• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月20日

クラック!

クラック!











向こうのアルプスの頂だけで無く、すぐ裏山まで真っ白くなってきたので小雪のちらつく中タイヤ交換を行いました。



ムルティプラのMICHELIN Xi3は既に5年を経過しており、剪断能力はまだまだ残っているものの凍結した登坂路では本来の性能を既に失っているため、Xi3+を新調しました。





毎度の事ながら、新製品投入のシーズンにもかかわらず日本ミシュランはのんびりしているため、サイズのラインナップや供給本数が不足しています。
そのために、ムルティプラのサイズが「在庫無し」になっています。

185/65R 15と言う、かなり一般的かと思われるサイズなのに供給がありません。
そこで何時もお世話になっている村上タイヤさんに相談したところ、なんとかワンセット確保していただいたおかげで交換が可能になりました。

他のメーカーなら同サイズの在庫もあるのでしょうが、10%を超える勾配とマイナス10℃以下の最低気温、ドライ路面からミラーバーンまでとめまぐるしく路面状態が変わるわが家の周辺では、今までの経験からMICHELIN以外を選択する気にはなれません。





ハブ周りのサビを落とし、アンチシーズを塗ってホイールの当たり面の電蝕を防ぎます。

電動インパクトで軽くボルトを締め付けた後、トルクレンチで規定通り締め付けます。(ここまで写真無し)

新しいXi3+の性能はまだ未知数ですが、タイヤローテーションのマークがとてもわかりやすくなっています。



時々回転方向を間違えてMICHELINを履かせている車を見かけますが、これなら正しく付けられますね。









タイヤ交換終了後は、目一杯リフトアップして下回りの点検をします。

例によって、バンプラバーはボロボロになっています。



ムルティプラの足は比較的柔らかく、短めのストロークのアウト側のサスを積極的にストロークさせる特性から考えると、バンプラバーの崩壊は無理からぬ事なのでしょうが、柔軟性と減衰性能と長寿命を兼ね備えた代用品が欲しくなりますね。
(でも、この柔らかいバンプラバーのおかげで、底付きによるリバウンドがおさえられています)








そうそう、忘れちゃいけないのはスペアタイヤのエアの補充ですね。

テンパータイヤは、充分なエア圧があってこそそのサイズでも仕事をこなせるわけですから、いざというときに空気が抜けていて役に立たないって言うことにならないように点検です・・・・・・が、、、











大変なものを発見してしまいました。

サイドウォールにクラックが入り、周辺部が盛りあがっています。
(ちょっと擦ったように見える痕は、軍手で膨らみを確かめた跡です)

製造が2000年の3月ですから、もう17年半も前のものです。

20世紀から時を超えてやって来ているわけですから、まあ仕方の無いことですよね。











明らかに空気圧が不足している様子はサイドウォールの弾力でわかりましたが、エアーの充填によるバーストが恐く、見て見ぬふりをしてリフトから降ろしました。(^Д^)

近いうちにスペアタイヤを新調しようと思いますが、これって普通に流通しているんでしょうか?(;。;)




ブログ一覧 | ディーゼルムルのページ | 日記
Posted at 2017/11/20 17:44:01

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

ムルティプラの都市伝説
どこでもカントクさん

走行会の準備5
ミっチさん

仕様変更
モデアルちゃんさん

結構ヤバイかも・・・
どこでもカントクさん

足回り探究心
おがワンチさん

R2リアのみRIGIDバンプラバー ...
M853さん

この記事へのコメント

2017/11/20 20:00:29
こんばんは。

滋賀県も結構雪が積もります…
去年の夏に送料込9800円で買った中古のスタットレス…
2014年製造ですが、
今年も頑張って頂きます…(*^o^*)
コメントへの返答
2017/11/20 20:32:00
こんばんは。

若狭湾から雪雲が吹き抜けてきますよね。
米原付近の雪による交通傷害のニュースは良く耳にします。

ミラーバーンや急な登坂路でも無い限り、新雪や圧雪なら中古のスタッドレスでも剪断力で何とかなりそうですが・・・

雪質と使用環境を鑑みて、剪断力を優先する面圧の高いタイヤか、設置面積を稼ぎ粘着力でコントロールするタイヤとの選択は必要ですね。
2017/11/20 20:12:27
スペアタイヤのチェックしたことない…

どうなってるのか見るのがコワイ(笑)
コメントへの返答
2017/11/20 20:34:47
あれま・・・プランジさんとしたことが、、、

吊り下げスペアは厳しい環境下にあるので、特に念入りなチェックが必要ですよ。
(トランクに荷物が入っていても交換可能なのは嬉しいですが・・・)
2017/11/22 21:46:18
タイヤのゴム、すごいことになってますね。
リフトアップした際にいつも見ていますが、ウチの場合は
融雪剤による錆のチェックばかりで、そういえばタイヤ見てなかった(笑) 
普通のタイヤは設置出来ないんでしょうね・・・
コメントへの返答
2017/11/22 21:56:06
スペアタイヤのチェック、忘れがちですよね。
何か目的があってリフトアップした時は、それ以外のものが目に入らない時が多々あります。

>普通のタイヤは・・・
クロスビームとの隙間やエンドマフラーとの隙間が少ないので厳しいかも知れません。
私の場合はさらにトウバーを付けていますから、四面楚歌状態かも・・・

隠し球1号は、テンパータイヤがラックに入って床下に収納されていますが、パンクの際はラックのセッティングでノーマルタイヤも収納できるように設計されています。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
シトロエン 2CV シトロエン 2CV
2CVには28万キロほど乗りました。 背景に2年ほど前まで所有していた車が・・・
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.