• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2010年04月30日 イイね!

足回りの適正化(その6)

足回りの適正化(その6)到着を待っていたラバーパーツの写真です。

勘合の山がつぶれ切っちゃっているばかりか、至る所ヒビだらけです。
ゴムとしての弾力はまだかろうじて残ってはいましたが、早晩崩壊は免れないでしょう。

このラバーパーツ、税込み1個¥893-なり。(まあ妥当な値段か・・・)


アッパーマウントのラバーの方は・・・・
ちょっとびっくり!

外してみてはじめてわかった恐ろしさ・・・
これは目視だけではわかりません。
ちょっとすごかったので、明日にでもカシメを外して内部公開の予定です。
それにしても、国内在庫があって良かった〜。
これを見ちゃったら絶対に「無かったことにしてそのまま組んじゃえ」ってな気持ちにはなりません。

詳細は、足回りの適正化(その7)にご期待を。
(期待してないなんて言わないで・・・)

やっぱ携帯のカメラ写り悪いな。
一度ショップで点検してもらおうかな。
Posted at 2010/05/01 00:01:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | JTD105適正化計画 | 日記
2010年04月30日 イイね!

足回りの適正化(その5)

足回りの適正化(その5)アッパーマウントとコイルスプリングの支持部のラバーパーツが届いたので、本日夕方はスプリングの組み替え作業です。

なんの問題もなく、すんなり交換と言いたいところですが、ちょっぴりと問題もありました。
先ずは、モンローの「マウンティングキット」、ダイキャスト製で純正のエンプラ製パーツより、見た目に高級感がありますが、実際に動かしてみると、11万キロ走行の純正部品の方が滑らかで、高い制度感を伴って動きます。
左右とも調べた結果、純正パーツをそのまま使うことの方が良さそうだったので、モンローのマウンティングキットはお蔵入りとなりました。

それから、ショックアブソーバーのトップを停めるナットを巡っても、選択を迫られました。
純正パーツはフランジ付きのセルフロックナット。
モンローのショックに同封されてきたナットはつぶしのロックナットとワッシャー。
本来ならば、ロックナットの再使用は不可なんですが、フランジ付きの純正ナットの方が好ましかったので、悩んだ末にロックタイトを塗って使用しました。

ショックアブソーバー全体を見た感じでは、モンローの製品の方がショボイコストダウンに気を遣っている様子です。

こうして並べて写真に撮ると、新旧の違いがはっきりする以上に、ダストカバーやコイルスプリングの汚れが目立っちゃいますね。
夕方の明かりでは、目視上そこそこ綺麗にして組み上げたつもりでしたが、写真は正直でごまかしがききません。
(それにしても携帯のカメラ画像悪すぎ!)
Posted at 2010/05/01 00:00:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | JTD105適正化計画 | 日記
2010年04月29日 イイね!

ヘッドライトの適正化(その2)

ヘッドライトの適正化(その2)銀蒸着のフィルムは、適度に周りの風景を移し込んでくれ、反射板がレンズ越しに見えるのと同じような感じで、ちょっと見ただけでは目隠しが張ってあることがわかりません。
よく見ると何かが張ってあり、事情のわかるひとのみ「うんうん」と納得してくれるのはちょっと嬉しかったりもしますが・・・


我が家のムルはディーゼルの左ハンドル。
ヨーロッパではガソリン車よりも圧倒的多数製産され、部品のストックも遙かに多くて安心。
すぐに割れちゃうプラスチックの内装パーツだって、左ハンドルの方がきっと手に入りやすいもんね。
燃ポンだって違うし、右ハンドルの正規輸入車よりも安心安心・・・・・のはずが、、、

左側通行用のヘッドライトって二度と手に入らないんじゃないの?

継続車検時に、検査官に意地悪言われたらどうしようなんて考えているうちに、左側通行用のヘッドライトの在庫が気になり出しました。
これって日本になかったら、イギリスにしか在庫無いんじゃない?

早速ディーラーに在庫確認したら・・・右ヘッドライトの在庫は4個、左ヘッドライトの在庫は1個のみ!
あっ、車体幅が広いムルティプラは、左の見切りが悪くてみんなぶつけるのか?

そんなことはどうでも良いけれど、「あっ、今すぐ注文します。この電話で正式発注と言うことでよいですね」と念押しをする私がそこにいました。(笑)

写真上は、銀蒸着フィルムを張ったムル。(あんまり違和感ないでしょ?)
写真下は、めでたく交換なった左側通行用のヘッドライトと取り外した対策済みヘッドライト。

交換は二面幅10ミリのボルト三本を外すだけです。(フロントウインカーは外します)
左ヘッドライトの交換は、若干の知恵の輪的テクニックが必要ですが、右側はいとも容易く交換可能です。
取り寄せたヘッドライトは、光軸調整のアクチュエーターやバルブまで全てそろっており、思いがけずリーズナブルな価格です。
国産某車だと10万円超ですが、その1/4くらいの価格。
でも今回は、快適化計画も密かに同時進行されたので、装着されていた新品バルブの出番は無しです。


さて、快適化計画は日記として公開されるのか?
Posted at 2010/04/29 23:06:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | JTD105適正化計画 | 日記
2010年04月29日 イイね!

ヘッドライトの適正化(その1)

ヘッドライトの適正化(その1)足回りの適正化作業は、アッパーマウントのラバーパーツが手元に届くまでしばしお休みです。
足回りをいじりはじめる前に実施した、「ヘッドライト適正化」作業のご報告。

我が家のディーゼルムルは、並行輸入左ハンドルで、仕向地のスペインにあわせて右側通行用のライトが付いています。
四灯の車両は、車検ではロービームを覆いハイビームのみの光軸が検査されるので、多くの場合ロービームのレンズカットを問われることはありません。(検査官によって基準が違います)
車検に合格すると言うことと、実際の使い勝手は必ずしも一致しませんから、今日は、左側通行の日本の夜間走行に合わせた適正化の報告です。

我が家の周辺は、日が暮れる頃になると、タヌキ、キツネ、ハクビシン、大きなところになると、ニホンジカやカモシカまでが闊歩をはじめます。
しかなんかが暗闇からヌッと出てくると、心臓がのど元まで飛び出しそうになっちゃいます。

路肩まで十分に光が届くように、ロービームの光軸を調整すると右側通行用のレンズカットでは、ドライバーの顔がわかるくらい盛大に対向車線に光を飛ばします。
これではあまりにも対向車に迷惑なので光軸を下げると、魑魅魍魎の潜む路肩側に全く光が届かず路肩に寝ている猪さえもはねとばしそうです。
と言うことで、対向車側に飛んでいる光だけをカットします。
これは変な車を乗り継いできた私にはお手の物で、銀蒸着の粘着フィルムをレンズに向かって右下の、レンズカットのない部分を覆い隠すように接着すればOKです。

日が暮れるのを待ち、コンビニの防音壁に光を当て光軸を調整。
近所の山道に出かけてみると綺麗に対向車線側の光がカットされ、安全に且つ対向車に迷惑にならないヘッドライトになったことが確認できました。

ただし、あまりにも水平に光がカットされるので、路肩で象が鼻を伸ばしていたりするとそこまで光が届きません。
今後の課題になりそうです。
Posted at 2010/04/29 23:05:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | JTD105適正化計画 | 日記
2010年04月25日 イイね!

足回りの適正化(その4)

足回りの適正化(その4)残念ながら作業中断。

アッパーマウントのラバーパーツに変形&無数のヒビ発見。
スプリングとベアリングの入った支持部との間のラバーパーツもかなりやばい。

この部分がしっかりしていないと、サスペンションのストローク以前にラバーパーツが変形し、ダンピング効果の全くないピョコピョコした挙動が起きてしまいます。
アッパーマウントの消耗は予想されたため、ショックアブソーバーと一緒に「マウンティングキット」なる物も入手していたんですが・・・

「マウンティングキット」とは、アッパーマウントのラバーパーツではなくて、ベアリング部分のパーツだったんですこれが・・・
(マウンティングキットと言えば、アッパーマウントのことだと思うでしょう普通)

問題箇所を見ちゃったからにはそのまま組むわけにも行かず、ラバーパーツの国内在庫を確認してもらいました。
在庫無しで、本国からの取り寄せなんてことになったら・・・

幸いなことに国内在庫1台分有り。
28日に手元に届くまで、しばし作業中断となりました。

主治医殿、リフト占領ご勘弁を
Posted at 2010/04/25 21:01:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | JTD105適正化計画 | 日記

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

今のところ問題無し! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/16 08:48:03
ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
ルノー エスパス “隠し球1号” (ルノー エスパス)
エスパスⅠのフェイズⅡのクワドラです。 黒ホイールでは長大な車に見えますが、これでも全長 ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.