• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年08月22日

ムル リフレッシュ

ムル リフレッシュ











先日の赤城山での集まりが、お披露目の機会になりましたが、27万キロを迎えたムルの、内外装を中心にしたリフレッシュ作業を行いました。



過去のブログでお伝えした様に、車全体の艶は無く、所々盛大にクリヤー層が剥がれていました。

洗車の際には拭き取りのタオルが引っかかる程がさがさになり、もたもたしていたら塗装面からサビが浮き出しそうな気配もあったため、切り接ぎが必要になるようなレストア作業が必要な状況に至る前に、全塗装をする決心をしました。





車の全塗装と言っても、作業内容はピンからキリまであります。

例えば、3ナンバークラスの車でも、全部で10万円でやってしまうところもあれば、板金作業無しで300万円くらいかかる塗装もあります。

仕事柄、ウルシ職人上がりの吸い込まれるような仕上がりの塗装や、博物館レベルの塗装、何年も順番待ちをするようなビンテージスーパーカーの塗装から、建築塗装や素人塗装までよく見ているので、どの業者を選ぶかが悩みでしたが、みんカラブログでもおなじみの『ガレージローライド』さんに依頼することにしました。





決め手としては、作業内容と価格のバランスが良いことと、ブログでもわかるように、作業プロセスをきちんと公開していることからも信頼が出来そうだと言うことです。

さらに決定打として、見積もりを依頼したところ、破損のリスクのあるパーツや交換が必要なパーツなどきちんとピックアップされていただけで無く、国内流通の有無や在庫や供給の有無まできちんと調べて回答してくれたことにあります。

パーツの在庫確認は正確で、必要なものほとんどの供給が無いことと、万が一破損した時にパーツが無いと完成できないことを正直に伝えてもらえました。

見積時点でこれだけ正確に誠意を持って調べてくれる姿勢を見て、「ここにお願いしよう」と言う事に決定しました。





しかしです・・・

見積に上がった必要なパーツは、供給停止という現実にもかかわらず、全て私がストックしていました。(^_^)v

多くのパーツはサクセスさんで手配していただき数年かけて徐々に手に入れたものです。

内装のパーツも、

こんな↓ことや、





こんな↓ことに、



なっていたのですが、国内仕様とは異なるパーツにもかかわらず、適合と供給状態を調べて細部確認の後無事に入手することも出来ました。





これなら安心して全塗装をお願いすることが出来ます。





塗装に当たって私がお願いしたことは、研ぎ出しで塗装面を整える“ミラーフィニッシュ”はNGであること。
(一見カガミのように滑らかに仕上がるので、ミラーフィニッシュが好まれることが多い)

出来上がりの後で「あっ、ここをもうちょっと仕上げてもらえば良かった」と言う事にならないよう、塗装クォリティーを上げるために必要な作業が見積額で収まらない場合には、追加請求でかまわないので目をつぶることが無いように。

と、言う二点です。





赤城山に集まった皆さんに御覧いただいたように、仕上がりは見事でした。

全体のメタリック粒子の立て方(寝かせ方かな?)が均一で、ガン吹きの肌の仕上がりも綺麗に残っています。
何処を見ても研ぎ出しをしたり誤魔化したりした部分は見当たりません。

ムルティプラの塗装は、光の具合や見る角度によってソリッドに見えたり、ウォームグレイを強く感じたりクールグレイを強く感じたりと言う微妙な色調ですが、これも見事に再現されていました。

いつものガソリンスタンドのスタッフも、「再塗装しているとは到底思えない」と、細部を見ながら感心していました。
(このスタッフ、愛車のA80スープラを全塗装したいと思案中で、仕上がりを細部にわたり細かくチェックしていました。仕事柄多くの車に触れるだけに補修塗装や全塗装の車を見慣れており、「いくら上手にやってもわかっちゃう」と言う持論でしたが、考え方が変わったようです)





内外装のリフレッシュが無事に終了したので、少なくとも月にまで(384,400km)は行けそう</span>な気配です。





実際の作業の様子を動画でいただきましたので、皆様に公開したいと思います。

内装の仕上がり状態は、また別の機会に御覧いただきたいと思います。








ブログ一覧 | ディーゼルムルのページ | 日記
Posted at 2018/08/23 00:27:39

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

微妙な扱い 5
karonさん

塗装のお話し(その4)
karonさん

塗装のお話し(その2)
karonさん

塗装のお話し(その1)
karonさん

赤の退色
辺境伯さん

メルマガ30【エアロパーツ塗装・取 ...
ガレージローライドさん

この記事へのコメント

2018/08/23 08:46:08
いいなー
こんなの見たらまた乗りたくなりますね(^^)
コメントへの返答
2018/08/23 08:47:41
はい。
こっちの世界に戻って来てください。
2018/08/23 13:08:55
やはりイタリア系の車のドアの内張りは縮むのですね!

さらにムルへの愛着が深くなりそうですね!

大事にしてください!
コメントへの返答
2018/08/23 18:16:39
縮むと言うより、内張のウレタンがボロボロのネチョネチョで、ベースから剥離してきました。
下手に触ると半べそ状態です。

私の場合、愛着と言うよりも信頼感と期待感かな?(^Д^)
2018/08/23 19:56:49
あ、ばらしてすいません汗

自然でいい塗装だと思いました。
私もいずれ全塗装しよう!と心に誓いました。
コメントへの返答
2018/08/23 20:15:30
参加表明の書き込みでプランジさんに質問されて居るのに、気が付かないふりをしてスルーしておりました。(笑)

ま、すぐにバレることですけれどね。

“塗りました感”が無い自然な仕上がりに満足です。

本当は塗装などせずに、自然にヤレて行くのが好みですが、サビが浮いてしまうと手が付けられなくなるので・・・
2018/08/25 22:04:34
初めまして、コメントさせていただきます。
先日ガレージローライドさんのブログを見ていると、長野県からお越しのムルティプラさんが入庫されていたので「まさかどこもでカントクさんの車かなあ」と思ってました。正にビンゴだったのですね、感動しました。
コメントへの返答
2018/08/25 22:11:07
こんばんは。

極初期型のスラッシュエンブレム、無塗装樹脂の黒バンパー、そして蜂の巣を連想させるホイールで特定されてしまいますね。(^Д^)

上質な塗装に満足です。
2018/08/28 00:13:56
先日のオフ会ではお世話になりました。
実車はまさしく再塗装とは思えないほど見事な仕上がりでした。型こそ違いますがカントクさんのムルは私にとって目標でもあります。シートカバー(?)はebayで購入されましたか?
コメントへの返答
2018/08/28 00:22:21
こんばんは。
最初期のシート生地は、本国での残り1枚を私が買っちゃったようでもう手に入りませんが・・・

正規物の前期・後期とも適合が違うので、ディーラーで調べてもらって取り寄せてもらいました。
また、その中でも、エアバッグの有りなしで設定が違ったため、リスクを減らすためにも取り寄せてもらいました。

しかし、適合とパーツナンバーがわかったので、たまたまeBay見つけた1枚は、何処かの流通在庫を手に入れたものです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

今のところ問題無し! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/16 08:48:03
ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
ルノー エスパス “隠し球1号” (ルノー エスパス)
エスパスⅠのフェイズⅡのクワドラです。 黒ホイールでは長大な車に見えますが、これでも全長 ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.