• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Poor_Worksのブログ一覧

2016年05月16日 イイね!

久々の休日は生憎の空模様

久々の休日は生憎の空模様ナビも一度使い出すと、

携帯電話と同じで手放せなくなってしまう。


関連の過去ブログ

文明の利器。。。 (2010.02.13)





いただきモノのナビで十分だと思ってたが、

5インチのバイクナビを仕入れたので、

雲行きが怪しい中を近所の山までテスト走行してきた。

このナビのレビューも時間ができたら書けるかなぁ~・・?









また、保管していたノーマルシートはカバーがやわらかさを失っていたが、

ebayで良さげなシートカバーを見付けたので、張替えてみた。

しばらくは長距離用のポスティシートと気分転換で交換しておこうかな?


レビュー ホンダ CT90 CT110 リペア シートカバー




こちらの画像は数日前、天候良かったが出勤前・・・・
Posted at 2016/05/16 15:37:59 | トラックバック(0) | 装備・工具・道具など | 日記
2016年05月05日 イイね!

ようやく終結したLED化

ようやく終結したLED化ウインカーのLED化だけが、

上手くいかずでしたが、

BrOSさんの記事を参考にさせて

いただいて問題は簡単に解決しました。♪

僕には理解できない配線だが・・・(汗)


BrOSさんのページ
BrOSのGeekな部屋

【関連の記事】
CT110のウィンカーパイロットランプもLEDに
みんカラ版はこちら )


自分のための備忘録として、
まねし(パクリ?)の整備手帳もアップしました。(汗)

【整備手帳】ウインカーLED化の問題を整流ダイオードで解決

Posted at 2016/05/05 22:09:09 | トラックバック(0) | 改造・整備など | 日記
2016年05月03日 イイね!

【CL72の血統】 トレールという文化とCT110

【CL72の血統】 トレールという文化とCT110バハ・カリフォルニア半島を不眠不休で縦断する、
世界最長のノンストップレース「BAJA1000」。


※トップ画像
 若い頃、Baja1000に憧れて
 手に入れたバッジとワッペン。(笑)





そのレースの起源になった
「1962年のHONDA CL72による半島縦断」は興味深い。
アメリカホンダのセールスマネージャーであった
ジャック・マコーマック達が企画したらしく、
当時は国境ティフィナから南端のラ・パスまで10日位かかっていた。
その時代に39時間56分で縦断するという快挙を成し遂げた。


このジャック・マコーマックの活動が、
「ハンターカブ」の販売等に影響を及ぼしていく事になったらしい。



また彼らはあのスティーブ・マックイーンとも友人であったようですね。
彼らの活動が "ON ANY SUNDAY" の時代に繋がっていったのは間違いない♪


過去の関連ブログ
"ON ANY SUNDAY" は原点

HONDA CL72


「Honda DREAM CL72 SCRAMBLER の血統」
4スト2気筒の重めな車重であったCL72は
軽量ハイパワーな2スト単気筒が登場するまでは
モトクロスコース等でもかなり活躍したらしいが、
その性格はむしろ砂漠や林道等を旅をする為の
道具として最適であったので、
CLはやがてXL/XLR(XR)に繋がっていった。
また、一方ではCT110のように仕事の道具として
山間部の林業や送電線保守等で使われていたらしい。


※1984年に製造中止となったシルクロード(CT250S)も
 その血統を受け継いでおり、当時にホンダは
 CT110、シルクロード、イーハトーブ(TL125S)を
 雄大な自然をゆったりとツーリングするバイクとして
 トレッキング・バイクというカテゴリーを提唱した。




CT110にもCL72の血が流れていると感じる今日この頃である。



P S
TRIUMPH SCRAMBLER


865ccのスクランブラー。 シブいけど買えそうにはない・・・(笑)
Posted at 2016/05/03 20:53:57 | トラックバック(0) | その他 | 日記
2016年05月01日 イイね!

【TRAILの概念】 トレールという文化とCT110

【TRAILの概念】 トレールという文化とCT1101960年頃、米国西海岸に始まったトレール文化

トレールの概念がはっきりしていなかった頃、

市販ロードバイクにアップマフラーを装着し

オフロード走行できる単車を作っていたらしい。



その単車は、
"スクランブラー" と呼ばれるようになり、
メーカーからも公道走行が可能でありながら、
モトクロッサーやトライアラーの要素を兼ね備えた
トレール(スクランブラー)が発売されるようになる。

人類がアフリカから世界各地へ移動し
各地へ根付いたように、トレールもまた
米国西海岸から世界各地へ根付いていったようだ。



やがてトレールは、
砂漠やクローズドコースを走るコンペティション系や、
林道や獣道を走りながら旅を楽しむ
ツーリング・バイクとして発展して行った。
しかしその一方でCT110のように、
農業・林業・酪農や郵便等の生活道具として
生き残って行ったバイクもあったようです。


※トレール(デュアルパーパス)をコンペティションレプリカと
 認識している方も多いかもしれないですが、
 僕にとってのトレールとは、公道・オフロードともに
 走行できる旅の道具なのである。




僕のCT110はオーストラリアのアグリカルチャー仕様ですが、
その仕様が好みなのかは微妙かもしれない。
しかし後期のCT110を手に入れるとなると、
こいつかニュージーランドのファーム仕様、
またはオーストラリアのポスティってことになると思われる。


それぞれの仕様の違いはマニアじゃないと
分からないような違いくらいですが、
最終的には、"どう乗るか" だと思うのである。



P S 今日のツーリングフォト
 大台ヶ原とR309行者還林道




Posted at 2016/05/01 22:06:16 | トラックバック(0) | その他 | 日記

プロフィール

「ブログにショート動画追加(^_^)

http://cvw.jp/b/690090/40852967/
何シテル?   12/15 20:55
貧乏暇なしで、コメントはオフです。(汗) 【YouTube】 Cub Trail Rider https://www.youtube.com/user...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

haru_ge8さんのカワサキ W650 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/22 05:46:56
2016.5.1 東西林道愛好家の集い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/08 21:03:49
極地マシン^^ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/19 05:42:49

ファン

132 人のファンがいます

愛車一覧

カワサキ W400 ブルースクルーザー号 (カワサキ W400)
ときにはブルースのように、 絶望的でありながらも、 何故か希望さえ感じさせてくれる。 そ ...
ホンダ CT110 アドベンチャー号 (ホンダ CT110)
我が相棒の CT110「アドベンチャー号」です。 アグリカルチャー(農耕)仕様の便利な ...
スズキ ジムニーワイド ランドスケープ号 (スズキ ジムニーワイド)
2009年10月、ノーマル車(2001年登録)をネット通販で購入した。 購入時の走行距離 ...
その他 倉庫 その他 倉庫
クルマと直接関係のないキャンプ道具やカメラ等をアップしてます。 ※ もとはチャリンコ用 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.