• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2015年04月29日 イイね!

稼働中

稼働中









つい先日までは、こんな感じてで作動点検が行われていたオービスですが、連休を前にして全機可動をはじめたようです。

連休中中央道を利用される方は、くれぐれもスピード違反に問われること無きよう十分に注意をして下さいね。





中央道を走っているとオービス以上に気になるのが、Nシステムのカメラがやたらと増えたこと。
そう、最近のはまるで鳥の巣箱のような形で、本線状に多くが3つ並んでいるやつです。

私はこれ、単に盗難車両の発見のためでは無く、何かの布石のように思えてなりません。
オンラインでデータ処理をするので、情報収集量は事実上無尽蔵ですし、ちょっとしたデータ処理をすれば二点間の通過時間がかんたんに求められるわけですからね。

そうすれば、瞬間的な車速では無く二点間の平均通過速度がはっきりしちゃうわけで、「前の車を追い越そうとしてちょっとスピードが出過ぎちゃっただけ」だとか、「下り坂でついついスピードオーパしちゃったから見のがして」なんていう言い訳が一切通用しなくなります。





これ、駐車違反が路上駐車をしたドライバーにでは無く、車の所有者や事業者に罰金が科せられるのと同じように、スピード違反も速度超過したドライバーで無くて、車の所有者に罰金を科すって言う精度への前触れじゃ無いかと勘ぐってしまいます。

そうすれば、ドライバーが確定できない心配や肖像権などの問題も無く、確実に罰金を科せられるって言う仕組みで・・・



誰かが皮算用でもしているんでしょうかね?(^Д^)
Posted at 2015/04/29 15:33:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラなど | 日記
2015年04月27日 イイね!

『DS…ちょっとM』

『DS…ちょっとM』










オールドシトロエン乗りには『DSM』の方がなじみ深い、「シトロエンDS生誕60周年」のイベントに参加してきました。



うちのシトロエンは、DS(最終生産の75年式)も2CVも車検切れ放置プレイ中なので、走れるのはバイキ○マン顔の極初期型C4しかありません。
しかし、カミサンが足に使うので、残るはルノーかフィアットのどちらかの車です。

もうひとつ迷うのは、どのルートで掛川まで向かうかですが、ひとつは中央道・東名高速とほぼ高速のみを使ったコース。
そしてもうひとつは国道151号線か153号線を南下するコース。
酷道の152号線は、相変わらず崩落通行止めで選択不可!
時間的には、通行量の比較的多い時間に巻き込まれるか、前に遅いトラックでも走っていない限り圧倒的に山越えの国道コースの方が時間短縮が可能です。

そうなってくると、選択肢は自ずとムルティプラに決定となります。
なぜってつづら折れの山道を走るには、どこからでもトルクの立ち上がるムルティプラの方が圧倒的に楽しいから。(^0^)
ただし、ブラインドコーナーを読み間違えて、ターボゾーンから回転を落としてしまうといささか焦れったい思いもありますけどね。




と言うことで、タープと椅子を積んで、ムルティプラで出撃!



現地では久しぶりに再会する友人や、いつもの仲間と楽しい時間を過ごすことになりましたが、大会名に『DSM13』と謳っているにもかかわらず、「日本SMクラブ」(なかなかにしてすごい名前)の定例会が別の機会に催されることにもなった経緯から、『DS…ちょっとM』な集まりになっていました。

DSのオーナーも随分と様変わりして、おなじみだったデカポタブルも既に日本に無く、また若くして鬼籍に入ってしまったメンバーの話しも聞きました。

驚いたのが一時よりも参加のDSが綺麗なこと!
艶引けしていたりサビが浮いたりが当たり前で、申し訳ないことに駐車場の路面にオイルのシミを残していた頃と比べると、どの車も見たところよく手入れされている様子でした。

機関の方はどの程度手を入れられているかはわかりませんでしたが、聴くともなしにある会話が耳に入りました。
DSの名誉のために一言述べさせて頂くなら、「きちんとセミオートマを調整しておけば、都内の渋滞を一日走り回っていても、ぎくしゃくした動きはしませんからね」
「オーバーヒートもありませんよ」
90年代の、今より劣悪な都内の交通情況の中、通勤に使っていて全く問題はありませんでしたからね。(^Д^)



で、結局は会場を回ることもあまりせず、『DSM』開催当初からのメンバーとゆっくりおしゃべりしただけで一日を過ごしました。
監事のmさんkさんお疲れ様でした。
会場を後にするのは最後の組になりましたが、DS3のグループが駐まっていた辺りに、折りたたみ椅子が2台置き忘れてありましたよ。
思い当たる方は、「つま恋」であずかって頂いているようなので連絡を入れて下さいね。


帰りには、浜松で餃子をたらふく食べ、ほとんど貸し切り状態の国道152号を経由して帰宅しました。
楽しい1日でした。
Posted at 2015/04/27 09:55:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | くるまイベント | 日記
2015年04月21日 イイね!

『DSM』の頃・・・

『DSM』の頃・・・










みんカラブログを読むと『DS60周年ミーティング』に足を運ばれる方も多いようですね。



『DS60周年ミーティング』も今週末と迫る中、丁度10年前の『DSM-6』開催時の出来事を思い出しました。

10年前は、今ほどSNS等での情報交換は無く、『DSM』も極々内輪の集まりという感じでした。
『DSM』開催の告知も、主催者のサイトにアクセスすることによってはじめて知ることが出来たので、そこの掲示板に出入りしているメンバーしか開催を知りませんでした。

とあるショップなどはお客さんに対し、「DSMは○○で車を買ったひとの集まりだから・・・」などと根拠の無いことを流布していたことも有り、なかなか規模が広がらない集まりでした。(実際は特定のショップ主催と言うことは無く、何処で買ったひとも分け隔て無く門戸を開いていたのですけれどね)



そんなわけで、いつもの見慣れたメンバーが前日午後から集まり、会場の駐車場に車を止めながらあいさつを交わしていると、会場の施設利用者が遠巻きにして「めずらしい車が集まっているね」と言った感じで覗いているのが常でした。



翌日は、前泊者も当日参加者も一緒に車を列べ、旧交を温めたりメンテナンスのノウハウやパーツの情報をやり取りしながら、ゆる〜くおしゃべりをしていたのですが、その中にまだ10代と思われる若い子が、ちょっと距離を取りながら他のメンバーのやり取りに耳を傾けている様子がありました。

メンバーのうちの一人が「あの子昨日も見てたよね」と、その子に気付き声をかけると、『DSM』の開催を知り、新幹線に乗って昨日から泊まりがけで見学に来た、DSの好きな専門学校生(高校生だったかも)でした。

訳を知って、メンバーが代わる代わる声をかけ、車の説明をしたりシートに座らせたりと、その子の勇気と行動力を称えながら一日すごしましたが、日も傾きはじめついにお開きの時間になりました。

その子の話しを聞くと、家は春日部方面で帰りの切符はまだ手配していないと言うことがわかりました。
そこで、当時練馬区内に居を構えていた私が「池袋駅までなら」と言うことで、DSに同乗させて帰ることになりました。

室内に半分めり込んだようなレイアウトのOHVエンジンは、賑やかな音を立てていていささかビックリもしたでしょうけれど、独特の乗り心地やセミオートマの操作の様子など、充分に堪能することが出来たでしょう。



さて、その子も既に20代後半になっていると思いますが、今はどんな車に乗っていることでしょう?
池袋まで送ってくれた髭のおじさんや家族のこと、まだ憶えていてくれるでしょうか?

『DS60周年ミーティング』では、また新しい出会いが生まれるのでしょうか?
残念ながら私のDSは、車検切れ放置プレイ中なのでお留守番ですが、他の車で日帰り参加することにします。
(DSじゃないからって石を投げないでおくれよ・・・特に○○氏)



写真は当時の練馬のガレージ前のわがDS23です。

Posted at 2015/04/22 00:39:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | くるまイベント | 日記
2015年04月19日 イイね!

DS60周年ミーティング

DS60周年ミーティング










来週は、DS60周年ミーティングの開催です。

会場は、DSとSMの合同ミーティング『DSM』を行っている会場と同じ、ヤマハリゾートです。
今回は、C6 10周年ミーティングと同時開催の予定です。
過去には『DSM4』とBX 20周年ミーティングの同時開催などが行われましたが、今回は何台くらいのDSやC6が集まるのでしょうね。


写真は過去の『DSM』会場の様子です。
DSの巨大なアルミ製エンジンフードが一斉に開けられ、そろいも揃って風に吹かれてたわんでいる様は一見の価値ありです。(^Д^)







って1台しか開いてないじゃん。

DS19から始まって、20、21、23と、各時代毎の変化を子細に観察するのも一興です。




私のDSは、車検切れ放置プレー中なので、DSでの参加は叶いませんが、今回の参加はどうしようか未だ思案中です。

子供たちが遊べる場所もたくさん在るので、カミサンが一緒に行くならば子供たちを連れて土曜日から参加出来ますが、私一人では旧交を温める暇も無くなっちゃうので、とてもちび達三人を連れて行くわけには行きません。

とは言っても、C4ではチャイルドシート付では家族全員乗れないので、同じフランスのライバル会社の車に乗って行くか、イタリア製の6人乗りで出かけるかのどちらかになるでしょう。

天気の方は、週間予報では今のところ良さそうなので、いっそのことオートバイで駆け付けましょうかね。
Posted at 2015/04/19 15:40:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | くるまイベント | 日記
2015年04月13日 イイね!

中央道、オービス続々・・・

中央道、オービス続々・・・










これ↑は既設のオービスです。
中央道下り線、281.8kmポスト付近に設置されています。
これも、カメラアングルのセットのための□ペイントが良くわかります。





私の住まいの近くのこどもや老人が行き来する田舎の街道を、軒をかすめるようなスピードで通過する車両は見て見ぬふりですが、見通しの良い自動車専用道路ではオービスによる取り締まりが盛んなようです。

中央道を南下する機会があったので、新設されたオービスの場所をチェックしてみました。




これは下り線、恵那山トンネルを抜けた直後、276.5kmポスト付近に新設されたオービス。
2014年7月撮影のGoogleのストリートビューでは、基礎らしきものがちらっと映っているだけでまだ設置されていません。

恵那山トンネル開通当時には、この辺り多くのオービスを見かけましたが、ほとんどが撤去されていました。
この辺り、トンネル直後の急な下りカーブの連続で事故多発地帯!
もっと目立つように大きく「自動速度取り締まり旗設置路線」と付けてもらえれば、速度抑止の意味でも効果的なんですけれどね。

カーナビのオービスマップにはまだ反映されていませんのでご注意を。







これは、写真でも解るように306.5kmポストの所に設置されているオービス。
以前から設置されていて、カーナビ上でも警告が発せられます。





911が抜いて行きました。
この頃のポルシェはコンパクトでステキですね。






土岐ジャンクションから西方面はまたの機会として、次は上り線の様子です。

今や少数派になりつつあるのかドップラーレーダー式。
レーダー探知機に捕捉されてしまうので、検挙率低いのでしょうね。
↑後日確認したら、ループコイル式でした。m(__)m
314.7kmポスト付近にあります。

黄色のJHの道路パトロールカーが映っていますが、最近の傾向として白黒ツートンに塗り分けられた道路パトロールカーが増えています。
抑止効果を狙ったのでしょうか?







そしてこれが新設された、上り281.9kmポストの所に新設されたオービス。
下り線281.8kmポストの対面に近い場所に設置されています。(画像はブレブレですが・・・)

2011年11月撮影のGoogleのストリートビューでは、気配すら感じられませんね。(^Д^)






オービスの位置特定と写真撮影に気を取られ、路面の状況は良く確認できませんでしたが、
既設のものを除いてループコイル式の装置のようです。
路肩の所定の位置に設置された配電ボックスで、ループコイルが埋められて居るであろう事が読み取れます。


オービスの急増も気になりますが、それ以上に目に付いたのがNシステムのナンバー読み取り装置。
これ、2点間の通過時差から計測すれば、かんたんにスピード計算できちゃいますね。

それにしてもどこからこんな予算が湧いて出るのやら・・・以下自粛
Posted at 2015/04/13 20:59:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | カメラなど | 日記

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

今のところ問題無し! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/16 08:48:03
ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
シトロエン 2CV シトロエン 2CV
2CVには28万キロほど乗りました。 背景に2年ほど前まで所有していた車が・・・
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.