• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コンフェイトのブログ一覧

2018年03月25日 イイね!

サベルトの4点式シートベルトを装着

・・・これまでの経緯・・・
2016年10月→四輪ヘルメット購入→死蔵
2017年3月→スポーツブレーキパッド装着→その後、街乗りのみ
2017年5月→ハイグリップタイヤ装着→そろそろ交換時期(泣)
2017年5月→レカロSP-G装着

・・・長い沈黙・・・

2017年12月→レーシンググローブ、レーシングシューズ購入
2018年3月→4点式ベルト装着

ようやく、サーキット走行の準備が完了しました。

余裕で1年半かかりました。

最近思うのは、時間というのは人生において最大の資源です。

お金であれば、借りてくる、貯めておくという2つの選択肢がありますが、時間については、借りることがでない、貯めることもできないという二重苦なのです。

暇なときに時間を貯めておければ、こんな事態にはならずに済んだのですが、それは不可能な話であり、結局、人は皆、自分の人生を生きていくしかないわけで、受け入れるしかないのです。


コンフェイトの心境としては、86にカッコ良いベルトが装着できたので、喜びで一杯です。

4点ベルトだけで走行すると、道路交通法違反(シートベルトをしていない)になるので、テスト走行の時は、STDのベルトを装着した上に、4点ベルトを装着し、法定速度を順守して走ってきます(笑)

全開で走るのはサーキットオンリーです。

Posted at 2018/03/25 18:33:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | 86 | 日記
2017年12月21日 イイね!

86車高調の選定 1WAY⇒2WAY⇒3WAY


現在、装着している車高調。

バネレートはフロント6キロ、リア4キロです。

乗ってみて、判明していることは、現在はタイヤのグリップ力にサスが負けていること。

フロントに対してリアが柔らかいので、コーナー後半が明らかにアンダーステアということ。

ステアバランス的にはE39より86の方がアンダーになっています。

これでサーキットは厳しいと感じております。

実際、メーカーのサイトを見ても「ストリート」と書いてあるので、単純に車高を下げてスポーティ感を出したいという狙いの製品なのだと思います。

TESでBMWのブレーキフルードを交換してもらってから、事務所で86のサス相談をしていました。

代表のお話は以下。

バネレートについては、本格的にSタイヤでサーキットを攻める場合は、普通に12キロは要る。
12キロだと、日常性は皆無。高速道路の継ぎ目でジャンプしてしまうので公道がリスキー。

ハイグリップラジアルだと、8キロぐらいでも有り、街乗りも何とかなる範囲。
ただし、これはダンパーの質に大きく依存する。


クスコの最上位グレードの3WAYは、バネレート12キロと、フルサーキット仕様にも関わらず、普通に街乗りできるぐらいのしなやかな動きになったということです。

やはり、伸減衰と圧減衰が別々に調整できる2WAY。もしくは、さらに伸び側が高速側と低速側で調整できる3WAYになると、調整の幅が大きいので、街乗りとサーキットを両立できるということでした。

さすがに50万近くする3WAYは、身の丈にあっていない気がしたので、もう少し廉価なモデルを探してもらいました。


ブリッツのままでアップグレードするのであれば、このタイプがあります。

DAMPER ZZ-R Spec-Cという名称です。

2WAY方式で別タンクが付いている。

バネレートはフロント8キロ、リア7キロです。

ふむふむ。


クスコで同等な物を探すと、TN_Sというモデルがありました。7月に発売されたばかりのモデルです。存在を知りませんでした。

2WAY方式で別タンクは無し。

バネレートはフロント8キロ、リア8キロです。


さらに上位にはTN_Rというモデルがあります。

2WAY方式で別タンクは無し。

バネレートは12キロ、10キロです。

これはさすがに硬すぎだろうという見解を頂きました。

3WAYであれば、バネレート12キロを運用することも可能だが、2WAYだと8キロが限界値になるということです。

バネレートだけがサスの固さを決定付ける要因ではないという見解には深い洞察があります。

オーリンズ、クワンタムについては吊るしでマッチしているモデルであれば良いけど、外れている場合は迷宮入りしてどうしようも無いということでした。

非常に参考になるアドバイスでした。

コンフェイトとしては、将来のレーシングカー所有に向けての練習台が86なので、タイムアタック仕様にする計画はありません。

タイヤはハイグリップラジアル限定で、四輪独特のオーバーステアに慣れて、安全に速さを引き出す技術を磨いていきたいのです。

そういう考えでチョイスしますと、ブリッツのDAMPER ZZ-R Spec-CもしくはクスコのTN_Sになると思います。

年末の時間で考えて、結論を出したいです。

余談ですが、4WAYの話を持ち出すと、セッティングが出せない。完全に迷宮入りでしょと一蹴されました(笑)
Posted at 2017/12/21 23:22:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 86 | 日記
2017年11月14日 イイね!

オイル粘度変更後のインプレ


86のエンジンオイル粘度を5W-40から0W-30に変更して、しばらく走りました。

変化について書き留めておきます。

外気温がぐっと下がるこの季節、冷間時は、オイルが柔らかい方が良いですね。

軽いクランキングでエンジンが目覚めてくれます。

ファーストアイドリングの回転数も心なしか上がっているような気がします。

走り出しにおいても、スムーズに回る感じ。

高回転まで回してみると、もっとも違いを感じました。

いつもは、5500回転あたりから、一気に回転が重くなってきますが、今回は、すんなりとレブまで吹け切ってくれました。

NAエンジンの場合は、オイルの抵抗によるパワーロスも見逃せない影響があるのだと思いました。
Posted at 2017/11/14 23:27:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 86 | 日記
2017年11月05日 イイね!

メンテ一段落


仕事の足として活躍している86。

あまりに乗りっぱなしなので、リフレッシュ整備しました。


TESに入庫。

オイル交換、オイルフィルター交換、エンジン・エアフィルター交換、デフオイル交換。

4点式シートベルトのアンカー設置も完了。

これで晴れてサーキットGO!状態です。

服が無いので、ラ・ストラーダというお店に買いに行きます。


レーシングスーツの色について、悩み中。


うーむ。


どうなんだろ。

現地で試着して最終決定します。

サーキットランについて、TES代表に相談しました。

今の仕様で岡山国際で1分50秒は出るのではということ。テールスライドの挙動に慣れていきたいということを伝えると、リアタイヤが235幅で、ハイグリップを入れているので、スライド状態に持ち込むには、相当なハイスピードでコーナリングしないといけない。結構、難しいよということでした。

タイムを出すには「丁寧に乗れば」という前提があるということだったので、アンダーパワーなクルマの場合、ライン取り、ブレーキング、アクセルワークの無駄を無くして、スムーズな走行を心が得ることが肝要ということだと理解しました。

まずはこのタイヤでコース走行して、その後は17インチ化して前後とも225幅にするか、235幅にするかの選択になると思います。タイム追求が目的ではないので、17インチで前後225幅がドラテク向上には良いかもしれません。
Posted at 2017/11/05 23:59:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | 86 | 日記
2017年05月25日 イイね!

今日の86 夏に向けての準備


暑くなってきたので、水泳してきました。

86は日常の足としても普通に乗れるのが良いですね。

100メートルをノンストップで泳いでも、息切れが酷くならずに済んでいるので、だいぶ慣れてきたようです。クロールのフォームも矯正できています。

昔みたいに、400メートル個人メドレーをタイムアタックすることはできませんが、ボチボチと体力維持に努めます。バタフライとか死ぬほど疲れるので無理・・・。

そもそも今の技量では、バタフライで往復しただけで苦しくて死にそうになると思います。


今シーズンの新アイテムはコレです。

ウエットスーツ。

6月、7月は水温が低いので、体温を維持することで疲労を軽減し、マリン・レジャーの安全性を向上させるのが狙いです。

ウエットスーツは3年もすれば捨てざるを得ないほどボロボロになるそうなので、廉価モデルにしました。使用回数も少ないので、ちょうど良いと思います。

レビューを見ると、リピーターも存在しており、値段の割に良いという定評です。

去年の体験ダイビングの時に、5ミリのウエットスーツを着て、意外と快適だということに気が付いたのが購入のきっかけです。

水が冷たいと身体の動きが悪くなり、疲労も大きくなるので、やはり、初心者ほど適切なアイテムでカバーしていくのは大切だと考えています。


頭部からの放熱も馬鹿にならないので、フードも購入しておきました。

試しに被ってみましたが、ゴーグルを付けないでフードだけ被ると、モジモジ君みたいなルックスで、通報されそうなぐらい変なルックスになります。

さてと、スノーケル、マリンブーツ、フィンは昨年揃えてあるので、再び海中撮影を試していきます。

潜って被写体に寄るのがコツみたいですね。

8月に入ると一気にクラゲも増えて海水の透明度も低くなってくるので、6月、7月がチャンスです。

来年は3月に沖縄で潜る計画なので、その準備という意味合いもあります。

最終的には海外ですね。オーストラリアのグレートバリアリーフなどが夢です。
Posted at 2017/05/25 23:43:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | 86 | 日記

プロフィール

「ふとんタウンの研究中。https://www.rakuten.ne.jp/gold/futontown/
何シテル?   09/15 17:27
クルマ・バイク大好き人間です。よろしくお願いします。憧れのマシンに乗ることが出来て幸せです! ◇尊敬する人物 マイケル・ドゥーハン(バイクレーサー) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

CUSCO STREET ZERO A スポーツエディション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 17:10:52
ORCレーシングコンセプト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/08 17:09:36
ガレージにシーリングファンを取り付けた! 風が回って 涼しい! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/25 20:03:47

お友達

みんカラで有益な情報を得て、趣味を数段階深めることに成功しました。皆さまのおかげです。今後は、みん友さんを徐々に増やしていく方向です。四輪・二輪ワールドを盛り上げて行きましょう!ただし、一定期間以上、やり取りの無い方、blog更新が全く無い方は解除させて頂きます。
81 人のお友達がいます
ksjetksjet * はがねいちはがねいち *
隼77隼77 * ばくおんばくおん *
ぺちゃ1号ぺちゃ1号 * SekiaiSekiai *

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
日常の足+仕事カー サーキット走行にも挑戦します。 レーシングカー所有のため、オーバ ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
世界スーパーバイク選手権での栄光は伝説的です。トリッキーで難しいハンドリングだと言われる ...
KTM 250SX-F KTM 250SX-F
エンデューロ・レース用練習車 チタンバルブ搭載の超高回転エンジンは暴力的なパワーデリバ ...
BMW 5シリーズ セダン コンフェイトBMW (BMW 5シリーズ セダン)
M54エンジン搭載の名車です!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.