• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コンフェイトのブログ一覧

2016年07月31日 イイね!

【BMW530i E39】 2016年7月の走行距離

6月末の走行距離⇒117463キロ
7月末の走行距離⇒119540キロ

月間 2077キロ

7月末に86が納車となったので、普段の足と仕事カーは86。

今後はモータスポーツ、遠征の運用になります。

乗り過ぎているので、これからは、ほどほどに運用できます。

・モータースポーツ
オンロードサーキット1回(鈴鹿ツインサーキット)、オフロードサーキット1回(プラザ阪下)

・ドライブ
和歌山ドライブ2回(串本スノーケリング)、京都オフ会ドライブ(二条城、美山かやぶきの里、京都市内)

◇今月のメンテナンス◇
謎のエンスト現象発生。

診断機をつないだところ、カムシャフトセンサーの異常を感知。次月に交換予定です。
Posted at 2016/08/01 13:03:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | BMW E39(530i) | 日記
2016年07月30日 イイね!

86で花火大会に行ってきました。



白浜の花火大会を見てきました。

花火師の命がけのパフォーマンスに感動です。

当然ですが、渋滞が物凄いので、なるべく泊まりで行くべきですね。

今回は日帰り、駐車場から出て、高速に乗るまでに2時間かかりました。

86で行ったので、安心して渋滞にハマり続けることができました。こういう場面で日本車は便利。
Posted at 2016/08/01 13:48:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 86 | 日記
2016年07月28日 イイね!

86が納車されました。すでにコンフェイト仕様にカスタム済み


86が納車されました。

SUBARUの工場で製造されているのですね。購入してから知りました。

仕事カーとして活躍してもらいます。

よろしくお願いします。


ホイールはウェッズスポーツ。


ボディ色はブラック。

ラメが入っています。


お仕事カーなので、バックカメラ搭載。


とりあえず、オプションはフル搭載です。

パークディスタンスセンサーもあります。

キーレスエントリーのクルマに乗るのが初めてなので、新鮮。

仕事では荷物を両肩にかけて、リュックも背負っていることが多いので、ドアノブに触れるだけで解錠できるシステムはありがたい。

86には、きちんとしたトランクがあるので荷物が意外と積めます。仕事では荷物を運ぶ必要があるので、このトランク容量が大切。


フロントウインドには地デジのアンテナが4つあります。


40分とか中途半端な待ち時間が何回も連続する仕事なので、暇つぶしの時間は車内でみんカラを見たり、地デジを見ます。


捕まりたくないので、最新のレーダー探知機を搭載。


ドラレコと連動する優れもの。レーダー探知機側のモニターに録画映像を投影することもできます。

以前にE39で当て逃げの被害にあったので、今回は守りを固めています。保険もフルカバーに入りました。

他にもOBDで接続して、水温、油音を表示することも可能。


ハンドルは新品交換して間もないのでフレッシュ感があります。


シートも使用感が無い。これも新品に交換済みなんです。


コンフェイト仕様ということで、エンブレムはクロームメッキをチョイス。

ブラックのボディに白エンブレムだと浮き過ぎになるので、クロームの抑え気味の光沢がマッチすると思います。


インテリア全景。

サイドウインドにはルミクールという断熱フィルムを張ってもらいました。


リア3面はスモークフィルムを入れているので、断熱性が格段に上がっており、エアコンの効きが素晴らしい。


ルーフ形状が素敵。


サイドビュー。

最近、sisoさんが気にされておりましたホイールとタイヤの隙間について、キチキチに埋めておきました。

ノーマルの86は見た感じが、まるでボディが空中に浮きあがったような違和感があります。おそらくデザイナーの意図としては、この車高ぐらいを目指していたのではと思います。


全長調整式サスが組み込まれております。

前後アッパーがピロボールマウントとなり、ハンドリングのダイレクト感がコンフェイト比200%アップです。キャンバーも変えられるので、チョクチョクとセッティングを詰めていきますね。
前後のタイヤが18インチ化され、さらにタイヤサイズがフロントが1段階、リアが2段階ワイドになっている効果が劇的に出ています。

ハンドルを切るだけでオンザレールで引き込まれるように内向していきますね。

ピロアッパーの効果が絶大。タイヤのグリップが逃げないので、完全に伝わる感じ。

1G近い旋回Gを発生している状態でアクセルをワイドオープンしても、トラコンの介入はありません。完全グリップでそのまま曲がり込んでいきます。

E39だったらトラコン作動しまくりの領域でも、何も起きない。

次の日にさらに20%ぐらい詰めて走ってみると、クリップ付近でクンクンとリアがわずかにブレイクして車体全体が内向する動きを確認できました。

この動きを進入時に発生させることができたら、旋回速度が最高峰になりそうです。

ブレーキングによる姿勢変化もほとんど無いので、タイヤへの荷重コントロールだけで曲がっていく乗り方を要求されます。

具体的にはブレーキング時にすでにヨーモーメントを発生しはじめておいて、ブレーキをリリースしながら外側のタイヤに荷重を移していってカービングしていく感じです。

舵角というよりヨーで曲がっていくフィールであり、その透明感はバイカル湖のようです。

はっきり言って、公道ではコーナリング速度が凄すぎて、どうしようもないレベル。

リバースしたらイン巻きして刺さると思います。

純正サスはダンピングが低く、バネレートも低いので、標準のエコタイヤとの相乗効果でコントローラブルなハンドリングを実現しております。

それが、コンフェイト86の場合は、18インチホイール、ハイグリップタイヤ、車高調整式ピロアッパーマウントというより高い次元の走りを求めるアイテムをブチ込んでしまっているので、86の魔の本性が発露してしまっているのです。

仕事の足のはずが、熱くなってしまいました。走るなら鈴鹿ツインに持ち込むとします。


マイチェンしたといはいえ、現行モデル。

コンフェイトがこんな新しいクルマに乗るとは自分でも意外です。


フレア形状が美しい。

ウエイトは20グラムと、ホイール精度の高さが伺い知れます。


86ほど写真映りの悪いクルマは無いですね。しかも、黒いので撮影するのが難しい。

この写真がコンフェイト的には能力の限界。

信頼性も高く、維持費が安いので足グルマとしては最適です。

ドラテク向上にも役立ってくれると思いますので、末永く、大切に所有していきたいと思います。
Posted at 2016/07/28 23:39:34 | コメント(11) | トラックバック(0) | 86 | 日記
2016年07月23日 イイね!

京都オフ会 もかとちびさんとお会いしました。


暑い夏。

コンフェイト亭の庭の樹木には大量の蝉がおります。

庭の地面に穴が空いていたり、抜け殻が落ちていたりまします。この地下で輪廻転生していますね。

大音響で目覚ましいらず・・・。


早めに着いたので、二条城を散策。


将軍が大名と接見するときに使われた大広間がありました。

封建制というガチガチの政治体制を維持してきた日本が、明治維新でドラスティックに変貌を遂げていくのは、驚異的だと思います。


ついに、もかとちびさんにお会いしました。

MT-07を駆って、和歌山、京都というツーリングに来られているのです。


tak3さんはムルティストラーダで登場。

テルブランチ・デザインの話題で盛り上がりました。


周山街道を走る。

美山へ道。

二輪には追従できないので、のんびりマイペースでE39を走らせました。


かやぶきの里。


手打ちそばが、予想外に美味。


五箇荘よりも、ライトな感じになっているという、もかとちびさんのコメントでした。


夜の部。

tak3さんが予約しておりました居酒屋に案内して頂きました。

全体的に食感のレベルが高く、驚きました。


そこから、徒歩で祇園に。

Sisoさんが合流されました。

もかとちびさんとのお話としてはイタ車という存在についてご教授いただき、造詣が深まりました。

また、海外の話題としては路頭に迷いかけているア○な大学生を救ったイタリア旅行が興味深い内容でした。


SisoさんのルーテシアRSにて、駐車場まで送って頂きました。タイヤ変更の差も味わうこともできました。

小生の86と比較すると、明らかにアタリがマイルドで、不快感が無いですね。こういう仕様をコンフェイトも目指していきたいところです。

もかとちびさんにおかれましは、長時間のお付き合いありがとうございました。

次回はMVアグスタF4を拝見したく存じます。
Posted at 2016/08/01 13:42:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | BMW E39(530i) | 日記
2016年07月18日 イイね!

KTM350SX-F シェイクダウン走行 プラザ阪下


灼熱の砂漠のような、オフロードコースで練習しておりました。

KTM350SX-F。ついにシェイクダウンの日です。


新たに追加のパーツ。

G2プリムス、ハンドガード。

ステーが金属製で強度に優れ、回転方向の衝撃は、ハンドルマウント部のジュラコンのブッシュでカラ回りして耐える構造。

前後方向については、ある程度以上の力が入ると、ステーが可動式になっていて、クルリと回転、破損を防いでくれます。


アチェルビス製のフレームプロテクター。

ブーツで挟み込んだときのホールド性もUPする優れものです。

朝からブレーキのエア抜きや、各種装備の取り付け・調整をやっていたので、出発したのは昼過ぎ。





動画をご覧くだされば、お分かりになるかと思います。

連日の雨で、表面の砂が洗い流されて、岩盤むき出しカチパンの路面です。

それでも、しなやかでコシのあるサスによって、快適なライディングが実現できています。

トラクションも物凄いです。

KTM250SX-FとKTM350SX-Fの違いについては、思っていた以上の違いを感じました。

排気量が1.4倍になっているので、オンロードの二輪で言うと、600ccと1000ccのような違いがあります。

600ccは高回転をキープしてコーナリングでタイムを詰める特性
1000ccは中回転の盛り上がりを生かして、最高速と中間加速でタイムを詰める特性

それがオフロードの250と350の違いに似ています。

現状のコンフェイトのスキルではオーバーパワーになります。

しかし、250だと2速で回らないといけないコーナーでも、350だと3速でも鋭いピックアップで立ち上がっていけます。

ギアもワイドなので、シフトチェンジの回数が明らかに減っています。低速でドカンとトルクが出るエンジンではなく、どちらかというと高回転型のエンジンなので、ヘアピンの立ち上がりなど、テールがリバースしやすい局面では、トルクが出過ぎず、ほどよいです。

トルクフルでなおかつ、ここ一番の伸びのあるエンジン。

US仕様なので本気のフルパワーです。EU仕様の350SX-Fも試乗したことがありますが、EU仕様はマイルドな特性で、US仕様よりも中間加速が細いです。

もちろん、EU仕様も驚異的な馬力なのですが、US仕様はフルチューンエンジンの雰囲気があり、爆発力に迫力があります。T師匠のお話しによると、エンジン内部パーツも品番が違っているので、EU仕様とは制御の違いだけでなく、本質的な差があるということです。

長丁場のエンデューロ・レースにおいては、シフト操作を減らして、ワイドなトルク特性であることはメリットが大きいと思います。エンジンフィールにも優れており、ずっとライディングしたくなります。

課題としては、アンダーステアが強く感じるので、どうにかしたいです。

対策として、ハンドルを5度ぐらい立てたポジションにして、なるべく前に乗れるようにしたのですが、あまり効果が感じられませんでした。

タイヤが劣化していて、今回の走行で部分的にブロックが折れてしまっていたので、それも原因になっていると思います。新品の前後ホイールも入手しているので、新品タイヤを入れてみて、フィーリングを確かめる必要があります。

250よりも直進しようとする慣性が強く、エンジンの存在感があって、曲がりにくいです。思い切ってフロント荷重をかけようと意識していますが、ボディアクションのメリハリが足りず、バイクにインパクトを与えることができていません。

幸いに、テールスライドの速度は250よりもマイルドなので、クイックに曲げてもオツリを喰らってしまうリスクは低いと考えます。

次回は250SX-Fを駆り、再びウッズランド下市で練習です。
Posted at 2016/07/19 14:29:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | オフロードサーキット | 日記

プロフィール

「@nagu(ルノー 5 ターボ2) それは残念でしたね。VRの装置もありますし、アセットもできるみたいですよね。」
何シテル?   11/13 10:16
クルマ・バイク大好き人間です。よろしくお願いします。憧れのマシンに乗ることが出来て幸せです! ◇尊敬する人物 マイケル・ドゥーハン(バイクレーサー) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

減衰力とステア特性 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/14 07:38:30
セッティング考察3。減衰調整。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/14 07:36:34
2018関西グルメ珍道中 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/29 21:09:50

お友達

みんカラで有益な情報を得て、趣味を数段階深めることに成功しました。皆さまのおかげです。今後は、みん友さんを徐々に増やしていく方向です。四輪・二輪ワールドを盛り上げて行きましょう!ただし、一定期間以上、やり取りの無い方、blog更新が全く無い方は解除させて頂きます。
81 人のお友達がいます
マークGsマークGs * ぺちゃ1号ぺちゃ1号 *
はがねいちはがねいち * THE TALLTHE TALL *
ばくおんばくおん * ななっななっ *

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ 86 トヨタ 86
日常の足+仕事カー サーキット走行にも挑戦します。 レーシングカー所有のため、オーバ ...
ドゥカティ 996 ドゥカティ 996
世界スーパーバイク選手権での栄光は伝説的です。トリッキーで難しいハンドリングだと言われる ...
KTM 250SX-F KTM 250SX-F
エンデューロ・レース用練習車 チタンバルブ搭載の超高回転エンジンは暴力的なパワーデリバ ...
BMW 5シリーズ セダン コンフェイトBMW (BMW 5シリーズ セダン)
M54エンジン搭載の名車です!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.