• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Sekiaiの愛車 [ケータハム スーパーセブン 1700BDR]

整備手帳

作業日:2021年5月6日

エンジン降ろしてクラッチその他の整備(4)

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度 ★★
作業時間 3時間以内
1
ミッション前側のオイルシール交換のためベルハウジングを外します。

結構重いので、いつかアルミかマグにしたいな~。
2
ミッションとベルハウジングを繋いでいるスペーサーを外したら・・・

!? (@。@;)
3
なんだコレわぁ~!!
なんかアルミの破片が転がってる?

アルミスペーサーを丹念に調べてもどこも欠けてないし、前後にあるクラッチにもミッションにもアルミのパーツなど最初から使って無い。

謎は深まるのみ・・・。(・_・;)
4
交換するオイルシールはこの中にある。

今は部品待ち。
5
フライホイールは元通り取り付けた。
6
ベルハウジング内にある、クラッチレリーズフォークピンにはまっているプラスチックのスリーブが劣化して、ボロボロ崩れている状態だったので交換する。

部品はこちら
https://www.burtonpower.com/anti-rattle-sleeve-use-with-bellhousing-pivot-pin-1553790.html
7
ハンマーで外から思い切り叩くと抜ける。
8
ピンにスリーブを差し込み
元通りに叩き入れて完了。

続く・・・

イイね!0件




タグ

関連整備ピックアップ

ウォーターポンプ交換

難易度:

ユーザー車検

難易度:

リアブレーキのオーバーホール(2)

難易度: ★★

ついに私もブレーキブルード交換

難易度:

ウォーターポンプ交換完了

難易度: ★★

リアブレーキのオーバーホール(3)

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

2021年5月6日 11:01
アルミとばかり思ってましたが鉄なんですか?
コメントへの返答
2021年5月6日 12:51
基本設計が60年前の古いエンジンなので、主要部分は全部鉄ですよ。(^-^;)

コスワース設計の16バルブヘッドはアルミですけどね。(^ω^)
2021年5月6日 12:54
ああ、これそんなに旧き良き時代のものなんですね。このサイズのものが鋳鉄だと確かに重そうですね。重心が低くて安定するかもですけど。
コメントへの返答
2021年5月6日 20:51
アルミだと現地価格6万円ぐらいのようです。(^ω^)

マグネシウムだと10万円らしい。
2021年5月6日 19:43
アルミ片はちょっと気になりますね。
まだまだ作業は続くようですが、これもセブンの楽しみの一つですよね。
コメントへの返答
2021年5月6日 21:06
これ、本当に謎です。(^-^;)

ミッション内部から出て来たのだろうか?
それにしても、ギアボックス内にアルミの部品は無いはずだけど。
2021年5月7日 4:57
私はミッションをばらした経験はないですが、ギヤの間などに薄いアルミ製スペーサーが入っているようなことはないでしょうか?
的外れであれば、無視してくださいね。
コメントへの返答
2021年5月7日 7:08
どう見てもギアボックス内にアルミの部品が無いんですよ~。(^-^;)
https://line.17qq.com/articles/oejghhijz.html

しかも、破片の厚みは5mmぐらいある大きいものですし、そもそもギアボックスはオイルが洩れないように密閉されています。
2021年5月7日 13:06
当方も似たような経験があります。
幸い?な事に出どころはほぼ確定できました。
https://minkara.carview.co.jp/userid/2936525/car/2544905/5172260/note.aspx
コメントへの返答
2021年5月7日 13:15
参考になる情報です。どうもありがとうございます。(゜▽゜)

ちょっと推測すると、前のオーナーがアルミのハウジングに交換して乗っていたが、何らかの原因でアルミハウジングが破損した。

その後ノーマルに戻したが、スペーサーの裏に飛んだ破片までは気づかなかったのでは?
2021年5月8日 20:55
アルミの破片は気持ち悪いですね!
写真では判断が難しいですが、削り出しの部品でなく鋳物のような気がします・・・
今の部品でなくて、昔の破片が残ってた気がします。
コメントへの返答
2021年5月9日 6:50
アルミの鋳物が裂けたような感じですね。(^-^;)

良く見ると強い打痕が沢山表面にあり、なにかで激しく打ち付けながら丸められたような形跡があります。

破片が入っていたアルミスペーサー内に回転部品は無く(メインシャフトはオイルシールが付いた鉄のカバーの中です)どこからか飛んできたとしか思えませんね。

プロフィール

「NSRがキャブ不調なのでオーバーホールしてみた http://cvw.jp/b/687338/45540049/
何シテル?   10/14 19:00
レース用カーボン加工屋です。モーターショーのコンセプトカーを作る仕事をしていたこともあります。ワインディングまで家から5分の距離なので、スーパーセブンやNSR2...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

シートカバー選び!🤭 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/17 08:10:34
Sekiaiさんのケータハム スーパーセブン 1700BDR 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/22 10:45:21
Sekiaiさんのホンダ NSR250R 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/22 10:39:33

愛車一覧

ケータハム スーパーセブン 1700BDR ケータハム スーパーセブン 1700BDR
コスワースBDRエンジン搭載モデルです。公道を走れるフォーミュラーカー。91年式の古い車 ...
テスラ モデル3 テスラ モデル3
テスラ・モデル3はポルシェ・ケイマンに乗り味がそっくりの、4ドアEVスポーツカーです。( ...
ホンダ NSR250R ホンダ NSR250R
懐かしい2ストレプリカですが、バブル期の膨大な開発費をかけた完成度と戦闘力には驚くばかり ...
ヤマハ YZ250 ヤマハ YZ250
YZ250X(2020年型)に乗っています。 これぞ最強の戦闘力を持つオフロードバイク。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.