• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月13日

取材拒否のお店・・・では無いけれど

取材拒否のお店・・・では無いけれど












ちょっと毒を吐きますから、不快に思われる方はスルーして下さい。






実はしばらく前に、とある自動車整備工場経由で某自動車月刊誌の取材協力を依頼されました。

しかし、私は雑誌名を聴いて、「申し訳ありませんがお断り致します」と、返答を差し上げました。






過去には、オートバイ関連で数ページにわたるような取材を受けたりしたこともあるのですが、数値もデタラメだし人の名前も間違いだわで、おまけに約束の入稿前のチェックも反故にされるなど、一部専門誌を除いて良い印象を持っていません。

間違った内容を紙面で広められたら、まるで私自身が間違ったことを言っている様で信用にも関わる問題です。





現在では、入稿もデータで行われているので見かけなくなりましたが、巷にバイク雑誌のあふれていたころは手書き入稿が一般的だったため、多くの雑誌がスズキ“刀”の事を“刃”と書いて平気でいましたね。

これはスズキ“ハ”と言うバイクでしょうかそれともスズキ“ヤイバ”とか“ジン”ていう名前なの?

ちょっと辞書引いて確認すれば恥ずかしい思いをしなくて済むのにね。





また、ライターも個人的な付き合いの中で何人か知っていますが、とかく無責任な言動が目立つ方が多い印象でした。

某誌の編集長はとても責任感の強い方で、業界全体の信頼を回復するために努力をしていましたが、足を引っ張るような出版社が後を絶たず何時も頭を抱えていたことを思い出します。











で、取材協力を依頼された某誌が数日前に書店に並び、仲介の自動車整備工場の社長より、「この前に依頼した内容の記事が掲載されている」とうかがったので、書店で手に取ってみました。






やはり、取材をお断りして正解でした。(^Д^)






内容は、私の所有するセニックRX4とムルティプラ、そして隠し球1号に由来するような車両の特集でしたが、記事中の主観に関する部分は人それぞれでしょうからさておいて、ちょっと確認すればすぐにわかるようなタイヤサイズの間違いや、数値確認すれば嘘がすぐばれるムルティプラのワイドトレッド伝説など、読み手に間違った情報を与えるようなことが平気で書かれていました。





ムルティプラのトレッドはボディーサイズに対して幅を狭くすることで、縁石などへの接触が回避できるような取り回しの良さに貢献していると言う事など、狭いイタリアの路地での使い勝手の良さやタクシーとしての運用例を見れば納得が出来ることです。

また、国産車の代表的な車種との比較でもトレッドが狭いことはすぐにわかります。





これ、自分が取材対象になって間違って書かれていたらちょっと悲しいですよね。

お断りしてホントに良かったと思います。





過去に何度かありますが、間違った雑誌の内容を鵜呑みにした頭でっかちの読者が、「この車○○なんですよね」とか「××な所がちょっと残念ですよね」などと話しかけてきて、「それは間違いで正しくはこうなんです」と説明しても、「何々誌の□□さんがこう書いていましたよ」「オーナーなのに知らないんですか」などと挑んでくる輩の面倒くさいこと・・・





ハードルを下げて窓口を広げるのは良いことですが、ちょっと調べたり確認をすれば間違いに気付くことを怠り、嘘を平気でばらまく媒体にはあきれてしまいます。

“勘違い”では済まない、媒体としての責任を彼らはいったいどのように思っているのでしょうね。

何より自分の間違いを“恥ずかしい”とか“申し訳ない”って思わないのかな?





毒を吐き私は少し留飲を下げる事が出来ましたが、このブログを読んで不快に思う方がいらっしゃいましたらお詫び申し上げます。




ブログ一覧 | 日々の出来事 | 日記
Posted at 2018/04/14 00:44:27

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

BMW i3 クモの巣事件
puku.さん

後期のバンパーのズレの件(´・ω・ ...
くぼまるさん

LOOP フューエルシステムクリー ...
風雅堂さん

お正月旅行2018③
Bin(びん)さん

奢りでスタミナ苑!
kenji(再)(再)さん

車検が、来るぅ~
青色ブーブゥさん

この記事へのコメント

2018/04/14 08:24:58
RX4とムルティプラを誌面を見て、
「まるでカントクさん」
と思ったら、まさにそうだったんですね。

雑誌の影響力は未だ大きいですね。
クルマ関係も最近は色々わかってきたんで、これは違うだろ…ってのも気付くようになりました。
いやはや…
コメントへの返答
2018/04/14 09:56:45
3台並んだ一番左の車も、隠し球1号と浅からぬ関連があったりします。(謎笑)

タイヤのエア圧も確かめないで試乗して、「ハンドルが重い」だの「中立付近からの初期反応が云々」など、笑止千万な出来事には事欠きませんが、多々ある車種名の間違いや諸元の間違いなどは・・・以下自粛
2018/04/14 08:41:47
あのCGTVですら、4WDを平気でヨン・ダブル???・ディーと発音してはばからないし、講談社の週間クルマ雑誌なぞ21th Centuryと表紙にでかでかと書き、編集部に電話したら英語が出来る編集社外内だと???中学生英語ですよ(呆
コメントへの返答
2018/04/14 10:05:31
でもBMWになると、ちゃんとダブリューと言っているのが可笑しかったりして・・・(^Д^)

“21th Century”・・・何が可笑しいか気が付いていなかったりするかも知れませんね。
社会科のテストで、アフリカ西海岸の地名を解凍する「『   』湾」の回答欄に、「『ギニア湾』湾」と回答してしまい、友達から「ギニアワンワン」とからかわれていた息子の事を思い出しました。(笑)
2018/04/14 13:48:49
わかりますわかります。犬出版のチンポとか最悪ですね。
まず内容が間違っているものだと思って
ジョークのネタくらいのつもりで読んでいます。
ムルティプラ・ワイドトレッド伝説も、ムルの発売早々その本に出てました。
コメントへの返答
2018/04/14 22:11:40
この出版社「紙面に載せるから良いじゃないか」と、修理代やカスタム費用を踏み倒す悪しき慣例を作った所でもあります。
なので記事中に費用等の明細を載せられない事がほとんどじゃないでしょうか?

突っ込みを入れながら、間違い探し的に楽しむ読み方なら、不要に血圧を上げる心配もありませんね。
奥歯の噛み締めによる欠損も防げます。(^Д^)
2018/04/14 18:20:45
数年前に某誌のライターさんから「うちの雑誌で小さい車特集をするので取材させて下さい」と声がかかり、その時はあまり時間に余裕の無い時で正直有り難くなかったのですが、せっかくの機会なのでお受けしました。
もうはっきり覚えてませんが、その方はたしか「是非使わせて頂きます」という意味のことを調子良く仰って名刺を頂き、こちらの連絡先もお知らせして別れました。で、結局はそれっきりなんの連絡もなく、私がその雑誌に載る事もありませんでした。
所詮そんな程度のものなんだろうなとも思いますが、そんなどうでも良い取材に付き合わされたこちらとしてはいい迷惑だな、という感想です。
うちの車が取材されるような事はこの先あるとは全く思えませんが、こちらとしても金輪際お断りしたいと思ってます。
コメントへの返答
2018/04/14 22:21:12
取材相手に対しても、「有名になれるから良いじゃん」というノリで掲載誌の提供のみで済ませようとしていますから、責任感のカケラも無いのでしょうね。
ちゃんと取材費用を払う習慣があれば、支払額に対する責任も生まれるので、内容の確認や約束の履行などがきちんと行われるようになるのでしょう。

雑誌に限らず放送媒体などのマスコミも、まるで自分たちの方が偉くなっちゃったような勘違いをしている人が多くて嫌になります。
それだけ未成熟な業界と言うことなんでしょうね。
(T-T)
2018/04/14 23:49:55
再び失礼します。
音楽系でもアマチュアミュージシャンもカモになるケースが多いですね。
よくわからんレーベルとか事務所とか名乗る連中の甘い言葉には要注意。
私も、某マイナースポーツ団体の入場テーマを2曲ほど徹夜で作曲しレコーディングしましたが、結果ノーギャラでしたから…
成り行きでゴーストライターを経験しました(^_^;)
コメントへの返答
2018/04/14 23:58:34
どの業界においても、真摯な姿勢で取り組む仲間と無責任な振る舞いをする仲間がいますから、全体を底上げするのは難しいですね。
100%クリーンな会社も無ければ100%ダーティーな会社も無いわけで、それぞれの塩梅や譲れない部分に自分の価値観がどう反映されるか次第のようにも思えます。

ゴーストライター・・・私の仕事のいくつかは、超有名なイタリア人デザイナーの仕事だったことにされています。(^Д^)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

今のところ問題無し! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/16 08:48:03
ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
シトロエン 2CV シトロエン 2CV
2CVには28万キロほど乗りました。 背景に2年ほど前まで所有していた車が・・・
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.