• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CoCo-Gの愛車 [ポルシェ 911 (クーペ)]

整備手帳

作業日:2020年8月14日

エンジン・ヘッドOH ① 126,500km

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度 ★★★
作業時間 12時間以上
関連フォトアルバムURL https://minkara.carview.co.jp/userid/680853/album/956665/
1
エンジン・ヘッドOH

とは言っても、主目的は、オイル下がりとオイル漏れ修理。

※長いです。適当に読み飛ばしてください。

2年ほど前から、フルスロットルからのアクセルオフで症状が現れ始めたオイルスモーク。
ここ1年は、緩〜い下り坂とか、まれに信号待ちでも白煙を吹くこともしばしば。
症状は、おおまかに、こんな感じでした。

① 朝一番のエンジン始動時にモワッと出る白煙 (3日に1回)
② エンジン始動後、4〜5分してうっすらと出る白煙 (3日に1回)
③ 1、2速全開加速からのエンブレで出る白煙 (毎回)
④ 温感始動、走り出し直後の信号待ちで立ち込める薄い白煙 (3日に1回)

①は、水平対向エンジンの構造上ある程度は仕方ないものと思っていますが、
それ以外については、オイル下がり、すなわち、バルブステムシール からのオイル吸いが原因だろうと推察しておりました。

オイル下がりに加えて、もう一つの悩みが、チェインカバー裏からのオイル漏れ!
オイル下がりとオイル漏れのダブルパンチでオイル消費量は、2L/1Km ほどのありさま。

バルブシール の修復効果があると云われる添加剤とオイルのおかげで、それ相応の改善は見られたものの、100%改善するはずもなく、修理に踏み切ることにしました。

当初は、ヘッド分解せずにバルブステムシール交換を可能にする専用のスプリングコンプレッサーが例のPelicanpartsで販売されていることを知り、例の空冷マイスターに幾度となく相談しておりましたが、「諸々チェックがてら、ヘッドバラして方が良いよ!」の一言から、意を決してエンジン下ろすことにしました。
とは言っても、オーバーホールと言えるものではなく、あくまでも主目的はバルブステムシールの交換。バルブガイドやバルブ、バルブシートの多少の消耗は目をつむる覚悟の上での決行です。
ピストン・シリンダーまで含めたエンジンオーバーホールともなれば、期間も費用も桁違いに掛かってきますから。
毎日の通勤にも使用している3.2カレラ、なにがなんでも夏休み中に終わらせることが最大の使命、分解、洗浄はもちろん、出来ることは全てやる!

とはいえ、仮に圧縮漏れだとか、重大なトラブルを抱えていた場合は、最悪の事態もあり得るのかな?と、まあ、割り切りの上での決行です、はい。
2
分解はここまで。
ここまでくるとピストンリグも・・・
とか、どうせならEUハイコンプ・ピストンとか、誘惑は尽きないのですが、楽しみは次の機会に取っておくことに。
3
最大の難関は、焼きついたエグゾーストのナットの戦い。
ほぼ全数、タガネとハンマーによる破壊!
Exスタッド x2本(2番内側と、4番外側)折れました。

この時点で夏休み中の完成は無理か?と絶望の淵に立たされていたわけですが、流石の空冷マイスター、極太っといパイプを駆使して頂いて、都築あたりのエグゾーストの重鎮のお力をお借りすることが出来ました。
4
Inポートは、案の定オイルでしっとり。
5
最悪なのは、2番、3番Exポートのカーボン体積。
オイル下がりに加えて点火不良による失火のコラボが原因でしょう。短期間でここまで酷いことになるとは!(驚)

貫通ドライバーとハンマーでやっつけ、多少の残りは正常な燃焼が蘇れば焼き切れてくれることに期待!(イイのか?)
6
Exポートの状態から、燃焼室もとんでもないことになっているだろうと想像していましたが、さほどでもありませんでした。

写真は一番酷かった2番。
スクレーパーで丁寧に削り落としておきました。
7
今回のOHの本命、オイル下がりの根元、バルブステムシールの交換。

バルブ、バルブガイドの消耗は許容範囲だったのが幸いです。
8
ヘッドとカムハウジングの合体。
漏れないでね!(祈り)

「みんカラに載せないでね!」
と言いながらフレームインする空冷マイスター。(笑)

つづく

イイね!0件




タグ

関連整備ピックアップ

農道のRR!137000Km

難易度:

911 エンジン異音#3

難易度: ★★★

錆びて痩せ細って

難易度:

最近、年一のサイクル😅…猿人油の交換❣️

難易度:

エンジンオイル交換

難易度:

オイル添加剤を投入

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2020年9月8日 10:39
まいどです~😄✋

ほほぅ、こんな感じなのですねー
🙋
うちの子も、そろそろかなぁ。もうすぐ、26万キロなので😅
コメントへの返答
2020年9月8日 20:51
まいどコメントありがとうございます〜♪

26万、素晴らしいですね!

12.7万でのOHとなりましたが、バルブやバルブガイドもろもろ基準範囲内の消耗でしたから、バルブシールの劣化さえなければ、開ける必要無かったのかもしれません。

どうやら、バルブステム・シールの材質を何度か変更しているらしく、製造時期によって同じような症状あるみたいですね!

プロフィール

「ため込んでいた整備手帳を一気にUP中」
何シテル?   09/05 09:27
CoCo-Gです。 BMW 318i、320iに続き、E46モデルばかりを乗り継いで、2007年8月 、ALPINA B3Sを手に入れました。ALPINA...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

https://www.realoem.com/cat_spares/pet/porsche/911/ 
カテゴリ:メンテナンス
2017/12/30 07:25:29
 
https://epc.realoem.com/de/cat_spares/pet/porsche/911/ 
カテゴリ:PORSCHE
2017/12/30 07:24:44
 
ポルシェターボ 警察車両から逃げ切る! 
カテゴリ:PORSCHE
2017/11/17 10:08:31
 

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
PORSCHE 911 Carrera 3.2 (1988年) フォグなし、リップなし ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
最後の空冷、993前期モデル アベンチュラ・グリーン 左・M/T、フルノーマル
BMWアルピナ B3 BMWアルピナ B3
BMW ALPINA B3S Coupe 2003年モデル E46前期モデルのボディー ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
2005年~2007年8月 2002年モデル、前期ボディに後期エンジン搭載の、いわゆる中 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.