• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クリューのブログ一覧

2015年07月26日 イイね!

接近遭遇

接近遭遇台風の影響が強かったのだけど、今日は嫁デミオの車検の見積もりにディーラーへ。
いつものように展示車のまわりをうろうろしていると担当者さんが、店舗横の一角に連れて行ってくれた。
そこにはこの車が…。

この方向から見てわかる方は40代ぐらいの方だと思う。さらにこの車は希少車なのだ。このエンブレムを見れば…。


そうだ,ルーチェなのだ。654cc×2ロータリーターボ。ルーチェ及びマツダのセダンタイプのRE車では最後の設定車とだったそうだ。そしてこのロータリー搭載車は、マツダ・ロータリーエンジン実用化開発のリーダーでのち社長職も務めた山本健一が自ら運転する愛車としても知られている。
その車が今ここにある。この車、ワンオーナーで走行距離も6万キロに満たないという。そしてこのオーナーは、雨の日には屋根付車庫に入れ、29年間丁寧に乗っているという。
見る限り、傷やへこみもなく、モールも新車のときと同じように輝き、今もって古さを感じさせないのだ。



しかしながら、他社のディーラーでお世話になっているときは、旧車を見ることもなかったし、ディーラーでメンテをしているという場面すら見なかった。
この店舗にお世話になって以来、初代フェミリア初代ルーチェ初代ルーチェバンと遭遇。それだけマツダを愛好する人が昔からいたわけで・・・。安いから買ったとか・・・下駄替わりという人もいたかもしれないが、その中でやはり大切にして乗り続けている人を見るとこのマツダというメーカー、そしてこの店舗とオーナーとの信頼が強いかが分かった。
Posted at 2015/07/26 22:26:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2015年07月22日 イイね!

キタカ!ついに・・・キタキタキタキタ・・・・

キタカ!ついに・・・キタキタキタキタ・・・・ついにCX-9のスクープされました・・・!

やはりCX-3や


CX-5とサイドビューからして違いが分かりますね。


ただ・・フロント部分がまだベールに包まれているので


それまでの魂動デザインがどのように進化しているのか楽しみではありますが・・・・予想がついてしまうのも事実(~_~;)
それと…一部には3.7L6気筒エンジンが、2.5Lターボエンジンに換装されるという報道もあります。

エンジンのコストを下げるためとなると私的には否定的な見方だった、アクセラのマツダスピードも

かなり現実的になるわけで…。

ただ・・・・今までのSKYACTIVの考え方だとダウンサイジングターボは否定的だったことからも…
このエンジンをどういうふうに解釈するのか・・・。
これだけ特別とするのか・・・。マツダのよくあることらしいのですが、「なかったことに・・・」
としてしまうのか・・・・。

さらに・・・CX-9のエンジンはディーゼルエンジンの2.2Lの排気量アップをしたものも考えられません?
そうすると国内でも市場では受けそうな気がしますが・・・。

ま…発表を待つしかないですかねえ。
Posted at 2015/07/22 22:31:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | cx-9 | ニュース
2015年07月20日 イイね!

シリコンスプレー

午前中新しい自動後退店に行った後…。

今日もやってしまいました。雨の中にも関わらず……洗車。
降灰もないし、雨だしとは思ったのだけど先日のスプレー式のコーティング剤も試したかったし、やることもない…。てんで…、土砂振りの中、ホースでバシャバシャと水をかけ、シャンプーをして…フロントウィンドウに撥水剤をして…。
そしてコーティング。(周囲からはまた始まったと言われるだろうなあ…)

でもここで最近していなかったことに気づいた。それは、シリコンスプレーを吹くこと。
今までスライドドアの車に乗ってなかっただけに気づかなかったけど、車にはたくさんのゴムが使われている。購入して以来、スライドドアの異音対策としてゴム部分に気づいた時にはシリコンスプレーを吹いてきた。

それを昨年は忘れていたため、リアドアのウィンドウが開かないということに繋がった。

そこで今日はスライドドア、リアドア、左右のフロントドア、ボンネット裏…。いたるところにそれぞれのゴムにシリコンスプレーを吹いた。
長持ちはしないけど、これをするだけで次のときには異音が消え、新車当時を思わせるような静かな車内に戻るのはとても気持ちいいもの。

ついでに嫁のデミオの方にも今回は施工。
前車のときは洗車グッズを買いに行ったけど、この車になってから、一番買いに行くのは、シリコンスプレー。(;一_一)それだけ、車にはゴムを使われていることを知ったからなのだけど。
PRO STAFF シリコンスプレー 潤滑・離型剤
あ…またシリコンスプレーを買いに行かないと…。

で…肝心のコーティング剤の効果はというと…疎水式のため水弾きをあまりせず、水玉もさっと流れたみたいでした…。
Posted at 2015/07/20 21:54:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | プレマシー | 日記
2015年07月12日 イイね!

維持維持(イジイジ)

 昨夜、通販で頼んだバッテリーが届いた。
 マイプレと嫁デミオは、今から2年前にバッテリーを交換した。
 嫁デミオは既に総走行距離は11万キロを突破しており、前回バッテリー交換したときは、その前日にたまたま自分がコンビニに夜に出かけた際、突然バッテリーが逝かれてしまった経緯がある。
その時はかなり慌てふためいたのだが、今回はそういうことが起きないうちに交換を実施した。
 今回choiceしたのは、現在バッテリーでは有名な「カオス」。

Panasonic Blue Battery caos N-80B24L/C5
 今までは嫁がデミオを弄り厳禁にしていたので色のつくものは認めないということから市販品で白色のものを購入してきた。そのため、純正→FB9000→GS-YUASA high Classと交換してきた。
古河電池 フラッグシップクラスカーバッテリー/FB9000

GS YUASA GranCruise High Class GHC-60B24L
しかし、今回もFB9000を選ぼうかと思っていたところ、カオスが安いということが判明。
値段も嫁指定の額に一致したことから決定となった。
 早速バッテリー交換を早朝より始めたが、それまで、何度か失敗を重ねたこともあって、要所要所に気をつけて、無事交換できた。それまで、バッテリー周辺を弄る度にヒューズを破損したり、火花を飛ばしたりと何度か失敗を繰り返しだけに、心配もあったが、どうにかこうにか終了した。
やはり経験は強みだと思った。が・・・、後こういう弄りができるのはいつまでだろう。燃料電池車が販売されるようになった今、だんだんとさらに難しくなっていきそうな・・・。(;一_一)
 そして、マイプレもちょっとした整備をした。正月以来左リアドアのウィンドウが下りなくなっていた。修理費用も捻出できない気がして、ほっといていたが、今日たまたまウィンドウが動いたので、早速、周囲のゴムにシリコンスプレーを噴霧。多分に冬場にゴムが硬化したために動かなくなっていたのだろう。
これで暑い日も換気が可能となった。
それにしても私の車にも新品のバッテリーを装着したいものである。マイプレのバッテリーの購入のときは、嫁から出費を断られた(嫁の信頼を失うことをしたわけではないが)ため、やむをえず、自分の小遣いから出費せざるをえなかった。そのため、再生バッテリーを購入したが、エンジンルームに収まる青色を見るとよいバッテリーを早く装着したいなと強く感じた…。
Panasonic Blue Battery caos N-80B24L/C5
でもいつになるやら…
Posted at 2015/07/12 20:57:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | デミオ | 日記
2015年07月05日 イイね!

この時期の仕様変更の意味は

アクセラのマイナーチェンジが噂されるこの頃だが、北米市場ではこの時期にアクセラの仕様変更が発表されたようだ。

以前から北米市場では2016年仕様が今年から販売するということを予告しており、それがマイチェンが近いという噂にも繋がっていたと思うのだが…。

しかし、実際にはエクステリアに変更がなく、装備面で、ターンシグナルの変更や、スポーツシート、後席アームレスト、オートヘッドライト、雨滴感知ワイパー、後方のアルミホイール、クロームトリム、熱線入りミラーを追加したようだ。後は価格を少し値下げしたという。

2016年仕様ということは当分は来年まで販売するわけで、もしマイナーチェンジがすぐに行われると意味がなさそうな気がするが。仮にマイナーが発表されると購入を控えるだろうから、この時期に仕様変更が出るとなると、北米市場ではこれから半年ぐらいか1年ぐらいか遅れるということなのだろうか?それともマイナーチェンジは先の話なのだろうか?
既報だが、2018年にはモデルチェンジをするらしい.。そうなるとタイミングは今年が強い気がするのだ。この仕様変更は市場によってマイナーチェンジの車両の販売時期がずれてしまうための対策なのだろうか?


以前BMアクセラのデビューは、世界同時発表ということをしていたが…今回はどうなるのだろう…。

今年後半に発表となるとアテンザやCX-5と同様に明けて2016年初めから国内販売となるのだろうか。全世界に展開しているモデルだけにすべての市場に一斉投入は難しい。
果たしてマイナーいつなのか?
気になるところである。
Posted at 2015/07/05 23:46:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | アクセラ | クルマ

プロフィール

「ここまで上手にやってみたい。(´▽`)ノ@River♪ 」
何シテル?   11/16 07:20
妙にこだわりのあるへんなやつですがよろしくお願いします。 あまりうまくしゃべれません・・・・人付き合いが下手です。泣

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

WHAT DO YOU DRIVE? 
カテゴリ:マツダ関連サイト
2011/10/03 21:25:36
 
MAZDA Channel 
カテゴリ:マツダ関連サイト
2011/05/20 21:06:47
 
Knightsports  
カテゴリ:マツダ関連サイト
2011/05/16 22:17:31
 

ファン

41 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
嫁の車
マツダ プレマシー マツダ プレマシー
この車でも10万キロ突破したいなあ・・・・
日産 プリメーラカミノワゴン 日産 プリメーラカミノワゴン
元気な車でした。パーツの少なさに困りましたけど。バキュームメーターをつけたり、グリルを変 ...
日産 サニー 日産 サニー
自分名義の最初の車でした。 最終的には14万キロを7年で… 最後は持病のラジエターファ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.