• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年03月17日

新型ポルシェ・パナメーラ ターボに試乗したのでインプレ (゜▽゜)

ポルシェセンターで新型パナメーラのデビューフェアをやっていたので、
遊びに行って来ましたぁ~。(^ω^)



パナメーラはポルシェが作った4人乗りの大型スポーツカーです。
旧型はリアがお餅みたいなデザインでイマイチだったんですが、
新型は911風にシャープになって凄くかっこよくなりましたね。(゜▽゜)



スペック(パナメーラ ターボ)
フロントエンジン4WD 4.0リッターV8ツインターボ 550馬力 車重2040kg 1133万円~2540万円



乗り込んでみると、インテリアはかなりの高級感があります。
液晶メーターも進化しているようでハッキリくっきり見えますね。
あまりにもハッキリ見えるので、初めは液晶画面だとは思いませんでした。
これなら液晶メーター嫌いの人でも問題ないのでは?

ポルシェのスポーツカーはエンジンの粒感と言うか、
細かい振動がステアリングから伝わってくることが多いですが、
パナメーラのV8エンジンは振動など全然無くて非常に滑らかです。

エアサスペンションも高級車らしく当たりが柔らかくて、
歩道の段差もしっかりと衝撃を吸収してくれますし、
スポーツカーらしく奥でしっかり踏ん張る腰の強さも持っています。

通りに出て走り出したパナメーラ ターボの走行フィーリングは上質感たっぷりで、
メルセデス・ベンツSクラスに勝るとも劣らないほど滑らかな走行です。
ブレーキタッチも非常に上質で、乗員を揺らさない優しいブレーキングが簡単に出来ます。

車体剛性も高く、車体の四隅の凄く遠い所にタイヤが付いているようなフラット感と、
しっかりした安定感を持っています。

驚いたのはタイヤの接地感で、4輪がまるでガムテープで路面に
ガッチリ張り付いているような感覚があります。
たとえ時速30km/hでもこれほどの安定感とグリップ感を感じるのは驚くべきことです。
おそらくこれは日産GTRの開発者である水野和敏さんが言っている
「車重をダウンフォースとして使いタイヤのグリップを最大限に引き出す」技術なのだと思います。



ハンドリングは滑らかかつ非常に緻密で、タイヤのインフォメーションも豊富です。
リンケージにガタの類は完全にゼロで、ハンドルを1mm動かしても車体はしっかり反応してくれるので、
車線のど真ん中をトレースするライン取りがいとも簡単にできます。

コーナーリングも素晴らしく、
かなりのハイスピードで曲がってみましたが全然ロールを感じることなく、
強大なメカニカルグリップによりなんの不安も無く駆け抜けることができました。
これだけ上質な乗り心地を持ちながら、まったくロールしないのに驚いて
同乗したスタッフさんに「なんで?なんで?」と繰り返し聞いたほどです。(笑)
前後重量バランスも素晴らしいですし、4WSなので巨体にも関わらず小回りも効きます。
最小回転半径5.6mはトヨタ・ヴィッツと同じ数値。

パワーは550馬力もありますから、もちろんスーパーカー並みの加速をします。
強大なメカニカルグリップを持っている上に前275後315の極太タイヤであっても、
アクセルをガバッと踏み込むとタイヤはたまらず限界を迎え、
4輪ともホイールスピンを続けながら鋭いダッシュを見せます。



ちなみにターボS E-ハイブリッドはさらに凄くて、
システムの合計馬力が680PSもありますからおそらく超絶速いはず・・・。
ピレリP-ZEROポルシェ専用タイヤの性能も素晴らしいですね。

シャシー性能も素晴らしく、ワインディングに繰り出せば
鼻血が出るほど速いのは容易に想像できます。
実際、ニュルブルクリンクのタイムは7分38秒を記録し、
あのポルシェ911 GT3のタイムを破りました。

私は色々な車を試乗したことがありますが、
こんなに素晴らしい車に乗ったのは初めてです。
文句なくナンバーワンです! (゜▽゜)
これほどまでに比類なき完成度を持つ車がこの世に存在したことにまず驚き、
ポルシェの技術力に物凄く感動しました。



実は私は、試乗する前までパナメーラは
「ポルシェがやっつけでデッチ上げた4ドアセダンだろう」と思っていました・・・。(^-^;)
でも、それはまったくの間違いだったことが分かりました。

ポルシェは今まで作ったことのない高級車市場にいきなり4ドアセダンを投入し、
パナメーラ ターボと言う世界のトップに君臨するべき車を社運をかけて作ってきました。

パナメーラ ターボはBMW Mシリーズを超える一流のスポーツ性能と、
ベンツSクラス並の一流のコンフォート性能を見事に両立していて、
ラグジュアリーサルーンでありながら世界トップクラスのスーパーカーです。
「今後10年これを超える車は出てこないかも?」とさえ私は思いました。
ライバルメーカーはこんな凄い車と戦うことになるんですから大変だと思います。

それにしても、古くから体育会系のスポーツカーしか作ってこなかったポルシェが、
なぜ世界最高レベルのコンフォート性能を持つ車を
いきなり開発できたのか凄く疑問だったのですが、
スタッフさんの話ではアウディの技術がかなり入ってきているようですね。
たしかに、ラグジュアリーサルーンの部分はアウディが担当して、
スポーツカーとしての性能はポルシェが担当したのであれば納得できますね。(^ω^)

ポルシェ・ジャパン社長は、パナメーラの完成度に
「あのポルシェ911も嫉妬するでしょう」と言ったそうですが、
実際試乗してみるとこれは大げさな表現ではなく、
車としての完成度は911を完全に超えていると私は感じました。

長年、「ポルシェ=911シリーズ」だったはずですが、
パナメーラは間違いなく全力で911を倒しに来ています。
こんなの出していいのか?ポルシェ・・・ (^-^;)

「上がりの車はメルセデス・ベンツSクラスかな?」と考えていた私ですが、
パナメーラに変更した方が良さそうです。(^ω^)
鬼のようなパワーはまったく必要無いですけど、このシャシー性能は絶対欲しい!
なので、もちろん一番安いやつの中古狙いですね。
http://www.carsensor.net/usedcar/bPO/s015/index.html?LP=PO_S015&SORT=2

ちなみに、家に帰る道中に恐ろしい症状に気が付きました。
周りの車すべてが凄く陳腐なものに見えます・・・。
どうやらパナメーラ ターボの試乗で変な病気に感染したようです。(笑)



[おまけ] 旧モデルですが、高速レーンチェンジの挙動の動画。
https://youtu.be/cQbtiXh9PIw?t=403
ブログ一覧 | インプレ(レビュー) | クルマ
Posted at 2017/03/17 19:46:04

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

南湖一周は一日にして成らず💦
JUN1970さん

「第7ギョーザの店」の新メニュー考 ...
トホホのおじさん

本日も洗車日和
音速の猛虎さん

ナンバープレートの新基準 旧車は適 ...
パパンダさん

愛車と出会って30年!
bnr32rnn14さん

ツヤツヤ輝きたいですね😍
コッペパパさん

この記事へのコメント

2017年3月17日 21:10
4人乗りで一人あたり170馬力Σ(・□・;)←どう云う計算だ?

ゆういっつあんはケイマン乗ってもありがたみが分からない貧乏尻です(^_^;)
ブレーキは踏んだら踏んだだけ効くのはわかるんですがスズリでスミ削ってるみたいな感覚で(^_^;)
カローラのブレーキみたいに針をブスッと刺すタッチに慣れている庶民としてはキャビアよりイクラの方が美味い感覚ですw

ハンドリングも重く荒々しいし、タイヤは地面にバンバン布団叩きしてる様で全然ロールしないからタイヤの潰れる感覚がわかりません。もっとガツンと荷重をかけようとするにはゆういっつあんの体力では足りません。

なので今体を鍛えてますΣ(・□・;)
コメントへの返答
2017年3月18日 8:20
私はボクスターしか乗ったことないですが、ケイマンもきっと素晴らしいスポーツカーだと思います。(^ω^)

国産車から乗り換えると、車体もブレーキも凄くハードに感じると思いますが、限界域がそれほど高いということですね。
つまりもっと「限界まで攻めろ!」と言うことですね。

是非サーキットに行き、タイヤを溶かして楽しむことをおすすめします。(笑)
2017年3月17日 23:36
新型パナメーラはカッコよくなりましたよね〜。
もっさり感が無くなったというかなんというか。

それでさらに走りもいいなら、かなり惹かれますね^ ^
コメントへの返答
2017年3月18日 8:24
旧型はなんであんな形のお尻にしたんでしょうね。(笑)

パナメーラはまったくノーマークだったんですが、物凄い完成度の超高性能車でした。(^-^;)
2017年3月18日 3:50
こんにちわ。
はじめまして。。
BDRで検索してたどり着きました。
車は好きなのですが
どーにもセブンはいろいろありすぎてよくわかりません^^;
もしお話し聞かせていただければと思い書き込みしました。
よろしくお願いいたします。
コメントへの返答
2017年3月18日 8:28
はじめまして~(^ω^)
私で良かったらなんでも聞いてください。

スーパーセブンについて書かれているブログにコメントを書くか、プロフィールのメッセージを送ると言うボタンでプライベートメッセージを使ってもOKです。
http://minkara.carview.co.jp/userid/687338/profile/
2017年3月18日 7:47
凄い車だというのが理解出来ましたm(_ _)m
コメントへの返答
2017年3月18日 8:29
まあ、本当に凄い車だと思います。

乗ってビックリしました・・・。(^-^;)
2017年3月18日 10:36
新型パナメーラ、一気にデザインが良くなりましたね。小生もノーマークでしたが、Sekiaiさんのブログを拝見し、非常に興味が沸きました。

とてつもなく速いという部分が衝撃です。

そして、インプレで書かれているように、乗り心地も至高ということで、完全に万能カーですね。唯一のデメリットは横幅でしょうか・・・。

中古の寝落ちが物凄いので、待っていれば購入のチャンスは訪れますね。良い時代です。
コメントへの返答
2017年5月15日 14:22
パナメーラは最初に思っていたイメージと、試乗した時のギャップの衝撃が強すぎてめまいがしました。(笑)
だってネットでインプレを読んでも、こんなに飛び抜けて凄い車だなんて書いてないもの・・・。(^_^;)

パナメーラ ターボは超絶速くて、乗り心地も大変良いです。今の所、これ以上の車はちょっと思いつきません。
もしあったら是非教えて欲しいです。

ライバルはBMW MシリーズやメルセデスAMGだと思いますが、これらは普通の乗用車をチューンして完成度を高めていますよね。
かたやパナメーラは専用設計なので、最初からアドバンテージがあるのは仕方ないことでしょうね。
2017年3月18日 13:47
初めまして。

パナメーラの凄さが手に取るように伝わってくるインプレありがとうございました。興奮して読ませて頂きました。

パナメーラは4シーターということで家族使いがメインの私は選択肢として考えていませんでしたが、スポーツツーリスモの導入の報道を見て俄然興味が湧いてきているところです。

もちろん予算的にもサイズ的にも簡単ではなく当分は購入しない予定ですが、大変気になります。変な病気(笑)に罹らないためにも、私は下手に試乗に行かない方が良さそうです…。
コメントへの返答
2017年3月18日 14:56
はじめまして~(^ω^)

Eクラスをお乗りでしたら将来パナメーラも乗り換えの候補に入れておいて良いと思いますよ。中古なら十分買える値段でしょう。
もし5人家族でしたら無理っぽいですが・・・。

一流のプレミアムサルーンでありながら、一流のスーパースポーツであるパナメーラは、他に類を見ない車だと思いますので、
是非試乗してみることをおすすめします。

ポルシェ病に感染しないように、心を落ち着けて望めば大丈夫だと思いますよ。(笑)
2017年3月19日 11:44
いつも懇意の営業さんがディーラーから駅までパナメーラで送ってくれますが、全く興味がなかったなで、自分で運転した事はありませんでした。何かちょっと大きい気がするんですよね。私も近々あるクルマの試乗に行きますので、インプレアップしますね〜。
コメントへの返答
2017年3月19日 12:31
パナメーラは日本の環境では大きすぎますよね。(笑)

助手席のフィーリングは普通の高級車と変わらないと思います。やっぱり自分で運転してある程度元気な走りをしないと、パナメーラの凄さは判らないと思います。(^ω^)

何に試乗するのか気になりますね。
インプレ楽しみに待っています。(゜▽゜)


おすすめアイテム

プロフィール

「[宮ヶ瀬湖]おすすめ撮影スポット http://cvw.jp/b/687338/45467909/
何シテル?   09/17 12:12
レース用カーボン加工屋です。モーターショーのコンセプトカーを作る仕事をしていたこともあります。ワインディングまで家から5分の距離なので、スーパーセブンやNSR2...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

シートカバー選び!🤭 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/17 08:10:34
Sekiaiさんのケータハム スーパーセブン 1700BDR 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/22 10:45:21
Sekiaiさんのホンダ NSR250R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/22 10:39:33

愛車一覧

ケータハム スーパーセブン 1700BDR ケータハム スーパーセブン 1700BDR
コスワースBDRエンジン搭載モデルです。公道を走れるフォーミュラーカー。91年式の古い車 ...
テスラ モデル3 テスラ モデル3
テスラ・モデル3はポルシェ・ケイマンに乗り味がそっくりの、4ドアEVスポーツカーです。( ...
ホンダ NSR250R ホンダ NSR250R
懐かしい2ストレプリカですが、バブル期の膨大な開発費をかけた完成度と戦闘力には驚くばかり ...
ヤマハ YZ250 ヤマハ YZ250
YZ250X(2020年型)に乗っています。 これぞ最強の戦闘力を持つオフロードバイク。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.