• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どこでもカントクのブログ一覧

2018年02月28日 イイね!

ラーメンタイヤ

ラーメンタイヤ












“隠し球2号”(疎開児童とも言う)のアルフェッタ1800GTの純正タイヤは、ダンロップもしくはグッドイヤーの185/70R 14です。

タイヤサイズ的に選択肢は少なく、各メーカーの省燃費タイヤの中からチョイスするほかはありません。

と言う事で、MICHELINのエナジーセイバー+を履かせていますが、ストレートグルーブ中心のエコタイヤは、新車販売の時代を考えるとルックス的にはNGですね。(;。;)







スペアタイヤには、当時のグッドイヤーの G800 GRAND PRIX 70 がそのまま搭載されています。

トランク内に収納され風雨にさらされないため、吊り下げ式のムルのスペアタイヤのようなこんなことにはなっていません。









G800 GRAND PRIX は、当時のレーシングタイヤのような“ラーメンパターン”が特徴ですね。

エナジーセイバー+と比べると、こんなに雰囲気が違います。
(ショルダーの形状は意外や似ていたりします)









サイドウォールの雰囲気も随分違いますね。








MICHELINからは、当時のパターンを最新のテクノロジーで復刻した、クラシックシリーズが発売されていますが、XAS、XVS、XWX のどれにもピッタリのサイズが無いのが残念です。

この頃の緻密なパターンは大好きなんですけれど・・・



2018年02月22日 イイね!

路上観察日記(第41回) 「気になる横顔」の巻

路上観察日記(第41回) 「気になる横顔」の巻



【くるまネタの無い時のために、日々路上で思わず2度見、3度見してしまう「プッ」なものや、?! なものを集めてみました】






「気になる横顔」の巻





日に日に日差しも濃くなり、氷点下10℃を下回る日はほとんど無くなりました。

山にはまだまだ雪が残っていますが、それでもピークよりは随分と減ったように思えます。







雪の季節になると、南アルプスの前山に出来る“雪形”が気になります。

この地方では、中央アルプスの駒ヶ岳の名前の由来でもある「駒形」が有名ですが、「種まき爺」とか「島田娘」などの雪形も、“雪の積もった形”では無くて“雪解けであらわになった地表”の黒く見える部分を指します。

しかし、私の家の近くからは、“白く積もった雪の形”に面白い物があります。







先ずはこの雪形。








私は勝手にこれ↓の横顔に似ているんじゃないかと思っています。


(借り物です)






ちょっと無理がありますかね。(^Д^)







そしてもうひとつ。








何に見えますか?


比べてみると全然違いますが、私はウルトラマンのオープニングテーマの切り絵の怪獣『マグラ—』を連想してしまいます。




(借り物です)







遠景はこんな↓感じです。(撮影日時は異なります)



左側の「ピ○チュウ」の方が「黒川牧場」で、標高1,700m〜2,020m位にかけて広がっています。

右側の「マグ○—」の方は「向山牧場で、標高1,400m〜1,650m位にかけて広がっています。







どちらも戦時中は、「軍馬」を育てるための牧場だったようですが、現在は夏の間「肉牛」を育てるために放牧を行っています。

でも、最近はあまり使われていないようで、もう少し標高の低いところにある「北側牧場」が精々使われているくらいです。

で、この季節はと言うと・・・







鹿が我が物顔で群れており、春先の新芽を食い尽くしてしまうので、牧場は藪になる事無くなんとか残っている感じです。

“勝手に鹿牧場”か、“ほったらか鹿牧場”とでも名前を変えても良さそうな感じですね。

目のように見えるところは、何とか枯れずに残っている樹木ですが、新芽を食べ尽くした鹿が樹皮まで齧りはじめると行く行くは無くなってしまうのでしょうね。






未舗装の荒れた林道でしかアプローチできませんが、盛夏の頃には3〜40km程南の「しらびそ高原」(標高約1,900m)と共に足を運びたいところです。




Posted at 2018/02/22 20:03:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 路上観察日記 | 日記
2018年02月18日 イイね!

路上観察日記(第40回) 「甘やかしません!」の巻

路上観察日記(第40回) 「甘やかしません!」の巻



【くるまネタの無い時のために、日々路上で思わず2度見、3度見してしまう「プッ」なものや、?! なものを集めてみました】






「甘やかしません!」の巻





このブログを読んだ旧車ファンは、“勿体ない”と嘆き悲しむか、“よくぞ”と賞賛するのかどちらか気になりますが・・・








いすゞの117クーペと言えば、ピカピカに仕上げられた個体が各地のイベントなどで羨望のまなざしを集めていますが・・・

中にはこんな下駄代わりの個体もあるんです。







昨日は、春を思わせるような日差しの下界と、粉雪が吹きすさぶ山付けでは、ほんの3kmの違いで対照的な天候でしたが、本日は風も少なく濃い日差しが降り注いでいます。






昼前にちょっと時間が出来たので、子どものころスケートに良く連れて行ってもらった湖(分類上正確には溜め池)が今どんな感じなのかと見に行ってみました。

わが家からは20分とかからない距離ですが、サクラの季節以外にはほとんど足を運ぶことの無いところです。

“御神渡”はありませんでしたが、こんな↓感じに全面結氷していました。








折からのオリンピック中継の影響で、にわかにウィンタースポーツが盛りあがっているようですが、老若男女スケートを楽しむ文化はここ南信州では既に過去のもののようで、スケート場としては運営されて居らず人の気配もありませんでした。








その帰り道、民家の軒先に懐かしいリアビューを見つけました。









が・・・






何か視界の隅に引っかかりを感じて車を駐め、違和感の原因を探してみました。



















わかりました。

違和感の原因はこれ↓です。









雪の中、生活の足として働いているようで、リヤタイヤには古いタイプのラダーチェーンが装着されています。

融雪剤の撒かれた中を走るので、古いチェーンはサビサビで、ゴムバンドも何カ所かで千切れています。

しかし、純正ホイールでISUZUのロゴの残るハブキャップも残っています。









車体は艶引けした上に、サビで塗装が浮き上がっていて、つつけばそこら中に穴が空きそうな感じですが、タイヤの空気の入り具合や中の様子をちらっと覗いた感じでは、“生きている”個体のようです。







ウィンカーの位置などを見ると、ハンドメイド時代の個体ではありませんが、それでも床の間飾りにせずに雪の中でも実用車としてガンガン使っている様子です。

私も車を甘やかすようなことはしません(メンテはきっちりやります)が、この117クーペ、どんなオーナーさんが乗っているんでしょうね?




Posted at 2018/02/18 17:05:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 路上観察日記 | 日記
2018年02月12日 イイね!

偶然にぞろ目も・・・

偶然にぞろ目も・・・












先週末になり、やっと地面が見えはじめたわが家でしたが、昨夜からのちらちらと降り続く雪のため、また30cm程の積雪になってしまいました。







今日は娘がバレンタインデーの前倒しで、手作りのチョコレートクッキーをお友達(数人!)に届けたいと言うので、雪の中小回りの利くカングーで出かけました。






カングーのエンジンは、いにしえのルノーエンジンらしく極低速まで粘るので、除雪車の入っていないような坂道でも雪の抵抗に負けること無くユルユルと登って行きます。

エンジン回転を上げる必要が無いので、氷雪に覆われた山坂を登るのには、無駄なスリップも無く安心ですね。






標高差による気象の違いは驚くほどで、わが家の周りでは多少水分の多い雪がそのまま路面に氷り付いているような状況でしたが、たった3km下っただけで路面は完全にドライ。

標高差は300m以上ありますが、雪の“ゆ”の時も見当たらないと言う極端な違いです。







夕食も終え、気温もマイナス10℃位まで下がったところで、明朝の路面コンディションのチェックも兼ねて、いつものコーヒー屋さんへ出かけました。

私の場合、「ちょっと飲みに出かけてくる」って言うのは、お酒を飲むための店では無くて“コーヒー屋さん”に行く事を指します。(^Д^)







路面状況はと言えば、我が家の前の坂道は普通に立てないくらいに氷っていますが、1km程下ってしまえば路面はほとんどドライ、凍結区間だけ慎重に下って行けば問題無さそうです。
(登れなくて放置される車がまた沢山出そうですが・・・)







家にたどり着く前にメーターを見たら、もうすぐ“123456km”になりそうだったので、ちょっと遠回りをしてパチリ!

タイミング良く123456と、並んだ数字を写真に収めることが出来ました。






家に戻り、“みんカラ”のブログにアップしようかと写真を確認したところ・・・

偶然にもカングーの時計は“22:22”を示していました。(^_^)v






何か良いことあるかな?




Posted at 2018/02/13 00:24:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | カングー4×4のページ | 日記

プロフィール

「夜更かし」
何シテル?   04/16 22:17
どこでもカントクです。 どれもまっとうな実用車だと思って乗っていますが、 なぜか変な車ばっかりと思われています。 どうぞよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

今のところ問題無し! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/16 08:48:03
ボケ防止 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/04 19:57:04
W113 Pagoda Roof SL is another ultimate choice! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/08 20:49:53

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー セニック ルノー セニック
セニックRX4の2台目です。 色も仕様も同じ、車体番号も数台しか違わない車両です。 登 ...
フィアット ムルティプラ フィアット ムルティプラ
ムルティプラのディーゼルターボ車です。 大人3名乗車と、チャイルドシート3脚が不自由なく ...
ルノー エスパス “隠し球1号” (ルノー エスパス)
エスパスⅠのフェイズⅡのクワドラです。 黒ホイールでは長大な車に見えますが、これでも全長 ...
シトロエン DS シトロエン DS
某ヒルクライムでは『日本最速のDS』と言うことになっております。(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.