• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2018年05月23日 イイね!

こちらはやっと・・・

こちらはやっと・・・











諸事情で走行をサボり気味の“セニックRX4二号機”は、やっと走行90,000kmになりました。










先日265,000kmを達成した“ディーゼルムル”と比べれば、まだまだ1/3しか走っていませんね。

210,000km余を走行し、部品取り車として第二の人生を送っている一号機と比べても、まだ半分にも届きません。

わが家のルールとしては、10万キロ未満の走行ではまだまだ新車同然。

10万キロを超えてやっと一人前の車と認めてもらえます。




一人前と認めてもらえるまでには後もう一息です。




いつもは冬時に頑張ってもらっているRX4ですが、今年はこれからの梅雨時に頑張ってもらう予定です。




2016年10月31日 イイね!

今年も直登

今年も直登









昨年に引き続き、今年も某大学のゼミ日がFBMの前日に組まれてしまいました。

夜ゼミの終了が深夜零時ころになるので、それから信州をほぼ縦断するようなコースで帰宅し、仮眠の後朝の5時半出発で車山の会場入りのスケジュールです。





と、言うことで、土曜日にはFBM前泊組の皆さんと、諏訪で翌日のテント営業の打ち合わせを兼ねて集合します。

写真↓は、諏訪インターへ向かう途中で見かけた、関西の2CV軍団。





この車列の後方で、中央道少し深刻な状況になっていたことは、詳しくは触れないようにしておきます。






諏訪で打合せの後、白馬方面へと向かいます。

白馬方面へ向かうルートは、長野オリンピック以降国道147号よりも県道の306号を使うルートが一般的ですが、私は池田町を通る県道51号線が、交通量も少なくて好みです。




目的の大學の山小屋は、ゲレンデの中に立地しています。

バブル期には何度も立ち退きを打診されましたが、OB立ちの手によってよく手入れされており、今ではGoogleMapに施設名さえ掲載されるようになりました。

この小屋まで登るには、荒れた林道をぐるっと迂回して山小屋の上に出て、そこから少し下るのですが、今年は雨の影響で林道が寸断され迂回ルートが通れなくなっています。

選択肢としては、麓の駐車場に車を止め、荷物を背負ってゲレンデを這い上るか、車で直登するかのどちらかになります。

幸いに、もう10月末なので、牛の放牧も終わり有刺鉄線も撤去されています。降雪パイプを埋める溝も埋められている様子。

しかし、雨が多かった為かゲレンデ全域が乾いて居らず、ぐちゃぐちゃでタイヤが滑りそうな予感。

おまけに我がセニックのタイヤ(MICHELIN latitude cross)は、既に4分山で美味しいところはとっくに終わっちゃっています。






慎重にルートを確かめながら、無駄にアクセルを開かないように登ります。

途中で何度かタイヤを空転させながらも何とか直登成功。



無事にリフトの終点の鉄塔のある平地までたどり着きました。





無事にゼミも終了し、深夜の12時に小屋を後にする事になりましたが、月明かりの無い真っ暗なゲレンデの所々には、泥沼が口を開けて待ち構えています。

草で無くても雨に濡れた牧草は滑りやすく、ヘタにブレーキをかけると車体のコントロールを失いそうです。

学生達の 見守る中 アクシデントを期待する中、そろりそろりと慎重に車を進め無事に麓までたどり着きました。





家に帰り着いて、FBMの支度が終わったのは午前3時過ぎ。

2時間弱の仮眠を取って、FBMの会場に向かうことにします。








ビビってゲレンデの麓の駐車場に置き去りにされていた、某助教のラングラーが寂しそうに駐まっていたことは学生達にはナイショにして置きましょう。(^Д^)
2016年09月08日 イイね!

ちょっと寄り道(^Д^)

ちょっと寄り道(^Д^)











欠品外装パーツにもめげず、車両保険限度目一杯を費やして、やっと修理の終わったセニックを引き取りに行きました。

今回は、パーツ待ちの合間を利用して、懸念材料であった、クラッチレリーズシリンダーとトランスミッションの5速絡みのパーツを交換してもらいました。



保険修理の主な箇所は、ほとんど板金屋さんとガラス屋さんの受け持ちでしたが、限られた予算の中でなかなか頑張って頂いたようで、ダメージはほとんどわからないくらいに仕上がっていました。



久しぶりに乗るセニックは、ムルティプラのターボディーゼルとはまた違ったトルク感で、「良いエンジンだな」と再認識させられます。まさに実用2リッターの鏡のような特性です。





久々の乗車で気分が良くなった事もあり、トランスミッション関連の様子見を兼ねて、ちょっと寄り道をしてしまいました。(^Д^)



2016年08月08日 イイね!

やっぱり無い!

やっぱり無い!











週末に、隣組の集まりがありました。

すると、ご近所さんから(ご近所と言っても200m以上離れていますが・・・)、積車で運ばれていったセニックの目撃談が寄せられました。





ご近所さんその1

「うちの奥さんが、レッカー車で運ばれてきたの見たんだけど、青い新しいの買ったんですか?」

これは、代車で運ばれてきた、プジョー307SWの目撃情報ですね。


私、

「あっ、あのプジョーの事ね」

「代車を運んできてもらったの」





ご近所さんその2

「○○さん(これ私の事ね)、随分メチャメチャだったけど、右側にゴロンとやっちゃったの?」

この方、積み込まれた直後に通り過ぎて行きましたが、右側全面にわたるマスキングテープの養生を見て、近くのワインディングで横転したのかと思われたようです。


私、

「無傷だったのは左側面だけで、ボンネットからリヤゲートまでぐるっと傷だらけになっちゃった」





ご近所さんその3

「随分でかい積車が来てたんじゃない?」「何積んできたの?」

今回ピックアップに来てくれた積載車は、1台積で良くある2トンベースでは無くて4トンベースの大きなものでした。


私、

「4トンベースが来てくれたから」「それに林の小道だから余計でかく見えたんじゃ無い」





ご近所さんその3  (この方樹木医で、顛末は既に知っています)

「順番に間伐して世代交代させていかなきゃ」「このままだとそのうち家の方に・・・」

同世代の楢の木が茂っているので、風で梢同士が当たり、余計に折れやすくなっています。

少し間伐をして枝同士が当たらないようにするか、高さに差を付けた方が後々のために良さそうです。


私、

「まあぼちぼちとやって行こうとは思うけど、家の周りのヤバそうなところは任せるから」




ご近所さん、最近の若い子たちとは違って車に興味がある世代。

皆さんそれぞれにチェックをされているようです。(^Д^)








それはさておき、先ほどセニックを修理に出しているショップより連絡がありました。

先日、リヤゲートが欠品である事はブログに書きましたが、もう少し需要があるであろう『ドアミラー』も本国欠品である事が判明しました。


いよいよ一号機からの部品はぎ取り決行でしょうか・・・

2016年08月02日 イイね!

製造終了在庫無し

製造終了在庫無し









セニックRX4のこの特徴的な“おしり”、結構気に入っています。

タイヤカバーで全周包むのでは無く、下方をスパッと切り落とす手法は秀逸です。

またそれを、造形的にバランス良く見せるため、外周をセンターと同心円にせず、微妙に馬蹄形にして仕上げるなど、造形感覚に優れたデザインだと言えますね。








しかし、このお気に入りのリヤゲートの存続が危機に陥っております。

破損箇所を一通りリストアップして、パーツの在庫状況を当たったのですが・・・



ぱっくりと割れてしまったこのリヤゲート、本国にも在庫がありません。



製造終了後、15年も経てば無理からぬ事だとは思いますが・・・

元々が特殊な仕様のため絶対数は限られていますが、他グレードとの互換性が一切無い外装部品だけに、在庫の払拭は痛いところです。

もっとも、新品パーツが見付かったとしても、価格設定が約30万円くらいだったように記憶をしています。

ここは、板金塗装屋さんに腕を振るってもらうしかありませんね。






車両保険の限度額は全損で60万円ですが、補修箇所をざっと見ただけで軽く100万オーバーになりそうです。

何とか限度額以内に納めるために、板金塗装屋さんには色々と頑張って頂くことになりそうです。




交換部品、リヤゲート以外は全て見付かりましたが、全てフランス国内での在庫です。

製産終了後6年で、主要なボディーパーツが手に入らないムルティプラと比べるととても優秀ですね。

フランス国内・・・あっ・・・

サマーバケーションでほとんど機能していないかも・・・

うわーっ (^Д^)

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
シトロエン 2CV シトロエン 2CV
2CVには28万キロほど乗りました。 背景に2年ほど前まで所有していた車が・・・
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる