• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まっさくんのブログ一覧

2012年08月31日 イイね!

車検完了

車検完了昨日、車検が完了したメールをもらい、本日サンクをお迎えに行きました。

EXウォーカー(自転車)~電車~EXウォーカーでラクーンさんに到着。



今日は午後からこの地方は天気が崩れてくる予報だったので昼前に引き取れるように行動。

しかし、18:00現在夕立も来そうにありません。
結構、私、「晴れ男」なんです。(笑)


今回は、車検整備&LSD装着。
車検の方は、少し気になっていたブレーキが整備で変化しているかどうか。


サンクを購入した時、ブレーキの効きがこんなにもプア~な物かと思っていまして。


前回、車検後、フロントのブレーキパットの厚みが無くなりかけていましたので、交換して少しは効きがよくなってはいました。

このときのパットは、同じ形状の物なんですが、「プジョー」のMAXI用(純正)の物が「ルノー」用よりかは効きがいいということでそのタイプを付けてもらっていました。


確かに効きは新品と摩耗品との差もありますが、改善はされてました。
が、いかんせん購入時からブレーキペダルのストロークが大きい感じがず~としてまして。

逆にこれで慣れてしまっていまして。
確かに、峠下りとかは2度踏みする感じの踏み込みをしていたのですが、今回の車検整備でペダルの踏み込みが、本来の「カチッ」とした感じがやっと出ました。

漏れとかエアー噛みはなかったようですが、カップリングとか微妙な調整の問題だったようです。

これが使用中にまたストロークが深くなるようならマスターシリンダーのO/Hになるようですが今日の走行では問題はなかったです。


今使っている、「プジョー」のパットはもう入手が難しいみたいで、次回交換時期になったらキャリパーごと4ポッドあたりに換えた方がいいかもしれません。

前のままのペダルストロークが深いまま4ポッドに換えたらもう一つストロークが増えそうだったのですが、この「カチッ」とした本来のペダルストロークなら大丈夫な感じです。

せっかく、LSDも装着したのでやっぱり「インプレ」したいもので。
一度、自宅で要らんもの降ろして。
いつもの「蝙蝠峠」へ行きます。



ラクーンさんからの帰りは東名阪を使って「川越IC」~「鈴鹿IC」まで高速です。
トルセンLSDですからアクセル踏まない時はオープンデフと変わりません。
高速でのアクセルを踏んだ時の速度が高くなっていくときに少し直進安定性を感じたくらいです。
それよりも、ブレーキの方がしっかりしてくれましたので、減速時に以前よりも車間距離を気にしなくてもよくなりました。



自宅で荷物を降ろして再スタート時ですが、これもフューエルアキュームレ―ターを交換したおかげで、この暑い気温でも始動性は向上というかこれが当たり前なのでしょうけどよくなってます。


前回のパーコレーションンでかからなくなったことはいままでなかったのですが、やっぱり気温の高い時、エンジン停止20~30分後の始動時に最初ガスが来ていない感じの掛かりかたをしていました。

5秒~10秒くらいして正規のガソリンが出てくるような感じで、これが200馬力キットのカムの影響もあるよと聞いていたのでこんな状態になるのかなと思っていましたが、アキュームレ―ター交換後は同条件でもガスが来ていないような掛かり方はなく、すぐにエンジンが正規状態になります。

ばらつきながら、エンジンがかかっている状態が有りません。

外したアキュームレ―ターはもらって帰ってきていまして、やはり後ろのエアー配管からガソリンが出てきていました。


本来の、燃料の通るところから息を吹きもむと、微弱ながら後ろのエアー配管からエアーが出てきました。

やっぱし、アキュームレ―ターが燃圧を保持できなくなってきてたんだと思います。
燃料が高温にならない限りは不要のパーツのようですが、やはり始動性はこれがちゃんと効いてないとよくなさそうですね。


アキュームレ―ターの位置関係からして、微量でもここから燃料が漏れているということは(リターンパイプでタンクへ戻りますから外部に燃料漏れとかにはなりません。)高圧ポンプの燃圧がインジェクションに掛かる燃圧が下がり傾向になりということでしょうか。

ということはリーン方向になっていく方向ですか?
で、K-ジェトロニックの燃料調整ねじ触る?
ん~やはり、ちゃんとしたパーツを前提に調整をしていかないと「負の連鎖」の調整になりそうです。


フューエルフィルターも今回交換しましたので、燃費とかどんな変化があるかまた記録も付けていきます。フィルターは40000Km毎の交換が指定されていたと思いますが。
このあたりは、ラクーンさんでは定期的に前オーナーも交換してたようです。


フィルターは国内で入手が可能ですね。
アキュームレ―ターはもう無いようです。



で、始動性も良くなって、ブレーキのタッチも改善されてでの「蝙蝠峠」登りです。

LSDの効果解かるか?ですが、はっきり体感できました。


ブレーキのタッチが良くなっているので以前よりも速度とブレーキポイントを奥に持っていけるようになった分、登りのヘアピンカーブあたりでの内輪のトラクションが弱くなりかけるときにアクセルを踏んでやるとLSDの独特の「前に進ませよう」とする感じが良く解かります。


オープンデフのときは、ヘアピンの路面のバンプを乗り越えて両タイヤがちゃんと着いてからでないとアクセルを踏めなかった所が、バンプでタイヤの接地状態が不安定な所からアクセルを踏んでいけるというか、踏んだ分車が前に動こうとする感じです。


アクセルオフはオープンデフと変わりませんからブレーキング時での姿勢の安定とかは変わらないです。
ただ、ブレーキのフィーリングが良くなっていますから下りも以前よりか不安なく突っ込んで減速できるようになりました。


といっても、所詮峠道を「どっこいしょ」程度で走らせているだけですけどね。
でも、それくらいの運転でもトルセンLSDの付ける前付けた後の違いは十分体感できましたよ。

付けて正解!のパーツの一つです。
ミッションオイル管理も気を使わなくて済みますし、定期的なメンテも不要ですし。いいと思います。
多板式だともっと面白い走りもできるんでしょうけど、私的にはトルセンの方で。

やっぱり付けると面白いですよ。

本日のテスト走行はこのくらいでおしまいですが、少し残念というか「そんなに~」というか。
ラクーンさんで車検はフロントはMAXIホイールのまま、リアは多分気もち「はみタイヤ」ぽく見えるのか履き替えて車検はクリアーしてもらったのですが、「リアタイヤがあと少しでスリップサインに掛かるよ~。」って。




え~まだ十分あるでしょう?と思ってよく見ると、ラクーンさんの言うとおり。
フロントは、まだまだ7分山くらいも残っているのにリアは溝的2mm~2.2mmくらい。

サンク購入時に前後新品のタイヤ付けてもらったのですが。


ラクーンさんいわく、「サンクはリアタイヤで走っているようなものだから結構後ろは減るよ。」とのこと。

実際タイヤの使用距離はちょうど20000Kmくらいなんですが。

リアは25000Kmくらいで交換しないとだめかも。リアタイヤ2回にフロント1回交換の感じでしょうか。

今履いているのは「TOYO プロクセスT1R 245/45-16」 ハイグリップタイヤになるんですかね?

サイズ的にもサンクより重量のある車用のサイズだから50000Kmくらい楽勝?と思っていたんですけど。

前回の車検のときF-7mm R-7mmの溝深さ(ホイールはパナG7) 新品から6000Kmくらい走行時。

今回の車検でF-4mm R-2mm(リアは車検で測っていません)
写真で見ても、スリップサインと同じ深さの溝になってるじゃん!
でもね、リアタイヤをスピンさせたりとかは全くしていないんですよ。普通~に20000Km走行しただけなんですけどね。

サンクはリアをいっぱい使うんならアジアンタイヤも視野に入れてみようかな。ネクセンあたりだとサイズもあったようだし。

バンバン交換していくんならありかも。
私、アジアンタイヤに偏見持っていませんので。一度履いてテストしてみようかな。
韓国も高速道路はあるでしょうから。

ガレージも床を塗装してから初めてサンクを入れます。
塗装がはげることはなかったですが、サンクの「タイヤ痕」がくっきりと(笑)。
少しずつ床もなじんでいくでしょう。塗装が剥離しなければOKです。

後はシャッターを閉めた時床が平ではないので隙間ができる所を減らすための工夫。
「中空」になっているチューブ状のスポンジテープをシャッターに張り付け。
これでだいぶ、隙間が小さくできました。


リアタイヤをどうするか?検討しながらもまたこれでサンクを楽しむことができます。
Posted at 2017/10/02 13:53:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年08月25日 イイね!

ガレージ床塗装

ガレージ床塗装サンクが車検でない間に以前からやっておきたいと思っていた、ガレージの床面の塗装を実施。


屋根があるからサンクは雨には濡れることはありませんが、結構梅雨時期の長雨のとき床のコンクリートが湿っています。


もとは青空ガレージだったから床のコンクリート下に防水シートとかは入ってないと思いますので、湿気が上へがってくる感じになってきます。


多少の雨ではそう簡単にコンクリートが湿気てくることはないし、天気が回復すればすぐに乾く状態ですが、災害等が発生したときにガレージを居住区にしないといけない場合も想定してガレージ空間の湿度を抑えるために塗装をします。


下塗りで塗装の密着性と防水性を高めるシーラーを塗ります。
意外とコンクリートは細かい穴がたくさんあいていて塗料なんかも吸いこんでしまいます。


昨日のうちにシーラーと上塗り1回を実施。


最近の塗料は水性塗料で乾くと耐ガソリン、耐油対応の塗料もあって扱いが楽です。
高級なものになってくると2液エポキシタイプの水性塗料もありますが、施工に少し時間がかかりそうだったので、水性シリコンタイプの塗料で行きます。
本日、2回目の上塗りで仕上げ。夏場ですから初期乾燥は3時間くらいで乾いてしまいます。
車など塗装面に荷重をかけるのは3日間くらい後のようです。


これで、コンクリートの劣化による埃っぽい粉も無くなるでしょう。
問題は、うまく密着してあまり塗装がはげないことを願います。


ちなみに、左側が入口で、床の「虎テープ」はバックでの侵入時での右側のタイヤの位置確認用です。
それと、後方の壁の「黄色テープ」でサンク右側の壁からの距離を測ってます。車庫入れのときは一切左側のバックミラーは見ません。
これで左側のドアを少しでも大きく開けて乗降できるように駐車します。
でも、サンクはお尻がでかいので、いつもガレージ内で平行に止められることが難しいです。
柱の「虎テープ」は5mmほどのスポンジが下に張ってある物。
左右のガレージの中央の柱に張ってます。


ちょうど、ドアを開けるとこの柱付近に当たるようにサンクを停車すると、ガレージの中で後部ハッチ、フロントボンネット、左クォーター&エアークリーナー等整備するのに好都合なポジションになります。ドアを開けて当ててもスポンジでガードしてくれます。


こんなことしなければいけないくらい狭い小さなガレージということになりますが。(^^;)

なので、ガレージ内には余分な道具やパーツは一切ストックできません。あるのはゴムのタイヤ止めと、ウェスが数枚、寝転がっての整備用のビニールマットくらいです。


整備のときは都度必要な物を持ち込んで、終わると撤収!てな感じです。
Posted at 2017/10/02 13:45:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年08月22日 イイね!

トルセンLSDの組み込み完了

トルセンLSDの組み込み完了今回の車検のときに、作業風景の写真をお願いしていたのですが、「昨日の作業」というコメントで写真が送られてきました。






作業途中にめんどくさいことをお願いしておりましたが、感謝です。


サンクはミッションの脱着は簡単というか早いよと聞いていましたが、なんかLSD組み込みされてエンジンと合体してます。



写真の撮影番号と投光機が映っているところからみてもミッションが載っている写真が最後です。


今回はLSDの組み込みのみだから作業は早いよとは聞いてましたが、それと回数こなして「段取り」もあるのでしょうけどね。


残りの車検の他の写真は届くかどうかはわかりませんが、今の状態ということで。


このトルセンLSDはラクーンさんのお客さんが装着されて使用していたUSED品です。
昨年の、ルノースポールジャンボリー富士スピードウェイにも行かれていて、お会いになられた方も日記で見る限りではあるようで。


3月に油圧メーター交換取り付けでラクーンさんに伺ったときにお会いしていた方です。

私のサンクを見て前オーナーさんの名前をおっしゃられて、前オーナーさんとも面識があったようです。


その時いろいろ雑談していたときに、サンクでレースに参加されているようで、トルセンから多板式に交換したいようなことを言われてまして。

その修理のときに、ラクーンさんから多板式LSDを借りて装着してたらしいです。

それが、気に入ってトルセンLSDが余ってくるようならとお話をいただいておりまして、今回車検の持ち込みの連絡をしたときに、「付けれるよ」との連絡&金額がきまして。


今回の、ご相談商談会の末取り付けと相成りました。
多板式と違ってUSED品でも摩耗する所が基本的にないのがトルセンLSDなので。それと使用していた実績上LSD自体にも問題はないでしょうから。


トルセンLSDは今回私は初めての装着となります。

効きは多板式と比べればマイルドと聞いています。

多板式はレースとかで使うにはいいと思うのですが、私はまぁサーキットも多分走らないんじゃぁないかな。
あまり、入れる意味もない感じなんですけど。


多板式LSDの効果は解かっていますが、あの街中での「バキバキ音」。。。。知らない人は壊れてるの?のように振り返っていきます。


後、オイル管理がやはり大変で。粘度高いと効きが悪いし低いと摩耗が心配。
ちなみに今のジムニーに2WAY式で装着されていたのですが、やはり完全に片足が浮いてしまうと
悪路では前に進めず。結果デフロックシステムへ変更となりました。


でも、雨の日オープンデフでコーナーだとやはり内側空転するから、街乗りのときはLSDはあった方がいい感じです。

雨だとたまにデフロック状態で走らせたりしますが、完全ロックですけど雨でタイヤも摩耗してるしでいい感じで、スライドコントロールできますけどね。

トルセンLSDだと普段はオープンデフと変わらず。左右のトルク配分差で作動するようですが、完全に片側浮くとオープンデフと同じになるようです。

サンクで後輪内側浮かすようなことは峠で荒れた路面くらいでは中々ないと思いますし、付けたからと言って無茶はしませんから。

後、オイルの管理がノーマルと変わらないという点。
サンクのデフはミッションと同じケースに収まっていますし、オイル容量も結構少ない感じがします。

普通の車のようにデフケースとミッションが分かれていれば多板式もと考えますが、オイルが相当汚れが早そうですし、金属粉がミッションギアの方へも回るわけですよね。
後、純正のスピードメータがかなり大がかりなことをしないと動かせなくなるみたいで、別でスピードをディジタルとかで表示させるみたいだし。レースならいいですけどやっぱりちゃんとメーターは動く方がいいですし。


サンクのミッションはそのままでもレースに使えるほど丈夫で350馬力くらいでも十分耐えうるくらい大きいミッションの大きさだそうです。

1.4L~1.5L用のミッションではないらしいです。
なので、壊れることはほぼないということみたです。

ノーマルオープンデフで、不満に感じるような走り方をしていませんから、装着しても違いは解からないかもしれませんけどね。

でも、車検上りが楽しみです。^^
Posted at 2017/10/01 10:50:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年08月20日 イイね!

車検出し

車検出し9月7日満期のサンクの車検出しに午後からラクーンさんへ。


EXウォーカー(折りたたみ自転車ね)も積み込んで、車検証等の書類、交換依頼での持ち込みパーツ積んでいきます。


昨日の日曜日よりかは東名阪はすいてるのかな?12時半ころ走行ですが仕事の車でしょうかやや多い感じ。渋滞はありませんでしたが。


車検での打ち合わせして、ここから本題。。。
あれ、付けるのにラクーンさんからメール来ていたのを本日まで保留。
で、車検一式とあの部品込のパーツ込取り付けAsy.+税込で○○でお願い!の依頼。
もう、あと逆立ちしても、一銭も出ません。(笑)でも付けたいので。
タイミング的には今しかない感じなので。


なんとか商談がまとまりました。

あの部品て、上に写真が載ってますがね。出所はっきりしてるラクーンさんのお客さんが使ってた物。私も一度だけお会いしたことがあります。

某自動車会社Tに勤めている某自動車&バイク会社のお名前Sの人。(笑)


商談まとまった後で、もうひとつお願い。(笑)
途中経過の写真を取っていただけるように頼みました。

2週間くらいのおあずけの予定。

出来上がりましたら、また詳細のほど。

ん~楽しみです。
Posted at 2017/10/01 10:43:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2012年08月19日 イイね!

車検前準備

車検前準備購入してから2度目の車検の時期がきました。

前回は100000Km手前のとき。今回は116070KMm(今日の時点)。平均8000m/年、666Km/月。。。

そこそこ乗ってますね。
買ったんだから、走ってナンボです。後悔しないように乗っておきます。(でも乗りすぎかな?)
平気で買い物にも使っているからか?(笑)


今回はFuelフィルターの交換を決めていましたが、急きょFuelアキュームレ―ターも長期使用のため交換しようかなと。


無茶苦茶エンジンルームを過熱しない限り始動性が悪くなることはないですが、前回の山での一件で新品ならどう変わるか?も含めて交換します。


このパーツもう国内に無い感じです。(2年前に買っとけばよかったTOT)
フランスから取り寄せてみました。

品番の末尾が純正とは変っていたから、国内にもあるかなと再検索しましたが、この番号は無かった。

高圧側ポンプも今つている物は純正とは違ってそうです。圧力が高いほうのポンプナンバーのようです。

ついでにインタークーラー固定するバンドも今回同時に購入。


10日に注文して、明日から車検出すのにジャストタイミングで今日の午前中に到着。
時期もありますが最短5日、~10日くらいで届きます。
アキュームレ―ターはフィルターと車検時にラクーンさんで交換予定です。


ICバンドは先に交換しておきます。


よくホース類とかを止めるために使用するステンレスバンド。通称ジュビリ-バンド。
ウォームギアになっていて締めあげれば寸法が縮まっていく物ですがバンドの部分のねじ部がスリット状に穴があいている物とあいていない物があります。


バンドに穴があいているタイプのものはあまり締めつけたり取り外しが多い場所に使っているとホースが切れ始めてバンドの穴から「ムニュ~」と出てきて傷んできます。


だからバンドに穴があいているタイプのジュビリ-バンドは好きではありません。
有名ところだとトライドン社が穴あきタイプ。

ICはサンクの整備上結構頻繁な取り外しが行われる場所です。

傷む前にバンドを交換しようと思っていたんですが中々切羽詰まってないとやらずで、ネットでは早くから見つけてはいたのですが踏ん切りが今まで付かず。やっとこさ購入です。


今回取り寄せたバンドは、穴なきではなく、かつ内側に保護用のバンドプレート装着の物。
作りもしっかりしています。


交換だけですから大した時間はかかりません。
後は、オイルもレベル規定用まで補充して。

タイヤは、MAXIホイールのまま持って行ってみます。ダメならラクーンさんで履き替え。

ライトはRHDに交換してあるから今回はもっと大丈夫だし。(やっぱりちゃんとしたところは、右側通行用ライトは車検に通らないみたいです。ラクーンさんは車検のときにRHDに交換して通してたようです。)
中々大変らしい。
これで、明日から心おきなく車検に出します。


後、車検のついでに、、、、、、、するかしないか、、、、、、明日打ち合わせです。
迷ってます。。。。。
Posted at 2017/10/01 10:40:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「あ~、またやる事(やりたい事)が出てきた。(笑)」
何シテル?   10/22 02:36
まっさくんです。2009年初冬に購入しました。色々サンクについて試行錯誤中です。 乗って、走ってナンボ!の面白いサンクに仕上がればいいなぁと。 また、そ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

12 人のお友達がいます
kim5tkim5t sykr5brusykr5bru
abrse037abrse037 *とってぃ**とってぃ*
10G10G bozianbozian

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー サンク ルノー サンク
みんカラにデビューします。^^ よろしくです~。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.