• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

murotec123のブログ一覧

2010年07月28日 イイね!

香港映画のカーアクション「コネクテッド」前編

今回より、カーアクション映画の紹介を再開します。

主に洋画になるかと思いますが、よろしくです。

復活第一弾は、香港映画です。

昨年劇場公開された「コネクテッド」です。

この映画、以前にアメリカで公開された「セルラー」のリメイクになっています。

偶然繋がった携帯を頼りに、平凡な主人公が、誘拐された一家を救うというストーリー。

オリジナルの「セルラー」がとても面白かったのですが、リメイク、しかも、香港映画となれば、どうなるのか、興味深々でした。

結論としては、ストーリーを知っていて、展開が読めていても、オリジナルよりも楽しめましたね。

ストーリーやアクションのテンポがとてもよく、また、主要人物の背景にも十分にスポットを当てていて、ラストは、感動しましたね。

そして、この映画には、カーアクションがあります。

オリジナルでは、控えめでしたが、近作は、結構迫力満点でやってくれます。

それでは、紹介しましょう。




女性の乗った車(プジョ-306カブリオレ)


T字路に差し掛かったところで、組織の車(V40系パジェロ・ロング)が突っ込んでくる。
女性が携帯電話で通報しようとしたところ、

さらに、突っ込まれて、止めを刺される。

こうして、女性が誘拐されてしまいます。

時、同じくして、焼死体が多数乗った、全焼した車(車種不明、ピラーのデザインから行くと、CG系カペラ?)が発見される。 この事件が、伏線となっています。
 
炎上シーンこそありませんが、サンルーフ付きの希少車が破壊されてしまっています。暗殺シーンでは、普通に登場していますので、廃車のような車ではなかったと思いますが・・・。そのシーンも、隠し撮りという設定なので、車種特定が難しいです。

子供を誘拐した組織の車(XV40系カムリ)

誘拐された女性と携帯電話が繋がってしまった主人公が、自分の車(フォードKa)で追跡します。

ドリフトするKa!!!

交通事故の現場に遭遇、渋滞に巻き込まれます。
事故車の破壊シーンはありませんが、初代セレナE46系BMW3シリーズですね。


渋滞を抜けるために、Kaはバック!後に停車していた初代シビック・フェリオに体当たり!

さらに、バックしながら門を突破!水路を通るショートカットにチャレンジします!

右リヤバンパーが外れます。
そして、水路を爆走!ジャンプした際に、右フロントバンパーが外れます。

水路の壁にボディーをこすりながら爆走!

そして、水路からジャンプ!
よく見ると、別の車に摩り替わってますね。
(バンパー外れてないし、ホイールも違う)

そして、道路にダイブ!反対車線に突っ込みます。
ここは、さすがに合成ですが・・・CGでないだけ、いいですが・・・

今度は、着地した衝撃で、左リヤバンパーが外れています。

対向車のN30/40系シャリオが避けようとして、中央分離帯のフェンスを突き破り、もう一台のN30/40系シャリオと激突する。

二台とも、すでに凹んでいますので、撮りなおしたのか?リハーサルで凹んでしまったのか?よく分かりませんが。

このあと、大クラッシュが待っていますが、続きは、また次回ということで。

後編に続く・・・公開日は未定?
関連情報URL : http://stunt.car.coocan.jp/
Posted at 2010/07/28 16:23:37 | コメント(6) | トラックバック(0) | カースタント | 音楽/映画/テレビ
2010年07月26日 イイね!

今日一日、そしてキャノンロール!

今日も暑かったですね・・・

後輩が名古屋に遊びに来ていたので、今日は一日、観光でしたね。

有名な味噌かつ丼を食べて、名古屋城見学、ジャズドリーム長島(アウトレットモール、ちなみに、お隣は、長島スパーランド)でお買い物、最後に、有名な台湾ラーメンを食べて、お別れしました。

やはり、神戸より名古屋のほうが異常に暑いらしいです!
(そうではないかと、うすうす感じていましたが・・・)

汗が止まりませんでしたが、水分は取りすぎるぐらいに取りましたので、大丈夫?



さて、以前に紹介したカースタントサイトですが、なぜか、一向に更新される気配がありません・・・どうしたのでしょう?

期待していただけに、残念です・・・

また、私の前任者が設立していたサイト時代のお友達が、最近、少しづつではありますが、訪問してきてくれるようになりました。

グーグルでも、ヤフーでも、「カースタント」で検索すると、上位でヒットしてくれるようになったおかげでもあるのでしょうが、一方で、心配もあります。

前任者のサイトは、サイト荒らしにあってしまい、警察沙汰になるような事態に発展し、やむなく閉鎖されてしまいました。

先日、そのときに被害に会われた方のお話をお伺いできましたが、ひどいものでした。

有名になってくれるのは、うれしいんですが、そのようなことにならなければ、と切にお願いし、今後も、カーアクションファン、カースタントファンを一人でも増やし、また、楽しんでいただけるようにしたいですね。



一方で、カースタント、カーアクション映画の発掘、入手も怠ってはいません!

最近、DVDで入手したものは、「続・激突 カージャック」、「悪魔の追跡」、「コネクテッド」、「ビッグ・スウィンドル!」・・・などなど。

そのうちに紹介しますので、どうぞ、お楽しみに・・・



不連続で紹介している、カースタントビデオですが、今日は、いよいよ最終回です。

日本初の「キャノンロール」です!

この技ですが、私の知っている限りでは、日本での映画やドラマなどの作品では、まだ使用されていないと思います。

日本制作の作品では、「湾岸ミッドナイト THE MOVIE」で使われていましたが、これはフィリピンロケと思われますので・・・

きっと、コストが掛かりすぎるのと、路面へのダメージの配慮が必要となるために、実現不可能なのかな?と思ってしまいます。

それでは、最初で最後の?「キャノンロール」、公開です!

キャノンを仕込み、準備します。

ドライバーの石川政利氏が、コクピットに座り、スタンバイします。

そして、車(X10系コロナマークⅡ4ドアセダン)は、スタート!

そして、点火!

土煙が上がり、ロールオーバーをはじめます。

途中で別カットに替わります。

コロナマークⅡは、右後輪が外れてしまっていますね。衝撃の凄さが分かります。

この後、砂煙で分からなくなってしまいますが、車は正位置まで戻り、
合計4回転をしたことになります。

大成功ですね!

石川氏の無事が確認され、脱出します。

満面の笑みですね~

最後に、出演スタントドライバーのテロップが流れ、ビデオは終わります。

ところで、一時期、「スリーチェイス」というスタントチーム(「プロハンター」などを担当)がありましたが、コレって、この「HELL DRIVERS」の方が関わっているのかな~?と思っています。時折、確認できるスタントマンの方が、八木沼氏に見えてしまうんですが・・・?

また、「スリーチェイス」の「スリー」って、三石千尋さんの「三」から取ってたりしないのかな~?と思ったりもしています。

でも、さすがに、このネタは、あの方でもコア過ぎて、どうでしょうか?

お分かりになる方が居たら、教えていただけると、幸いです。




次回からは、洋画のカースタント紹介を復活しようと思います。

いつ、お届けできるか分かりませんが、お楽しみに~
関連情報URL : http://stunt.car.coocan.jp/
Posted at 2010/07/26 23:07:39 | コメント(4) | トラックバック(0) | カースタント | 音楽/映画/テレビ
2010年07月22日 イイね!

竹内雅敏氏、そして、キャノンロールの車両製作編

暑い日が続きますね~

完全にバテ気味です。

相方は、会社で流行っているとかいう風邪を引いて、数日寝込んでいるようです。

皆様も、体調には、お気をつけ下さいませ。



さて、youtube(ようつべ、というようですね)を徘徊していましたら、
カースタントTAKA代表の竹内氏が出演している番組(重いデータなので、再生するのに時間が掛かるようですが・・・)を見つけました。

この中のデモスタントで、初代セルシオで迫力あるロールオーバーを見せてくれています。

準備しているところを見ていると、エアバッグが外されていますね。

シートベルトは、やはり、4点式になってますね。

こんなところが、とても、勉強になります。

それに、「太陽にほえろ!」の「マミー激走!」のS30Zや、「首都高速トライアル5」のFC3Sのロールオーバーって、竹内氏の技だったんですね~

さすがです!

竹内氏って、メディアの露出が少ないだけに、私にとっては、貴重なものでしたね。
(ありがたや~、ありがたや~♪)

ただ、テロップを見ていると、竹内氏のお名前が、「竹内雅俊」となっているのですね。「竹内雅敏」と思っていましたので、どちらかが、芸名で、本名なのでしょうか?

また、ファミリー劇場で放送中の「太陽にほえろ!」デューク刑事編のカースタントの頃になってから、「マエダ・オートクラブ」ではなく、「竹内雅敏」「海藤幸弘」氏の名前がオープニングのテロップで紹介されております。
この頃に、「マエダ・オートクラブ」(臼田健三氏が代表のチーム)が消滅してしまったのでしょうか?

ご存知の方、いらっしゃいましたら、教えてください!

って、このネタが分かるのは、やはり、あの方?だけでしょうか?

よろしくお願い致します。



さて、不連続で紹介しております、カースタントビデオですが、きょうは、
「キャノンロールの車両製作編」です。

ベース車に選ばれたのは、X10系コロナマークⅡ 4ドアセダン!


しかも、運転者である石川正利氏の負担を軽減するためでしょうか?

AT車です!


キャノンを手作業で取り付けていきます。
(スタントマンって、車両製作という仕事もこなさないといけないので、大変です。)

不要な部品は、徹底的に外されます。フェンダーミラーも外されます。

ガラスも、全て、割ったりして、除去されます。

恐らくは、部品やガラスが飛んでくる危険性を少なくするため、だと思います。

ドアトリムの上側もガムテープで目張りされます。

コレは、恐らくは、スタントマンがモールの鋭利な部分で怪我をするのを防ぐためだと思われます。

室内の、キャノンの取付状況は、こんな感じです。

もちろん、溶接も、自分たちでやってますね。

シャーシ下は、こんな感じになっています。


ロールバー(ロールゲージ)も、こんな凄いことになっています。
ドアが開かないように、針金でぐるぐる巻きにされていますね。

ボンネットも開かないように、同様に加工します。

インタビューを受ける八木沼満夫氏
(「太陽を盗んだ男」で、コスモのスタントを担当された方です。)

そして、今回のスタントに挑戦する、石川正利氏。

次回は、いよいよ、「キャノンロール」の紹介となります。

お楽しみに・・・でも、いつになるか、未定です・・・

すみません・・・
関連情報URL : http://stunt.car.coocan.jp/
Posted at 2010/07/22 21:48:58 | コメント(8) | トラックバック(0) | カースタント | 音楽/映画/テレビ
2010年07月14日 イイね!

踊る大捜査線3、キャノンのテストなどなど

一体、どうしたことでしょう?

二日連続の更新???

時間が出来たときくらい、頑張ってみます!


先日、「踊る大捜査線3」を観てきました!

とても、面白かったのですが、¥1000のレイトショーだから?上映中に、エアコンが効かなくなり、汗だくで、意識もうろうの中、観てまいりました・・・

隣の方なんか、服を脱ぎだす始末・・・(相方ではありません、念のため・・・)

しっかりしてください!ワーOー・マイOO・Oネマズさん!

まあ、なんだかんだいっても、今度は、「インセプション」か、「ソルト」を観に行くでしょうけど・・・

さて、内容に関しましては、パンフレットに封がされているくらいですから、ここではお話しません。

私がお話しするのは、もちろん、カースタントについて。

少しだけですが、ありましたよ。

冒頭、バスが暴走するシーン。破壊はありませんでしたが、なかなかの迫力でした!

そして、青島係長(織田裕二)が運転する覆面車(初代ティアナ)が、現場に駆けつけるシーン。

TVシリーズ第三話でもあった、ジャンプして、テールスライドさせるシーン、そのままです。

あのジャンプの角度、少なからず、壊れているはず・・・

TVシリーズでは、T190系コロナを、ジャンプさせすぎて、大破していましたね・・・
(NG集で紹介されていたシーン・・・)

ところで、今回のカースタントを担当していたのは、「スーパードライバーズ」

雨宮正信氏が代表を努めているチームですね。
(ちなみに、雨宮氏は、「この愛の物語」でポルシェのスタントを担当された方です。)

ところが、テロップには、野呂真治氏の名前もあったわけです。

どういうことなのでしょうか?

そこで、思ったのは、野呂氏は、フリーのスタントマンの存在なのでは?と。

ご存知の方いらっしゃったら、教えてください・・・

っていうか、こんなマニアックなネタ語れるの、私ぐらい?



さて、昨日紹介できなかった、カースタントビデオの続きですが、 今日ご紹介するのは、「キャノン強靭度テスト」

日本初のキャノンロールを行うために、まずは、キャノンの取り付けや、威力の実験が必要だったのですね。

テスト車両は、とても程度が良さそうな230セドリック!
(ダイブボンバーであんこになった車ですね。)

そして、キャノンにいれる木柱を入れてみます。
 
木柱を持っているのが八木沼満夫氏、右の方は存じ上げないのですが、消去法(失礼ですが・・・)でいくと、大技利明氏(当時、日本では、二人しか出来なかった、ハイウィングオーバ-の達人)かと。

そして、火薬の弾を仕込み、木柱を入れ、キャノンの準備は完了!

そして、準備完了、いよいよ実験開始です。

いざ、点火!

車が勢いよく持ち上げられているのが分かります。

よく見ると、屋根がかなり歪んでしまってますね。

全員が駆け寄って、いざ、チェックです。

キャノンロールに挑戦する石川政利氏が、笑いながらカメラのほうに寄って来ます。

「完全に、潜っちゃってさ~!」

どうやら、木柱が地中深くまで潜ってしまっているようです。

総員で、キャノンの取付具合をチェックしています。

そして、シャーシ下を覗き込んでみると、地面に穴が開いてしまっています。
 
車を持ち上げて、キャノンをチェックしますが、異常なし!

そして、地面は・・・

完全に木柱が潜ってしまってます・・・ね。掘っても、掘っても、出てきません。

キャノンの威力、恐るべし!


八木沼氏が石川氏に、「大丈夫だから・・・」

実験は、成功のようです。

そして、次回は、車両製作に入ります。

でも、お届けできるのは、いつになるのでしょうか?(汗)

今日は、おまけで、大技氏の離れ業「ハイウィングオーバー」を!

車は、「ダイブボンバー」で使用された610ブルーバードですね。

そして、台に乗り、「ハイウィングオーバー」です!


まるで日常茶飯事のように簡単にやってのけていますが、決してそうではありません。

今では、この業が出来るスタントマンは、そこそこいるようですが(そういえば、芸能人がチャレンジもしてましたね。)、大技氏の凄いところは、スピードにあります。

画像では分かりにくいでしょうが、普通のスピードと同じスピードでやってのけています。

さすが、「ハイウィングオーバー」の達人です!

ということで、本日は、ここまで。

それでは、また。
関連情報URL : http://stunt.car.coocan.jp/
Posted at 2010/07/14 15:56:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | カースタント | 音楽/映画/テレビ
2010年07月13日 イイね!

ドーベルマン刑事!

またまた、久々の更新でございます!

巷では、選挙で慌しかったようですが、私は、相変わらずの多忙で、その日も仕事でした・・・



そんな中でも、映画を見たりするのは、怠らず・・・

最近は、昔の名作がDVD化されて、レンタルに並んでいたりすることもあって、今回紹介するのも、そんな作品ですね。

邦画ですが、「ドーベルマン刑事」です。

とはいっても、漫画でもなく千葉真一主演のものでもなく黒沢年男主演のシェパードが登場する連続TVドラマでもありません

竹内力主演のⅤシネマです(1996年作品というと、なんと14年前の作品ですか・・・)

当時のビデオ版は、ダビングしたものを持っていたのですが、実家に行かないと見れないので、DVD化を待ち望んでいたのですが、ツタヤに言ったら、並んでいたのでした・・・

迷わず、レンタル・・・準新作だったので、並んでから結構経ってたんだな・・・知らなかった・・・最近は、洋画ばかりレンタルしてたからな・・・

まあ、コレが原作に最も近い作品なんでしょうね・・・バイオレンスシーンもしっかりと描かれていますしね・・・

さて、この作品の中に、カースタントがあります。

それが、どれも、破壊車としては、なかなか無い車でして・・・

それでは、ご紹介しましょう!



逃亡する犯人の車(X70系マークⅡワゴン)

それを追跡する刑事の覆面車(二台目アコード4ドアセダン)

もう一台の覆面車(クイント・インテグラ4ドアセダン)

そこへ、白パト(S120系クラウン4ドアセダン)も加わるカーチェイスとなる。

犯人の車を避けようとした一般車両(D21系ダットサン・トラック)が野菜を落とす。

今では、苦情が来てしまうシーンですね。そして、野菜が原因で、パトカーが次々とスピンしてしまう。

スピンしたアコードに、クイント・インテグラがクラッシュ!

主人公の加納(竹内力)がバイクで追跡するが、犯人は、銃を発砲しながら逃げ切ろうとする。

加納が銃を発砲、運転席のドアが外れてしまう。(加納の銃は、スターム・ルガー・ニュー・スーパー・ブラックホークという、威力のある44マグナムを使用する銃という設定。ただし、シングルアクションオンリーなので、連射するには、ハンマーをいちいち起こさなくてはならない。)

コレで、見通しが大分良くなりましたね~さらに、もう一発!今度は、助手席のドアが・・・


コレで、風通しも良くなりましたね~最後にもう一発!今度は、左リヤドアです!

コレで、2ドアワゴン?になりました!スリル満点ですね!

そして、犯人の車は、廃工場のようなところに逃げ込んで、意味不明のままロールオーバークラッシュ!

犯人は、横転前に黒のヘルメットをかぶって、横転に備えてますね~
(いえいえ、スタントマンの方です!)
横転した車は、なぜか、火がついていますね・・・

そこへ、加納よりも先に着いた刑事が銃を向けるのですが、

銃声がして、加納が着いたころには、二人とも死んでいます・・・


私の知っている限りでは、破壊された3台とも、他の作品で破壊された記憶がありません。

カースタントの担当は、カースタントTA・KAです。

今回も、迫力あるスタント、ありがとうございました!

さて、今回は、長くなってしまいましたので、カースタントビデオの紹介はお休みさせて頂きます。

次回をお楽しみに・・・っていつになるんですか?
Posted at 2010/07/13 01:23:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | カースタント | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「車両提供のおはなし http://cvw.jp/b/689116/32117274/
何シテル?   01/13 00:17
車好き、大のカーアクションバカです。 よろしくお願いします。 コメントの早い、遅いは、全く気にしませんので、書き込みたいときに、いつでも、どうぞ。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/7 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

昭和カースタント劇場 
カテゴリ:カースタント
2010/05/07 20:33:25
 
アウトロウ 
カテゴリ:カースタント
2010/02/22 23:08:13
 
カーアクション・カースタントのファン、大集合! 
カテゴリ:カースタント
2010/02/17 00:36:12
 

お友達

車、刑事ドラマ、カーアクション、カースタント大好きの方、どんどん、お友達になりましょう!

遠慮はいりませんよ!

サイト、みんカラの両方で、一人でもカーアクションファンが増えれば、と・・・
82 人のお友達がいます
アクア ASX Ralliartアクア ASX Ralliart * セフィローセフィロー *
ねこばす@神奈川ねこばす@神奈川 * 風来坊スカイライン風来坊スカイライン *
チョーレルチョーレル * くづくづ *

ファン

57 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 スタリオン 三菱 スタリオン
日産ブルーバード(U12)→日産スカイラインRSターボ(DR30)→三菱ギャランVR-4 ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.