• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まーちんD-45のブログ一覧

2013年02月23日 イイね!

今日は2月23日 /^o^\フッジサーン


2月23日(土)。



昨日は2月22日、にゃんにゃんにゃんでネコの日だったそうで…
2月2日でもエエやんか…







…んで、今日2月23日は…








そう!富士山の日ですっ!(^-^)/















なので、行ってきました。



@河口湖大石公園。 このモニュメントはいつでもあるけど、今日行くことに意味がある。










久々にしつこいぞ…











フッジサーン! /^o^\①

山中湖 長池親水公園








フッジサーン! /^-^\②

アップ!










フッジサーン! /^・^\③

河口湖 大石公園













フッジサーン! /’-’\④

アップ!
















以上、本日(2/23)撮れたての新鮮な富士山でした♪












オマケ!

富士山の日を記念して 富士山シルエット特集~♪











清里スキー場














箱根スカイライン














西伊豆 大瀬崎














昇仙峡














本栖湖















田貫湖
















山梨航空学園
















三国峠














朝霧高原















田貫湖















山中湖
















海ほたる











一番最初に「富士山の日」を提唱したのは、以前のブログでも紹介した『富士見の謎』の著者である田代博氏で、
NiftyServeのフォーラム上でのことで1996年だそうです。
その後、2001年12月に河口湖町が制定し、2009年に静岡県、2011年に山梨県がそれぞれ条例化したそうです。






久々 ウンザリしただろぉ~




おしまい






p.s. 2:23のアップはムリだったけど 22:30にアップできたぞ^^b

Posted at 2013/02/23 22:30:44 | コメント(15) | トラックバック(0) | 富士山 | 日記
2013年02月19日 イイね!

neo富嶽三十六景 vol.7 (静岡?編 その2)


さあ、富嶽三十六景のいよいよ第7弾です。

今までも色々なウンザリシリーズをやってきましたが、さすがにウンザリ気味です…(^^;

それでもやります。
 他にネタもないし…






まずはコレ…








『駿州大野新田』










現在でも『大野新田』という地名が東海道線の「吉原」と「東田子の浦」の間にあります。










なので、前回紹介した田子の浦港に行ったあとに寄ってみました。


ここは、東田子の浦駅に近い「浮島ヶ原自然公園」からの景色です。 (2013年1月13日撮影)






もうちょっとアップ。















もういっちょ↓


新幹線の中から撮った富士山。(2013年1月28日撮影)




最近大阪出張する機会が多く毎回新幹線の中から富士山を沢山撮っているのですが
その中から写っている建物などとgoogleMAPを見比べながら大野新田近くを通過した
写真を特定したものです…(汗

畑も広がっていて雰囲気が似てるでしょ^^b


















さて次っ!














『諸人登山』











富嶽三十六景のほとんどはタイトルに地名が付くのですが、三点ほど地名の付かない作品があり、
『諸人登山』もその一つです。
なので、この作品が静岡側山梨側どちらから登ったものなのかは不明なのだそうですが、勝手に
静岡側と決めました。根拠はありません…(^^;











と言う事でコレ↓


2000年9月(約13年前!)家族で五合目まで行った時の写真です…(汗







山頂をよ~く見ると当時は富士山レーダードームがまだありました。


当時のデジカメは300万画素くらいだったのでアップにすると、かなり粗い…







この二年後の2002年9月にも同じ様な家族写真があるのですが、その時には
富士山レーダードームはもうありませんでした。


今では道の駅「富士吉田」の近くにこのレーダードームは遺構されています。







と言う事で、古い家族写真を引っぱりだして貼り付けて、





おしまい…


Posted at 2013/02/19 00:50:20 | コメント(14) | トラックバック(0) | 日記
2013年02月17日 イイね!

neo富嶽三十六景 vol.6 (静岡編 その1)


neo富嶽三十六景ウンザリシリーズ、第6弾。

しつこく続きます(^^;


今回はいよいよ静岡編(その1)です…(汗












それではさっそく…









『東海道江尻田子の浦略図』













現在の田子の浦はコレ↓


昔の面影は全然ないね。 田子の浦は私が子供の頃「ヘドロ」で有名になっちゃって「ヘドロ浦」っていわれてた…(^^;








しかしタイトルには東海道『江尻』田子の浦とある。
江尻は現在の清水市にある地名。 
清水のあたりから田子の浦方面を見た富士山だとすると…










コレ↓


三保の松原から見た富士山。(2011年9月撮影)






でも、なんか手前の山の位置や稜線の傾きが逆…





色々ネットで調べてみると、沼津の方から見た富士山なのではないか
という説が結構多い。






…なので、沼津の千本松原に行ってみた。













でも雲に覆われて富士山は見えなかった…


先日の番外編で使った写真の使い回し…(汗






でも手前にある愛鷹(あしたか)山の稜線はイイ感じ。









西伊豆の方に行ってみた。









沼津市西浦地区からの富士山



船も写ってるし、手前の山の稜線の傾きも同じだし、、『東海道江尻田子の浦略図』は
ここからの景色ということで強引に決定^^b








因みに、『東海道江尻田子の浦略図』は富嶽三十六景の一番最後に発行されたらしいので
「江尻」⇒「絵の尻」⇒「最後の絵」という意味だという説もあるらしい。(追加の10景を除く。)






もう一つ因みに、富嶽三十六景には『駿州江尻』という作品もある。






コレ↓


ここからの写真は↑で使った「三保の松原」しかないので省略…(^-^;










おしまい…








静岡編 その2へ続く。


Posted at 2013/02/17 22:40:56 | コメント(8) | トラックバック(0) | 富士山 | 日記
2013年02月16日 イイね!

neo富嶽三十六景 vol.5 (758編)


再びneo富嶽三十六景の続編です。

まだ、しつこく続けます…(^^;


関東地方を強引に終わらせて、いよいよ静岡、山梨かと思いきや
一気に飛び越して、名古屋です…^^b









葛飾北斎の富嶽三十六景(46枚)には、一景だけ名古屋からの画があります。










『尾州不二見原』

現在の名古屋市中区富士見町の辺りだそうです。

地名が『富士見町』と言うくらいなので、富士山が見えそうな感じですが、
前回紹介した「富士見の謎」という本の著者によれば、この富士見町から
富士山方面をみると、地形的に手前に南アルプスの3000m級の山々が邪魔して、
今も昔も見えないんだそうです。
 
南アルプスの聖岳が角度によっては富士山っぽく見えるので、葛飾北斎は見間違えたのか、
分かっていながら聖岳を富士山に見立てたのかは分かりません。







ということで、さっそく名古屋まで行ってそれを確かめ
るほどには研究熱心ではないので…(^^;









尾州不二見原の画のように、輪の中に見える富士山の写真をかき集めてみた…(汗














まずは、ココ↓


東名高速道路 富士川サービスエリア。











こんな感じ。

















次っ!










西伊豆 土肥(とい)の『恋人岬』


2002年11月に撮った写真…。 もう11年前か。

















次…(大汗






同じく西伊豆 戸田(へだ)


これは前回のブログにも載せた最近の写真…(^^;













さいご…







河口湖 天上山 山頂


コレは昨年7月に撮った写真。









もういっちょ…


ありがちな…(滝汗
















おしまい…





Posted at 2013/02/16 00:09:06 | コメント(13) | トラックバック(0) | 富士山 | 日記
2013年02月13日 イイね!

neo富嶽三十六景 番外編(ネタさがし)


2月10日(日)。
3連休の中日に、富嶽三十六景のネタ探しに海岸線をウロウロしてきた。








まず地元から。








三浦半島と鎌倉の中間くらいにある横須賀市秋谷の立石公園。











ここは葛飾北斎の富嶽三十六景とは関係ないけど、東海道五十三次で有名な
歌川広重が「相州三浦秋屋の里」という作品で描いた場所らしい。


昔、「安藤広重」と習ったが、今は「歌川広重」と教えているらしい。 ムスコに教えられた。








なんか立石(立岩?)の位置がチョット違うけど…









富士山にズームイン!




























それから、東名に乗って…


沼津で降りた。












行ったのは沼津の千本浜公園。


富嶽三十六景に沼津は無いんだけど、色々調べてたらチョット訳アリだったので来てみた。
でも、雲に遮られて富士山は見えず…(>_<)











全くノープランで来たので、どうしようか迷ったが、正面に大瀬崎が 見えたので
久しぶりに西伊豆に行くことにした。


























沼津から海岸線をぐるっと回って、大瀬崎(おせざき)に来た。














先ほどの沼津の千本浜公園は向こう岸にあり、手前の雲が遮っていて
富士山が見えなかったけど、大瀬崎まで来たら富士山が見えた♪














大瀬崎からさらに海岸線を南下。













煌めきの丘展望台。


















さらに海岸線を南下し…













戸田(へだ)の『出会い岬』












コレは富嶽三十六景ネタに使えそう…(^^;




















戸田から今度は山の中を通り、達磨山へ。


















富士山の手前に横線を引くような雲がかかっていたが、天気も良くてよかった♪

















最近、ネットで富士山の事を色々調べてたら、こんな本があるのを知り、早速買ってみた。


田代 博 著 『富士見の謎』 祥伝社新書 税込¥840-

富士山が見える南限、北限、西限とか、色々なところから見たダイヤモンド富士とか、
色々なトンネルから見た富士とか、色々な乗り物から見た富士とか、富嶽三十六景の謎とか
私が知りたかったことが沢山書いてあって、一気に読んでしまった。
富士山好きにはオススメ♪






それから勢いで、こんな本も買った…(^^;


大久保 純一 著 『千変万化に描く北斎の富嶽三十六景』 小学館









番外編 おしまい







注)みんカラはクルマのSNSです…(^^;



Posted at 2013/02/13 01:06:07 | コメント(16) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「久しぶりに朝から晩まで富士山 http://cvw.jp/b/677284/43377581/
何シテル?   10/19 11:16
まーちんD-45です。 ※※ 2019年1月20日追記 ※※  新しいフォロー/フォロアー制度にガッカリです。  元々のお友達とコチラがMyファン登録...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

愛車一覧

スバル レヴォーグ クーパー号 (スバル レヴォーグ)
2009年11月から2016年9月までの6年10ヶ月、総走行距離28万km Mini C ...
ミニ MINI Clubman ミニ MINI Clubman
MINIにあこがれて25年。 でもずっとホンダのクルマに乗ってきました。  2009年1 ...
その他 その他 その他 その他
クルマはクルマでも、4輪ではなく2輪ですが…。 スペシャライズドというメーカーのボディ ...
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
MINIの前に乗っていたクルマです。 ホントに良いクルマでした。 2003年11月から2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.