• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

旧車王国のブログ一覧

2017年12月25日 イイね!

マーチ12SRのタイヤを交換した

マーチ12SRにはこれまで195/50-15(直径576ミリ)のヨコハマのDNA-GPを履いていた。
このタイヤが減って寿命が近づいてきたがスタッドレスに履き替える季節まで我慢して使ってきた。


スタッドレスに交換する機会に、夏タイヤはたまたま倉庫にあった新品のダンロップLE MANS LM702 205/50-15のタイヤ(直径586ミリ)に交換しようと考えた。
195/50-15(直径576ミリ)のタイヤのついたホイールと新品の205/50-15のタイヤ(直径586ミリ)をガソリンスタンドに持ち込み、嵌め換え作業を頼んで預けてきた。

しばらくして電話が掛かり、「サイズが違いますが、よろしいでしょうか」という。
サイズが違おうと、嵌め換え作業を依頼されているのだから黙って嵌め換えるのが普通だが、タイヤ幅が違うのに気づいて確認のための電話が掛かったのだ。
直径を検討した上、承知でタイヤサイズを変えるのだからOKだよと返事したが、確認のためにわざわざ電話してきてくれたスタッフに感銘した。
顧客のためを思って確認をするというのは顧客志向の行動で嬉しかった。

ガソリンスタンドの宇佐美だ。一般的にガソリンスタンドの作業は雑なところが多く、昔は某ガソリンスタンドでタイヤを交換作業中にオイルをべったり掛けられて困惑したことがある。しかしながら、近所の宇佐美はタイヤ交換の技術はしっかりしているし、工賃も安く、持ち込みタイヤの嵌め換え作業も喜んでやってくれるので嬉しい。スタッフはいつもキビキビしていて気分が良い。

なお、マーチ12SR純正のタイヤサイズは185/55-15で直径は585ミリである。
新しいタイヤの[タイヤ幅×扁平率]と、古いタイヤの[タイヤ幅×扁平率]の差を2倍すれば直径の違い(ミリ)になる。
今回のタイヤ205/50-15のタイヤ(直径586ミリ)で純正サイズと直径はわずか1ミリの違いでほぼ同じである。

積雪に備えてスタッドレスに交換したが、装着したスタッドレスのサイズは195/55-15(直径596ミリ)である。

以上のいずれのタイヤでも純正の直径に比較して僅かの違いで、速度計の誤差範囲内であり、前述のどのタイヤでも車検では全く問題が無い。

春になったら今回嵌め変えたダンロップLE MANS LM702 205/50-15の出番である。

Posted at 2017/12/25 15:40:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | タイヤ | クルマ
2017年12月23日 イイね!

マーチ12SRのホイールベアリングの交換

2年ほど前に左リアのベアリングが劣化して唸り音が出るようになった。
当初その音の原因がわからずフロントのハブを交換したり、ドライブシャフトを交換したりしたが、異音の原因はリアのベアリングの劣化だった。

今回も同じようなウォーンという唸り音が出る。
上下左右のガタの点検と、ゆっくり回す点検では異常は無いように思われる。
最近はアンギュラベアリングといって複数のベアリングがセットになっており、古典的な上下左右のガタの点検と、ゆっくり回す点検方法では異常は発見しにくい。

早回しすると異音が出るというが、早回ししても左右とも同じような微かな音だ。今回の唸り音は前回交換していない右側のブレーキと見当をつけてドラムを取り外した。
ドラムの取り外しは30ミリのセルフロックナットにボックスレンチをかけて外すが、車のボルト・ナットの中ではもっとも大きなトルクで締め付けて固定されているので普通の力では緩まない。レンチにパイプをかぶせてレバー比を延長し力をいっぱい加えてようやく緩む。
ベアリングのシールからグリースが漏れ出している。
ということは滑らかに回転しないために発熱してグリースが漏れ出している証拠だ。
ベアリングの内側に指を入れて回すと微かにゴリゴリっとした感触がある。


アンギュラベアリングになってからは車載状態で回してガタや異音が出ることは少ない。
もしガタや異音が出たらそれは破壊寸前まで進行した場合だろう。

昔はホイールベアリングはテーパーローラーベアリングがインナーとアウターにあり、締め付けてクリアランスを調整するものだったが、最近は複数のベアリングがユニットになったアンギュラベアリングがハブに圧入してある。
クリアランスの調整は必要はないのは便利だが抜き換えが面倒だ。
ベアリングのリテーナーが引っかからず外すのに苦労する。
リテーナーが取れたらバーナーで十分暖めてからプレスで押し出す。

AK12型マーチの場合、前期から中期型は10万キロをめどにリアハブのベアリングがダメになるような気がする。後期型は改良されているのかトラブルは少ないようだ。
後期型はリテーナーも取り外ししやすいように引っかかりがある。
Posted at 2017/12/23 21:53:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | マーチ 12SR | クルマ
2017年12月08日 イイね!

Z Car Fiesta Meeting in SUZUKA

Z Car Fiesta Meeting in SUZUKAアメリカとカナダからZ carクラブの11名が来日し、それを機会に鈴鹿サーキットに歴代のフェアレディZが30台ほど集合した。
フェアレディZのミーティングに参加するのは初めての経験である。

アメリカやカナダからはるばる日本までやってくるというのは相当な情熱の持ち主だ。
今回参加したフェアレディZでは初代のS30は8台くらいしかなかったが、そのコンディションと改造の程度にはびっくりした。

このピカピカのエンジンルームは何だろう。とても同じL型エンジンの車には見えない。


また、これは燃料噴射に改造してあるがブローバイまでアルミパイプで綺麗に加工してあり、プローバイタンクもアルミ溶接で綺麗に仕上げてあり驚いた。


いやぁ、車狂ってのは凄いですね。

旧車王国の自慢できるのは、1973年に、この愛車(フェアレディZ)と出会ってワンオーナーで44年経ったということだけだ。
Posted at 2017/12/08 22:53:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | フェアレディZ | クルマ

プロフィール

「芦有の展望台にて http://cvw.jp/b/702843/42273144/
何シテル?   12/08 11:25
旧車王国の国王です。よろしくお願いします。 ハンドルネームからしばしば自動車屋さんと勘違いされますが、自動車屋ではありません。 自動車は全く趣味だけの世界で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

クラッチスカスカの刑 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/26 23:06:05
ガレージの悩み 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/28 13:40:18
「うーん…。」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/28 17:13:41

ファン

105 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
ポルシェ911カレラ 3.2/1989/Porsche 911 Carrera 3.2 ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
フェアレディZ/S30/1973 どうしても欲しくて無理をして買った車。新車で購入してワ ...
日産 マーチ 日産 マーチ
マーチ・スーパーターボ/EK10/1989/March Super Turbo ステアリ ...
日産 マーチ 日産 マーチ
キビキビ走りそうなクルマとして、マーチ12SRを見つけた。 中古車価格は意外と安く、試乗 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.