの風景に出会うことができたなぁ。一年越しの思いだったよ。雲が一つも浮かんでいない空には少し残念だが、それは贅沢ってものか。

一時間ほどここでゆっくりした後、名残惜しいがそろそろ出発することとする。
美幌峠を降り、北海道道52号屈斜路摩周湖畔線へ。摩周湖を一望する第一展望台へ。

摩周ブルーとも称される、深いコバルトブルーな湖面の色がイイね。
風で湖面が波立っていたので、昨年の鏡面反射するような摩周湖を見ることは出来なさそうだ。


第三展望台へも立ち寄る。こちらも観光客で溢れている。
しかし摩周湖ってなぜこれほどまで人気なんだろうか。素晴らしい風景であるのは変わりないけれど、個人的には屈斜路湖の方が風景変化が大きくて好きだな。

摩周湖を後にし、北海道道102号網走川湯線へ。屈斜路湖を望む藻琴山展望台PAへ向けて駆け登る。
こちらが藻琴山展望台PAから望む屈斜路湖だ。美幌峠から望む屈斜路湖の姿、カタチとは全く異なるので驚いたよ。中島が無ければ屈斜路湖とは到底思えないかも?

硫黄山、川湯温泉方面を望む。
こちらから望む屈斜路湖もまた素晴らしい。午後になると逆光になるようだから、次は早い時間に訪れてみようか。

今日、夕暮れを迎える地は決めていた。
能取湖畔沿いを行く北海道道76号網走公園線を走る。このあたり湖畔を流す道が爽快で気持ちいい。奥琵琶湖パークウェイ、危うし!?

能取岬が見えてきた。今日の夕暮れはあの岬で迎えることとしよう。



能取岬で迎える夕暮れ...


オホーツク海に夕陽が沈む。素晴らしい夕暮れの風景だ。。




とまぁブログでは何事も無かったかのようですが、実際のところ、能取湖に着いたあたりからずっと、凶暴な蚊の大群に襲撃されタイヘンな目に遭ってマス^^;
北海道の蚊はやたらデカくて黒くないから余計に不気味なんだな。しかも刺されたらめちゃくちゃ痛痒い^^;ちょっとボクのなかでトラウマ(泣)



さて、天候に恵まれ素晴らしいスタートを切ることができた道東の旅初日。
当日の宿泊地は中標津。明日も再び道東の内陸部を巡り、霧の無い道東の海岸線に巡り会うこととなります。(次回へ続きます!)




Posted at 2012/10/21 20:01:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2012 北海道一周の旅 | 日記
2012年10月21日 イイね!

秋晴れ 天候に恵まれた週末ドライブ



秋晴れとなり天候に恵まれたこの週末は大好きな奥琵琶湖へドライブ!
瀬田川から快走街道・さざなみ街道を北上するのはちょっとマンネリ化しているので、久しぶりに比叡山・奥比叡ドライブウェイを走りました。


延暦寺を観光した後、琵琶湖展望台から琵琶湖・琵琶湖大橋を一望する。
ちょっと霞みが残念。こちらは夜景もオススメのスポットです。

快走街道・鯖街道を北上し若狭方面へ。
福井県道22号上中田烏線での一コマ。電柱もガードレールもない開放感溢れる道が毎度ながら素晴らしい。広大な田園風景のなか走ることができます^^

R162へ出ると日本海の大海原が出迎えてくれます。
やっぱりこのあたりの海の色は素晴らしいね^^♪

そして久しぶりの三方五湖へ。
ここを訪れるのはある意味毎年恒例となっています。今年は天候に恵まれない週末が多かったので、秋の訪問となりました。

何度訪れてもこの風景には感動させられます。素晴らしい風景!

三方五湖山頂公園PAにて、WRブルーのBRZとの2ショットが叶いました。
クーペならではの、横からみたスタイルの良さは正直羨ましい^^。

もちろんここまで訪れたら、あとはボクの大好きな奥琵琶湖パークウェイを満喫するのみ!ゆっくりと、湖畔を流します。
桜の葉も散り始め、いっきに秋めいてきましたね。

夕暮れの湖畔を見届けて、帰宅となりました。





 

Posted at 2012/10/21 19:23:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | 琵琶湖ドライブ | 日記
2012年10月14日 イイね!

週末は久しぶりに和歌山へドライブ!




この週末は久しぶりに和歌山へドライブ。
サクっと高野山道路を登り、高野龍神スカイラインから林道経由で和歌山県と奈良県の県境、野迫川村は荒神岳へ


正面に金剛山を望む素晴らしいロケーション。空気が澄んでいて大和高田市や大阪平野すら見えたのね。
何がいいってここほとんど人が来ない。1時間位ここでボーっとしてたけど誰も来なかった(笑)

荒神岳名物の白樺林。

高野龍神スカイラインもそろそろ紅葉めいてきました。
今年も去年同様寒暖差があんまりなさそうだから、赤く染まる紅葉には期待できないかも・・・?護摩壇山をはじめ、このあたりブナの原生林があるから本来すごいねんけどなー。

ごまスカイタワーからダウンヒルを楽しんで、龍神村まで降りてきました。
お決まりのゆず夢さんで定番カリーを美味しく頂く♪すごくご無沙汰してたのに、マスターちゃんとボクのこと憶えてくれていた!ほっこりするね^^。

ゆず夢さんでゆっくり寛いで、龍神街道~R424、和歌山県道26号御坊美山線経由で御坊方面へ。目的地はあそこしかない!


久しぶりにやってきました。紀伊半島最西端の地、紀伊日御碕。
空気も相応に澄んでいて対岸の四国、徳島県から淡路島まで一望できる。正面に浮かぶ島が伊島で、その奥に広がる岬が四国最東端の蒲生田岬だ。先週ボクはここを旅したんだよなぁ...

それにしても雲の広がり方が見事。夕暮れは凄いんじゃない?

蒲生田岬に沈む夕陽。雲が黄金色に染まる。感動的な夕暮れだ。

ボクはこれまで数え切れないほど紀伊日御碕を訪れているけれど、この日の夕暮れは間違いなくトップクラス!
海あり、山あり、川ありとバラエティに富んだドライブを一日で楽しめる和歌山県。非常に満足のいく日帰りドライブとなりました^^。



 

Posted at 2012/10/14 14:25:49 | コメント(9) | トラックバック(0) | 中紀ドライブ | 日記
2012年10月11日 イイね!

心の故郷 秋の四国を巡る1300㎞の旅 ダイジェスト版




旅の始まりは 慣れ親しんだ鳴門から

徳島県道26号由岐大西線 リアス式海岸を行く険道を楽しみ

天候が悔やまれる 徳島県南の素晴らしいリアス式海岸風景

日本を代表する灯台 室戸岬灯台

横浪黒潮ラインから望む絶景



日本最後の清流 四万十川の沈下橋巡り



林道を登り久しぶりに別天地の四国カルストへ



絶景林道 瓶ヶ森林道を行く


霊峰 石鎚山

大好きな荘内半島 備讃瀬戸の多島美風景を望む地で終えた3日間1300kmの旅

10月6日(土)から10月8日(月)の三日間、ボクの心の故郷の四国を久しぶりに旅しました。
学生時代を含め、これまで何度も四国を旅してきたのでどちらかというと、昔を懐かしむ目的が大きかったです。今回訪れたところも大半が過去に訪れたところばかりで目新しさには欠けますが・・・


でも例えば蒲生田岬南部を走る徳島県道26号由岐大西線に代表されるように、これまで狭路だからと避けていた道も積極的に走り、新たな素晴らしい風景の発見があり、まだまだ知らないところがあるものだと改めて実感。
概ね天候にも恵まれ、非常に満足度の高い旅となりました。


さて、こちらの本編をブログアップする日は来るのでしょうか・・・^^;


最後に、四国のうどんは超美味い!!!これだけでも幸せになれるね^^。





Posted at 2012/10/11 00:08:21 | コメント(6) | トラックバック(0) | 四国ドライブ | 日記

プロフィール

「裾野まで降りてきた紅葉🍁おそらく今シーズンラストでしょう(^^)」
何シテル?   11/23 16:07
念願叶い、ロードスターのオーナーになることができました。大切なボクの初マイカーです。 愛車との旅をこよなく愛しています。 景観の良い道を、流れる景色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/10 >>

 123456
78910 111213
14151617181920
21222324252627
28 293031   

リンク・クリップ

2019年 桜ドライブ始動! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/08 18:30:51
本当の世界一になるために… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/19 18:52:42
サーキットとはまた違う楽しみ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 20:13:56

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
素晴らしいクルマです。 あまりにも運転が楽しくて、どこまでも出かけたくなる。そんな可愛 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.