• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まっさくんのブログ一覧

2018年09月15日 イイね!

サンク 引き取り

サンク 引き取り世間様は、3連休でしょうか。



私は、今回は4連休です。(笑)





でも、秋雨前線が活発で、天候が思わしくなさそうですね。






そんな中、サンクの引き取りの手伝い。




場所は、西へ向かいます。
 

野球で、マジックが点灯している所。


片道450Km超え。


午前1時半頃、工場を出発で、10時頃広島駅に近いところで引き取り。
積み込みが完了したら、とっとと帰っていきます。(笑)




色んな意味で、難儀しそうな状態。







今回チャーターした積車が、100000Kmを迎えました。(笑)

99999Km



100000Km





18時には工場へ戻りました。
天候があまり良くなかったせいもあり、渋滞もほとんどなかったですね。


まぁ、ちと眠たい。(笑)

Posted at 2018/09/15 20:29:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月09日 イイね!

2018-09-09 本日の作業~シートレール塗装

2018-09-09  本日の作業~シートレール塗装台風、地震等全国で災害が多発していますが、皆様方のご無事を願っています。





この地方も、台風でかなりの強風が吹き荒れましたが、幸運にも被害が無く過ごしております。




さて、マイサンク、この猛暑の夏もトラブルなく走行して、8月はTotal 1122.3Kmの走行となりました。(笑)






で、ふとギアシフト辺りに目をやると、小さな「水溜まり」みたいな物がありました。

ドライブ中に持ち込むペットボトルの温度の低さによる「結露水」かな?と思いましたが、そこから右側のシートレール付近を見ると塗装の剥げている所のあちこちに「錆」が出てきています。




この時期、サンクを運転する服装としては、上半身は「半袖」。




手のひらから、腕周りに「汗」をかいているのは判っていました。

なので、汗拭き用タオル等も当然のごとく持ち込みで、汗を拭きつつの運転をしていました。


が、峠道などハンドル操作に集中しているときは、汗を拭きつつの運転は出来ません。



汗が流れて、ちょうど肘あたりから滴り落ちる状態が常に起きていることで、汗による「錆」が発生した感じです。

汗は、やっぱり「塩水」だからね~。


本日の作業までに、軽く錆チェンジャーで錆を防いでいました。




本日は天気も曇りですが、降水率もそこそこありドライブ気分でもありませんので、
シートレールのリペイントを行います。



マイサンクは、RECAROのバケットシートなので、取り外しなどは凄く簡単です。


シートレールを外して。



表面の錆等を電動グラインダーのカップワイヤーブラシで除去。
その後、リン酸で錆除去&リン酸被膜処理をしておきます。



鉄錆を「除去」するということは、赤錆=酸化第2鉄(Fe2O3)を取り除くか「変換」させることで止められます。



一般的に、市販の「錆チェンジャー」なる物などがあります。


また、塩酸(酸ポール)などでも、除去することが出来ますが、錆を除去した後、塩酸を「取り除く」ために「水洗い」をしてしまうと、その時点から再び「赤錆」がすぐさま発生してきてしまいます。


多方面のブログで、バイクなどの燃料タンク内の「錆」を取り除くのに酸ポールなどを使用している方がおられますが、内部を「水洗い」した時点で、全く無駄な努力となってしまいます。



市販で、タンク内等錆取り剤に使われている主成分はリン酸(H3PO4)+活性剤の成分です。


塩酸と何が「違うか?」ですが、酸化第2鉄との反応が異なります。

リン酸を使用することで、赤錆はリン酸と反応して除去、錆ていない鉄の部分に関しては「リン酸被膜」というメッキではないですが、鉄の表面に薄い酸化被膜を形成する働きがあります。


これが形成できると、水にぬれても鉄が錆びるという反応が起きなくなり錆が発生しません。




この「リン酸被膜」はものすごく薄いため、ガソリンタンクなど内部の塗装が出来ない場所且、外部からの衝撃「傷」が入らない場所に有効です。



また、車の車体の「袋状」の構造内の錆抑えなどには亜鉛(ジンク)スプレーなども有効ですが、亜鉛塗装の上には「上塗り」は出来ません。



リン酸、錆取りのうんちくに関してはこのくらいで、興味がある人は調べてみてくださいね。(笑)




シートレールの下準備が出来ましたので、塗装です。




乾いた頃合いを見て、車体に取り付けていきます。






バケットシートも久々に外しましたので、軽く埃などを取って戻していきます。
後、ファブリーズもね。(笑)


さて、マイサンクの運転席側バケットシートには、「車用シートクーラー」をかれこれ5年ほど?前から付けております。



ネットで検索すると色々な物がヒットしますが、私が使っている物はこのシートからドライバーへ「風」が吹き出すタイプではなく、股下のファンからの「風」がシートの内部の「空洞」を伝って肩あたりの排気口から抜けていく、「気化熱」を利用して涼しく感じるタイプの物を使っています。



このシートは、暑い現場などの対策としてジャンパーにファンが付いている「クールジャケット」を製作しているところが出している商品です。


「汗」をかいている時にスタートさせると物凄く涼しいというか「温度差」によって冷たいと感じるくらいまでになります。

逆に汗をかいていない状態では、涼しさは全く感じません。(笑)
涼しさは無いですが、「蒸れ蒸れ感」が抑えられる感じです。

涼しさ感を求める場合は、蒸れ蒸れON!無くなったらOFF!の繰り返しすする状態。(笑)
今年は、それに助手席足元に置いてあるファンも同時で使う事が多かったです。

昨年まではファンはめったに動かす事が無かったのですが、今年は、右腕の汗を抑えるのに常時使用する感じでしたが、それでも滴り落ちる状態での運転。(笑)


USB電源で2段階風量(いつも全開」です(笑))、カバーは洗濯可。

幅的にもバケットシートに良い感じで収まるサイズです。



後は、元に戻して終了。




助手席は、シートレールの塗装の剥げはありましたが、錆は無さそうでしたので今回はパス。(笑)




しばらくは、天気が悪そうなのでドライブは持ち越しですね。




来週は。。。。

天気が良くても悪くても、「カープ」まで行くかもしれないから乗れないかな。

あっ!「野球」じゃあ無いよサンクだよ。(笑)

Posted at 2018/09/09 23:50:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月29日 イイね!

タイヤローテーション

タイヤローテーション新MAXIホイールに、TOYO R888Rを装着して約1600Km余り走行です。




R888Rは、アウトサイド、インサイドの表示はありますが、進行方向の「ローテーション」が無いタイプのタイヤです。






日本の道路事情では、右側のタイヤが摩耗しやすいことになります。


で、このR888R、進行方向のローテーションが無いため左右のタイヤをホイールごと入れ替える事が出来、ちょっとだけタイヤの「持ち」を延ばせるかなぁ~と思っています。





新たに入手した、ジャッキスタンドの使用状態の確認も含めて1回目はこの距離で、左右入れ替えを行います。




今回は、タイヤローテーションのみですのでジャッキスタンドもタイヤが床からちょっと「浮く」程度の高さでセットします。



マイサンクのガレージは前方に少し下り傾斜がありますので、サンクの車体が水平になる感じはジャッキの高さが、前後で1段(約25mm)変える感じでしょうか。




タイヤ(ホイール)脱着であれば、ジャッキの高さの低い方から数えて、フロント2段、リア1段(全部で6段)で使用できました。(車体水平かつ、タイヤが床から浮くポジションの場合)


使い勝手も、ジャッキの「受部」を吟味して購入した事で、サンクの車体を乗せやすかったです。





さて、左右タイヤ入れ替えの前に、新型MAXIホイールを洗っておきます。

前後共旧型MAXIホイールと比べて掃除は、かなり「楽」(笑)


ホイールの「色」も、ブレーキダストが目立ちにくく、使い込んでいっても、白MAXIホイールのように黄ばみ、黒ずみなども気にならない感じと「表面」も滑らかですので、かなり手を抜いても大丈夫な感じです。(笑)













手袋タイプのホイール用クロスで、洗剤付けて撫でたくらいで今回は綺麗になりました。

マイブログ検索順位2位の、ケルヒャーは出番なし。(笑)


ほぼマイサンクには使っておりません。(笑)



ホイールを外してあるので、フロントアームのくぼみに乗っているであろう、小石を取り除いておこうかなと思っていましたが、予想外に「乗って」いません。



s-Driveや、その前のTOYO R1Rは、タイヤ溝とタイヤの柔らかさとである程度の大きさの石がタイヤに挟まり跳ね上げられる状態だったと考えられますが、R888Rだと、溝のないタイヤ表面にくっついたごく小さい石しか跳ね上げない感じで、溜まった感じはほぼ無かったです。


写真は、前日工場にお邪魔して、「夕立」を避けて帰宅を狙ったのですが「小雨」による路面状態の物。



サンクは、「小雨」でも「窓」を少しでも開けると雨が回り込んで入ってきますので、「全閉」です。

流石に蒸し暑いです。(笑)



基本中の基本タイヤ圧も、チェックしておきます。


後はいつも通り、「何か」を行った後は、試走という名のドライブです。(笑)





それと、その時に「手袋」を試してみた。

サンクは、当然「重ステ」。


この時期を含めて、ドライビング中に手のひらに結構な「汗」をかきます。

ちょっと、峠道で回り込んだ所でちょっと滑って思の他、ハンドル操作が難しいことがちょくちょくありました。


特に回り込んで、且もう少し「足したい」時、手が「ニュル」って感じ。(笑)



「ドライビンググローブ」などという大げさな物でなく、ワーキンググローブの手のひら側がバックスキンの物を付けてみた。


中々良さそうかなと。(笑)

手袋を履いたことで、ハンドルグリップもすこし「径」が上がる感じにもなるので、操作感も力が掛けやすくなる感じ。


今までは、「グローブ」なんかは操作の邪魔になるかなと思っていましたが、なるほど!「あり」ですね。(笑)

Posted at 2018/08/29 23:57:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月22日 イイね!

減衰力調整

減衰力調整さて、マイサンク、7月31日にオイル交換して、本日までの走行が781Kmとなっております。
これは、多いのか?少ないのか?(笑)




後、2200Km余りでまたオイル交換ですね。(笑)








マイサンク、新しいMAXIホイールにちょっとハイグリップ系のタイヤで、最近は走行しております。

このセットも本日ですでにTotal 1408Kmの走行になっています。(笑)




前に履いていたYOKOHAMAのs-Driveよりかは各段にグリップも良くなっていますが、
いつもの「峠」の登りのブラインドコーナーで以前より速度が上がっていくことで、アクセルを入れるとリアが流れ出します。


サンクは本来、名手「ジャン・ラニョッティ」さんのドライビングのように、「お尻ふりふり」で豪快に運転出来ればいいのでしょうが、私には「無理」です。(笑)


なるべく「喰いついて」曲がってほしいかなと。

シチュエーションとしては、まぁまぁつづら折りの峠道くらい。






マイサンク、2016年のO/HでENG.のみならず、前後足回りもほぼフルO/Hを実施。

その時、ビルシュタイン製のショックアブソーバーをエナペタルさんで減衰力調整式に部品変更をしました。
普通のO/Hと金額的に大差が無かったと思います。



減衰力調整は前後共12段の調整が出来るようになっています。




締めこみ1ノッチ(Max)と12ノッチ(Min)では、車体を押すと沈み込みの動きが違うのがよく判ります。





で、取り付けてから、慣らしが済んで、フロント5ノッチ、リア7ノッチで使用してきていました。


この辺りは「好み」があるので、一応こんなところで不満無くセットです。




で、新MAXIホイールに、ちょっとグリップがいいタイヤを入れたことで、ちょぴり「峠」で速度領域が上がった感じです。




で、フロント4ノッチ、リア6ノッチにしてみた。


フロントは速度が上がった分、またフロントブレーキも強化したことで、減速速度も速くなるのに対して、減衰力を強めたことで踏ん張りも出た感じでよくなった気がする。(※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。(笑))






リアは。。。。
コーナーの出口でちょっとアクセルが踏めない。

踏んじゃうと、ハイグリップタイヤなのに滑り出しが「早く」なった感じ。


で、リアは元の7ノッチへ戻し。

未だちょっと滑ろうとする。


8ノッチにしてみた。


思いのほか、「減衰力」体感できるんですね。






同じようにアクセル踏むと、リアが沈み込んで荷重がかかり、踏んだ分、「前へ」進む感じに変化しました。



欲出して、9ノッチにしてみた。(笑)

リアの沈み込みが、もう一つ増えていい方向かと思いきや、リアが沈むことで、フロントタイヤの「接地感」が減って、舵角を入れても回答性が悪く感じられるようになりました。



タイヤ径225/50-16から225/45-16(ローギア方向にもなる)になっていますから、車の「姿勢変化」も若干は異なりますので、また色々試してみるかな。


マイサンク、面白れぇ車です。(笑)
Posted at 2018/08/22 20:17:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月22日 イイね!

ジャッキスタンド&セーフティーピン

ジャッキスタンド&セーフティーピン題名の写真のジャッキスタンドは、今まで使用していた物。

2個で1セット。


マイサンクを、前後共持ち上げようとすると、もう1セット必要になります。









最初の頃は、パンタジャッキ2基を使って後輪側を上げていましたが、その後ホームセンターで入手できる、住宅の床下を支える物が安くて細かい高さ調整も可能で、耐荷重も問題なさそうでしたので使用していました。


底側はもう少し広いプレートを取り付けて使用。


で、今年の夏のオイル交換前までは、問題なく使用できていました。




が、


今年の夏。
やはり「猛暑、酷暑」の影響と思われますが、リア側をこのスタンドで上げてている状態の時、このスタンドが倒れてしまいました。


幸い、タイヤも装着し、下に潜り込む前でしたから大事には至りませんでしたが、
やはり、「ちゃんとした物」を入手しておこうかなと。


マイサンクのガレージは元々、「青空駐車場」だった場所に、イナバガレージのを設置したので、床面が前方に向かって勾配が少し付いています。



そのため、オイル交換等の場合、車体を「水平」に保ちたい為、前後のジャッキアップの高さを変えて車にセットする必要性があり、この「床下ジャッキ」はかなり都合がいい物でした。






ですが今年の気温では、車体を水平にするためにはこの「床下ジャッキ」は床と斜めになった状態で「荷重」がかかることになります。



今年の気温で、材質の樹脂の「硬さ」が下がるような状態で、重さでに負けて曲がりました。




これだけの気温でも「垂直」での荷重であれば、1本あたり1トンを超えても大丈夫な物、且「静荷重状態」での条件からすると、やはり車の整備等には「使っちゃ~ダメ!」(笑)








ということで、ガレージジャッキの「オイル漏れ」も修理したし、ちゃんとした「ジャッキスタンド」を購入しようかなと。




今までに、フロントで使用していた物。


別に問題はありませんが、「高さ」が40mm~50mmくらいの4段階ピン穴方式なので前後の水平出しにはあまり宜しくない。

良いところは、「足」をたためる機能。
持ち出しにはちょっとだけ便利かなと。


それと、車体に接する部分ですが、購入状態のままだと、サンクのジャッキアップポイントの形状に宜しくないのでラバーを張って使っている状態。




さて、どんなフロアージャッキ買おうかなとネットで検索。


この手のジャッキをチョイスしようかなと。




けど、これだと車体の「受面」を同じようにラバー張ったりしなければ使えないかなぁ~。



でもう少し探した。


これを発見。



価格も1セット当たり約¥1500位安い。




「違い」は何か?




「セーフティーロックピン」が付いていないのよ。






ジャッキの高さを作っていても、「レバー」を触れば、簡単に「下がる」。


「荷重」がかかっているときは、レバーも動きませんが、「高さを固定」できない。





で、セーフティーピン付きのこの「受部」の形状の物を探しましたが見つかりません。


オプションでこの「受部」が別売りの所はありましたが、使わない「受部」は必要ありませんので、「セーフティー機能」が付いていないこれを2セット購入。


1基あたり3トンの荷重に耐えれる物です。


2セット(4基)で送料込みで¥5500位。(笑)

高さ260mm~410mmくらいの調整が出来るようです。





で、やはり「セーフティー機能」は使わなくてもあった方がいいかなぁ~。


で、作ります。(笑)


レバーが「可動」する所にφ10のピンが刺さるだけの事。

M10のボルトを刺しておけば「完了」(笑)なんですが。。。。




ホームセンターでちょっとだけ「こまし」な材料で製作します。


φ10mmのシャフトピン、Φ10用R-ピン、φ1.2mm被膜付きワイヤー、ワイヤカシメ。

材料費、ジャッキ4基分で約¥900也。(笑)




加工は、シャフトピンにワイヤー取り付け用の「穴」をあける事くらい。


R-ピンを刺す方は初めから「穴」が開いています。


ジャッキ本体に付ける前の加工をします。



で、ジャッキ本体に、紛失防止の意味合いで取り付けで完成です。




セーフティーピンを使うと、高さ調整後のジャッキのレバーを触っても、高さ解除がされません。




完成したので、試しにサンクのフロントを上げてみた。



「普通」に上がった。(笑)
車体の「受部」にもラバーで「優しい仕様」です。(笑)



これで、「安心して」マイサンク弄りに没頭できるようになりますね。(笑)







Posted at 2018/08/22 19:03:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「昨日のPVレポートで、数年トータルでダントツ1位だったブログ「ケルヒャー買ってみた。でホイールを洗ってみた。」が2位に。1位は「スピードメーターの振れ、原因はケーブルじゃぁ無いかもよ? 」に。(笑)

何シテル?   08/15 22:33
まっさくんです。2009年初冬に購入しました。色々サンクについて試行錯誤中です。 乗って、走ってナンボ!の面白いサンクに仕上がればいいなぁと。 また、そ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

12 人のお友達がいます
*とってぃ**とってぃ* kim5tkim5t
sykr5brusykr5bru 10G10G
abrse037abrse037 bozianbozian

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー サンク ルノー サンク
みんカラにデビューします。^^ よろしくです~。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.