• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Poor_Worksのブログ一覧

2018年02月23日 イイね!

ナルシストの責任感で

ナルシストの責任感で
革ジャンを着たならば
大阪ベイエリアへ
行かなければ 。。。


alt

先日、CT110(原付二種)では走れない
夢咲トンネルや咲洲トンネルを走った。
そのときは写真も撮ってなかったので、
そこらにある 大阪「負の遺産」 でも巡ろうかと思ったけど、

今日はかなり久しぶりに、
南側の「かもめ大橋」を渡ってきました。(^_^)


フォト
大阪湾岸エリア


alt

レビュー(昨日アップ分)
Schott #641 シングルライダースジャケット

Posted at 2018/02/23 18:57:51 | トラックバック(0) | カワサキ W400 | 日記
2018年02月15日 イイね!

バーチカルツイン in 六甲山

バーチカルツイン in 六甲山
若い頃からオフロードが好きだけど、

モトクロスのようなクローズドコースより

ラリーレイドのように公道も利用したり

林道や獣道を移動する方が好みだ。

だからパリダカやバハ1000に憧れたものだ。



裏六甲
alt

これはオンロードでも同様だ。

サーキットを周回することに興味はなく、

マン島TTのような公道を利用したレースが好きだ。

こういう事を書くとエキスパートな方に怒られそうだけどね。


表六甲
alt


殆どの "正しい人" は、こう言うだろう。

「無茶をするなら、サーキットを走れば良い。」

「公道では行儀よく走りなさい。」 と…



羊 とびだし注意
alt


昔から僕のような変人的感覚を

理解できる人は少なかったように思うけど、

大人だけでなく、最近の若い子にも

理解のしようがないのではないか。



鉢巻展望台の猫 (やたらとすり寄ってくる。笑)
alt

お前には、俺の感覚が理解できるか?

alt

何故かって、
自分でも分かっていないかも知れないけど、、、

alt

僕にとってクローズドコースを走ることは、

籠の鳥のようで自由がない感覚になってしまうのである。


alt

フォト
・ソロで走る冬の六甲山
・~おまけ画像~


alt


ライダーは、
孤独であり、自由であるべきなのである。




Posted at 2018/02/15 21:34:47 | トラックバック(0) | カワサキ W400 | 日記
2018年02月11日 イイね!

地獄谷峠を越え凍てついた砂防ダムでの一服

地獄谷峠を越え凍てついた砂防ダムでの一服
今朝は天気予報を見ると晴れ。

夕方から定年退職を祝う会へ向かうので、

近場を軽く走ることにした。


alt

しかし、山道を進むにつれて

みぞれ交じりの雨が降り出した。



フォト みぞれ降る近郊の舗装林道

カワサキにもグリップヒーターを装着したので、
寒さについては平気だった。




地獄谷峠を越えた。
alt

林道 地獄谷線は工事中。
alt
30年ほど前にこの林道を下って、
えらい目にあったことを思い出した。(笑)



地獄谷峠をしばらく進むと凍りついた砂防ダムに出た。
alt

alt

神秘的な景色の中で吸う煙草は
どうしてこんなに美味いんだろうか。。。。(^^;) 

alt


Posted at 2018/02/11 15:14:07 | トラックバック(0) | カワサキ W400 | 日記
2018年02月10日 イイね!

(続)回想 バーチカルツイン

(続)回想 バーチカルツイン
トップ画像は、片岡義男さんの小説

「幸せは白いTシャツ」で

主人公 北原仁美が乗っていたCB450である。




OHVに見切りをつけ、DOHCの採用で、

英国製バーチカルツインに対抗したようだ。



alt

こちらは、CB350EXである。

「ときには星の下で眠る」の

主人公 平野和美(男性)のオートバイである。

W1が主人公のオートバイと思われがちだけど、

友人 大島純司のオートバイがW1である。



関連記事
片岡義男の物語に登場するオートバイたち
HONDA CB450ミニヒストリー
KAWASAKI W1ミニヒストリー
二気筒エンジンが七変化した理由


alt

日本国産バーチカルツインは、
60~70年代にBSAやトライアンフ等の

英国車を追いかけてスピードや最高出力を追求したが、

そちらの追究は2サイクルや4サイクル四気筒に任せることになり、

80年前後から和製アメリカンに以降していったのではないか。

例えば、ヤマハ XS650SP(78年)等。。。


alt


80年代前半の僕は免許が取得できる歳になっておらず

Z400LTD等の和製アメリカンを見て

違和感を覚えた。

alt

この感情は日本でいうところのアメリカンスタイルが

本場米国のハーレーとは大きく違っていたからだと思う。


しかし、今となっては、
和製アメリカンのそれはそれで魅力的に感じているし、
ボバー等もおもしろいと思うようになった。





少し話題が脱線気味ですが、

スピードや最高出力なら2サイクルや4サイクル四気筒、

また、鼓動感を楽しむならSRのような単気筒やハーレー等が生き残った。





その後、99年にカワサキが復活させた

バーチカルツイン W650の新しい発想はすばらしかった。

和製アメリカンではなく、

往年のロードスターとしてのスタイル

低速に強いロングストロークエンジンを搭載したのである。


W650(99年・規制前)… 5.7kg・m / 5500rpm
W800 … 6.3kgf・m / 2500rpm


W800なんて、2500rpmで最大トルクやし。


alt

ここまで書くと、

お前のは、「W400だろう」 って思われる方もいるだろう?


W400 … 3.0kgf・m / 6000rpm

しかし、僕はそいつに惚れているのである。

旅仕様のバーチカルツインとして最良ではないだろうか。




Posted at 2018/02/10 22:33:53 | トラックバック(0) | カワサキ W400 | 日記
2018年02月04日 イイね!

【動画】 ETC2.0 & グリップヒーター Kawasaki W400

【動画】 ETC2.0 & グリップヒーター  Kawasaki W400
ETC取付け後の試走

動画を撮影したのでアップ

ついでにグリップヒーターも (^^)
Posted at 2018/02/04 14:38:49 | トラックバック(0) | カワサキ W400 | 日記

プロフィール

「ブログにショート動画追加(^_^)

http://cvw.jp/b/690090/40852967/
何シテル?   12/15 20:55
貧乏暇なしで、コメントはオフです。(汗) 【YouTube】 Cub Trail Rider https://www.youtube.com/user...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

haru_ge8さんのカワサキ W650 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/22 05:46:56
2016.5.1 東西林道愛好家の集い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/08 21:03:49
極地マシン^^ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/19 05:42:49

ファン

136 人のファンがいます

愛車一覧

カワサキ W400 ブルースクルーザー号 (カワサキ W400)
ときにはブルースのように、 絶望的でありながらも、 何故か希望さえ感じさせてくれる。 そ ...
ホンダ CT110 アドベンチャー号 (ホンダ CT110)
我が相棒の CT110「アドベンチャー号」です。 アグリカルチャー(農耕)仕様の便利な ...
スズキ ジムニーワイド ランドスケープ号 (スズキ ジムニーワイド)
2009年10月、ノーマル車(2001年登録)をネット通販で購入した。 購入時の走行距離 ...
ダイハツ ミラジーノ ダイハツ ミラジーノ
諸事情によりジムニー下取りで、 12年落ちの2代目ミラジーノL650Sを購入。 初代ミ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.