• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コンフェイトのブログ一覧

2017年12月22日 イイね!

半年ぶりのエンジン始動


半年放置していた、リチウムイオンバッテリーの電圧を測定。

なんと、13.44ボルトもあります。

スカイリッチ優秀ですね。


割とすんなりとかかりました。

モトクロスバイクは、単気筒、高圧縮、ハイカムという、始動性においては最悪の要素が詰まっておりますので、長期保管していますと、まじでエンジンがかからず泣けることになります。

掛け方にもコツがあり、失敗すると一発でカブってしまいます。

KTMは長期保管に強い方かな。CRF250Rだと、本当にかからなくて大変だと思います。

現状では、リクルスのクラッチスレーブが壊れており、どれだけエア抜きしても手ごたえが無いです。純正クラッチ一式を持っているので、年末年始の時間に交換します。専用工具が要るのかどうかわからないので、手探りでの作業になります。


最後は、洗車しておきました。

早く乗りたいです。
2015年02月11日 イイね!

高知への旅立ち


本格的にオフロードサーキットに取り組むことになった、2008年式KTM250SX-F。

昨年の3月に購入して、まだ一年も経ちませんが、手放すことになりました。昨日のブログで書いたように、2012年式に乗り換えとなったのです。


引き渡しに際して、最後のメンテです。

まずはオイル交換。


色味が緑に映っていますが、現物は黒です。粘度低下、ガソリン希釈無し。大丈夫です。


ヘドロは多少付着。バリは無し。


モトレックス・クロスパワーという純正指定の100%化学合成油を入れました。


次はプラグ交換です。


プラグキャップに汚れがあります。


入念に洗浄し、シリコングリースで表面を保護しておきました。これで密着度が上がり、異物の侵入を防いでくれます。


プラグホールが非常に狭いので、普通のプラグレンチは入りません。純正工具が便利。とくに面白いのは、手前の工具が栓抜きになっていることです。表彰台に上がれたら、シャンパンを開けることができますね。


プラグはかなり黒くなっていました。9番だと冷え過ぎかもしれません。


トーニチのトルクレンチで規定トルクを計測して締め上げます。


フィルターオイルも塗布。100%の防塵性能が発揮されます。


アンダーカバーには砂が堆積していました。これも洗浄しました。


不意の脱落を防ぐため、ネジロックを使用してアンダーカバーを装着。


カーボンヒーターを導入したので、寒さの中でも快適に整備できました。


BASという陸送会社のデポに持ち込みます。


高知に向けて、旅立ちます。

新しいオーナーの元で、元気に走ってくれると思います。

短い間でしたが、濃い思い出が残りました。


エンジンも快調!
2014年12月06日 イイね!

今日のKTM マフラー交換!!


ライダーパーク生駒を走るには近接騒音113デシベルという騒音規制をクリアしないといけません。そこで、T師匠からお借りしているEXC-F用のマフラーの出番です。

小生の乗るSX-Fは純レーサーのモトクロスバイク。EXC-Fは灯火類とナンバーが付いた公道仕様のエンデュランサーとなります。

EXC-Fは車検も通るのですから、マフラーは物凄く静かなんです。その分、パワーも無くなりますが・・・。


EXC-Fのマフラーを装着前に重量を計測。2814グラム。ちょっと重いですが・・・。


SX-Fの純正マフラーを取り外しました。


1980グラム。軽い。


これもお借りしている2011式のFMFのチタンマフラーが1977グラムです。年式による違いはありますが、チタンなのに3グラムしか軽くなっていない。2008年式のSX-Fの純正マフラーがいかに軽量かが分かります。


2011年式のSX-Fの純正マフラーは2665グラム

意外と重たいというのが小生の見解です。基本的な傾向として、マフラーの重さは静かさに比例します。

やはり、世界的に騒音規制が強まっており、SX-Fですらかなりの重さのマフラーです。ですので、相当静かになってきているのが実情です。

T師匠のお話では、騒音を減らすために、かなりパワーダウンしている状態で、ノーマルのEXC-Fはびっくりするぐらいパワーが無いということです。年式が新しくなるほど、パワーが下がっていくという傾向にあります。とくにKTMはAMAの騒音の計測方法に合わせて設計しているため、中回転のトルクが細く、高回転で炸裂する仕様になっているそうです。


そういう意味で、小生の08式SX-Fは爆音ハイパワー路線だった最後のマシンということで、貴重な存在です。全域でトルクが満ち満ちており、最高のトラクションフィールを得ることができます。

ライダーパーク生駒に08SX-Fの純正マフラーを持っていってワンオフでK-MAXという消音バッフルを作成してもらう計画です。納期が1ヵ月から2カ月ということで、時間がかかるので、その間はEXC-Fのマフラーを使います。パワーと軽さを考えるとSX-Fの純正マフラー+K-MAXという組み合わせがベストだと考えます。


スプリングフックを使います。リアタイヤをニーグリップして、ジョイントスプリングを装着!

チェーンメンテ、各部の増し締めを行ってから洗車。隅から隅まで丁寧に洗っておきました。モトクロスコースで感じるのは、皆さんバイク、ウエアを完全にキレイにしていることです。どうせ汚れるから汚くてOKみたいな雑な発想だと、大クラッシュして早々に引退せざるを得なくなるのかもしれません。

キレイなバイクが速いというイメージがあります。オイル漏れやボルトの脱落、緩みに気が付くというメリットもありますので、今後も洗車は手を抜かずにやっていこうと思いました。

シートの汚れがどうしても取れないので、またクイックブライトを使うなど、トライしてみます。

泥の付着を抑えるために、フェンダー裏やカウリングに556を吹き付けて、その後、ふき取るという処理を行いました。前回の走行でフェンダー裏に試してみましたが、これが効果絶大なんです。



これでライダーパーク生駒で練習できます!

RADY TO RACE !!
2014年11月22日 イイね!

パリダカライダーのトレーニング


急激に忙しくなってきました。助けてーって感じです。疲れを癒すのはパリダカライダーのトレーニング動画。体幹を中心にトレーニングしているみたいですね。

最近、気になるクルマはランクル100ですね。各部のパーツの寿命が尋常ではないレベルであり、物凄い走行距離が実現できるというところに心惹かれます。コンフェイトはクルマに関してはなかなか乗り換えないタチであることが明らかになりましたので、次回の乗り換えの際は、「なるべく長く乗れるクルマ」という視点で選んでいきたいです。

できればランクル100を足と牽引車にして、本気車はポルシェ996ターボとしたいところです。完全に妄想です・・・。

2014年09月04日 イイね!

四国エンデューロの泥坂!!


師匠のお話によると美川では2ストは焼き付いてしまうそうです。毎周、このドロドロの激坂を登らないとイカンのですね。実際に出場を検討する身となると、かなりビビってしまう動画です。

プロフィール

「以前にtak3さんと、うどんを食べながらお聞きした話に「弱み」というのは裏返しで「強み」になりうるというものがありました。その時のコンフェイトには十分に理解できないぐらいの深さでしたが、今、少し理解が進んだように思います。」
何シテル?   05/20 12:00
クルマ・バイク大好き人間です。よろしくお願いします。憧れのマシンに乗ることが出来て幸せです! ◇尊敬する人物 マイケル・ドゥーハン(バイクレーサー) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ブローバイ・ベントホース修理 96,892km 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/19 07:49:49
操縦からの運転。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/19 07:43:36
Clear Plex フロントウインド用保護フィルム 『クリアプレックス』 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 20:00:48

お友達

みんカラで有益な情報を得て、趣味を数段階深めることに成功しました。皆さまのおかげです。今後は、みん友さんを徐々に増やしていく方向です。四輪・二輪ワールドを盛り上げて行きましょう!ただし、一定期間以上、やり取りの無い方、blog更新が全く無い方は解除させて頂きます。
97 人のお友達がいます
ゆうぼゆうぼ * NAGANAGA *
hyperspacehyperspace * だっく916だっく916 *
グラスホッパーグラスホッパー * はがねいちはがねいち *

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
日常の足+仕事カー サーキット走行にも挑戦します。 レーシングカー所有のため、オーバ ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
世界スーパーバイク選手権での栄光は伝説的です。トリッキーで難しいハンドリングだと言われる ...
KTM 250SX-F KTM 250SX-F
エンデューロ・レース用練習車 チタンバルブ搭載の超高回転エンジンは暴力的なパワーデリバ ...
BMW 5シリーズ セダン コンフェイトBMW (BMW 5シリーズ セダン)
M54エンジン搭載の名車です!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.