• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コンフェイトのブログ一覧

2016年06月20日 イイね!

シューベルトC3 ヘルメット インプレ 


ドイツ製のヘルメット。

シューベルト社のC3というモデルになります。

ツーリングに行ってきたので、インプレです。

◇装用感
コメカミがタイトな感じです。国産のワンサイズアップがオススメということですが、実際にそうだと実感しました。

カブりが少し深くなりすぎるので、調整のパッドを仕込むと良いと思います。この動画を見て、キチキチメットがすべてではないという考えに至りました。

頬のホールドが緩めになり、後頭部の余裕も大きいので、長時間の装用においても頭痛などはありませんでした。今まではレーシングメットだったので、1時間以上たつと、だんだん頭が痛くなっていたのです。

◇空力
世界最高峰です。ショーエイもイイ線いっていますが、シューベルトは魔王レベル。

・・・コンフェイト空力チャート・・・
Schubert>>>SHOEI>SHARK>>>ARAI

100キロ巡行でもメットに当たる風は「そよ風」程度です。扇風機の風と感違いするぐらい。違いがあり過ぎです。

◇静音性
実はSHARKもソコソコ静かなメットなので、大差ないです。

ヘルメットの騒音は下部からのノイズの進入に原因があるので、SHARKはネックパッドを付けると静音性が劇的に上がります。

以前にインプレしたシューベルトS1ヘルメットは、ネックパッド無しでも驚異的な静かさだったのですが、C3はそれほど静かではありません。

C3の弱点は、フリップアップ式ということで、サイドに分割箇所の切れ目があるので、防音においては不利と感じました。



◇ベンチレーション
頭頂部に大型インテークが一つという簡素な構造。

しかし、ベンチレーションについては気温30度程度であれば、十分すぎる性能でした。

時速30キロも出れば、気持ち良いフレッシュエアが取り込まれてきますし、後頭部への熱こもりも最小限です。

さすがに、世界最高峰のベンチレーションを実現しているSHARKには負けますが、必要なエアの流れは確保されています。


口元へは細かいスリットを通過したエアが供給されています。

閉めている状態でも息苦しさはありません。うまくメット下部から負圧でエアが吸い出されていくので、想像以上にこの小さなスリットからエアが入ってきます。

このあたり、気体の処理の凄さがあります。さすがドイツのトップメーカーです。


◇フリップアップ
とにかく便利。ちょっと停車して、写真を撮ったり、飲み物を飲んだり。今までは毎回メットを抜いでいたのが、フリップアップするだけというワンタッチ。

ナビを確認したりするのも便利です。

ただし、KTELのコミュニケーションシステムを組み込んでいるので、口元にはマイクが・・・。

見た目が完全に隊員になります。

そのあたりに抵抗感が無ければオススメできるヘルメットだと思いました。


精悍なフォルムで、機能美があります。

個人的には、アドベンチャーメットに興味があるので、シューベルトE1を購入することに決めました。オンロードオンリーの運用であれば、空力に優れるC3がベストバイだと思います。
Posted at 2016/06/21 00:01:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ライディングウエア | 日記
2015年03月08日 イイね!

アドベンチャー用のメットが発売されました ホーネットADV


SHOEIから、ホーネットADVというアドベンチャー系メットが発売されました。海外で先行販売、日本では4月に発売ですね。


シールドを外さなくてもゴーグルを装着できる部分が魅力的です。


ライバルはARAIのツークロス3です。こちらはシールドを外さないとゴーグルが装着できません。結局、シールドは外しっぱなしで、ゴーグルオンリーで運用している方が多いように思います。それだったら普通のオフメットで良いような気がします。

ホーネットADVの場合は、ゴーグルケースを積んでいけば、林道だけゴーグルスタイルでライドすることができるので、高速から林道という極端に速度域が変化しても、対応力が優れていると思います。


バイザーがスカスカなので、高速での煽られも非常に少ないと思います。頭頂部にGOPROが張りにくいのがネックですかね。


公式サイトを見ると、これは欧米向けのサイトで、日本のサイトはまだ有りません。プロモを見る限り、あきらかに欧米向けの製品ですね。


欧米向けというのは、実は非常に問題があります。

見れば分かるように、口元の開口部は非常に小さいです。また、後頭部にはベンチレーションの穴が全然ないです。

ようするに、低温で高速という欧米的な運用において最適化されたヘルメットであり、湿度が高く、気温も高い亜熱帯の気候である真夏の日本の林道という場面は全然考えていないと思います。

真夏だと高速を走っていても、後頭部が蒸れ蒸れになると思います。ちょっとMな要素があるメットですね。以前に使っていたGT-airと同じく、ベンチレーションが足りないので、小生の運用にはマッチしませんね。


オフロード専用のVFX-Wの場合は、時速15キロでもベンチレーションが体感できます。


口元もスカスカの大口径なので、モトクロスコースで息が上がっても大丈夫です。ホーネットADVの場合は林道などで「押し」の場面が入ると、一気に息苦しくて泣きそうになると思います。

VFX-Wの場合は、ちょっと顔が寒かったですが、気温10度以上あればツーリングにも使えます。

さてと、まとめです。

クルマにおいても、軽以外は海外向けの製品が増えて行って、日本市場というのは重視されない傾向が促進されていくと思います。時代の変化を感じます。バイク屋の店員もバイクにあまり乗らない人が増えおり、またバイクにそれほど興味が無い(小生が変○なだけですが)ので、質問しても具体的な回答が得られませんし、何というか、人生の希薄化が著しいような気がします。

あと、このメットは値段が5万円を超えています。やはり、この価格は高すぎるというイメージがあります。買い替えできなくなりますので、過剰な性能は抑えた廉価版を25000円で販売して、ライダーが気軽に買い替えできる環境を作ってあげないと、バイクがさらに廃れてしまうように思います。サーキット用の特殊なものであれば高額なのは理解できますが、普及型は安価であるべきです。

日本車においても、車体価格は右肩上がりで今となっては外車と変わらない新車価格、純正部品も高騰してKTMより高い場合が多くなっています。なぜか車検費用も高額化していますし、本当に息苦しい限りです。小生がバイクに乗り始めた17年前は、すべての値段が安かったです。

小生は大排気量を愛好していますが、これはエンジンフェチ的な要素がありまして、大型バイクが偉いとか、そういう発想は無いです。バイクの値段としては新車で65万円以下が理想だと思います。もっとミドルサイズが充実して欲しいです。ショップは予算ギリギリで買わそうとするので、物欲が刺激されたり気持ちが大きくなって、160万円とかローンを組んでしまうのは無謀です。その後の維持費もかかりますし、出かけるのにも費用はかかります。また転倒するとかなり高額な修理費もかかります。資金的に圧迫されると楽しさよりも苦しさが増してきて、バイクが面白くなくなる原因になると思います。

つまり、バイク本体が高額になると経済的な負担が増してきて、気軽に乗れなくなって本来的な楽しさがスポイルされますし、ツーリングに出かける費用が圧迫されると思います。実際、バイクを買うだけで資金が尽きて終わってしまう人が大半です。その他にどれだけの費用が必要かというのは初心者には分かりませんし、教えてもらえる環境も無い。それが今の日本のバイク環境だと思います。購入というのはあくまでも始まりであって、それが終わりになってはなりません。

1年目に100万円用意すれば、新車が買えて、適切なウエアもすべてそろって、北海道もツーリングできる。そんな環境が必要だと思います。

途中から脱線してしまいましたが、長文を読んでくださりありがとうございます。
Posted at 2015/03/08 22:24:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | ライディングウエア | 日記
2014年08月29日 イイね!

カーボンヘルメットの重量サバ読みが発覚!

SHARKのカーボンヘルメットについて、「1250グラム」と誇らしげにステッカーが貼ってあるのですが、実測よりはそれよりうんと重いという噂がありました。

100グラムぐらいは重いという推測に至りました。そして購入。

本日、精密なハカリを使用して真実の重量を計測しました。


ネックパッド。やはり100グラム近くあります。騒音を防止する効果があるようです。メットの重心は下がりますので、装着していても重さは感じにくいですね。


サイドにGOPROのマウントを貼っているので、その分の重量も測定しておきます。


フル装備の重量1393グラム-12グラム=1381グラム。

1381グラムがフル装備の重量になります。

カタログスペックよりも131グラムも重いでね。イタリアンメーターのサバ読み具合も凄いですが、おフランスのサバ読みはさらに凄いです。


さてとネックパッドを外した状態です。普段はこの状態で使用しています。1296グラムです。1300グラムは切っていますので、非常に優秀だと思います。


測定の仕方によって、カタログスペックに近い状態を実現できると考え、いろいろトライしました。見てください!

1223グラム!!

ネックパッドあり、シールド取り外す状態での重さになります。こうするとカタログスペックに近くなります。どうやらSHRAKの考えるメット重量というのはシールドを含まない重さのようです。

他のメーカーはどうなんでしょうか。気になります。


測定の結果、シールドが凄い分厚くて重いことが判明しました。


クリアーの方が3グラム重いですが、これはスモークシールドにはティアオフを留めるピンを付けていないからだと思います。

実測値1300グラム以下が目標だったので、当初の計画は達成しております。

何事もカタログスペックを鵜呑みにするのではなく、自分なりに考察し、ときには実測してみる。
そうすることで、新たな世界が開けてくるものと思います。

Posted at 2014/08/29 02:23:12 | コメント(5) | トラックバック(0) | ライディングウエア | 日記
2014年08月16日 イイね!

カーボンヘルメットの内装を洗いました!


カーボンメットの内装を洗います。臭くなる前にメンテするのが大切です。


パチンパチンとワンタッチで内装が外れます。レーシング系は内装が洗いやすいものが多いですね。内部には空気の流れるスリットや穴が開いていて、ベンチレーション性能の高さが凄いのが分かります。


バケツに入れて、アタックで洗います。洗剤すくなめで、モミ洗いが多めがコンフェイト流。


ソフランで仕上げておきます。


こんな感じで干します。


シェルは中性洗剤を含ませた濡れタオルで拭きます。


こんな感じで、ずいぶんとキレイになりますよ。


そんでもって、クレポリメイトで艶出しおよび表面のコーティングを施します。


ヌルっとした手ごたえになって、汚れも付きづらくなるというメリットがあります。あとプラスチック部分にも塗り込んでいくことで、UVカット効果が得られますので、メットの劣化を防止できます。


この通り、ツルンツルンのテロンテロンの仕上がりになりました。この方式でメンテしていると10年ぐらいは劣化せずに使えます。


カーボン!カーボン!
Posted at 2014/08/16 23:28:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | ライディングウエア | 日記
2014年08月09日 イイね!

カーボヘルのスモークシールドが到着! SHARK RACE R RPO


SHARKフルカーボンメットのスモークシールドです。国内で販売しておらず、輸入しました。


物凄い、真っ黒です。ARAIのスモークも濃いですが、それを超えるレベルの最強の黒さ。


サーキット走行が楽しくなりそうですね!

アドベンチャーでツーリングの動画撮影ができるように、サイドマウントのベースも張り付けておきました。
Posted at 2014/08/09 22:50:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | ライディングウエア | 日記

プロフィール

「@ゆういっつぁん マウンテンバイクはとにかく脚力が身に付きます。ウイリー走行とジャックナイフ、スタンディングスティルの練習を死ぬほどやりました。モトクロスは揺れが物凄いので体幹が鍛えられる感じです。ニュルも戦えそうです。」
何シテル?   11/12 22:11
クルマ・バイク大好き人間です。よろしくお願いします。憧れのマシンに乗ることが出来て幸せです! ◇尊敬する人物 マイケル・ドゥーハン(バイクレーサー) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

2018関西グルメ珍道中 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/29 21:09:50
そこは右折禁止です 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/26 08:59:28
86/BRZ 中古エンジンメンテ、走行会準備、走行結果、性能 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/10 08:54:06

お友達

みんカラで有益な情報を得て、趣味を数段階深めることに成功しました。皆さまのおかげです。今後は、みん友さんを徐々に増やしていく方向です。四輪・二輪ワールドを盛り上げて行きましょう!ただし、一定期間以上、やり取りの無い方、blog更新が全く無い方は解除させて頂きます。
81 人のお友達がいます
THE TALLTHE TALL * 隼77隼77 *
egpz1100egpz1100 * はがねいちはがねいち *
Gaspard0125Gaspard0125 * ゆういっつぁんゆういっつぁん *

ファン

67 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
日常の足+仕事カー サーキット走行にも挑戦します。 レーシングカー所有のため、オーバ ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
世界スーパーバイク選手権での栄光は伝説的です。トリッキーで難しいハンドリングだと言われる ...
KTM 250SX-F KTM 250SX-F
エンデューロ・レース用練習車 チタンバルブ搭載の超高回転エンジンは暴力的なパワーデリバ ...
BMW 5シリーズ セダン コンフェイトBMW (BMW 5シリーズ セダン)
M54エンジン搭載の名車です!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.