• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コンフェイトのブログ一覧

2015年09月27日 イイね!

鈴鹿ツイン撮影 √2Gの美学


SiSoさん、はぐれ侍さんが鈴鹿ツインサーキットで走行するということで。撮影に行ってきました。E39がまだ帰って来ないので、ドカでの参戦ができませんでした。

写真中央は、はぐれ侍さんの、白のGSX1300R隼。


SiSoさんは、ペースの上げ方がさらに一段階、うまくなっていましたね。


ここ半年で、劇的にレベルアップしているのが見て取れます。


ついに1分8秒台を記録したということ・・・。
タイヤの荒れも全く無く、クリーンなラインディングであっさりと自己ベスト更新でした。

DAYTONAの文字が目に焼き付きますね。

ギリギリのインに寄っているように見えますが、集中状態に入ったライダーにとっては、まだまだ余裕がある状態です。


インステップの蹴り出し、上体の前方へのダイブが良くなっています。次回の課題は腰のオフセットですね。


フルノーマルで320キロを超える超性能を持つGSX1300R隼。ライダーが伏せ状態で最高の空力が得られるカウリングデザインになっています。

サーキットという場面では、ネガの多いバイクでもあるので、今後が悩みどころだと思います。


フロントサスはフルボトムしており、1Gを超える減速状態です。それでこの安定感。

ストレートエンドでのブレーキングについて、もはや得意といった完璧なフォームです。腰を引いて、上体は低く、下半身と腕に分散して減速Gに耐えています。


真下に1G、前方に1G。合力をベクトルにすると斜め下45度の方向に√2Gが発生することになります。

腕と下半身で、その√2Gを半分に分散するフィール。

これが小生の考える√2Gの美学です。
Posted at 2015/09/28 00:20:27 | コメント(5) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2015年09月25日 イイね!

今日のDUCATI 基本の復習


基本は下半身でのホールド。

スロットルの扱いは、可能な限りソフトに。

頭の位置は、ステムの延長線に。

バイクの動きを妨げないこと。

一番大切なのは、多少、ライディングがうまくなったところで奢らないこと。

バイクと真摯に向き合う姿勢、心構えが何よりも大切。
Posted at 2015/09/25 01:52:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | DUCATI 996 | 日記
2015年09月20日 イイね!

山と海をドライブ 最後は今後のカーライフの悩み


3:30 起床
4:10 出発
5:40 到着

雲海は見れず。またリベンジします。


大塔方面に抜けます。社を巡るドライブ。


十津川に出ると、龍神方面へツーリング中のはぐれ侍さんとすれ違いしました。


ずっと気になっていた、天誅組本陣跡。写真、左手のスロープのような道を登った先にあります。レンジローバーが気になるこの頃ですが、レンジですと、スロープからハミ出て落ちそうですね。


頂上はガランとしておりました。


幕末の討幕運動というのは、全国的なムーブメントであり、各地で小規模な反乱が立て続けに起こります。多くは幕府によって鎮圧されてしまい、無残な結果となったのでした。

この当時に天皇陵の復興運動が起こり、地元の予算で荒廃した陵墓の修復などが進められるようになります。「尊王」というムーブメントが一般大衆の中でも生じていたというのは、興味深い歴史なんです。

明治天皇の即位に関する疑惑など、維新については、まだまだ良く分からないことが多いです。


帰りはワンちゃんが見送ってくれました。

こういう地元埋没型スポットへの興味関心が、増してきており、僻地探索マシンとしては、やはりジムニーを買うべきかと真剣に悩んでおります。通勤にも使えますし、安全に林道も走れるのでコンフェイトの運用にマッチしていると考えています。


最後は気になっていた、急階段の頂上にあるパワースポットに参拝しました。
これで朝の部の活動はおしまい。


夕方の部。


りんくう公園から夕陽を眺めていました。


これから夕陽が美しくなる季節なのですね。
楽しみです。


幻想的なモニュメント。


また明日から仕事なので、パワーをチャージしておきました。


自宅から15分のスポットなので、チマチマと訪れたいと思いました。

さてと、乗り物関連の計画です。自宅の近所でシャッター付大型車庫(レンジも余裕で入る)の空きが出ています。これを借りる計画です。

新しく借りる車庫にE39を入れて、自宅にはジムニーとトレーラー、バイク3台を保管。コンフェイト宅の車庫は全高が1450ミリ以下で無いと入れないという制約があるので、今後はトレーラーとバイクを収納する方針です。大型車庫を借りることで、E39からレンジに乗り換えるのが容易になります。

大型車庫にマラネロを増車するだけにしておくという選択肢もありますが、価格が空前絶後のバブル状態なので、この作戦は実行できません。クルーザーのエンジンOHが250万円×2個、補機類50万円×2個など、物凄い運用コストばかり調べてみると、Fの維持費が安く感じるという感覚のマヒが生じています。

車体そのものの導入コストはなるべく低く抑えるべきと考えるので、現時点での相場高騰についてはスルーして、中国のバブル崩壊を待つとします。それまでは雲海や夕日のお写真などを撮ってエコ生活しておきます。レンジに乗り換えてしまうと、資金を消費するので、なるべく誘惑に負けないよう頑張ります。それなら、大型車庫の導入も必要ないじゃんという話になります・・・。

本音を言いますと、単純にレンジが気になるのです。牽引車としても優れていますし、砂漠のロールスと呼ばれている所以を、ジカに味わってみたい。そういう気分です。さすがに通勤には使えないので、通勤用の軽が必要になります。これがジムニーだとジャンルが重なるので、E39を残した方が良いという考えもあります。以前に青空駐車場の空きがあったのですが、モタモタしている間に埋まってしまいました。これでMR-S導入計画も頓挫になっています。

ホント、悩みますね。
Posted at 2015/09/20 21:42:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2015年09月17日 イイね!

550マラネロについて


徹底した風洞実験から生み出された、窮極のエアロボディ。


ただ、空力だけを求めると、ノッペリと抑揚のないデザインになりがちですが、マラネロの曲線美は素晴らしい。


競争しない。独り勝ちの世界。


ロングドライブに行きたくなりますね。


F40を超える最高速を実現しています。


V12エンジンの存在感。


プラグ交換するためにはインテーク回りをゴッソリと脱着しないといけません。徹底した性能重視の設計。


エキパイの湾曲・・・・。


12本のチタンバルブからは協奏曲が生み出されます。


この年代にしてインテークが可変式という先進性。


クランクシャフトと12個のピストン。


ダブルウィッシュボーンのフロントアーム。ダンパーは電子制御式。


リアもきっちりダブルダブルウィッシュボーンになっていますね。


実はペダルボディの肉厚が物凄いです。


ピニンファリーナの傑作。


有無を言わせない。


こういうスリット類にイタリア美があります。


このミラーに見とれて、コロっといってしまいそうです。


ホイールも純正が素敵。変なホイールに換装されて美観を損ねているマラネロが多いのが困りのです。車高も下げまくりで下品極まりない個体が多いです。ノーマルですでに完成されているので、ヘタに変更すると改悪にしかならないという難しさがあると思います。


やっぱりMTに乗りたい。


320キロのトップスピードは伊達ではありません。現代でも第一級の性能を持つスーパーカー。


レースシーンでも実績があり、ヒストリックルマンへの参戦権があるというのは、他には無い魅力です。
Posted at 2015/09/17 22:39:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2015年09月15日 イイね!

曽爾ツーリング


涼しくなってきたので、曽爾までツーリングしてきました。


屏風岩。道が結構、たいへんでしたね。紅葉シーズンに、もう一度訪れたいです。


動画の方が、臨場感ありますね。


多輪峰の森に登ってみました。


曽爾村が遠くに眺めます。


このあたり、山容が特殊な地形です。


右が亀山、左が倶留尊山です。ススキのシーズンに訪れてみたいです。


写真の中央にアスファルトの道が少しだけ見えています。ここをアドベンチャーで走りました。


写真では高度感が出ませんが、動画だと雰囲気が出ています。


さてと、さらに奥地を探検。


滝がありました。


気分が、落ち着きますね。


路面はマディで疲れました。


さて、本路に復帰します。


某レストラン。


前菜。


メインディッシュ。脂身の嫌味が全くない、透き通ったコクに満ち満ちていました。


このパンがどうしようもなく美味しい。


ランチのあとは、ツーリングの続きです。


小太郎岩。


ツーリングステージとしては、近場では最高峰かもしれません。


月例参拝。


龍穴神社。


荒れぎみの舗装林道を登って、龍穴を探検しました。


これが龍穴。いったい内部はどうなっているのでしょうか。


このあたり、周りが全部、岩石で出来ていて、滝もあります。


帰りにアドベンチャーに跨ると、背後から途轍もない圧力を感じました。
龍穴というのは、何か途方もないパワースポットのようです。


距離的には短いツーリングでしたが、マイナーな奥地のスポットを探検できたので、良かったです。
Posted at 2015/09/15 20:59:57 | コメント(4) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記

プロフィール

「ふるさと納税でアマゾンのギフトカードが手に入る奴あるやん。還元率40%て、やばいな。急がないと。今まで知らなかった(滝汗)」
何シテル?   12/18 09:44
クルマ・バイク大好き人間です。よろしくお願いします。憧れのマシンに乗ることが出来て幸せです! ◇尊敬する人物 マイケル・ドゥーハン(バイクレーサー) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

86/BRZ 後期スタビ&スタビリンクセッティング、ホイール9→9.5J、オイル交換、スパイシー美浜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/14 12:11:34
86/BRZ ホイール&タイヤサイズ考察、TE37SAGA 9.5J-17、ZE40 9.0J-17 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/14 08:11:52
国立天文台野辺山宇宙電波観測所~平沢峠 長野県南牧村 2018年9月1日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/09 19:34:13

お友達

みんカラで有益な情報を得て、趣味を数段階深めることに成功しました。皆さまのおかげです。今後は、みん友さんを徐々に増やしていく方向です。四輪・二輪ワールドを盛り上げて行きましょう!ただし、一定期間以上、やり取りの無い方、blog更新が全く無い方は解除させて頂きます。
81 人のお友達がいます
はがねいちはがねいち * 圭@Crazy Dog圭@Crazy Dog *
THE TALLTHE TALL * sakyosakyo *
HIRO@5SeriesHIRO@5Series * motoharu46motoharu46 *

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
日常の足+仕事カー サーキット走行にも挑戦します。 レーシングカー所有のため、オーバ ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
世界スーパーバイク選手権での栄光は伝説的です。トリッキーで難しいハンドリングだと言われる ...
KTM 250SX-F KTM 250SX-F
エンデューロ・レース用練習車 チタンバルブ搭載の超高回転エンジンは暴力的なパワーデリバ ...
BMW 5シリーズ セダン コンフェイトBMW (BMW 5シリーズ セダン)
M54エンジン搭載の名車です!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.