• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あおまくのブログ一覧

2013年09月23日 イイね!

第45回 愛馬の日

毎年9月23日、秋分の日に開催されているJRA馬事公苑での「愛馬の日」行ってきました。
今年で通ってもう10年目です(爆)07年、08年は行かなかったけど。

今回は馬の体調不良を理由に「ばんえい競馬」のデモンストレーションは中止になりましたが
母衣引き(ほろひき)、警視庁騎馬隊によるレプリーズ(集団演技)、流鏑馬、打毬(だきゅう)
馬事公苑所属の馬たちによるホースショーと内容は・・・見慣れていますが生で見るのがいいね。
久しぶりに打毬が見れたのがよかったなぁ、なかなか生で見れる競技じゃないのでね。


オープニングパレードが終わってからまずは宮内庁主馬班による「母衣引き(ほろひき」の演技。



馬上で鞍上者が姿勢を安定させるために馬に特殊な走り方をさせて徐々にスピードを
上げながら背中にしょった母衣を後ろにたなびかせて行く演技。
母衣が地面に着かないように体を安定させかつ馬を走らせるのはなかなか難しい技術
だそうです。
確かに母衣が鯉のぼりの吹き流しと同じ形で風の勢いを受けて後ろにたなびくから体は後ろに
持っていかれるので姿勢を真っ直ぐにするのは大変だよね。
戦国時代の合戦で流れ矢などから背中を守るための道具だったのが江戸時代以降に儀式化
されて様式美として現在の宮内庁にて受け継がれているそうです。


次は流鏑馬。説明は特にいらないですよね。



場所取りに失敗したので写真はあまり撮れてません、走路が以前観客席よりも奥の埒沿い
を走っていたのが今回から手前の埒沿いに変わったので撮るのがほぼ無理でした。
まぁ全国どこでもというと語弊あるけど、一回は見たことあると思うので説明はこれまで。

馬たちの演技は、警視庁第三方面交通機動騎馬隊によるレプリーズ(集団演技)。
この騎馬隊は警視庁のイベントのほか駐日大使任命式のために東京駅から皇居までの道のり
を先導する警護が主な仕事です。



これは生で見るのがいいと思うので見る機会があったらぜひどうぞ。


「打毬(だきゅう)」という競技なんですがこちらも宮内庁主馬班により継承されている競技
というか馬事文化です。

元は中央アジアで行われていた競技が東西に分かれ伝播し、西に行ったものは「ポロ」として
現在に至り、東に行ったものは打毬となり中国~朝鮮を経由して日本にやってきた。

競技内容は紅白4人馬、計8人馬により紅白の玉を右手に持った先端に網のついた棒
ですくい、それを持って45m先の直径60センチの的(穴)に放り込む競技です。
先に12個入れたほうが勝ちでこれを7分間、10回行って勝負を決める。
網のついた棒はさながらラクロスのスティックと似たものだけど網は玉が一個入るくらいの
大きさなのと馬上で的までコントロールしながら移動してさらに的に放り込むのが一連の動き。


慎重に玉をすくったら持って45m先の的まで移動。ラクロスのように遠心力で玉が落ちないように
回しながらです。


的に向かって放り込む。玉が入ったら入った色の旗を揚げ、紅ならドラが鳴り白が入ったら太鼓が
鳴る。


馬上にて相手の投げ込むのを阻止するためのディフェンスもできます。

この試合は白組が優勢と12個的に入れて勝負あり。最後、負けた組は下馬して相手を称える。
単調かなと思いきや接戦になるとこれまた面白い、柵の手前ではなくかなり遠くからでも狙って
くるので単純ながらも白熱する競技です。


馬事公苑所属の馬たちによる演技。



サイドサドル(横鞍)による演技、跨らずに右足で鞍の真上にあるフックに引っかけて
横座りするような感じで鞍上。私は横浜でこの横鞍に乗ったことありますが意外と楽でした。
しかし立ち上がるとなると落ちるねアタス(爆)まぁ女性が行う乗馬方法なんで関係ないかな。
とにかく優雅です。




軽乗演技、ヨーロッパでは各国で盛んに行われ世界選手権も開催されている競技です。
これは写真やら言葉で説明するより生で見るほうがよくわかります。




馬も座ります!?



立つと迫力がありますね。


他にポニー競馬や蹄鉄投げ、蹄鉄釣り、装蹄実演、引退した競走馬の展示とありましたが
やはり打毬が見れたのがよかった。逆に流鏑馬がよく見れなかったのが不満でした。
ばんえい競馬を次回見たいです。
今日は天候も持ち涼しかったのも幸いして馬たちも気持ちよく演技してたと思います。


昨日の反動か撮った写真が700枚オーバー(笑)



ではまた来年。
Posted at 2013/09/23 23:24:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | JRA馬事公苑イベント | 日記
2012年09月22日 イイね!

第44回 愛馬の日

毎年恒例の馬事公苑のイベント「愛馬の日」行ってきました。
私にとっての恒例行事なんで・・・見るだけですが。

いつもより遅く行ったので・・・昨日のお酒が抜けなくて寝坊しただけ(爆)
始めの流鏑馬神事だけは見逃しました、あぁ。

気を取り直して「相馬野馬追・甲冑競馬」からスタート。







同じく相馬野馬追「神旗争奪戦」







カッコイイっす。

元は平将門が野馬を追いかけて捕獲し、捕獲した馬を訓練させたことが始まり。
室町時代、陸奥国行方郡太田村(現南相馬市原ノ町)に赴任した相馬氏が
この野馬追いを行事として定着させて現在に至る。
毎年7月23~25日に開催されている。

御存知だと思いますが昨年3月11日の震災と福一原発事故で南相馬市原町区
は一時避難地域でした。
今回出陣された方々は今も避難所暮らしをしながらも馬事公苑へ馳せ参じて
くれました、本当に南相馬が福島が復興するまで持ちこたえて欲しいです。






岩手県盛岡市から「チャグチャグ馬子」が4年ぶりに来ました。

盛岡市も震災の影響がありましたが今も端午の節句に馬への感謝をこめて馬を
装飾し、50個もの鈴をあしらって滝沢村の鬼越蒼前神社から盛岡市の八幡神社
までを練り歩く観光行事です。毎年6月第二土曜日に開催。



警視庁第三方面交通機動隊騎馬隊によるレプリーズ(集団演技)






宮内庁主馬班(しゅめはん)による母衣引。
元は合戦で幌を背中にひるがえして相手の放った矢を幌で防御することが始まり
らしいが、実際は謎に包まれているみたいです。
戦国時代に「母衣引衆」というのがいましたよね、詳しくないけど。
江戸時代に馬の供覧で披露され、のちに皇室直属の官庁で現在に至る。
2頭の馬と騎手が母衣という筒状の布を後方にたなびかせながら走り母衣を
平行にさせる。
赤は秋を、緑は春を表現しています。


馬事公苑所属馬によるドリームホースショー





  


全国ポニー競馬選手権関東地区予選・決勝




今年が4回目の「JRA ジョッキーベイビーズ」全国ポニー競馬選手権。
ポニーとはいえ走ると速いです。
関東地区の予選と決勝が行われ2人馬が選ばれました。
決勝は11月4日、東京競馬場スタンド前の直線400mで行われます。
今のところ関東代表が2連覇中なので今年もやってくれそうです。
決勝当日は「アルゼンチン共和国杯」が開催なのでこの表彰式に
アルゼンチン共和国駐日大使がおいでになっておりました。


毎年恒例の行事、日差しは強くてジリジリと焼けたみたいで顔が半分日焼けしたかも。
また来年も時間があったら行ってみよ。

後はフォトギャラ見てね。
Posted at 2012/09/22 23:57:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | JRA馬事公苑イベント | 日記
2011年09月24日 イイね!

花馬祭り

長野県南部、南木曽町田立五宮(いつみや)神社のお祭りで
毎年10月の第一日曜日に行われる。

豊作、安産、家内安全、商売繁盛などの
諸願成就を感謝して行われるお祭りです。


明治41年、田立地区の5つの神社

南宮社(元組)、太平社(向粟畑)、八幡社(粟畑)
熊野白三社(大野正兼)、神明社(塚野)

を合祀して南宮社に「五宮神社」を建立させた。
その時から花馬を3頭にして行われている。

馬の背中に乗った土台に稲穂をかたどって
5色の色紙と五宮神社のお札を付けた365本
の竹の飾りを各馬に挿して練り歩き
五宮神社内を3周したところで
壮絶な竹飾りの争奪戦を繰り広げる。
意外と最後は激しい祭りなんですね。



神主を先頭にそぞろ歩く


五色の旗、竹飾りに旗と同じ色の色紙とお札が付けてある。
禰宜さん、巫女さん、太鼓や笛を吹くおはやしが続き・・・




花馬



お祭りは3頭立てですが、今回も2頭で列をなす。


実際は観客の稲穂の飾りを争奪する激しいもの
なんだけど危険なので、配ります。



使用後www
Posted at 2011/09/24 14:53:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | JRA馬事公苑イベント | 日記
2011年09月24日 イイね!

公苑の元競走馬たち

馬事公苑はJRAの所属なので引退した競走馬が運よく
こちらに入厩する場合があります。

中にはGⅠに勝利した馬もおりまして。
今回展示されていた4頭のうち3頭はGⅠ馬でした。


マイネルレコルト号
GⅠ朝日杯フューチュリティーステークス(2歳馬)の優勝馬。


ギルテッドエージ号
JGⅠ中山大障害及び、JGⅠ中山グランドジャンプの勝利馬。
最近は映画にも出演してました。


ショウワモダン号
GⅠ安田記念の優勝馬


ギャラントアロー号
GⅡスワンステークス勝利馬
成績にムラのある馬券泣かせの馬だったけど
馬事公苑では調教師の躾に従順だそうです。
成績もそれなりに残ってればねぇ。


なかなか見ることのできない元競走馬も馬事公苑
ではのんびり観ることができますよ。







隣にいるギルテッドエージの飼葉がきになるショーワモダン。

何故か・・・?それは・・・。








自分の飼葉はもう
終わっちゃったからwww



ショーワ君・・・



じゅるる(爆)
Posted at 2011/09/24 14:26:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | JRA馬事公苑イベント | 日記
2011年09月24日 イイね!

宮内庁主馬班、母衣引(ほろひき)

母衣(ほろ)を後ろにたなびかせて走る馬術で
江戸時代中期頃に馬の供覧で行われたのが始まり。

諸説あって分からないが
合戦の時に背中に大きな母衣を付けて馬で
走ることで後ろから矢を射られても母衣の膨らみで
防御できたことに由来するらしい。





現在は宮内庁主馬(しゅめ)班がこの母衣引きを伝承しており
なかなか観ることができない馬術なので是非一度は
観てみる価値があります。
雨や強風の日は母衣がたなびかずまず行われない。


「春」を表す緑と白の母衣を背負った騎手と



「秋」を表す赤と白の母衣を背負った騎手が



「側対歩」という特殊な走法で3段階に速度を上げていき
背中の母衣を段々後ろにたなびかせていく。







長さ10メートルの輪状の母衣がすべて後方にたなびくと
実に見事な情景を見せてくれます。
Posted at 2011/09/24 14:05:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | JRA馬事公苑イベント | 日記

プロフィール

「平成最後のスーパームーン http://cvw.jp/b/698150/42529464/
何シテル?   02/20 13:26
はじめまして、あおまくと申します。 高校の同級生のお誘いでみんカラを始めました。始めは他のSNSと平行にやってましたが、こちらの方が専門性があるのと面白いので...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

群馬の小さな跡地 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/26 23:45:30
APP 
カテゴリ:ヴィッツ
2016/02/13 11:38:54
 
OS技研 
カテゴリ:ヴィッツ
2016/02/13 11:34:14
 

愛車一覧

トヨタ ヴィッツ ヴィッツ (トヨタ ヴィッツ)
黒歴史のセリカから大人しいキューブと乗り継ぎ・・・スイフトスポーツと比べて使用ガソリンで ...
その他 Nikon D5100 D5000 その他 Nikon D5100 D5000
ライフワークの「夜景観賞&撮影」のための紹介です。 おすすめスポットの画像だけでは伝わら ...
日産 キューブ 日産 キューブ
友人の力を借りてちょっと安く買えた70周年記念車。 専用塗装もあったけどダイヤモンドシル ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
私にとって黒歴史なマシン。 勢いだけで買ってレプリカしたセリカ。いちおうホモロゲ取得 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.