• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Love RoadSterのブログ一覧

2015年04月22日 イイね!

夏の北海道を巡る4,250kmの旅 道東のカルデラ湖を巡る(2014年夏の旅)




8月27日(水)
弟子屈は川湯温泉を出発。
ボクの中で川湯温泉は道東を旅する拠点。大好きな屈斜路湖は近いし、釧路・霧多布・根室・網走方面へのアクセスも容易だから。何より泉質が良くて、旅の疲れを癒すにはもってこいやねん^^



まずは大好きな屈斜路湖を一望しようということで津別峠を駆け上がってました。そうそう、屈斜路湖を見下ろすこの風景が大好き!今年も巡り会えましたね。



空に雲が流れていてイイ感じ♪



当然、美幌峠にも訪れる。
空に浮かぶ雲が見事としか言いようがない!過去最高の美幌峠に出会えたぜ!



北海道、いや日本全国の数ある風景の中でもトップクラスに大好きな風景です。




道の駅・ぐるっとパノラマ美幌峠で早めの昼食を頂く。今回はホタテラーメンをチョイス。美味い!!



さて、美幌峠を満喫したら摩周湖へ訪れましょう。
これが摩周ブルーとも称される摩周湖の湖面の色だ。ここまで深く蒼い摩周湖は初めてお目にかかるかも・・・^^?



鏡面のように空が映りこむ摩周湖が好きやけど、この表情の摩周湖もいいね。



硫黄山の向こうに湖面が見えている。
ほんまにここから屈斜路湖も見えんやね。4年目にして初のことやで。



摩周湖を後にし向かうは藻琴山。北海道道102号網走川湯線を駆け登ります。ここから望む屈斜路湖もまた違った表情見せるので面白い。



ハイランド小清水725から屈斜路湖を見下ろす。
津別・美幌峠のように屈斜路湖の姿、形を美しく望むことは出来ないのだが、この高度感がたまらへんねん^^



藻琴山は風景もさることながら、北海道道102号網走川湯線も走って楽しいステキな道です。




昨年見つけた知床連山の一角、斜里岳を美しく望むことができる清里町は宇宙展望台へ・・・斜里岳の裾野に広がるパッチワークがいい感じ^^




オホーツク海に伸びるかのような一直線の道が素晴らしい・・・



神の子池にも立ち寄る。Canon EOS M のCMロケ地の一つがここだ。
摩周湖の水が湧き出ているとも言われる神の子池。水の蒼さが印象的です。




地平線に染まる夕暮れの空をなんとなく見てみたくなって、開陽台へ久しぶりに訪れてみました。




度肝ぬかされるようなスケールで展開する風景は北海道ではごくありふれているが、開陽台のこういった風景はなかなかお目にかかれないもの。


夕暮れの空と相まって、印象に残る風景と出会うことができました。。次は霧多布で夕暮れ迎えてみたいナ・・・(どっちで夕暮れ迎えようか迷ってん)





さて、明日からは旅の舞台は道北・本土最北端の地へ移ります。(次回へ続きます!)







Posted at 2015/04/22 23:57:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2014 北海道旅行記 | 日記
2015年04月13日 イイね!

色出来すぎツーリング in 海津大崎&秘密の桜トンネル






今年も恒例となっております”色出来すぎTRG”を奥琵琶湖にて開催致しました^^


タイムマネジメントがいつも完璧なボクは朝4時出発!途中、しんあさひ風車村に立ち寄ります。朝陽に照らされる桜がめっちゃ綺麗!見頃ですね~





湖西の湖岸道路は安曇川を超えてからが真骨頂。琵琶湖の穏やかな湖面をすぐ望みながら快走出来るのだ。実に気持ちいい早朝のオープンドライブ。





今年も集まりました、色出来すぎ部隊!




奥琵琶湖パークウェイを走りま~す^^





おっと、先頭をゆくグレーのロードスターはホイールからしてお友達のやんしーさんやん(すぐ解ったで^^)



木之本の”秘密の桜のトンネル”では、やんしーさんも交えて5台になりました。






そのやんしーさんにお願いして、走行中のお写真を撮影頂きました。ほんまに、有り難うございます!






色出来すぎ部隊は余呉湖へ移動します。









彩り豊かなロードスター、CGにも負けへんで(笑)
ここでボクが思わず一言、”ロードスターって凄いよね、人と人とを結びつけるんだから・・・



参加された皆様、有り難うございました!
楽しいことだらけでいっぱい書きたいことあんねんけど、う~ん、やっぱり胸に閉まっておこう。





Posted at 2015/04/13 00:26:28 | コメント(7) | トラックバック(0) | TRG | 日記
2015年04月10日 イイね!

代車のNC2ロードスターで愛車と乗り比べドライブ in 泉南





先月末の話になりますが、九州へ遠征途中に追突事故に見舞われてしまいました。信号の無い交差点の一時停止中(しかも取り締まりキビしいとこ)に突っ込まれる避けようのない事故でした。
自慢ではありませんが免許取得以降、ずっと無事故無違反(奇跡のゴールド免許とも言える・・・^^;)だったので、それはもうビックリ!オカマ掘られた衝撃って案外凄いんだね・・・



幸い愛車のダメージも小さく(ボク自身はかなり凹みましたが)、九州の旅を気持ち切り替えてもちろん続行。こんなつまらんことでボクの旅を台無しにされたくなかったのでね。
修理内容もバンパーとリアのコンビネーションパネル、及びナンバープレート交換で済みました。当然過失割合は100:0なのでこちらの負担は一切ありません。肝心のカラダも鞭打ちの症状等、特段なにもなく不幸中の幸いと考えるしかありませんね・・・



こんな経緯から先週末より代車生活が続いているのですが、ディーラーさんのご好意によりロードスターを用意してくれたのです。





メトロポリタングレーマイカのNC2。貴島さんのNC2と同じカラーですね。
ベースグレードSのRHT。トランスミッションは残念ながらAT。マニュアルのレンタカー(タイムズ)は関西では無いらしい・・・タイヤは16インチのヨコハマADVAN A11。
さてさて、ボクの愛車と乗り比べってことで地元、泉南は熊取町の永楽ダム湖畔で最後の桜ドライブへ出かけてみました。





代車と言えども容赦なく?狭路に突っ込みますw調子に乗って鬼バック強いられたし^^;
う~ん、やっぱりグレー系の色は桜との相性がすこぶるいい。
日が当たらないと色味の変化も少なく地味な印象に拍車がかかってしまいますが・・・






日が当たると色味が絶妙に変化してかなりステキになります。大人のロードスターって風合いです。
特にこのメトロポリタングレーマイカは青みがかっていて色味の変化が解りやすい。青空入れるとコントラストがさらに素晴らしい。このあたりはメタリックカラーの真骨頂かも。









りんくうタウンで食事後、関西国際空港と紀伊水道バックに再び記念撮影。





ボディラインの浮かびあがりがすごいね。これにはちょっと感動しちゃいました。
抑揚の効いたデザインのNDにも凄くマッチしそうなボディカラーです。
でもやっぱりオープンカーは原色系の派手な色の方が写真栄えする・・・かな?
そういう意味ではソウルレッドはまさにいいとこどりな色なんかも?セラミックメタリックも凄く綺麗でしたが、NDで選ぶとすればやっぱりソウルレッドかなぁ。



最後に乗り比べの感想を。
ボクの愛車(17インチ・ミシュランPS3)と比較し16インチと1インチダウンするわけですが、乗り心地の変化はほとんど感じることができませんでした。
目地段差をハイスピードで超えた時の当りは若干マイルドかな?って程度。高速コーナーをハイスピードで突っ込んでも、1インチダウンによるデメリットを特に感じることはありませんでした。

AT。これにはやっぱり慣れませんね。
ワインディングをDレンジで飛ばしているとボクが何速で走っているかすぐに解らない、これかな~りストレスです。
ただ機構的にはかなり賢くて、例えば下り坂でブレーキ踏むと瞬時にシフトダウンしてエンブレ考慮してくれたり、アクセルペダルを強く踏み込むと低いギアでしばらく引っ張ってくれたり。
ただ操作系がアクセルとブレーキに限定されるのはやはり寂しい。お決まりですが、クラッチ踏もうとしてブレーキペダルおもっきり踏み込んでしまった^^;

コーナーの挙動は間違いなくロードスターで充分楽しめるのですが、マニュアルに慣れているとATのロードスターは違和感バリバリ^^;
あとこれはおそらく個体差でしょうが、パワステやブレーキのフィーリングが微妙に違ったりしたんも発見でした。同じロードスターやのにね。

最後にシート。
レカロに慣れているともうダメ。いや、純正シートがダメってわけちゃうんやし、たぶんレカロが凄すぎんねん^^;
100km程のドライブで既に腰のあたりに違和感が・・・やっぱり純正シートはレカロの様に、カラダを面で支えてないんかな・・・




何が言いたいってすなわちボクのロードスターが一番ってこと!!(笑)

愛車が戻ってきたらいっぱい愛でてあげよう^^(というより、これから愛車を迎えにゆきます笑)







Posted at 2015/04/10 16:53:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2015年04月05日 イイね!

夏の北海道を巡る4,250kmの旅 釧路湿原から襟裳岬へ到達する1日(2014年夏の旅)




随分とご無沙汰となっております昨年夏の北海道の旅レポですが、ここで再開してゆきたいと思いマス^^;
今年、北海道を旅されるご予定があられる方には参考になる?かもしれません^^



8月26日(火)
弟子屈は川湯温泉の宿を出発しR391を釧路湿原に向けて南下。



雰囲気よくて好きなシラルトロ湖畔で一休み。




釧路湿原を一望する細岡展望台へやってきました。



このスケール感、改めて言うまでもないがすんごいよ。




R38のネズミ捕りにヒヤっと(直前までとんでもないスピードで走ってたから^^;)しつつ、北海道道1038号直別共栄線へスイッチします・・・






この道、いつも昆布刈石で夕暮れ迎えて真っ黒のなか走っててんけどこんなとこやってんね。海と岩肌がすごいインパクト^^気に入った!!



そして本日は快晴なりの昆布刈石へ・・・ここのダートがほんまにエエねん^^。
そういえば黄金の滝とかいっつもスルーしてんなぁ・・・^^;





R336ナウマン国道の終着点にて・・・
これから訪れるはるか襟裳岬へとどこまでも果てしなく続く海岸線を望むのがいい。北海道を旅しているんだと強く実感する瞬間だ。。やっぱ北の大地のツアラーっていいよね。




ナウマン国道から北海道道1051号湧洞線に入り、湧洞沼を一望する展望地へ。
しかし海に近い沼との相性は相変わらず悪く、凶暴な蚊に襲撃され早々に退散しました^^;



広尾町の大丸山森林公園へやってきた。
果てしないスケール感で弓なりに描く海岸線の美しさに思わず歓喜の声をあげる!





広尾町にちなんで山の斜面に町の名が描かれている、解りますか^^?これ発見したとき思わず笑ってん^^




さぁ、R336黄金道路を南下し襟裳岬へ到達するとしましょう!







望洋台からシェルターだらけの黄金道路を望んでいます。







北海道道34号襟裳公園線にて。
空には見事なシーラスが!そうそう、この道もボクの中で強烈に印象に残ってるわ^^





そして一昨年ぶりの襟裳岬到達!海霧もない見事、天候に恵まれた襟裳岬です。







夕暮れに染まる空と襟裳岬・・・
道東の海岸線は襟裳岬から本土最東端の納沙布岬まで走破したことになる・・・ちょっとシーサイドドライブにハマりすぎだな^^;






さて、明日はオホーツク海を北上し旅の舞台はいっきに道北へ移ります(次回へ続きます!)






Posted at 2015/04/05 22:18:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2014 北海道旅行記 | 日記

プロフィール

「裾野まで降りてきた紅葉🍁おそらく今シーズンラストでしょう(^^)」
何シテル?   11/23 16:07
念願叶い、ロードスターのオーナーになることができました。大切なボクの初マイカーです。 愛車との旅をこよなく愛しています。 景観の良い道を、流れる景色...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/4 >>

   1234
56789 1011
12 131415161718
192021 22232425
2627282930  

リンク・クリップ

2019年 桜ドライブ始動! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/08 18:30:51
本当の世界一になるために… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/19 18:52:42
サーキットとはまた違う楽しみ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 20:13:56

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
素晴らしいクルマです。 あまりにも運転が楽しくて、どこまでも出かけたくなる。そんな可愛 ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.