• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2011年04月30日 イイね!

第三種接近遭遇?(古〜っ)

第三種接近遭遇?(古〜っ)今日は、長野市の「エム・ウェーブ」まで、『ノスタルジックカーフェスティバル』を観に、家族で出かけました。

目当ての車があったわけではありませんが、知人がCitroënのDSブレークを出展するのでそのひやかしと、あわせておちびさん達を「茶臼山動物園」に連れて行くのが目的でした。

まあ、ほとんどの出展車が、“テロテロ塗装”なのが興ざめでしたが、会場から地下駐車場に下りた際、思わぬ収穫がありました。

適度にヤレつつも、丁寧に使われているのがわかる、ターコイズの黒バンパーのムルが、ちょうど階段を下りたところに駐まっていました。
私のムルは、10メートルほど離れた柱の陰に駐めていたのですが、出来ることならツーショツトを実現させたかったですね。

このムルで、注目すべきはディッシュタイプのアルミホイール!(ひょっとしてマグかも?)
一時代前の、クロモドラやカンパニョーロを思わせるデザインのホイールに目を奪われました。

持論ですが、ムルティプラのフォルムには、スポーク型のホイールより、プロトタイプデザインと時を同じくする、ディッシュタイプの方がバランス的に優れていると思います。
しかし、ディッシュタイプの選択肢が無いのも現実です。
そんな中、ちょっとクラシカルなモティーフのアルミホイールを履いた、ターコイズのムルティプラがとても格好良く見えました。

うちのおちびさん、定位置である前席真ん中がたたまれているのを見て、かなりショックのようでした。(笑)
Posted at 2011/04/30 22:10:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | ディーゼルムルのページ | 日記
2011年04月26日 イイね!

エバポレーター?

週末の土曜日は、季節外れの大雨でした。
我が “秘密基地” 周辺では、まだ桜の開花が進んでいないので、暖かな雨で花も開きはじめることでしょう。

と、思ったところ昨日は雹も降るし、今朝は0℃近い冷え込みに・・・



土曜日の雨の中、濡れた傘を車内に持ち込んだところ、前後左右の窓が曇り、目隠しをされて走っているような状態に・・・
CitroënのDSも、2CVも、雨の日は窓が曇って『フォギーX』が欠かせませんでしたが、エアコン付きのムルティプラなら大丈夫。
2CVなんてブロアファンすら無いから、もう自分の息をすることさえためらわれる感じでしたからね。

しか〜し、大丈夫なはずの我がムルティプラ、エアコンスイッチを入れてもコンプレッサーの作動音するばかりで、一向に曇りがとれず??

仕方なく、デフロスター全開でリアデフォッガーのスイッチもON。
同乗の家族には悟られることなく無事に帰宅を済ませたのですが、今の時期は良いにしてもすぐに暑くなるし、梅雨時にエアコンが効かないなんて、ファミリーカーとしては許されないかも。



日曜日は朝一で主治医の工場まで走り、ゲージを繋いで低圧側、高圧側ともに圧力を測ってみたところ、若干の圧力低下はあるものの、ガスが抜け切っちゃっている様子は無し。
と言うか、リキタンがエアクリーナーの下に隠れ、サイトグラスの存在すら確認できず。
何度かスロットルをあおってみたところ、高圧側の針の動きが何となく怪しい・・・

インパネの吹き出し口に温度計をあてては見たものの、外気温自体が5℃くらいしかないんじゃ冷えているかどうかも良くわからず。
主治医に相談したところ、餅は餅屋と言うことで、エアコンは電装屋さんで一度きちんと見てもらった方がよいだろうと言うことになりましたが・・・

ガスはあるし、コンプレッサーは動いているし、あとは・・・

あ゛っ !  もしかしてエバポレーターか?

インパネまわり全部外すことになるの?
なんか崩壊しちゃいそうだし!

Posted at 2011/04/26 22:50:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | JTD105適正化計画 | 日記
2011年04月20日 イイね!

ハブベアリング交換(その2)

ハブベアリング交換(その2)古い方のハブに刻まれた溝、よく見るとブレーキダストでほとんど埋まりかけています。
指先を突っ込んで溝を探ると・・・???
あれっ、何だこの不思議な手応えは?
溝のように見えますが、実際には溝が刻まれていたわけではありませんでした。
外周に施された磁性体に、ブレーキダストが縞状に引き寄せられているだけのようです。
試しに工具を近づけると、新旧共に引き寄せられます。

よかった〜これがABS用のハブだったんだ。


ホッとしたところでハブを引き抜いてみると・・・
予期はしていましたが、ぽろっとベアリングの球が抜け落ちてきました。
1番目の写真のように、並んだボールの中からひとつ抜け落ちて来たのです。

抜け落ちたボールを観察すると、2番目の写真のように一部が剥落しています!

スピンドルに残った、インナーレースのグリスをぬぐうと・・・(3番目の写真)
うわっ!酷い虫食い状態。

こいつとこいつが音の原因だったのか!(4番目の写真)
道理で酷い音が出るわけだ。
やはり、推測は当たっていました。
これで、ハブベアリングが新品になれば音も収まるはずです。

原因もはっきりしたところで組み立てに入りますが、ハブナット、国内に在庫がありません。
仕方がないので入荷まで、暫定的に今までのナットを使いますが・・・
このナット、一般的なクラウンナットに割りピンで固定するタイプではありません。
ナットの一部をつぶして変形させることで、緩み止め効果をねらった「セルフロックナット」です。
基本的には、セルフロックナットの再使用は不可ですが、入荷までは何とか頑張ってもらいましょう。
で、念のために秘密の緩み止めを施して、キャップを装着。

リフトアップついでに、タイヤエア充填とオイル交換を済ませ、いつもの試乗コースへ。

「ゴウゴウ音」はウソのように消えました。
そして・・・
ターボのタービン音が聞こえるようになりました。(笑)

ご協力下さった皆様に感謝です。

めでたしめでたし。
Posted at 2011/04/20 22:44:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | JTD105適正化計画 | 日記
2011年04月20日 イイね!

ハブベアリング交換(その1)

ハブベアリング交換(その1)道路凍結の心配が無くなった事に加え、セニックRX4があれなので、メインの足は「ムルティプラ」の生活が続いています。

そこで、納車直後より発生していた『リアハブからの異音』を何とかしようと思い立ちました。
特に最近は、もう乗るのがいやになるくらいうるさい音がして、フロア全体が音と共に振動するほどです。

症状は、走行時に一定周期ごとに「ゴウゴウ」と音が鳴ること。
直線路でも音は鳴るけれど、コーナリング時、特に左コーナーで激しい音が発生しています。
音源は、ハブベアリングであろう事は想像できましたが、特に冬場は「ムルティプラ」の出番がなかったのでそのままにしておりました。



パーツの手配はいつもの「サクセス」さんから。
丁寧で素早い対応に、いつも頭が下がります。
作業は、これまたいつもの「ティー・ベース」さん。
今回も諸事情あって、DIY作業ではなくプロにお願いです。

2番目の写真は外したドラムですが、けっこう摩耗が進んでいますね。
おかげでシューが段差に引っかかり、なかなかすんなりとは外れてくれませんでした。

3、4番目の写真は、新旧のハブです。
ムルティプラのハブベアリングは、ハブとアッセンブリーになっており、ベアリング単体での交換は出来ません。
そこで、ABS装備車両用のハブを取り寄せたのですが・・・

3番目の写真、古いハブには奥の方に溝が見えるのがわかりますか?
で、4番目の写真、あたらしい方には溝がありません!
ガーン!
ABS有りのつもりで、間違えてABS無しのを注文しちゃったかな?
今日はサクセスさん定休日だし・・・
ここまでばらしておいて、またそのまま組むのも何だし・・・

つづく
Posted at 2011/04/20 22:00:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | JTD105適正化計画 | 日記
2011年04月18日 イイね!

ABSアラート点灯

カーナビを取り付けて、快適化を図った我がディーゼルムル、でもちゃんと車速パルスをとっていなかったのよね。

Web上で情報を集めても、みんなガソリン車でタコメーター付。
タコメーター無しのディーゼルムルとは、コネクター形状も端子数も違って、情報をそのまま利用することも出来ない状態でした。

なので、車速パルス用の配線は、ぐるっと丸めて灰皿の中に突っ込んだままでいたのですが・・・
トンネルの中などでGPS測位ができないとき、初めての道でトンネル直後に分岐があったりすると、ちょっと焦ってしまうような場面に遭遇することもしばしば・・・

セニックが出動不能な現状、ムルティプラを少しでも快適になるよう、車速パルス線を結線することにしました。

車速パルス線を見つけるために、素人の私が何をやったかというと・・・
メーターを露出させた状態でリフトに乗せ、エンジンをかけてタイヤを空回りさせた状態で、コネクターの裏からナビのパルス線を結んだ針金を差し込んで、ひとつずつ確認して行くというやり方。

まず最初に右下から・・・ビンゴ!
1発目でパルス線を探り当てました。

が、直後にメーター内のABSアラートが激しく点滅!
そのまま点きっぱなしになってしまいました。
メインキーのONOFFを繰り返しても、しばらく放置しても消えず。
これは、回転していないリアタイヤと空転しているフロントタイヤのセンサーが、異常事態と判断してアラート表示をしてしまったようです。

さて、どうしたものでしょう。
地元にはFIAT販売店はありません。
系列店でFIATを扱っている、某外車ディーラーなら、「FIATエグザミナー」を持っているとは思いますが、「並行輸入車は形状が違います」とかなんとか適当なことを言って、追い返されたらどうしよう・・・

「ええいっ、ブレーキのことはともかくとして、先ずは走行テストだ」と、走り出したら、10メートルほどの所でめでたくエラー表示が消えました。
いや〜あ、よかったよかった。

その後、近所のトンネルを何度も往復する、ムルティプラがあったとか無かったとか・・・(笑)
Posted at 2011/04/18 23:06:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | JTD105快適化計画 | 日記

プロフィール

「ムルティプラ試走中」
何シテル?   02/15 00:01
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

今のところ問題無し! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/16 08:48:03
ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
ルノー エスパス “隠し球1号” (ルノー エスパス)
エスパスⅠのフェイズⅡのクワドラです。 黒ホイールでは長大な車に見えますが、これでも全長 ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.