• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2018年08月02日 イイね!

デザイナーの力量

デザイナーの力量











日本仕様のセニックRX4には、本国ではオプションのスペアタイヤのカバーが標準で装着されています。

カバー無しの状態では少しワイルドな雰囲気を醸し出していますが、カバーが付いた途端ソフィスティケートされた感じになります。






秀逸なのが、タイヤをフルカバーせずに下端を切り欠いているところ。

これによって随分と軽快なルックスになります。








カバーは、リヤゲートの内側から大きめのプラナットによって固定されています。

ボルトの固定とカバーの回り止めはこんな感じに成形されています。









黒の樹脂で成形されたパーツが、8本のネジでカバー内側に固定されているわけですが・・・






あっ!

このボルトの位置、タイヤカバー外側のディンプルと対応している事にいまさらながら気が付きました。(^Д^)






外側から見るとこんな感じですが・・・



円周上に配された8つのディンプルが、写真では辛うじてわかると思います。






これは上手い事を考えつきましたね。

ディンプルは単なる見かけ上の処理では無かったわけです。

ディンプルによって大きな面積を間延びしないように見せる効果はありますが・・・






樹脂成形に詳しい方や、プラモデルを作り慣れている方ならすぐにピンと来ると思いますが、樹脂の厚みは極力均一にしないと厚く成形されている部分にヒケが発生してしまいます。(えくぼ状に凹んだり、リブなどの形状に歪んで表から見えてしまいます)

予めヒケが発生する部分にディンプルを設ける事によって、ヒケを目立たなくすると共に意匠としても視覚的な効果を狙っています。

これぞまさにデザインの本質に触れる部分です。






部品交換しか出来ない“チェンジニア”に成り下がってしまったエンジニア。

物作りの本質を知らないで、“スタイリング”に明け暮れるデザイナー。

造形能力に欠け、自ら問題解決する方法を見いだす事無く、メールで指示しか出せない“テハイナー”がはびこる昨今、久々にデザイナーの力量を感じさせるデザインを見る事が出来ました。

構造や製造上ネガになりやすい部分を、逆にチャンスとして積極的に意匠として展開出来るデザイナーの力量と、パトリック・ルケマンの審美眼に脱帽&拍手を送ります。




2018年06月08日 イイね!

セニックから降りられないよ〜

セニックから降りられないよ〜











加古にはカングーに乗車拒否された私ですが、今日はなんとセニックに意地悪されてしまいました。







近くのリサイクルセンターで、小降りのステンレスシンクの出物を物色しようと向かった所、ドアを開けようとインナーハンドルを引いた瞬間に“バキッ”・・・

一瞬何が起こったか掌握しかねましたが、ハンドルがホルダーごともげてしまったのです。









なんとかドアを開けようともがいては見たのですが上手く行かず、運動不足のため動きの悪くなった身体をひねって助手席からなんとか下りる事が出来ました。






改めてインナーハンドル部分を観察すると、ホルダーのネジ周辺から割れてしまった様子がわかります。








このインナーハンドルは、イタフラ車にありがちなプロティン塗装のベタベタを取るのにマジックリンで洗った物で、「樹脂の劣化を防ぐために塗装をしておかないと・・・」なんて思いながらもそのまま放置していました。







とりあえず元の場所に押し込み、ホルダーの部分を左手で押さえながら右手でインナーハンドルを引っ張る事で、なんとかドアを開ける事が出来るようになりました。









明日の空模様を見ながら、1号機から提供を受け移植する事にしましょう。

先ずはベタベタ剥がしからかな? (;。;)



2018年05月23日 イイね!

こちらはやっと・・・

こちらはやっと・・・











諸事情で走行をサボり気味の“セニックRX4二号機”は、やっと走行90,000kmになりました。










先日265,000kmを達成した“ディーゼルムル”と比べれば、まだまだ1/3しか走っていませんね。

210,000km余を走行し、部品取り車として第二の人生を送っている一号機と比べても、まだ半分にも届きません。

わが家のルールとしては、10万キロ未満の走行ではまだまだ新車同然。

10万キロを超えてやっと一人前の車と認めてもらえます。




一人前と認めてもらえるまでには後もう一息です。




いつもは冬時に頑張ってもらっているRX4ですが、今年はこれからの梅雨時に頑張ってもらう予定です。




2016年10月31日 イイね!

今年も直登

今年も直登









昨年に引き続き、今年も某大学のゼミ日がFBMの前日に組まれてしまいました。

夜ゼミの終了が深夜零時ころになるので、それから信州をほぼ縦断するようなコースで帰宅し、仮眠の後朝の5時半出発で車山の会場入りのスケジュールです。





と、言うことで、土曜日にはFBM前泊組の皆さんと、諏訪で翌日のテント営業の打ち合わせを兼ねて集合します。

写真↓は、諏訪インターへ向かう途中で見かけた、関西の2CV軍団。





この車列の後方で、中央道少し深刻な状況になっていたことは、詳しくは触れないようにしておきます。






諏訪で打合せの後、白馬方面へと向かいます。

白馬方面へ向かうルートは、長野オリンピック以降国道147号よりも県道の306号を使うルートが一般的ですが、私は池田町を通る県道51号線が、交通量も少なくて好みです。




目的の大學の山小屋は、ゲレンデの中に立地しています。

バブル期には何度も立ち退きを打診されましたが、OB立ちの手によってよく手入れされており、今ではGoogleMapに施設名さえ掲載されるようになりました。

この小屋まで登るには、荒れた林道をぐるっと迂回して山小屋の上に出て、そこから少し下るのですが、今年は雨の影響で林道が寸断され迂回ルートが通れなくなっています。

選択肢としては、麓の駐車場に車を止め、荷物を背負ってゲレンデを這い上るか、車で直登するかのどちらかになります。

幸いに、もう10月末なので、牛の放牧も終わり有刺鉄線も撤去されています。降雪パイプを埋める溝も埋められている様子。

しかし、雨が多かった為かゲレンデ全域が乾いて居らず、ぐちゃぐちゃでタイヤが滑りそうな予感。

おまけに我がセニックのタイヤ(MICHELIN latitude cross)は、既に4分山で美味しいところはとっくに終わっちゃっています。






慎重にルートを確かめながら、無駄にアクセルを開かないように登ります。

途中で何度かタイヤを空転させながらも何とか直登成功。



無事にリフトの終点の鉄塔のある平地までたどり着きました。





無事にゼミも終了し、深夜の12時に小屋を後にする事になりましたが、月明かりの無い真っ暗なゲレンデの所々には、泥沼が口を開けて待ち構えています。

草で無くても雨に濡れた牧草は滑りやすく、ヘタにブレーキをかけると車体のコントロールを失いそうです。

学生達の 見守る中 アクシデントを期待する中、そろりそろりと慎重に車を進め無事に麓までたどり着きました。





家に帰り着いて、FBMの支度が終わったのは午前3時過ぎ。

2時間弱の仮眠を取って、FBMの会場に向かうことにします。








ビビってゲレンデの麓の駐車場に置き去りにされていた、某助教のラングラーが寂しそうに駐まっていたことは学生達にはナイショにして置きましょう。(^Д^)
2016年09月08日 イイね!

ちょっと寄り道(^Д^)

ちょっと寄り道(^Д^)











欠品外装パーツにもめげず、車両保険限度目一杯を費やして、やっと修理の終わったセニックを引き取りに行きました。

今回は、パーツ待ちの合間を利用して、懸念材料であった、クラッチレリーズシリンダーとトランスミッションの5速絡みのパーツを交換してもらいました。



保険修理の主な箇所は、ほとんど板金屋さんとガラス屋さんの受け持ちでしたが、限られた予算の中でなかなか頑張って頂いたようで、ダメージはほとんどわからないくらいに仕上がっていました。



久しぶりに乗るセニックは、ムルティプラのターボディーゼルとはまた違ったトルク感で、「良いエンジンだな」と再認識させられます。まさに実用2リッターの鏡のような特性です。





久々の乗車で気分が良くなった事もあり、トランスミッション関連の様子見を兼ねて、ちょっと寄り道をしてしまいました。(^Д^)



プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

今のところ問題無し! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/16 08:48:03
ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
シトロエン 2CV シトロエン 2CV
2CVには28万キロほど乗りました。 背景に2年ほど前まで所有していた車が・・・
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.