• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コンフェイトのブログ一覧

2013年09月30日 イイね!

【KTM950adv】初秋の林道高倉線

【KTM950adv】初秋の林道高倉線四国ツーリングの予行演習として林道高倉線を走ってきました。フラットダートメインですが、クレバス、岩盤、砂利、土など多様な路面があり練習用のルートとして活用しています。今回は空気圧をフロント1.2、リア1.0に調整して走行。


スポーツ公園からお菊松へ登ります。台風の影響が出ていて、それなりに荒れてました。KTMだとすんなり走ってしまうので、動画では分かりづらいですね。HDに切り替えてもあまり分かりません・・・


お菊松からの下りはさらに荒れ気味。スタンディングでバランスを取りながら下りました。

2分25秒ジャストの瞬間にリアタイヤがホイールスピンを起こしました。即座にパワーをゆるめて、もう一度アクセルオンしなおしました。フロントタイヤはABS、リアはトラコンで制御していけば最強なんですよね。


1190Rの勇姿。これはすべてをかなえてくれる夢のオートバイです。ついにトラコンが装備されました。ABSはフロントだけオンにしてリアはオフにするなど、場面に応じてモードを切り替えられるようになっています。

一度、実車を見に行きたいですね。
Posted at 2013/09/30 18:57:21 | コメント(6) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2013年09月28日 イイね!

【DUCATI 996】郡上八幡ツーリング ドカオフ!


高速をひたすら走って、郡上八幡へ・・・


大事なルーティングはタンクに紙を貼っています。


せせらぎ街道を北上し、道の駅明宝に到着。


DUCATI996Rと合流!!


小生の走行写真を撮って頂きました。ありがとうございます。


夕食は、鮎です!!


郡上の落ち鮎。窮極の美味でした。サプライズもあり、感劇でした・・・


一泊して、次の日は軽く写真撮影。


しかし、絵になるバイクだ・・・


郡上八幡の情緒あふれる街並みに感激しました。名残惜しいですが時間切れ。撤収しました。


今回は秘宝とも言うべき、DUCATI999Rに試乗させて頂くという願ってもない機会を頂戴しました。また別個に神妙にインプレッションします。


せせらぎ街道はツーリングルートとしても最高のロケーションでした。

純粋に高速道路を巡航した区間では燃費が31.13キロを記録するという出来事もありました。航続400キロも夢ではありません。

DUCATIのLツインはクランクの支持部が一か所なので、シングルなみにクランクのフリクションが少ないですし、ピストンも2個なので、全体としてフリクションロスが少なく効率に優れるエンジンです。また、DUCATIのアイデンティティであるデスモドロミック機構により、バルブスプリングも持たない構造であるので、バルブの駆動ロスも少ないという特性があります。

純正のセッティングは排ガス規制のために薄過ぎるので、レーシングROMを入れて濃くすることで、トルクが増します。このことにより少ないアクセル開度でも速度を出すことができるようになり、結果として、燃費が良くなります。

今回は割と走りメインだったので、次回はクルマで行って、観光したいと思いました。

奈良井宿も行きたいです!!
Posted at 2013/09/28 21:56:25 | コメント(9) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2013年09月26日 イイね!

【DUCATI 996】ドカオフ 出撃準備OK!!

【DUCATI 996】ドカオフ 出撃準備OK!!クラッチ清掃。クラッチボルト増し締め。クラッチケース増し締め。洗車。ハンドル角度調整。ハンドル位置調整。タイヤ空気圧調整。水温系貼り直し。冷却水、オイル量の点検。GOPRO取り付け位置変更。着替えなどの荷物の積み込み。ガソリン給油。

サスのリセッティングをして、高速テストラン。

エンジンパワーも最高の状態。気持ちよく大台に乗ります。

郡上八幡に向けての出撃準備。OKです。
Posted at 2013/09/26 23:29:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | DUCATI 996 | 日記
2013年09月23日 イイね!

宮崎駿『風立ちぬ』を見てきました。



風立ちぬを見てきたので批評を書きました。

「栄誉」への鎮魂歌

最近、思うのであるが、日本の中世末期、足利尊氏が挙兵し北条政権が倒れるという大変革が起きたのは、その当時の経済的な行き詰まりが要因ではなかったのだろうか。奈良時代から平安時代中期は比較的温暖であったが、平安時代末期になると、寒冷化が進み、飢饉が頻発するようになる。少なくなったパイの奪い合いになれば、親兄弟が殺しあうような厳しい世界が訪れる。人間倫理の限界が試されることになる。それはこのような行き詰まりの時代を中世的な不安と呼ぶ。

昭和初期の日本も、また同じであった。幕藩体制を唾棄し、急ごしらえで用意した国民国家という幻想。国民は極端な景気の変動に翻弄される。取り付け騒ぎに代表される信用危機。長く続く貧困。出口の見えない不安。終わりのない苦しみ。

行き場の無い不安は日本を急速に軍事化し、国際社会から孤立する。破滅する日本・・・

ジョルジュ・バタイユは『呪われた部分』の中で、資本主義システムにおける余剰利益の追求(企画)が人間から「栄誉」を奪ったと述べている。企画とは平たく言えば経済の発展であり、個人はこの発展に従属し、その本来的な人間性を剥奪されていると言うのである。

前近代においては、余剰利益は大聖堂の建設などに使われ、個人の富として蓄積されることや組織の拡大に使われることは、ほとんど無かった。大聖堂は貴人の「栄誉」の証であり、皆で分かち合うことのできる開かれた富であった。

近代においては、利潤は企画の拡大に使われるべきものであり、「栄誉」はタブーとなった。すなわち、「栄誉」ある富は封印されたのである。ただし、「栄誉」には裏側もあり、飢饉で命を落とす農民もその陰には存在しているのである。この大聖堂の美しさは『風立ちぬ』作中においては「ピラミッド」と呼ばれている。

日本においても、江戸から明治への近代化は、「栄誉」が次第にタブーとなり、失われていく過程でもあった。

『風立ちぬ』で描かれる、「美しい飛行機」というのは「栄誉」であり、共有の富である。部品一つで、飢えた子どもたちが救えるというセリフまで用意してあることを見逃してはならない。「栄誉」の建設に携わる堀越二郎という技師を通じて、観客はこの矛盾に直面させられる。

戦前の三菱重工業とは何か。草むらの中に立つ粗末な工場。生き生きとした社員。自由な雰囲気の職場。仕事と人生が自然と一体となっていたユートピアがあったことを思い出させる。財閥は最も効率的な経済システムと呼ばれる。

会社と社員の繋がりが恩情的であり強固であったからこそ、その守られ感のなかで、社員は成長し、重責を担うことができた。それは戦前的な会社の姿であり、今や風前の灯となった古き良き時代である。

今、我々の眼前にあるのは派遣切りや就活自殺が問題となり、社員を信用せず、何事においても管理されることが多くなった現代社会の重く息苦しい雰囲気なのである。

設計のチーフを務め、「美しい飛行機」を作るという「栄誉」は余剰利益の追求と別様のものである。宮崎駿は、人間性を剥奪され企画に従属する近代社会の労働者へのアンチテーゼとして、「栄誉」を求める姿を描いている。

ただし、『風立ちぬ』は「栄誉の讃美歌」ではない。むしろ、それは「栄誉への鎮魂歌」である。殺戮の兵器である戦闘機の設計であるという事実を突き付けることによって「栄誉」に疑問符をつけ、中吊りの状態にすること。そうすることで、錯乱する思考を停止し、鎮魂歌を完成させたのであろう。

非常にねじれた構造であるが、この作品には宮崎駿の企画への従属という資本主義の呪縛を止揚した世界。共産主義社会への渇望が描かれているのではないか。それはまた実現不可能なものとして永遠に保留され、幻想のなかでのみ生きながらえていくのである。
Posted at 2013/09/23 21:56:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 文学 | 日記
2013年09月22日 イイね!

【KTM950adv】ついに実現。美山オフ会!

美山オフ会に参加してきました。


SiSoさんを撮影!! オフ会を開催してくださり、ありがとうございました。


後ろ姿がキマっています!!


小生も出陣・・・


なかなか良い感じに撮影して頂けました!


tak3さん、撮影してくださり、ありがとうございました。

日本海のすぐそばまで北上するルーティングでした。総走行距離は460.2キロ。アドベンチャーであればまだまだ走れます!これは凄い発見でした。
Posted at 2013/09/22 20:56:45 | コメント(7) | トラックバック(1) | ツーリング | 日記

プロフィール

「全日本スーパーバイク選手権。一度は見に行きたい。https://www.youtube.com/watch?v=iNH4UHViNTo
何シテル?   07/18 19:19
クルマ・バイク大好き人間です。よろしくお願いします。憧れのマシンに乗ることが出来て幸せです! ◇尊敬する人物 マイケル・ドゥーハン(バイクレーサー) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

2018 GR 86/BRZ Race FSWテスト その① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/13 12:43:23
大クス@南牟婁郡御浜町引作(ひきつくり) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/23 21:24:00
椋本の大ムクにて 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/23 21:23:24

お友達

みんカラで有益な情報を得て、趣味を数段階深めることに成功しました。皆さまのおかげです。今後は、みん友さんを徐々に増やしていく方向です。四輪・二輪ワールドを盛り上げて行きましょう!ただし、一定期間以上、やり取りの無い方、blog更新が全く無い方は解除させて頂きます。
96 人のお友達がいます
金子浩久金子浩久 * はがねいちはがねいち *
THE TALLTHE TALL * マークGsマークGs *
トチプートチプー ゆうぼゆうぼ

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
日常の足+仕事カー サーキット走行にも挑戦します。 レーシングカー所有のため、オーバ ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
世界スーパーバイク選手権での栄光は伝説的です。トリッキーで難しいハンドリングだと言われる ...
KTM 250SX-F KTM 250SX-F
エンデューロ・レース用練習車 チタンバルブ搭載の超高回転エンジンは暴力的なパワーデリバ ...
BMW 5シリーズ セダン コンフェイトBMW (BMW 5シリーズ セダン)
M54エンジン搭載の名車です!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.