• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年01月19日

【DUCATI 996】バネレートの謎が解明しました!

ネットでバネレートを調べまくりました。

996モノポスト ⇒ 6.5キロ
996R      ⇒ 7.5キロ
748R      ⇒ 6.4キロ
748RS ⇒ 8.0キロ

スリックタイヤを履いて選手権を争う場合は8.0キロが良いみたいです。現在のリアサスは996Rかビポスト用みたいですね。日本に入ってきているモノポストはすべてビポスト仕様らしいので、ドゥカティの純正オプションのオーリンズサスはバネが7.5キロなのかもしれません。

実はヤフオクでスペアのオーリンズサスを買ったのですが、なんと748R用でした。詳しく見ずに落札しました・・・。ということはバネレートは6.4キロ?

6.4キロのバネの場合は公道でのセッティングは諦めたほうが良さそうです。

バイカーズステーションのサスセッティングの特集を読んでいてすべての謎が解けました。バイカーズステーションはかなり偏った見解も多く、ある程度批判的に読んでいましたが、今回読んだ記事は今までの迷走をチャラにするぐらいの出来栄えでした。

ドカの標準設定は公道走行も視野にいれているので、適正のセッティングよりもプリロードを抜いて出荷しているようです。サーキット走行時はプリロードアホみたいにかけて使うのが正しい方法論みたいです。ただし、こうすると乗り心地が強烈に悪くなって公道ではまともに走れないらしいです。だから出荷時のセッティングはかなり妥協したものになっているそうです。

5キロのバネに10キロの過重がかかると2ミリ縮まります。
10キロのバネに10キロの過重がかかると1ミリ縮まります。

つまり、同じ過重に対して、バネレートが低い方がバネの動きが大きくなります。

ダートトラックなどでは非常に柔らかいスプリングにプリロードをガンガンにかけて使うそうです。わずかな過重変化でもストロークが変化することにより、情報が伝わりやすくなり、コントロール性が上がるということです。

ドゥカティはヨーロッパの低ミュー路での走行でのフィーリングを重視したセッティングになっており、バネレートの低いバネにプリロードを大きくかけるセッティングとなります。こうすることで、荷重変化をライダーに分かりやすくしているのです。ただし、バネレートが凄く低いので、プリロードをかけないとまともに走れません。

1098や1198においても街中ですでにフルボトムするという現象が報告されています。バネレートは8キロです。これは公道セッティングとしてプリロードを抜いた状態で出荷されていることに原因があります。そんでもってフルボトムしないようにプリロードをかけていくと初期から固すぎてまともに乗れたものでなくなる。解決策としてはバネレートをを10キロに上げてプリロードを小さくする。これしかない。そのようにバイカーズステーションに記述がありました。

たしかに、GSX-R1000などは標準でリアサスのバネレートが10キロです。スズキ車は竜洋セッティングと言って、テストコースのミューが高いので、高ミュー路向きのセッティングになっているそうです。ドゥカティと対照的なセッティングなわけです。

プリロードをアホみたいにかけるというのでは、1Gの沈み込みウンヌンでセッティングする理論はまったく通用しません。ドカのリアサスのセッティングにおいてはサグとか1Gという考えは、きっぱり捨てたほうが良いみたいです。

748R用のサスの場合は6.4キロと非常に柔らかいバネを使っているので、かなりのプリロードをかけないとフルボトムを避けることができません。つまり、適正なセッティングをした場合は乗車1Gでの沈み込みはほぼゼロになるということです。MOTOGPのレーシングマシンを見てみても、1Gの沈み込みはぼゼロのようです。走行中は低いバネレートによりしなかやか動きを見せていますが、一般道を走れるようなセッティングではないことが明確です。

今日は7.5キロのバネのプリロードを1.5ミリほど抜いてワインディングでテストしてきました。帰りに路面に凹みがある部分を通過するとカシャンというフルボトムする音が聞こえてきました。ムムー。

748Rをサーキットで走らせた方のブログを拝見すると6.4キロのバネの場合は、流しているだけで、フロントは40ミリぐらいストロークが残って、リアはフルボトムするそうです。

※2013年7月23日追記
955コルサのリアサスを入手しました。バネレートは9.5キロです。ただし、リンクも異なる専用品となり、レバー比が高くなるので、装着した感じではそれほど硬く感じません。
ブログ一覧 | DUCATI 996 | 日記
Posted at 2012/01/19 00:05:16

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

クラシックカーフェスティバルところ ...
かえるGOさん

今年最後、秋の薔薇🌹
bp5eさん

プロ中のプロの店・・・でも?気にな ...
エイジングさん

【悲報】実車「アンパンマン号」が検 ...
creative311さん

伊勢神宮外宮で出会った珍味と美味の ...
伊勢さん

オプミ2018に参加しました(*’ ...
美雪さん

この記事へのコメント

2012/01/19 12:49:54
これは知りませんでした。

勉強になります。(^ω^)
コメントへの返答
2012/01/19 12:55:41
ご覧頂きありがとうございます。本当に謎が多いです。

スポーツバイクは日本車、外車の区別無く、どれもリアサスのストロークが130ミリだと思います。

サスペンションユニットもほぼ同一のストロークであることを考えると、リンク比に大差は無いと思います。その意味で、ドカのバネはソフトな傾向であることは間違いないと思います。

選手権用のRSですら8キロのバネですから、GSX-Rの11キロのバネとかと比べると柔らかいセッティングだと思います。

プリロードが多めにかかっていることから「ドカのサス=固い」という定説が出来上がったのかもしれません。

ちなみにフェラーリF458イタリアもプリロードが多めにかかっているそうです。イタリアセッティング?
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「昨日、Bentley Continental GTとすれ違った。漂うオーラがケタ違いですね。」
何シテル?   10/21 19:20
クルマ・バイク大好き人間です。よろしくお願いします。憧れのマシンに乗ることが出来て幸せです! ◇尊敬する人物 マイケル・ドゥーハン(バイクレーサー) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

86/BRZ 中古エンジンメンテ、走行会準備、走行結果、性能 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/10 08:54:06
ニュルブルクリンク耐久選手権(VLN)第6戦で横転事故が! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/06 21:47:07
再びニュルブルクリンクへ行ってきます! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/06 21:37:45

お友達

みんカラで有益な情報を得て、趣味を数段階深めることに成功しました。皆さまのおかげです。今後は、みん友さんを徐々に増やしていく方向です。四輪・二輪ワールドを盛り上げて行きましょう!ただし、一定期間以上、やり取りの無い方、blog更新が全く無い方は解除させて頂きます。
81 人のお友達がいます
だっく916だっく916 * HIRO@5SeriesHIRO@5Series *
圭@Crazy Dog圭@Crazy Dog * はがねいちはがねいち *
NAGANAGA * egpz1100egpz1100 *

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
日常の足+仕事カー サーキット走行にも挑戦します。 レーシングカー所有のため、オーバ ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
世界スーパーバイク選手権での栄光は伝説的です。トリッキーで難しいハンドリングだと言われる ...
KTM 250SX-F KTM 250SX-F
エンデューロ・レース用練習車 チタンバルブ搭載の超高回転エンジンは暴力的なパワーデリバ ...
BMW 5シリーズ セダン コンフェイトBMW (BMW 5シリーズ セダン)
M54エンジン搭載の名車です!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.